全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

真理の道を探し求めるための百問百答

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

34.「あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」と聖書にある。主が再臨するとき、白い雲に乗っているはずである。どうして神が肉になるだろうか。

神の御言葉による答え:

イエスが旅立って以来、彼に従った使徒たちや、彼の名前のおかげで救われたすべての聖徒はイエスを切望し待っている。恵みの時代にイエス・キリストの恵みによって救われた人々はすべて、終わりの日の喜びに満ちたある日、救い主イエスが白い雲に乗って到着し、人々のもとに現れる日をずっと待ち焦がれている。もちろん、これは今日救い主イエスの名前を受け入れるすべての人々が共有する望みでもある。全世界のあらゆる場所で、救い主イエスの救済について知っている人々はすべて、イエス・キリストが突然到来し、「わたしは旅立った時とまったく同じようにやって来る」と地上で言った言葉を実現させることを心底切望している。磔刑と復活の後、イエスは白い雲に乗って天に戻り、神の右に座したと人は信じている。同様に、イエスは再び白い雲に乗って(この雲はイエスが天に戻るとき乗った雲を指している)何千年もの間イエスを待ち焦がれている人々のもとに降りて来るであろうこと、イエスはユダヤ人の姿をし、ユダヤ人の衣服を身に着けているであろうことを人は心に描いている。人の前に現れた後、イエスは食物を彼らに授け、生ける水を人々に向けてほとばしり出るように流し、恵みと愛に満ち、人々のあいだで生き生きと現実に暮らすだろう、等々。しかし、救い主イエスはそうはしなかった。彼は人が心に抱いたこととは反対のことをした。イエスはその再来を切望していた人々のもとには到来せず、白い雲に乗ってすべての人の前に現れもしなかった。彼はすでに来ていたが、人は彼を知らず、その到来に気づかないままである。イエスがすでに白い雲(イエスの霊、言葉、全性質、そして彼のすべてである雲)に乗って降りてきて、終わりの日に彼が作る克服した者たちの一団のもとに今ではいることに人は気づかず、虚しく彼を待っているだけである。

『言葉は肉において現れる』の「救い主はすでに『白い雲』に乗って戻って来た」より

歴史は常に前進しており、神の働きは常に前進している。神の六千年の経営計画が終わりに達するためには、前進し続けなければならない。毎日、神は新しい働きを行なわなければならず、毎年、神は新しい働きを行なわなければならない。神は新しい道を開き、新しい時代を始め、新しくさらに偉大な働きを始め、そして新しい名前と新しい働きをもたらさなければならない。神の霊はつねに新しい働きを行なっており、古いやり方や規則に固執することはない。神の霊の働きはまた決して止まることなく、絶えず起こっている。聖霊の働きは不変であると言うならば、ではなぜヤーウェは祭司には神殿の中でヤーウェに仕えさせたのに、イエスが来たとき人々は彼は大祭司だとか、ダビデの家系で大祭司でもあり、偉大な王であると言ったにもかかわらず、イエスは神殿に入らなかったのであろうか。そしてなぜイエスはいけにえを捧げなかったのであろうか。神殿に入ろうが入るまいが、これはすべて神自身の働きではないのか。もし、人が想像するように、イエスがまだイエスと呼ばれて終わりの日に依然として白い雲に乗ってイエスの姿のままで人のもとに降りて来るなら、それはイエスの働きの反復ではないであろうか。聖霊は古いものにしがみつくであろうか。人が信じているものはすべて観念であって、人が受け入れているものは全て文字通りの意味や、また人の想像力に沿ったものである。それは聖霊の働きの原則とは一致せず、神の意図に沿っていない。神はそうはしないであろう。神はそれほどばかでも愚かでもなく、神の働きはあなたが想像するほど簡単ではない。人が行い想像すること全てによると、イエスは雲に乗ってあなたがたのもとに降りて来られることになっている。あなたがたはイエスを見上げ、雲に乗ったイエスは、自分がイエスであることを告げる。あなたがたはイエスの手にある釘の跡を見て、その人がイエスであることが分かる。そして、イエスは再びあなたがたを救い、あなたがたの偉大なる神となる。イエスはあなたがたを救い、あなたがたに新しい名前を授け、あなたがたひとりひとりに白い石を与える。その後、あなたがたは天の国に入ることを許され、パラダイスに受け入れられる。このような考えは人の観念ではないのか。…神自身が雲に乗って来ると言ったという人たちがいる。神自身がそう言ったのは本当であるが、神の奥義は人間には理解できないことをあなたがたは知っているのだろうか。神の言葉は人間には説明できないということをあなたがたは知っているのだろうか。あなたは聖霊の啓示を受け、聖霊の光に照らされたとでも確信しているのか。聖霊があなたにそのように直接的に示したのであろうか。これらは聖霊の指示であるのか、それともあなた自身の観念なのか。彼らは「これは神自身によって言われた」と言った。しかし私たちは神の言葉を測るために、自分たちの観念や思考を用いることはできない。イザヤの言葉に関しては、あなたには自信満々にイザヤの言葉を説明することができるのか。敢えてイザヤの言葉を説明しようというのか。イザヤの言葉を敢えて説明しようとしないのに、何故イエスの言葉を敢えて説明しようとするのか。イエスかイザヤか、どちらがより崇められているのか。答えがイエスであるのに、なぜイエスの語った言葉を説明するのか。神はその働きを前もってあなたに告げるであろうか。被造物の誰も、天の使者たちさえも、人の子でさえも知らないのに、あなたがいかに知ることができるのか。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(3)」より

