全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

唯一の神自身 4

神の聖さ(1)

神の権威についてきょうは追加して話しましたが、今は神の義については話しません。きょうは、神の聖さという全く新しい題目について話します。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面なので、この題目についてここで話す必要性が大いにあります。これから話す神の本質におけるこの側面は、わたしたちが前に話し合った二つの側面である神の義なる性質と神の権威と同様に、唯一のものでしょうか。(はい。)神の聖さもまた唯一のものですので、この唯一性の基礎、根幹がきょうのわたしたちの話し合いの主題です。わかりますか。わたしの後に繰り返しなさい。「神特有の本質、神の聖さ」。(神特有の本質、神の聖さ。)この言葉を繰り返した後、心の中であなたがたはどう感じますか。おそらく何らかの不安があり、「なぜ神の聖さについて話し合うのだろうか」と疑問に思っている人もあなたがたのうちにいるかもしれません。心配しなくてよろしい。ゆっくりとあなたがたに説明してゆきます。話を聞けば直ちに、なぜこの題目について話し合うのがわたしにとってそれほど必要かが、わかります。

まず「聖なる」という言葉を定義しましょう。あなたがたの認識とあなたがたが得た知識を使うと、「聖なる」という言葉の定義はどのようになると考えますか。その定義をしなさい。(「聖なる」とは、汚れがなく、人間の堕落や欠点も全くないことです。考えにおいてであれ、発言においてであれ、行動においてであれ、聖なるものが発するものは全て、完全に肯定的です。)よろしい。(「聖なる」ものは、神聖であり、汚されておらず、人間が背くことができません。それは唯一のものであり、神の特徴的な象徴です。)(「聖なる」とは、汚れがなく、神聖の一側面で背く性質です。)これがあなたがたの定義です。一人ひとりの心の中に、この「聖なる」という語の一つの範囲、定義、解釈があります。少なくとも、「聖なる」という言葉を見るとき、あなたがたの頭はからっぽではありません。あなたがたは、この単語についてある一定の範囲を持っており、一部の人々のその解釈は、神の性質の本質を定義するのにこの語を用いるのに近く、それはとてもよいことです。大部分の人が、「聖なる」という言葉を好ましい言葉であると考えていて、それは断定できます。しかし、わたしが今日話したい神の聖さは、単に定義されたり説明されたりはしません。その代わりに、わたしが神は聖なる存在であると言う理由、わたしが神の本質を説明するために「聖なる」という言葉を用いる理由をあなたがたが理解できるよう、事実を挙げて検証します。話が終わる頃には、「聖なる」という語で神の本質を定義することや、この語を用いて神を指すことが、極めて相応しく、かつ適切であるとあなたがたは感じます。少なくとも、現在における人間の言語に関する限り、この語で神を指すことは、ことさらに適切です。この語は、人間の言語のなかで、神を指す語として最適な唯一の語です。この語が神を指すのに用いられるとき、それは空虚な語句ではなく、またそれは理由のない称賛でも、空虚な賛辞でもありません。この話の目的は、あなたがたそれぞれが、神の本質のこの側面の真実を確認できるようにすることです。神は人々の理解を恐れず、人々の誤解だけを恐れます。神は、一人ひとりが神の本質、神であること、神がもつもののすべてを知ることを望んでいます。そうしたわけで、神の本質のある側面について述べる時は、毎回多くの事実を用いて、神の本質のこの側面が紛れもなく存在することを人々が理解できるようにするのです。

「聖なる」という語を定義したので、例を幾つか検討しましょう。人間の考えでは、多くの「聖なる」物や人物を想像します。たとえば、人類の辞書では、童貞や処女は聖なるものと定義されていますか。(はい。)童貞や処女は実際に聖なるものですか。(いいえ。)この、いわゆる「聖なる」と、ここでわたしたちが話し合おうとする「聖なる」は、同一ですか。(いいえ。)人間の中でも徳が高く、洗練された教養ある話し方をし、誰も傷つけず、話をすると他人を快適で気分よくさせる人々は、聖なる存在ですか。儒教学者や、徳が高く言動が洗練されている紳士は、聖なる存在ですか。善行を頻繁に行い、慈悲の気持ちに溢れ、他人に多くの援助を提供する人々、他人の生活に多くの楽しみをもたらす人々は、聖なる存在ですか。(いいえ。)利己的な考えを一切もたず、誰に対しても厳しい要求をせず、誰に対しても寛容な人々は、聖なる存在ですか。誰とも争ったことがなく、誰も利用したことのない人々は聖なる存在ですか。他者のために尽くし、他者にあらゆる方法で益と教えをもたらす人々は、聖なる存在ですか。生涯にわたる蓄えを他者のために寄付し、質素な生活をし、自分に厳しく他人には心の広い扱いをする人々は、聖なる存在ですか。(いいえ。)あなたがたは、自分の母親があなたがたを思い、考えうるあらゆる方法で世話をしてくれたのを覚えています。あなたがたの母親は、聖なる存在ですか。有名人であれ、スターであれ、偉人であれ、あなたがたが好きな偶像的な人物は、聖なる存在ですか。(いいえ。)では、多くの人々には不知であった将来を予測することのできた聖書に登場する預言者を見てみましょう。この種の人々は聖なる存在でしたか。神の言葉や神の業の事実を聖書に記すことができた人々は、聖なる存在でしたか。モーセは聖なる人でしたか。アブラハムは聖なる人でしたか。(いいえ。)ヨブはどうですか。ヨブは聖なる人でしたか。(いいえ。)なぜそう言うのですか。ヨブは、神に「義なる者」と呼ばれましたが、それでも彼さえ聖なる存在であると言えないのはなぜですか。多少ここで懸念を感じているのではありませんか。神を畏れ、悪を避ける人々は、本当に聖なる存在ではないのですか。聖なる存在ですか。違いますか。(違います。)あなたがたの回答は否定です。それでは、その回答の根拠は何ですか。(神は唯一です。)それは確かな根拠です。あなたがたが物事を早く覚え、学んだことを用いる優れた能力と、この特別な技術があることが分かってきました。あなたがたは少し不安で、十分な確信がなく、敢えて否定しませんが、かといって肯定するわけでもないので、困難を覚えながら「違います」と言います。もうひとつ質問します。神の使い、神が地上に送る使いは、聖なる存在ですか。(いいえ。)注意深く考えなさい。十分に考えてから回答しなさい。天使は聖なる存在ですか。(いいえ。)サタンに堕落させられていない人類は、聖なる存在ですか。(いいえ。)あなたがたは全ての質問に「いいえ」と答えます。何が根拠ですか。わたしがたったいま述べた言葉が、あなたがたが「いいえ」と答える理由ですか。あなたがたは困惑していますね。ではなぜ天使までもが聖なる存在ではないと言うのですか。あなたがたはここで不安に感じています。違いますか。それでは、これまで挙げてきた人々や物や非被造物が聖なる存在ではない根拠は何かであるかを明らかにできますか。あなたがたにはできないとわたしは確信しています。そうですね。(はい。)それでは、あなたがたが「いいえ」というのは、多少無責任ではありませんか。あなたがたは無造作に答えているのではありませんか。「そのような聞き方をするのだから、聖なる存在ではないに違いない」と考えている人もいるでしょう。ただ無造作に答えないようにしなさい。答えが肯定なのか否定なのか注意深く考えなさい。次の題目について話し合えば、なぜ答えが「いいえ」なのかわかります。回答は後ほど与えます。まずは聖句を読みましょう。

