全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

説教と交わり:終わりの日の神の裁きを経験して清められることが本当に祝宴の席につくことです。

11

神の裁きとは真理による裁きであり、それは神の家の中でのみ経験し享受することができます。それは外の世界では得られません。これは神による特別な高揚ではありませんか。(はい。) 神は私たちに祝宴の席につくことを許されていますが ──祝宴とは何でしょうか。 それは裁きによって清められ、最終的にキリストの言葉を食べ、飲むことによって真理を得ることです。この祝宴の価値は莫大です。人々が真理を得ることによって、どんな言葉が成就されるのでしょうか。神は真理を用いて人々を完全にし、人々が真理のイメ-ジを実際に生きるように、彼らのいのちとなられます ──これは祝宴に出席することによって得られる成果であり、またこれは神の意志です。外側からは、裁きの言葉は人を罪に定めるのように見えますが、実際には人を清めて完全にします。ただ裁きについて言及するだけで、真理を愛さない者たちは丘の上に逃亡しますが、真理を求める人たちは従順です。 「私が裁かれるなら、それはそれでよい。また、私が刈り込みを受けて取り扱われても、私は服従するでしょう。しかし、私はどのように取り扱われても丈夫です。私は神が定められることには何にでも従います。」 最初はそれは非常に難しいですが、しばらくの苦難の後、人々はこう言います。「どうして私はこんなに素晴らしい気分になれるのだろうか。私が本当に少し変化を遂げたとは、いったいどういうことか。物事に対する私の見方が変わり、私が神とより親密な関係を持っているとは、いったいどうしてだろう。今はかなり多くの真理を理解しているのは、どういうことだろう。ああ、これこそが祝宴の席につくことの全てだ。苦みを通して甘みが来るのだが、私は甘みを味わった。祝宴に出席することは本当に悪いことではないのが分かった。今私は、人々を完全にすることが神の素晴らしい意図であることを知った。外側から見れば、それは神の言葉による罪に定めること、裁き、刑罰であり、神の義なるご性質が私たちの上に臨むことだが、最終的な結果は、すべて清められ完全にされることなのだ。」 今、あなたは、裁きとは何であるか、真理とは何であるか、また、祝宴に出席することとは何であるかを理解していますね。

『いのちに入ることに関する交わりと説教』の(シリーズ103)より

現在、20年から30年にわたってこの祝宴に出席している人たちもおれば、この数年出席している人たちもいます。彼らは多くの収穫を得たのではないですか。収穫は莫大なものでした。彼らはこんなにたくさん得たのです。一つの事としては、神の裁きと刑罰によって、人々は多くの真理と奥義を理解するようになりました。もう一つの事はというと、神の裁きと刑罰の言葉は、真に私たちの中で清めの実と、徐々に完全されることの実を結んだということです。 「清めの実」とは何を指すのでしょうか。人間の中に存在するサタンの哲学、法則、論理、そしてあらゆる種類の毒がまず最初に清められ、人々は人類の堕落の真相、及びサタンのような彼らの本性と本質を知るようになります。これは人々がいのちの中へ入ることと、人々の性質の変化において非常に効果的です。そして最も貴重なのは、神によって遂行された裁きを通して明らかにされた神の義を味わったために、私たちが様々な度合いで神への敬意の心をさらに抱くようになったということです。私たちは神に対する真の畏敬の念を持っているので、あらゆる種類の悪から遠ざかることができ、言葉で罪を犯したり、もう暴力をふるったりしません。私たちの思考や意図さえもずいぶん清められました。過去には、人々が神に抵抗し神を裁かくことは、ごくあたり前でしたが、今は、何かを完全に理解できない時でも、彼らは裁いたり、とめどもなく喋ったりしないようになりました。その上、人々は祝福、天の御国、冠や報酬を得ることなどの贅沢な願望をもう抱こうとしません。彼らはそれらを得ることにもう意味がないと感じ、それらのことを追求することをしません。彼らはみな真理を求めること、命において成長し、神を知り、自分の性質を変えることに集中し始めました。彼らは受け入れられるように、神の愛に報いるために、本分を尽くすことに焦点を当てています。それは清められる過程ではないでしょうか。これはまた清められて得られる成果でもあります。このようにいのちの中へ入ることと、この種の真の変化は、神の裁きの働きの成果ではないでしょうか。あなたが神の裁きを受ければ受けるほど、あなたはより多くのものを得るでしょう。真理をより明確に理解すればするほど、あなたは変化するでしょう。もし神の裁きと刑罰を少ししか受けないなら、あなたは少ししか刈り取らず、少ししか変化しません。そしてあなたが理解する真理は必ず表面的ものになるでしょう。これは事実です。神の選びの民の中で、真理を理解して現実の中に入る者たち、堕落した性質が概して清められた者たちは、神に抵抗したり、神を裁いたりすることはほとんどありません。たとえ神への服従と愛が不十分であっても、心の深いところで彼らはすでに神の麗しさを感じ、神への真の服従が何であるのかを知っています。このため、彼らにとって命に入ることは絶えず深まっています。彼らはますます堕落しなくなり、神にますます服従し、神の裁きと刑罰の故に、神に対する彼らの愛はどんどん成長します。このような人々は清めを得ていませんか。 (得ています。)彼らこそ天の御国に居場所を持つ人々です。

『いのちに入ることに関する交わりと説教』の(シリーズ103)より