神が私のそばにいらっしゃる

 私はクリスチャンの一家に生まれましたが、私が1歳のとき、祖母の強い反対にもかかわらず、母は再臨された主イエス、すなわち全能神の新たな働きを受け入れました。小さいころ、よく祖母から「具合が悪かったり、宿題ができなかったりしたら、ひたすら主イエスに祈りなさい。そうすれば賢さと知恵をお与えになり、お前を…

私は真の家を見つけました

私がたどってきた道を振り返ると、途中で何を経験しようとも、神はいつもそばで私を見守っていてくださり、最後には私を神の家族のもとへ導いてくださいました。今、私は全能神の御言葉に潤され、それを糧とする喜びを日々感じています。心の内で感じていた痛みは消え去り、人生において進むべき方向を見出し、真の自由と幸福を得ました。

禍と福

サタンは名利を用いて私を傷つけましたが、全能神は私の病を使って神の御前に出させてくださり、こうして私はサタンが人を堕落させた張本人であることを御言葉を通してはっきりと知り、お金と名声を用いて人を堕落させ、飲み込もうというサタンの企みのっ真相を認め、俗世間の側面をある程度見極めることができました。

あるクリスチャンの霊の目覚め

「結局、人は何のために生きているのか」。このような出来事が自分のすぐそばで起きたために、私はこう実感しました。「神から離れて神の見守りとご加護がなくなれば、その人のいのちは細い糸で吊るされているようなものだ」。どのような災難に直面しようと、人のいのちはあまりにはかなく、ほんのわずかな打撃にも耐えられません。

死の淵から戻って

2007年、私は突然慢性腎不全になりました。クリスチャンである母と義姉、数人のカトリックの友人はこのことを知ると、みんなで私に会いに来て福音を説きました。主を頼ってさえいれば病気は治ると、母たちは言いました。ところが私は神をまったく信じていませんでした。病気を治せるのは科学的な治療方法だけで、科学で治せないのは不治の病だと思いこんでいたのです。

さまよえる心が家に帰る

という御言葉を読み、私は神の御言葉が鋭い刀のように心に突き刺さるのを感じました。御言葉は私の生きる状態をまざまざと明らかにし、内なる心の本当の状況を言い表しました。

窮地からの復活

しかし、私はこれらすべてが間違いなく全能神の救いと恩恵の結果であることを知っています。全能神が死の瀬戸際から私を救い、いざという時に私にいのちを返し、人生における正しい方向を示してくださったのです。これらすべての経験を通じて、神の導きがなければ私たち人間がサタンに苦しめられ、飲み込まれてしまうのは避けられないということを実感しました。

真の幸福を見つけた

まさにサタンに呑み込まれようとしていた私を救ってくださった神に感謝いたします。私が神の御前に出てそのご加護を受けるのを、神は許してくださいました。さもなければ、私はこの社会の悪しき潮流によって破滅していたでしょう。

人生の明るい道を歩んでいます

シェ・リー(米国) 以前、私は世界のトレンドを追い掛けるような人で、遊蕩生活に身を任せてしまいたくて肉の快楽だけを欲していました。私はよく友達と一晩中カラオケに行ったり、夜中に車を乗り回したり、海に出て釣りをしたり、美味しい食べ物を探して世界中を旅したりしていました。自分の周りにいる他の人達を見て…

全能神が清めを得る道に私を導い

絶えず神の御言葉を読み、教会生活を送ることで、自分が終わりの日における神の裁きの働きを受け入れられたのは本当に素晴らしいことなのだと、ますます強く感じるようになりました。自分では決して堕落した性質を解消できないことを、私は真に経験したのです。神の御言葉による裁きと刑罰を経て初めて、私は徐々に変わり、清められていきました。

私のいのちが幾許も事態に神はその御手で私を御救い下さりました

リン・ウー(日本) 神に救われなければ 今もさまよっていただろう もがき罪に苦しんで 虚しく、望みもなく 神に救われなければ 悪魔に踏みにじられて 罪の快楽に溺れ 先のこと考えもせずに 全能神に救われ その言葉に清められ 罰と裁きにより 堕落した心も変わり 明かされた真理で 新たな生命…

全能の神の御言葉から、私は人生の進むべき方向を見つけた

フィリピン ノヴォ 私はフィリピン人のノヴォといいます。私は子供の頃から母と一緒に神を信じてきました。兄弟姉妹と共に教会に行き、講話も聞きました。そうして長年主を信じてきたのですが、私には自分が不信心者のように思えました。それは、心の内ではいかに金儲けをしてより良い生活を送ろうかと一日中考えて…

集会で失ったものと得たもの

正直な人間が神様の祝福を得るということを私に理解させてくれたのは、神様のお言葉だったのです。真実を実施していると、私の心は喜びと平和を感じました。