ヤーウェ神の人間への命令

創世記二章15~17節 ヤーウェ神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。ヤーウェ神はその人に命じて言われた、「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。

女を惑わすへび

創世記三章1~5節 さてヤーウェ神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。へびは女に言った、「あなたがたは必ず死ぬ訳ではない。それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。

これら二つの聖句は、聖書のどの書からの抜粋ですか。(創世記です。)あなたがたは皆、これらの聖句をよく知っていますか。これは、人類が最初に造られた時に起きたことです。実際にあった出来事です。まず、ヤーウェ神はアダムとエバにどのような命令を与えたのかを見ましょう。この命令の内容は今日の話題にとって極めて重要だからです。「ヤーウェ神はその人に命じて言われた」。続きの聖句を読み続けなさい。(「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。)この聖句における神の人間への命令には、どのような内容が含まれていますか。まず、神は人間に何を食べてよいか、それは様々な木からの実であることを伝えます。危険も毒もなく、望むままにどれも好きなだけ食べることができます。これがひとつの箇所です。もうひとつの箇所は警告です。ここでは、どの木から実を取って食べてはならないかを人間に警告しています。人間は、善悪の知識の木からその実を取って食べてはなりません。それを取って食べると、どうなりますか。神は人間に「それを食べると、必ず死ぬ」と言いました。この言葉は分かりやすいですか。(はい。)もし神があなたにこのように言うものの、なぜなのかわからなかったら、それを従うべき規則や命令とみなしますか。従わなければなりませんね。しかし、人間がそれに従うことができるか否かを問わず、神の言葉は明確なものです。神は人間に、食べてもよいものと、食べてはならないもの、そして食べてはならないものを食べるとどうなるかを極めて明瞭に述べました。神が述べたこの短い言葉に、神の性質の何かを認識しましたか。この神の言葉は真実ですか。何か欺瞞がありますか。何か虚偽がありますか。(いいえ。)何か脅しがありますか。(いいえ。)神は人間に、正直に、誠実に、そして真摯に、食べてもよいものと食べてはならないものを、明瞭に分かりやすく伝えたのです。この言葉には、隠された意味がありますか。この言葉は分かりやすいですか。憶測する必要がありますか。(いいえ。)推測する必要はありません。そうですね。言葉の意味は一見して明瞭であり、読んですぐに理解できます。極めて明解です。つまり、神が述べたいこと、神が表現したいことは、その心から出るのです。神が表現することは混じりけがなく、分かりやすく、明確です。隠れた動機や意味などありません。神は人間に直接語り、食べてもよいものと、食べてはならないものを伝えました。つまり、神のこの言葉から、神の心は透明で、真実であることが人間には理解できます。食べられるものを食べてはならないと言ったり、食べられないものについて「食べて、どうなるか見てみなさい」などといったりする虚りなど全くありません。神はこのようなことを意味しますか。(いいえ。)そのとおりです。神が心で何を考えようと、それは神が言うことです。神はこれらの言葉により、このように神自身を示し、表すのだから聖いとわたしが言えば、わたしは些細なことを大げさに述べているとか、わたしが行き過ぎた解釈をしていると多少感じるかもしれません。もしそうなら、心配しなくてよろしい。話はまだ終わっていません。

「女を惑わす蛇」について話しましょう。この蛇は誰ですか。(サタンです。)神の六千年にわたる経営(救いの)計画において、サタンは引き立て役であり、それは神の聖さについて話すときに必ず述べなければならない役割です。わたしがこう述べるのはなぜですか。もしサタンの邪悪さや堕落あるいはサタンの本性を知らなければ、それを認識することも、聖さとは実際に何かを知ることも決してできません。人間は困惑し、サタンのすることが正しいと思い込みます。なぜなら、人間はそうした堕落した性質の中で生きているからです。引き立て役がなければ、比べるものが何もなければ、聖さとは何かを知ることはできません。だからこの題目をここで取り上げる必要があるのです。この題目は真空から取り出したのではなく、サタンの言動から、サタンがどのように行動し、どのように人間を堕落させ、どのような本性を持ち、どのような表情であるかを見ることができるからです。では、女は蛇に何と言いましたか。女はヤーウェ神が女に言ったことを蛇に説明しました。女の言葉に従うなら、女は神が女に言ったことすべての有効性を確認していましたか。女はそれを確認できませんでした。そうですね。新たに造られたばかりの者として、女には善と悪を見分ける能力も、自分の周囲の何かを認識する能力もありませんでした。女が蛇に語った言葉から判断すると、女は心の中で神の言葉が正しいと認めていませんでした。それが女の態度でした。だから、神の言葉に対して女が確固たる態度がないことを見てとった蛇は、「あなたがたは必ず死ぬ訳ではない。それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」と言いました。この言葉には、何か間違いがありますか。(はい。)何が間違っていますか。この一文を読み終わったとき、あなたがたは蛇の意図を感じ取りましたか。(はい。)この蛇は、どのような意図をもっていますか。(人間を惑わして罪を犯させようとすることです。)蛇はこの女を惑わして神の言葉に耳を傾けるのをやめさせたいのですが、蛇はそのままを話しましたか。(いいえ。)蛇はそのままを話さなかったことから、極めて狡猾であると言うことができます。蛇は、人間に気付かれないよう心の中に秘めた意図する目的を果たすために、その旨をずるくて曖昧な方法で表現します。これが蛇の狡猾さです。サタンは常にこのように話し、行動してきました。蛇は「必ず~訳ではない」のように言い、こうなるとも、ああなるとも断言しません。しかし、この話を聞いて、無知な女の心は動かされましたか。(はい。)言ったことが望みどおりの効果をもたらしたので、蛇は喜びました。これが蛇の狡猾な意図でした。さらに、「それを食べると、あなたがたの目が開け」と述べ、人間が良いと考える効果を約束して女を惑わしました。そこで女は「私の目が開くのは良いことだ」と考えました。そこで蛇は、人間がさらに良いと考える言葉、人間が知らなかった、聞く者を強く誘惑する力のある言葉を話しました。すなわち「神のように善悪を知る者となる」と語ったのです。この言葉は、人間にとって極めて誘惑的ではありませんか。それはまるで誰かがあなたに、「あなたの顔の形はすばらしい。ただ鼻が僅かに低いが、それを直せばあなたは世界的な美人になるだろう」と言うようなものです。整形手術をしたいと思ったことのない人は、このような言葉を聞いて心が動くでしょうか。(はい。)それならば、この言葉は誘惑的ですか。この誘惑は、あなたにとって魅力的ですか。拒み難いですか。(はい。)神はこのようなことを言いますか。たったいま読んだ神の言葉に、このようなものが少しでもありますか。(ありません。)なぜですか。神は心で考えることをそのまま述べますか。人は神の言葉をとおして神の心が見えますか。(はい。)しかし、蛇が女に話した時、蛇の心が見えましたか。(いいえ。)人間はその無知のせいで、簡単に蛇の言葉に惑わされ、騙され、誘導されました。あなたはサタンの意図を見ることができましたか。サタンの言葉の裏にある意図を見抜くことができたましたか。サタンの策略と抜け目ない計画を見抜くことができましたか。(いいえ。)サタンの話し方はどのような性質を表していますか。その言葉をとおして、サタンのどのような本質を見定めましたか。狡猾ですか。おそらく表面的には、サタンはあなたに微笑みかけるか、一切何らの表情も見せません。しかし胸中では、いかにして自分の目的を果たすかを計画しており、あなたはその目的を知ることができません。そしてあなたは、サタンの与える様々な約束や、サタンが語る利点に惑わされます。あなたは、それらを良いものであると判断し、サタンの話すことが神が述べることよりも役立ち、重要であると感じます。このようなことが起きると、人間は服従する囚人となるのではありませんか。(その通りです。)それでは、サタンが用いるこの手口は悪魔的ではありませんか。あなたは自分自身を深く沈めます。サタンは指一本動かすこともなく、サタンのふた言で、あなたは喜んでサタンに従い、言う通りにします。サタンの目的が達成されました。この意図は邪悪ではありませんか。これがサタンの元来の姿ではないでしょうか。サタンの言葉から、人間はその邪悪な動機と醜悪な姿とその本質を見ることができます。そうではありませんか。(その通りです。)これらの文章を比較すると、詳しく分析することなしに、ヤーウェ神の言葉は退屈で平凡なありふれたものであり、神の誠実さを讃美するために大騒ぎするに値しないとおそらく感じるかもしれません。しかしながら、サタンの言葉と醜悪な姿を引き立て役として見立てると、この神の言葉には現在の人間にとって遙かに大きな重要性がありませんか。(その通りである。)この引き立て役をとおして、人間は神の純粋無垢さを感じることができます。こう言うのは正しいですか。(はい。)サタンが述べる言葉のひとつひとつと、その動機、意図、そして話し方は、すべて汚れています。サタンの話し方の主な特徴は何ですか。サタンは曖昧な言葉で、人間に気付かれることなく、また目的が何かを判断させることなく、人間を惑わします。サタンは人間を餌に食いつかせ、サタンを称賛させ、その功績を礼賛させます。これはサタンの常套手段ではありませんか。(その通りです。)次に、サタンの醜悪な姿を人間が知ることができるその他の言葉や表現を見てみましょう。引き続き、聖句をいくつか読みましょう。