あなたがたはパリサイ人がイエスに逆らったことの根拠を知りたいか。あなたがたはパリサイ人の本質を知りたいか。彼らはメシアに関する空想に満ちていた。さらに、彼らはメシアが来ると信じていただけで、いのちの真理を求めなかった。だから未だに彼らはメシアが来るのを待ち続けている。いのちの道に関して何の認識もなく、真理の道がどのようなものかも知らないからだ。これほど愚かで頑固で無知な彼らが、神の祝福を得られるだろうか。彼らがメシアに会うことなどできるだろうか。彼らは聖霊の働きのめざすものを知らなかったためにイエスに敵対した。イエスの語った真理の道を知らなかったために、イエスに敵対し、さらにはメシアを理解できなかったためにイエスに敵対した。彼らはメシアに会ったことがなく、メシアとともに過ごしたこともないために、彼らはみなメシアの名前をむなしく守りながら、どのようなことをしてでもメシアの本質に逆らうという過ちを犯した。これらパリサイ人は本質的に頑固で、傲慢で、真理に従うことはなかった。彼らが神を信じる原則は、「どれほどあなたの説教が奥深く、どれほどあなたに権威があろうとも、あなたがメシアと呼ばれない限り、あなたはキリストではない」というものである。これらの見方は不合理でばかばかしいものではないのか。あなたがたにもう一度問う。あなたがたが全くイエスを理解してこなかったならば、最初のパリサイ人たちと同じ過ちを簡単に犯してしまうのではないか。あなたは真理の道を識別することはできるのか。あなたがキリストに逆らわないとあなたは本当に請け合えるか。あなたは聖霊の働きに従うことはできるのか。自分がキリストに逆らうかどうかがわからないのなら、あなたは既に死のふちに生きているとわたしは言おう。メシアを理解しない人々は皆、イエスに逆らい、イエスを拒絶し、イエスを中傷することができる。イエスを理解しない人々は皆、イエスを否定し、イエスをののしることができる。さらに、彼らはイエスの再臨をサタンの偽りとして見ることができ、より多くの人が受肉し再来したイエスを非難するであろう。これらのことにより、あなたがたは恐ろしくならないのか。あなたがたが直面することは聖霊に対する冒涜であり、教会に向けた聖霊の言葉を台無しにし、イエスが表した全てをはねつけることとなる。それほど混乱しているなら、イエスから何を得られるというのか。あなたがたは頑なに自分の間違いに気がつくのを拒絶しているのに、イエスが白い雲に乗って肉に戻ってくる時にイエスの働きをどのようにしてあなたがたが理解できるというのか。わたしは言う。真理を受け入れず白い雲に乗ったイエスの再臨を盲目的に待つ人々は、確実に聖霊を冒涜することになり、彼らは滅ぼされる種族である。あなたがたはイエスの恵みを単に望んでおり、この上なく幸せな天国を楽しみたいだけであるが、イエスの語る言葉に従ったことはなく、イエスが肉に戻る時イエスが表明した真理を受け入れてこなかった。あなたがたはイエスが白い雲に乗って戻るという事実と引き替えに何を差し出すのか。あなたがたが繰り返し罪を犯し、繰り返しその罪を告白するという誠意か。白い雲に乗って戻ってくるイエスに対しあなたがたは捧げ物として何を差し出すことができるのか。自らを称賛する、長年の仕事で築いてきた労働という資本だろうか。あなたがたは戻ってきたイエスに信用してもらうために何を差し出すだろうか。それはあなたがたの、いかなる真理にも従わない傲慢な本性だろうか。

…多くの者はわたしの言うことに耳を傾けないかもしれない。だがそれでも、天からイエスが白い雲に乗って降臨するのをあなたがたが自分の目で見る時、これは義の太陽が公に現れることであると、わたしはイエスに付き従ういわゆる聖徒全員に伝えたい。その時あなたは大きな興奮に包まれるだろう。だが、あなたがイエスが天から降臨するのを見る時は、あなたが地獄へ送られ、懲罰を受ける時でもあることを、あなたは知るべきだ。それは神の経営(救いの)計画の終わりを告げるものであり、神が善良な人々を報い、邪悪な者たちを罰する時である。神の裁きは人がしるしを見る前、真理の現れだけがある時に終わる。真理を受け入れてしるしを求めることがなく、故に清められている人々は、神の玉座の前に戻り、造物主に抱かれる。「白い雲に乗らないイエスは偽のキリストだ」という信念に執着する者たちだけは、永久に続く懲罰を受けなければならない。彼らはただしるしを示すイエスしか信じず、厳しい裁きを宣言し真のいのちの道を差し出すイエスを認めないからである。そのような者たちは、イエスが白い雲に乗って公に戻ってくる時に対処するしかない。

『言葉は肉において現れる』の「あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である」より

前へ:天の下で人々のあいだに与えられた他の名前はなく、唯一の救い主はイエス・キリストで、それは昨日も今日も永遠に同じと聖書にある。しかし今日なぜあなたは全能神を信じるのか。

次へ:恵みの時代の教会がこれほどに荒れ果てているのに全能神の教会が繁栄を続けるのはなぜか。

他のお気に入り