神の受肉 終わりの日の裁き 神の三段階の働き 神の御名について 恵みの時代と神の国の時代 救いと完全な救い 永遠のいのちの道 神の働きと人の働き 神を知る キリストを知る 聖書と神 神の声を知る 引き上げられることの本当の意味 神は中国に降臨された 教会と宗教 パリサイ人の見分け方 真の道は常に迫害されてきた 三位一体の解釈 真理と教義 神の御心に従う
  • 福音に関する20種類の真理
    • 神の受肉
    • 終わりの日の裁き
    • 神の三段階の働き
    • 神の御名について
    • 恵みの時代と神の国の時代
    • 救いと完全な救い
    • 永遠のいのちの道
    • 神の働きと人の働き
    • 神を知る
    • キリストを知る
    • 聖書と神
    • 神の声を知る
    • 引き上げられることの本当の意味
    • 神は中国に降臨された
    • 教会と宗教
    • パリサイ人の見分け方
    • 真の道は常に迫害されてきた
    • 三位一体の解釈
    • 真理と教義
    • 神の御心に従う
神と聖書との関係に関する真理

聖書は律法の時代そして恵みの時代という、神の働きの二段階の記録にすぎず、神の働き全体の記録ではない

聖書は単なる神の働きについての歴史的記録であること、神の以前の二段階の働きについての証しであること、神の働きの目的については何も教えていないことである。聖書を読んだことのある人はみな、そこには律法の時代と恵みの時代の二つの段階での神の働きが記録されていることを知っている。

すべての聖句は神の啓示を受け、どれも神の言葉であると宗教界は信じているが、この見方が誤りなのはなぜか

聖書にあることがみな、神が直接語った言葉の記録だというわけではない。聖書はただ、神の働きのうちの前の二段階を文書で記録しているに過ぎない。そこには預言者たちの預言と、各時代で神に用いられた人々の経験と認識を記したものが含まれる。

神への信仰は聖書への信仰であり、聖書から離れることは神への信仰ではないと宗教界は考えているが、この理解が誤りなのはなぜか

多くの人は、聖書を理解することと解釈できることは、真の道を探すのと同じことだと信じている。しかし、実際、物事はそんなに単純だろうか。聖書の実際は誰も知らない。つまり、聖書は単なる神の働きについての歴史的記録であること、神の以前の二段階の働きについての証しであること、神の働きの目的については何も教えていないことである。

聖書に固有の価値は何か。聖書とどのように接し、聖書をいかに活用すれば、神の旨にかなうのか

聖書の本質、構造、そして欠陥に関する神の説明は決して聖書の存在を否定するものでも、聖書を非難するものでも無い。むしろそれは、人々が聖書に対して正しい見方をし、聖書を崇拝するのを止め、迷わないように、合理的かつ適切な説明を示し、聖書の元来の像を復元し、聖書に関する人々の誤解を訂正するものである。