サタンとヤーウェ神の対話

ヨブ記一章6~11節 ある日、神の子たちが来て、ヤーウェの前に立った。サタンも来てその中にいた。ヤーウェは言われた、「あなたはどこから来たか」。サタンはヤーウェに答えて言った、「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」。ヤーウェはサタンに言われた、「あなたはわたしのしもべヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にないことを気づいたか」。サタンはヤーウェに答えて言った、「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか。あなたは彼とその家およびすべての所有物のまわりにくまなく、まがきを設けられたではありませんか。あなたは彼の勤労を祝福されたので、その家畜は地にふえたのです。しかし今あなたの手を伸べて、彼のすべての所有物を撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」。

ヨブ記二章1~5節 ある日、また神の子たちが来て、ヤーウェの前に立った。サタンもまたその中に来て、ヤーウェの前に立った。ヤーウェはサタンに言われた、「あなたはどこから来たか」。サタンはヤーウェに答えて言った、「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」。ヤーウェはサタンに言われた、「あなたは、わたしのしもべヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にないことを気づいたか。あなたは、わたしを勧めて、ゆえなく彼を滅ぼそうとしたが、彼はなお堅く保って、おのれを全うした」。サタンはヤーウェに答えて言った、「皮には皮をもってします。人は自分の命のために、その持っているすべての物をも与えます。しかしいま、あなたの手を伸べて、彼の骨と肉とを撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」。

これらの聖句二節は、神とサタンの間の対話であり、神が述べたこととサタンが述べたことを記録しています。神は多くを語りましたか。(いいえ。)神は多くを語らず、しかも簡潔に話しました。神の簡潔な言葉に神の聖さを見ることができますか。それは簡単ではないという人がいるでしょう。それでは、サタンの返答にサタンの醜悪さを見ることができますか。(はい。)まず最初にヤーウェ神がサタンにどのような質問をしたかを見てみましょう。(「あなたはどこから来たか」です。)この質問は明解ですか。(はい。)何か隠された意味はありますか。(いいえ。)これは純粋に単なる質問であり、他の目的はありません。もしわたしがあなたがたに「あなたはどこから来たか」と質問したなら、あなたがたはどのように答えるでしょうか。この質問は回答するのが困難ですか。あなたがたは「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」などと答えますか。(いいえ。)そのようには答えないでしょう。それでは、サタンがこのように答えたのを見て、あなたがたはどのように感じますか。(サタンは愚かで狡猾だと感じます。)あなたがたはそのように感じるのですか。わたしが何を感じているかを言えますか。わたしはこの言葉を読むたびに嫌悪感を覚えます。あなたがたは、嫌悪を感じますか。(はい。)なぜ嫌悪感を感じるのですか。それは、サタンが話すものの実際には何も言ってないからです。サタンは神の質問に答えましたか。(いいえ。)それはなぜですか。サタンの言葉は答えではなく、何の結果もそこにはありません。サタンの言葉は神の質問に対する回答ではありませんでした。「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」。この言葉を理解できますか。どうですか。サタンは一体どこから来たのですか。あなたがたは回答を得ましたか。(いいえ。)これがサタンの狡猾さの「輝き」であり、何を実際に言っているのかを誰にも突き止めさせません。この言葉を聞いても、サタンが言っていることがいまだにはっきりと理解できませんが、サタンは回答を終えています。サタンは完璧な回答だと思っています。あなたはどう感じますか。(嫌悪を感じます。)嫌悪感を感じます。あなたがたはサタンの言葉に嫌悪を感じ始めます。サタンは率直に話をせず、そのため、サタンの言葉がどこから来ているかを見抜くことができずに呆然とさせます。サタンは意図的かつ狡猾に話をし、特有の本質と本性に支配されています。これらの言葉はサタンの口から一直線に出てきたのです。長時間考えてから、自分を利巧だと思い込んでいるサタンが語ったのではありません。サタンはそれらの言葉を自然に表したのです。「サタンは一体どこから来るのか」と、サタンがどこから来るのか決して知ることなく、あなたは困惑します。あなたがたのうちに、このような話し方をする人はいますか。(はい。)このような話し方とは、どのような話し方ですか。(曖昧で明確な答えを述べません。)このような話し方を表現するには、どのような言葉を使うべきですか。逸脱と惑わしです。違いますか。前日にどこに行ったのかを他人に知られたくない人を想像してみなさい。その人に、「昨日あなたを見かけたが、どこへ向かっていたのか」と質問をすると、前日どこへ行ったのかを直接答えません。こういう人は「昨日は酷い一日だった。疲れ果てている」などと答えます。質問に答えましたか。答えてはいますが、求めている答えではありません。これが人間のずるさの「輝き」です。このような人が何を意味しているのかも、そのような言葉の根源も意図も、全く分かりません。あなたには、この人が何を避けようとしているのか分かりません。なぜなら、彼らには心の中に独自の事情があるからです。これは陰険なことです。あなたがたもこのような話し方をしばしばしますか。(はい。)その目的は何ですか。それは時として自分の利益を守ること、あるいは自分の地位や体面を保つこと、私生活の秘密を守ること、自分の評判を守ることが目的ですか。目的が何であれ、自分の利益と不可分、利益と関係があります。それは人間の本性ではありませんか。このような本性を持った人はすべて、サタンと同類ではないのですか。そう言えますね。一般的に、こうした徴候は嫌悪される忌まわしいものです。今、あなたがたも嫌悪を感じていますね。(はい。)

最初の節をもう一度見ると、サタンは再びヤーウェ神の質問に答えて「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか」と述べています。サタンはヤーウェ神によるヨブの評価を攻撃し始めますが、この攻撃は敵意の色を帯びています。「あなたは彼とその家およびすべての所有物のまわりにくまなく、まがきを設けられたではありませんか」。これは、ヤーウェ神のヨブへの働きのサタンによる理解であり評価です。サタンはこのように評価し、「あなたは彼の勤労を祝福されたので、その家畜は地にふえたのです。しかし今あなたの手を伸べて、彼のすべての所有物を撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」と言います。サタンは常に曖昧な話し方をしますが、ここでははっきりと述べています。しかし、この確信を伴う発言はヤーウェ神、神自身に対する攻撃であり、冒涜であり、敵対心です。これを聞いて、あなたがたはどう感じますか。反感を抱きますか。その意図が見えますか。第一に、神を畏れ、悪を避けるヨブに関するヤーウェ神の評価をサタンは否定しています。次に、ヤーウェ神への畏れゆえにヨブが言い行なうことをすべて否定しています。サタンは非難しているのですか。サタンは、ヤーウェ神の行なうこと、言うことをすべて非難し、否定し、疑っています。サタンは「そのようなことを言うならば、どうして私がそれを目撃していないのか。あなたはヨブに多くの祝福を与えたのだから、どうしてヨブがあなたを畏れずにいられることがあろうか」と言って、信じません。これは神の業をすべて否定するものではありませんか。非難、否定、冒涜など、サタンの言葉は攻撃的ではありませんか。これはサタンが心で考えることを真に表していませんか。これらの言葉は、先に読んだ「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」という言葉とは確かに同じではありません。これらの言葉は、それらとは全く異なります。これらの言葉を通して、サタンは神に対する態度と、ヨブの神への畏れに対する嫌悪を完全に曝露しています。この時、サタンの悪意と邪悪な本性が完全にさらけ出されます。サタンは神を畏れる者、悪を避ける者、そしてそれ以上に人間に祝福を与えるヤーウェ神を嫌悪します。サタンは、神が手ずから育てたヨブをこの機会に打ち滅ぼしたいと考え、「あなたはヨブがあなたを畏れ、悪を避けるというが、私はそう思わない」と言います。サタンは様々な方法でヤーウェ神を挑発し、試し、ヤーウェ神がヨブをサタンに引き渡し、サタンの意のままに翻弄させ、傷つけさせ、振り回されるように様々な方法を使います。サタンは、神の目から見て正しく完璧なヨブを、この機会を利用して滅ぼしたいのです。サタンがこのような心をもつのは、一時的な衝動ですか。いいえ、違います。これは以前から長く続いてきたものです。神は働き、人を慈しみ、見守りますが、サタンは神をどの段階でもつけ回します。神が大事にする人が誰であれ、サタンも見ていてつけ回します。神がその人を求めると、サタンは持てる限りの力でどんなことでもして神を阻もうとし、隠された目的を達成するため、様々な邪悪な方法で神の業を試し、邪魔し、挫折させようとします。サタンの目的は何ですか。サタンは神に人間を誰も得て欲しくないのです。サタンは神が求めるすべての人を求め、占有して支配し、掌握してサタンを崇拝させ、サタンと共に邪悪なことを行わせたいのです。これはサタンの悪意に満ちた動機ではないですか。よく普通、サタンは邪悪である、悪いと言いますが、あなたがたはそれを見たことがありますか。あなたがたが見ることができるのは、人間がいかに悪いかだけで、サタンが実際どの程度邪悪であるかを見たことはありません。しかし、このヨブに関する問題においてはそれを見ましたか。(はい。)この問題では、サタンの醜悪な姿と本質が極めて明瞭になっています。サタンは神と戦い、また神をつけ回しています。サタンの目的は神が行いたい業をすべて粉砕し、神が求める人間を占有して支配し、完全に消滅させることです。もしこのような人々が消滅させられないならば、彼らはサタンのものとなってサタンに用いられます。これがサタンの目的です。それでは、神は何をするのですか。この聖句では、神は簡潔な言葉を言うだけです。それ以外に神が行った事は記していませんが、サタンの言動は、それ以外にも多数の記録があることが分かります。次に挙げる聖句でヤーウェ神がサタンに「あなたはどこから来たか」と訊ねます。サタンは何と答えますか。(ここでも「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」と答えています。)ここでも同じ言葉です。どうしてこの言葉がサタンの標語あるいは規範となったのですか。サタンは憎しみに満ちていませんか。この嫌悪させる言葉は一度述べれば十分です。なぜサタンは必ずこの言葉に戻ってくるのですか。これはあることを証明しています。それは、サタンの本性が不変である、ということです。その醜悪な顔は長いこと隠し通せないものです。神はサタンに質問し、サタンはそのような答え方をします。サタンが人々をどう扱うかなど言うまでもありません。サタンは神を怖がることも、畏れることもなく、神に服従することもありません。したがってサタンは、神の前でこの神の質問を茶化し、それに同じ言葉で答え、それにより神を困惑させようとするほど無節操に横柄でいられるのです。これがサタンの醜悪な顔です。サタンは神の全能性を信じず、神の権威を信じず、神の支配権の下に従うことなど当然望みません。サタンは常に神に対抗し、常に神の行なうことすべてを攻撃し、神の行なうことをすべて粉砕しようとします。これがサタンの邪悪な目的です。

神の六千年の経営(救いの)計画において、ヨブ記でサタンが言うこれら二つの台詞とサタンの行なうことは、神に対する反抗を代表するもので、これが正体を現したサタンです。実際の生活においてサタンの言葉と行為を見たことがありますか。それらを本当に見るとき、それがサタンによって語られているとは思わず、人間が語っていると思うことがあります。そうですね。そうした事柄を人間が語るとき、それは何を表していますか。それはサタンを表しています。それを認識したとしても、サタンが実際にそれを語っているとわかりません。しかし、今ここでサタン自身の語った言葉をはっきりと見ました。これで、あなたはサタンの醜悪な姿と邪悪さをはっきりと、明確に理解しました。サタンが述べたこれら二つの台詞は、現在の人々がサタンの本性を知ることができるようになる上で価値がありますか。これら二節は現在の人類がサタンの醜悪な顔とサタンの元来の真の顔を認識できるようになるために収集する価値のあるものですか。こう言うのは不適切に見えるかもしれませんが、このように表現することがやはり正確だと言うことができます。わたしはこのようにしか説明できませんし、もしあなたがたが理解できるならば、それで十分です。サタンは何度もヤーウェ神のすることを攻撃し、ヨブのヤーウェ神への畏れを非難します。サタンは様々な方法でヤーウェ神を挑発し、サタンがヨブを試すことをヤーウェ神に許可させます。したがって、サタンの言葉は極めて挑発的です。それならば、ひとたびサタンがこれらの言葉を述べたなら、神にはサタンのしたいことを明瞭に見えますか。(はい。)神は、サタンがしたいことを理解していますか。(はい。)神の心の中では、このヨブという神が見守る男、神のしもべ、神が正しく全き人とみなすヨブはこの種の試みに耐えられますか。(はい。)神がそれほど確信して肯定するのはなぜですか。神は常に人間の心を審査しているのですか。(はい。)サタンもまた、人間の心を審査することができるのですか。(いいえ。)サタンにはできません。たとえサタンに人間の心が見えても、その邪悪な本性は聖さが聖さであると、また下劣さを下劣さであると決して信じることができません。邪悪なサタンは、聖なるもの、義なるもの、光あるものを決して大切にすることができないのです。サタンはその本性、その邪悪さと、サタンが用いるこれらの方法によって徹底的に行動せずにはいられません。たとえ自らが神から懲罰を受けたり滅ぼされたりする代償を払ってでさえも、頑なに神に反抗することを辞さないのです。これが邪悪であり、サタンの本性です。そうしたわけで、この聖句では、サタンは「皮には皮をもってします。人は自分の命のために、その持っているすべての物をも与えます。しかしいま、あなたの手を伸べて、彼の骨と肉とを撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」と言います。サタンは神への人間の畏れは、人間が神から多くの利益を得ていることに起因すると考えます。人間は神から利益を得ているので、神は善良であると言います。しかしそれは神が善良であるからではなく、人間が神から多くの利益を得ているため、人間は神をこのように畏れることができるだけなのです。神がひとたび人間から利益を奪ったならば、人間は神を見捨てます。サタンは、その邪悪な本性において、人間の心が真に神を畏れることができるとは信じません。その邪悪な本性のため、サタンは聖さが何かを知らず、ましてや畏れ敬うことなど、知る由もありません。サタンは神に従うということが何かを知らず、神を畏れるということが何かも知りません。サタンは神を畏れないので、人間にも神を畏れることはできず、そんなことは不可能だと考えるのです。どうですか。サタンは邪悪ではないですか。(邪悪です。)サタンは邪悪です。それが様々な宗教や教派であれ、宗教団体や社会団体であれ、わたしたちの教会以外は、神の存在や神が働きを行うことができるということを信じていないので、あなたが信じているのも神ではないと考えます。淫乱な人は、すべて他人も皆自分と同様に淫乱であると考えます。いつも嘘をつく人は、正直な人間はおらず皆嘘をついていると考えます。邪悪な人は、すべての人を邪悪であると考え、出会う人すべてと戦おうとします。比較的誠実な人は、他人も皆誠実であると考えるので、いつも騙され、いつも裏切られ、このような人になす術はありません。これらの少数の例は、あなたがたの確信を強めるために挙げるのです。サタンの邪悪な本性は一時的な衝動でも、環境により発生するものでもなく、何らかの理由や状況がもたらす一時的な徴候でもありません。絶対に違います。サタンはそのようでしかいられないのです。サタンは善良なことが一切できません。たとえ聞いて心地よいことをサタンが言っても、それはただあなたを誘惑するだけです。心地よければ心地よいほど巧妙であり、言葉が優しければ優しいほど、言葉の背後に隠された腹黒い意図はさらに悪意に満ちたものになります。これら二つの聖句において、どのような顔や本性をサタンは見せていますか。(陰険で悪質で邪悪なものです。)サタンのおもな性質は邪悪であり、特に邪悪で悪質です。

サタンについての話しが終わったので、わたしたちの神について再び話し合いましょう。神の六千年にわたる経営計画の間に、神の直接的な発言のうち、聖書に記録されたものは極めて少なく、記録されているものは極めて簡明です。それでは始まりから始めましょう。神は人間を造り、それ以降、人類の生活を導いてきました。人類に祝福を与えるにしても、律法や神の戒めを与えるにしても、生活に様々な規則を定めるにしても、それらを行なうことにおける神の意図する目的が何であるかをあなたがたは知っていますか。まず、神のすることはすべて人類の益のためであると、確実に言うことができますか。(はい、できます。)この言い方は比較的大まかで内容がないとあなたがたは考えるかもしれませんが、具体的に言うと、神のすることはすべて人間が普通の生活を営むように導くためです。それが人間が神の規則を守るようにするためであるか、神の律法を守るようにするためのものであるかにかかわらず、神の目的は人間がサタンを崇拝しないようにすること、サタンに害されないようにすることです。これは最も原則的なことで、一番最初に行われたことです。始めに、神の心を人間が理解していなかったときには、神は簡単な律法と規則を挙げ、考えられるあらゆる方面に関する規定を定めました。これらの規定は極めて簡単なものですが、その中には神の心が含まれています。神は人類を大切にし、いつくしみ、心から愛しています。そうではありませんか。(その通りです。)では、神の心は聖なるものであると言うことができますか。神の心は清いであると言えますか。(はい。)神には隠された意図がありますか。(いいえ。)それでは、この神の目的は正しく、前向きですか。(はい。)神がどのような規定を定めたとしても、神の働きの過程において、それらはすべて人間にとって前向きな効果があり、それらが道を導きます。それでは、神の意思には利己的な考えがありますか。神には人間が関わるところで何か追加的な目的があったり、神は人間を何らかの方法で利用したいのですか。(いいえ。)そういうことは一切ありません。神は言葉の通りに行い、また心でもそのように考えます。目的が混入していることや、利己的考えはありません。神は自分自身のために何かをすることはなく、絶対的にすべてを人間のために行い、自身の目的は一切ありません。たとえ神には人間のための計画や意図があるものの、神は自分自身のためには何も行ないません。神が行なうことはすべて純粋に人間のために、人類を守り、人類が誤った道へと迷い込まないようにするために行なわれます。この心は貴重ではありませんか。(貴重です。)この貴重な心をほのめかすものが一抹でもサタンに見られますか。それが見えますか。(いいえ。)これをほのめかすものはサタンには一切見られません。神の行なうことは、すべて自然に明示されます。神の働き方を見ると、神はどのように働きますか。神はこれらの律法や言葉を、緊箍児[a]のように一人ひとりの人間の頭にきつく結び付けて、各人に強制的に課しますか。神はそのように働きますか。(いいえ。)それでは、神はどのようにその働きを行ないますか。(神様は私たちを導かれます。)それは一つの側面です。他にはありますか。神はあなたがたに多くの方法で働きを行ないます。一つ回答が出ただけで、もう何も言うことがなくなってしまうとは、一体どういうわけですか。(神様は助言され、励まされます。)二つ目の回答が出ました。他には。神は脅迫しますか。神はあなたがたに堂々回りの話し方をしますか。(いいえ。)あなたが真理を理解できないとき、神はどのように導きますか。(神様は光を照らされます。)神はあなたに光を照らし、真理と一致しないことや、するべき事を明確に伝えます。神が働くこれらの方法から、あなたは神とどのような関係にあると感じますか。これらの方法は、神はあなたの把握する範囲を超えていると感じさせますか。(いいえ。)それでは、どう感じさせますか。神は特にあなたに近く、あなたとの距離はありません。神があなたを導くとき、あなたに施すとき、あなたを助け、支えるとき、あなたは神の優しさ、神の尊敬すべきことを感じ、神がどれほど美しく、どれほど温かいかを感じます。では、神があなたの堕落を咎めたり、神に背いたことについてあなたを裁いたり鍛錬するとき、どのような方法を用いますか。神は言葉で咎めますか。神はあなたの環境や人々、出来事、物事などを通して鍛錬しますか。(はい。)この鍛錬は、どの程度に達しますか。(人間が耐えうる程度です。)神による鍛錬は、サタンが人間を害するのと同程度に達しますか。(いいえ。)神は、優しく、愛に溢れ、繊細で、思いやりのある方法で、特別に配慮された適切な方法で働きます。神の方法は、「神は私にこれをさせてくれるべきだ」とか、「神は私にそれをさせてくれるべきだ」のような強い感情をあなたに抱かせることはありません。神は物事が耐えがたくなるような強い考え方や強い感情をあなたに与えることは決してありません。そうではありませんか。たとえ神の裁きと刑罰の言葉を受け入れるときでさえ、あなたはどう感じますか。神の権威と力を感じるとき、あなたはどう感じますか。神は神聖で害することができないと感じますか。(はい。)そのようなときに、あなたは神から遠ざけられたと感じますか。神に対する恐怖を感じますか。(いいえ。)感じません。そのかわりに、あなたは神に対する畏敬の念を感じます。人がこのように感じるのは、ただ神の働き故ですか。(はい。)ではもしサタンが人間に働きかけたとしたら、人間はこうした感情を抱くでしょうか。(いいえ。)神は神の言葉、神の真理、神のいのちを用いて、絶えず人間に施し、人間を支えます。人間が弱いとき、落ち込んでいるとき、神は決して厳しく「落ち込むな。なぜ落ち込んでいるのか。なぜ弱いのか。弱くなるどのような原因があるというのか。あなたはあまりに弱く、常に落ち込んでいる。生きていて何の意味があるのか。死んでしまえ」などとは言いません。神はこのように働きますか。(いいえ。)神にはこのように振る舞う権威がありますか。(はい。)しかし、神はそのように振る舞いますか。(いいえ。)神がこのように振る舞わないのは、神の本質、神の聖なる本質のためです。神の人間への愛、神が人間を大切にし、いつくしむことは、一、二行では明確に表現できません。それは人間の誇りによりもたらされるものではなく、神が実際の実践において生み出すものであり、それは神の本質の明示です。神が働くこれらの方法すべてにより、人間は神の聖さを見ることができますか。神の善意、神が人間において達成したい効果、神が人間に対して働くために用いる様々な方法、神が行う働きの種類、神が人間に理解させたいことを含め、神が働くこれらの方法すべてにおいて、神の善意に何らかの邪悪や悪賢さを見たことがありますか。(ありません。)それでは神が行うことすべて、言うことすべて、神が心で思うことすべてにおいて、また神が明示する本質のすべてにおいて、神を聖なるものと呼ぶことができますか。(はい。)この聖さをこの世において、あるいは自分自身の中に見たことがある人間はいますか。神以外に、聖さを誰か人間かサタンの中に見たことがありますか。(ありません。)今まで話してきた内容から、神を唯一無二の聖なる神自身と呼ぶことができますか。(はい。)神の言葉、神が人間に対して働く様々な方法、神が人間に語ること、人間に思い起こさせること、助言し、励ますことを含め、神が人間に施すものはすべて一つの本質に由来します。すなわち、それらはすべて神の聖さに由来するのです。もしそのような聖なる神が不在であったなら、神に代わり、神の働きを行なうことのできる人間はいません。もし神がこれらの人々をすっかりサタンに引き渡したなら、あなたがた皆がきょう、どのような状況に置かれていたかを考えたことがありますか。あなたがたは、全員無傷でここに座っていたでしょうか。(いいえ。)それでは、あなたがたはどうなっていたでしょうか。あなたがたも「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」などと言うでしょうか。あなたがたは神の前で自信たっぷりで、厚かましく、誇らしげで、恥じることもなく、そのような話し方をしつつ気取って歩き回るのでしょうか。(はい。)100パーセントそうします。絶対にするでしょう。サタンの人間に対する態度により、サタンの本性は神とは全く異なることを人間は理解できます。サタンの本質は、神の本質とは全く異なります。サタンの何の本質が神の聖さとは正反対なのですか。(サタンの邪悪さです。)サタンの邪悪な本性は、神の聖さと正反対です。神のこの表出と神の聖さの本質を大部分の人々が認識しないのは、彼らがサタンの領域において、サタンの堕落の中で、サタンの住まいの囲いの中で生きているからです。彼らは聖さとは何かも、聖さをどう定義するかも知りません。たとえ神の聖さに気づいても、依然としてそれが神の聖さであるとは断言できません。これは、神の聖さについての人間の認識における相違です。

サタンの人間に対する業は、どのような代表的特徴を示していますか。あなたがたは、サタンの最も代表的特徴、最も頻繁に行うこと、人間一人ひとりに行おうとする業について、自分自身の経験から知っているはずです。サタンには、あなたがたにはおそらく見えない特徴があるので、サタンがいかに恐ろしく、憎らしいかを考えません。この特徴が何であるかを誰か知っていますか。答えなさい。(サタンのすることはすべて、人間に害を与えます。)サタンは人間を害するために様々なことを行います。サタンはどのようにして人間を害しますか。もっと具体的に詳しく回答できますか。(サタンは人間を惑わし、誘い、試します。)その通りです。それらは幾つかの側面を表しています。他にありますか。(サタンは人間をたぶらかします。)サタンは人間をたぶらかし、攻撃し、非難します。そのとおり。それらすべてをします。それ以外にも何かありますか。(サタンは嘘をつきます。)欺瞞と嘘はサタンが最も自然に行います。サタンは頻繁に嘘をつくので、口から嘘が流れ出し、考える必要すらありません。他には。(サタンは不和の種を蒔きます。)それは、それほど重要ではありません。わたしはこれからあなたがたを震撼させる事を説明しますが、あなたがたを怖がらせるためにするのではありません。神は人間に働きかけ、人間は神の態度と心の両方において大切にされています。一方、サタンは人間を大切にしますか。サタンは人間を大切にしません。サタンは人間をどうしたいのですか。サタンは人間を傷つけたいのであり、そのことしか考えていません。そうではありませんか。サタンが人間を傷つけることを考えているとき、サタンは喫緊の精神状態でそうしますか。(はい。)人間に対するサタンの業に関しては、サタンの悪意のある邪悪な本性を十分に言い表し、あなたがたがサタンの憎らしさを知ることができる二つの語句があります。サタンが人間に接近する際に、サタンは常に強制的に一人ひとりの人間を占有し、一人ひとりの人間に取り憑き、害を及ぼすところまで到達し、サタンの目的を果たし、無謀な野望を実現させようとします。「強制的に占有する」とはどういう意味ですか。それはあなたの同意の上で、それとも同意なしで起こりますか。あなたが知っていて、それとも知らないうち起こりますか。それはまったく知らないうちに起こります。あなたが意識していない状況において、おそらくサタンがまだ何も言っていないとき、おそらくまだ何も行っておらず、何の前提も脈絡もないとき、サタンはあなたを取り囲んでそこにいるのです。サタンは利用する機会を探しており、次にあなたを強制的に占有し、あなたに取り憑き、あなたを完全に支配し危害を加えるという目的を果たします。これが、サタンの人類を手に入れるための神との戦いにおける典型的な意図と振る舞いです。これを聞いてどう感じますか。(心からぞっとして恐ろしいと感じます。)嫌悪を感じますか。(はい。)嫌悪を感じるとき、サタンは恥知らずだと思いますか。(はい。)サタンは恥知らずだと思うとき、あなたがたの周囲にいて、あなたがたを常に支配しようとする人々、地位や利益のための野心をもつ人々に嫌悪を感じますか。(はい。)それでは、強制的に人間に取り憑き、占有するために、サタンはどのような方法を用いますか。あなたがたは、これについて明確に理解していますかか。「強制的な占有」と「取り憑く」という二つの表現を聞くと、異様な感じと嫌悪感を覚えるのではありませんか。邪悪な風味を味見するようですか。あなたの同意なしに、かつあなたが知らないうちに、サタンはあなたに取り憑き、占有して堕落させます。心ではどう感じますか。憎悪ですか。(はい。)嫌悪ですか。(はい。)サタンのこの方法に対して憎悪や嫌悪を感じるとき、神に対してどのような感情をもちますか。(感謝の気持ちです。)救われたことで、神に感謝するのです。それでは、今この瞬間に、あなたには神に自分自身のすべてをゆだね、支配させる希望なり意向がありますか。(はい。)どのような状況においてですか。あなたはサタンに強制的に占有され、取り憑かれるのを恐れて「はい」と言うのですか。(はい。)そのような考え方は正しくないので、もってはいけません。恐れることはありません。神はここにいます。何も恐れることはありません。そうですね。ひとたびサタンの邪悪な本質を理解したならば、人間への神の愛、善意、憐れみ、寛大さ、そして神の義なる性質についてもっと正確に理解したり、尊いと感じたりするはずです。サタンは憎しみに満ちていますが、もしそれがいまだに神への愛を呼び覚まし、神により頼み、委ねる気持ちを呼び覚まさないならば、あなたはどのような人間ですか。あなたはサタンに自分をそのように害させてもいいのですか。サタンの邪悪さと醜悪さを検討したので、次に視点を変えて神について検討します。あなたの神に関する認識は、何らかの変化を経ましたか。(はい。)どのような変化ですか。神を聖なる存在と言うことができますか。神は完璧であると言うことができますか。「神は唯一無二の聖さである」。神はこう称するに相応しいですか。(はい。)それではこの世で、万物のなかで、このような人間の認識に相応しいのは神のみですか。他に何かありますか。(ありません。)それでは、正確には神は人間に何を施しますか。神はあなたが気づかないうちに、配慮や思いやり、気遣いを少し施すだけですか。神は人間に何を与えてきましたか。神は無条件に、代償を要求せずに、隠された意図なく、人間にいのちを与え、すべてを与えてきました。神は、真理、言葉、いのちを用いて人間を導き、サタンの危害、試し、惑わしから人間を遠ざけ、人間がサタンの邪悪な本性と醜悪な顔を明瞭に見抜けるようにしてきました。神の人類への愛と配慮は真実ですか。それは、あなたがたの一人ひとりが経験できることですか。(はい。)

今までのあなたがたの人生をふりかえり、信仰生活の年月において神があなたに対して行ったことをふりかえってみなさい。深く感じるか否かにかかわらず、それは最も必要なものではありませんでしたか。それはあなたが最も手に入れる必要のあったものではありませんでしたか。(そうです。)それは真理ではありませんか。それはいのちではありませんか。(そうです。)神はかつて、あなたにこれらのものを与えた後、何かを返したり払い戻すようにあなたに示したことがありますか。(ありません。)それでは、神の目的は何ですか。なぜ神はこのようなことをするのですか。神にもあなたを占有するという目的があるですか。(いいえ。)神は人間の心の中における玉座に上りたいのですか。(はい。)それでは神が玉座に上ることとサタンの強制的占有の相違点は何ですか。神は人間の心を得ること、人間の心を占有することを望んでいます。これはどういう意味ですか。これは人間が神の操り人形や機械のようになることを神が望んでいるというですか。(いいえ。)それでは神の目的は何ですか。神が人間の心を占有したいことと、サタンが強制的に人間を占有し取り憑くことには、相違点がありますか。(はい。)その相違点とは何ですか。明白に言えますか。(サタンは力により行なうのに対し、神様は人間に志願させます。)サタンは力により行なうのに対し、神はあなたに志願させる。これが相違点ですか。それならば、もしあなたが志願しなければ、どうなるのですか。志願しなければ、神は何かしますか。(神様は導かれ、示されますが、もし最終的に人間にその意志がなければ、人間を強制なさいません。)神があなたの心を得たい理由は何ですか。また、神が人間を占有することを望む理由は何ですか。あなたがたは「神が人間の心を占有する」ことを、心でどのように理解していますか。ここでは、神に対して公平でなければなりません。そうしなければ、必ず人々は誤解して「神は常に私を占有したがっている。神が私を占有したい理由は何か。私はされたくない。私はただ自分でありたい。サタンは人間を占有する、と言うが、神もまた人間を占有する。これら同じではないのか。私は誰にも私を占有させたくない。私は私自身だ」などと考えます。ここでの相違点は何ですか。しばらく考えなさい。(神様が人間の心を得て、それを占有することを望まれるのは、人間を救い完全にするためであると私は思います。)あなたが言ったことは、人間を完全にするという神による人間の経営計画の目的です。ここでいう「占有する」の意味を理解していますか。(サタンに人間を占有させないということです。もし神様が人間を占有なされば、サタンがそうする方法はありません。)つまり、神が最初の占有者であり、空き家のように、最初に入った者が誰であれ、それが家の主人となるということですか。その後に来る者は家の主にはなれず、その代わりに使用人となるか、そうでなければ全く家に入れなくなります。そういう意味ですか。(はい、そのような意味です。)別の意見のある人はいますか。(私の認識では、「神が人間の心を占有する」とは、神様が私たち人間を神様の家族のように扱われ、世話をして愛してくださるということです。サタンは人間に損害を与え傷つけるために、人間の心を占有します。)それが「神は人間を占有する」ということに関するあなたの認識です。その他の解釈や意見はありますか。(神様は、人間が神様の言葉に従って生きることができるように、神様の言葉を人間が自分のいのちとして受け入れることができることを願って、言葉を用いて人間を占有されます。)これが「神は人間を占有する」ということの背景にある真の意味です。違いますか。その他の意見はありますか。(私の意見では、神様は真理の権化であられるので、神様は人間にすべての真理を与えることを望まれており、私達はこの真理を得て神様の配慮と保護の下に連れてこられるので、サタンの狡猾な陰謀に遭遇したり、それにより危害を加えられたりするのを回避することができます。実際には、人間が地上で通常の生活を営み、神の祝福を得られるように、神様は人間の心を得ることを望まれます。)しかし「神は人間の心を占有する」ということの実際上の意味にはまだ触れていません。(人間はもとは神様により造られたので、人間は神様を礼拝し、神様の下に戻らなければなりません。人間は神様のものです。)あなたがたに尋ねますが、「神が人間を占有する」というのは、空虚な表現ですか。神による人間の占有とは、神が人間の心に住んで、あなたがたの一語一句、一挙一動を支配するという意味ですか。もし神があなたに座れと言えば、あえて立とうとはしないのではありませんか。もし神が東へ行けと言えば、あえて西には行かないのではありませんか。占有とは、そのような意味ですか。(違います。)それでは、何ですか。(それは、神様がもっておられるものと神様であるものを、人間が実践することです。)神が人間を経営してきた年月の中で、現在この最後の段階までの神の人間への働きにおいて、神が語ったすべての言葉の意図された人間への効果は何ですか。神がもっているものと神であるものを、人間が実践することですか。「神は人間の心を占有する」という言葉の文字通りの意味を検討すると、神は人間の心を取り、それを占有し、そこに住んで二度と出ないことのようです。すなわち神が人間の心の中に住み、人間の心の主となり、人間の心を支配し、神の思い通りに調節して、必ず人間が神が命じるところへ行かなければならなくすることです。この段階の意味では、すべての人間が神となり、神の本質と性質を自分のものとするかのように考えられます。それでは、この場合、人間もまた神の行為や業を実行することができるのでしょうか。「占有」をこのように説明できますか。(いいえ。)それでは、それは何ですか。(神様が求められる人間は操り人形ではなく、彼らには思考があり、その心は生きています。ですから神様による人間の占有は、人間が思考をもち、神様の喜びと悲しみを感じることができ、神様と人間が交流することを期待するものです。)あなたがたに尋ねます。神が人間に与える言葉と真理はすべて神の本質、神がもっているものと神であるものの顕示ですか。(はい。)これは確かです。しかし、神が人間に与える言葉のすべては、神自身が実践し所有すべきものですか。よく考えなさい。神が人間を裁くとき、何ゆえに神はそうするのですか。その言葉はどこから来たのですか。神が人間を裁くときに言う言葉は、どのような内容ですか。それらは何に基づいていますか。人間の堕落した性質に基づいていますか。(はい。)では神の人間に対する裁きにより達成される効果は、神の本質に基づいていますか。(はい。)それでは、神による人間の占有は、空虚な語句ですか。そんなはずはありません。それでは、なぜ神はこのような言葉を述べるのですか。これらの言葉を神が述べる目的は何ですか。神はこれらの言葉を人間のいのちのために使いたいのですか。(はい。)神は、神が語った真理のすべてを人間のいのちのために用いたいのです。人間がこの真理のすべてと神の言葉を受け取り、それを自分自身のいのちへと変化させるとき、人間は神に従うことができますか。そのとき人間は神を畏れることができますか。そのとき人間は悪を避けることができますか。人間がこの時点に達したとき、人間は神の主権と采配に従うことができますか。そのとき人間は神の権威に服従する位置にあるでしょうか。ヨブやペテロのような人がその道の最終地点に到達し、いのちが成熟したとみなすことができるとき、彼らが真に神を理解したとき、サタンはそれでも彼らを惑わすことはできますか。サタンは依然として彼らを占有できますか。サタンは依然として強制的に彼らに取り憑くことができますか。(できません。)それでは、それはどのような人間ですか。完全に神のものとされた人ですか。(はい。)この段階の意味において、このように完全に神のものとされた人をあなたがたはどのように見ますか。神にとっては、この状況下では神はこの人の心を既に占有しています。しかし、この人は何を感じますか。神の言葉、権威、神の道が人間の中でいのちとなり、そしてこのいのちが人間の存在全体を占有し、人間が実践することとその本質を、神を満足させるに適切なものにするということですか。神にとって、この瞬間の人類の心は、神に占有されていますか。(はい。)あなたがたはこの段階の意味を、今ではどのように理解していますか。あなたを占有するのは神の霊ですか。(いいえ。)それでは、あなたを占有するのは一体何ですか。(神様の言葉です。)それは神の道、神の言葉です。それは真理があなたのいのちとなったのであり、神の言葉があなたのいのちとなったのです。このとき、人間は神に由来するいのちをもっていますが、このいのちが神のいのちであるとは言えません。言い換えるならば、神の言葉から人間が得るべきいのちは、神のいのちであるとは言えないということです。したがって、人間がいかに長期間にわたり神に付き従っても、いかに多くの言葉を神から得ても、人間は決して神となることができないということです。これが正しいことではありませんか。(正しいです。)たとえ神がある日、「わたしはあなたの心を占有した。あなたは今やわたしのいのちをもっている」と言ったとしても、あなたは自分が神だと感じるでしょうか。(感じません。)それでは、あなたはどうなるでしょうか。神に絶対的に服従するのではないでしょうか。あなたの体と心は、神があなたに与えたいのちで満たされるのではないでしょうか。これは神が人間の心を占有するときに起こる極めて普通の徴候です。これは事実です。ではこの観点からみて、人間は神になることができますか。(できません。)人間が神の言葉をすべて得たとき、神を畏れ、悪を避けることができるようになったとき、人間は神の身分を得ることができますか。(できません。)人間は神の本質をもつことができますか。(できません。)何があったとしても、結局のところ人間は依然として人間なのです。あなたは被造物です。あなたが神から神の言葉と神の道を受け取ったとき、あなたは神の言葉を源とするいのちをもっているだけであり、決して神になることはできないのです。

ここでもとの論題に戻ると、わたしはあなたがたに質問を一つしました。アブラハムは聖なる存在ですか、でした。(いいえ。)聖なる存在ではありません。これを今では理解していますね。ヨブは聖なる存在ですか。(いいえ。)この聖さの中には神の本質がこもっています。人間には神の本質も性質もありません。たとえ人間が神の言葉をすべて経験し、神の言葉の本質を自分のものにしているとしても、人間は依然として聖なるものと呼ばれることはできません。人間は人間です。これは理解していますね。それでは、「神が人間の心を占有する」という表現を今ではあなたがたはどのように理解しますか。(神様の言葉、神様の道、神様の真理が人間のいのちとなります。)あなたがたはこの言葉を記憶しました。あなたがたがさらに深い認識を得ることを願います。「それでは、なぜ神の使いや天使が聖なる存在ではないと言うのか」と質問する人がいるかもしれません。この質問について、あなたがたはどう考えますか。おそらくこれまでこんなことは考えたことがなかったかもしれません。簡単な例を使います。あるロボットを起動させると、ロボットは踊り話すことができ、人はロボットの言うことを理解できるとして、ロボットを美しいと言うことができますか。ロボットを生き生きしていると言うことができますか。そう言うことは可能でも、ロボットにはそれが理解できません。なぜならロボットには命がないからです。ロボットの電源を切ると、ロボットはそれでも動くことができますか。ロボットが起動しているときは、それを生き生きとして美しいものとして見ることが可能です。実質的なものであれ、表面的なものであれ、ロボットを評価すると、どのような場合であれ、あなたの目にはロボットが動いているのが見えます。しかし、ロボットの電源を切ったとき、ロボットに何らか特質が見られますか。ロボットが何らかの本質を有しているのが見えますか。わたしが言っていることの意味を理解していますか。(はい。)つまり、このロボットは動くことも停止することもできても、ロボットに何かの本質があると表現することは決してできません。これは事実ではありませんか。これについてはこれ以上話しません。あなたがたがその意味の一般的な知識をもっていれば十分です。これでわたしたちの交わりを終わります。ごきげんよう。

2013年12月17日

脚注

a.「緊箍児」とは、中国の有名な小説『西遊記』に言及している。この小説では、僧の玄奘が呪文により孫悟空を支配するが、そのためには金の環が孫悟空の頭にはめられ、魔法により締め付けられ、耐え難い頭痛を起こす。その後、これは人間を拘束することの比喩表現となった。

前へ:唯一の神自身 3

次へ:唯一の神自身5