神の声を聴いてキリストを認識する

神は人の命の源である

あなたがおぎゃあと生まれてこの世に来た時から、自分の職責を履行し始め、神の計画と定めのため自分の役を演じ、人生の旅を始めた。あなたの背景がどうであろうと、あなたのこれからの旅路がどうだろうとも、とにかく、天の支配と按配から逃れられる者は一人もおらず、自分の運命を支配できる人は一人もいない。なぜなら、ただあの方――万物の支配者だけがこのような仕事をすることができるからだ。人類ができてから、神はずっとこのように彼の仕事をし、この宇宙を経営し、万物の変化の法則とその運行の軌跡を指揮している。人はみな万物と同じように、こっそりと、知らず知らずのうちに神の甘さと雨露の滋養を受け入れており、万物と同じように、無意識のうちに神の手の支配下で生きている。人の心、人の霊は神に支配されており、人の生活もすべて神の眼中にある。あなたが信じる信じないに関わらず、命あるものであれ、死んだものであれ、何もかもが神の考えによって動き、変化し、更新し、そして消失する。これが神の万物を支配する方式なのだ。

闇夜がこっそりとやって来た時、人はだれも気づいていない。人の心には、闇夜がどのように到来したか、どこから生じたかを感じられないからだ。闇夜がこっそりと逃げると、人々は昼を迎えるが、この昼はどこから来たのか、どのように闇夜を追い払ったのか、人の心はなおさら知らず、また気づいていない。このように繰り返される闇夜と昼の変化と交替が、人類をそれぞれ異なる時期、異なる時代背景に導き入れ、それと同時に神のそれぞれの時期の仕事、それぞれの時代の計画を成就した。人はそれぞれ異なる時期に神につき従って歩んできたが、神が万物と生き物の運命を支配していることを知らず、神がどのように万物を支配し、指揮しているかを知らないのだ、これは今の人も以前の人も知らなかったことだ。その原因を追究すれば、神の業があまりにも隠されているからではなく、神の計画がまだ実現していないからでもなく、人の心、人の霊が神からあまりにも遠く離れてしまって、人は「神につき従う」と同時に依然としてサタンに仕えているが、人がそれに気づいていないからである。自ら進んで神の足跡と神の出現を探し求めようとする者は一人もおらず、神の顧みと守りの下で生きようと願う者もおらず、むしろサタン、悪しき者に蝕まれることに頼ってこの世界に順応し、この邪悪な人類の生存法則に適応したがるのだ。この時になって、人の心と霊は人がサタンにささげる貢ぎ物になり、サタンの食物になり、サタンが常住する場所になり、当然のことながらサタンの遊び場になった。こうして、人は知らず知らずのうちにもう人としての道理が分からなくなり、もう人の生存の価値と意義の所在が分からなくなり、神の律法と、神と人との約束は人の心の中でだんだんおぼろげになり、人はもう神を捜さず、もう神を相手にしなくなった。長い年月を経て、人はみな神の人を造った意義が分からなくなり、神の口から出る言葉が分からなくなり、神から来たすべてが分からなくなって、神からの律法と掟に抵抗し始め、人の心と霊は麻痺した……神は最初に造った人を失い、人ももとからある根を失った。これこそこの人類の悲しみだ。実は、最初から今まで、神は人類のために、人が主役であると同時に被害者でもあるという悲劇を上演しているのだが、この悲劇の監督はいったいだれなのか、答えられる人は一人もいない。

茫々たる世の中、滄海変じて桑田となり、桑田変じて滄海となる。何回循環したか分からない。万物の中ですべてを支配しているあの方以外に、この人類を方向づけ、導くことができる人は一人もおらず、この人類のために苦労して何かを用意する「有能な人」も一人もおらず、この人類を導いて光明に満ちた落ち着き先に向かって、この世の不合理から抜け出すことができる人はなおさら一人もいない。神は人類の前途のためにため息をつき、人類の堕落のために心を痛め、また人類が一歩一歩と没落に向かい、破滅の道に向かって歩んで行くために悲しんでいる。このように神をひどく悲しませ、神に背いてあの悪しき者を探すような人類がどこへ行くのか、だれも考えたことがない。だからこそ、神の怒りを進んで感じようとする人はおらず、神を喜ばせる道を求める人もおらず、神に近づく人もおらず、神の悲しみや痛みを感じ取ろうとする人はなおさらいない。人は神の声を聞いた後でも、依然として自分の道を歩み、相変わらず神を離れて神の恵みと顧みを避け、神の真理を回避し、むしろ自分を神に敵対するサタンに売ろうとする。人がもしいつもこのように頑迷で非を認めないなら、神を一顧だにしない人を神がどのように扱うだろうか、だれか考えたことがあるか。だれも知らないのだが、神が何度も何度も人類に注意し勧めるのは、彼の手にはかつてない災難が用意してあるからであり、この災難には人の肉体と霊魂は耐えられず、ただ人の肉体を懲罰するだけではなく、人の霊魂に対しても行われるのだ。神の計画がふいになった時、神の注意と勧めが報われない時、彼がどんな怒りを発するのかあなたは知らなければならない。これはいかなる被造物も体験したことがなく、聞いたこともないものである。だからわたしは、この災難はかつてないもので、また今後も起こらないものだと言うのだ。なぜなら、神の計画では一回だけ人類を造り、同じく一回だけ人類を救うのであり、これが最初の一回目でもあり、最後の一回目でもあるからだ。だから、神が今回人類を救うなみなみならぬ苦心と切実な期待をだれも感じ取ることができないのである。

神はこの世を創造し、神が与えた命を身に帯びた生命体である人をこの世にもたらし、それで人には父母ができ、肉親ができ、もう孤独でなくなった。人はこの物質世界を見た時から、神の定めの下で生きるように運命づけられていて、神の命の息が、各々の生命体を支えて「大人に成長」させるのである。この過程の中で、人は神の顧みの下に生きて「大人になる」と思う者はおらず、反対に父母の養育の恵みや人の命の本能によって「大人になる」と思っている。なぜなら、人の「命」はだれが与えたのか、どこから来たのか、さらに命の本能はいかに奇跡を生み出すかだれも知らないからである。人が知っているのは、食物が人の命を長引かせる根本であり、根気が命の存在の源であり、頭の中の信念が生きるための資本だということだけで、神の恵みと供給に少しも気づかず、このように神から賜わった命を無駄に消耗している……日夜神に顧みられている人で、自ら進んで神を礼拝する人は一人もいない。神は何の見込みもない人に計画中の仕事をしているだけで、いつの日か、人が夢から覚めて、突然命の価値、命の意義が分かり、神が人にすべてを与えるために払った代価が分かり、人が回心するのを待ち焦がれる神の切実な気持ちが分かることを期待している。人の命の源と継続に関するこのすべての秘密はまだだれ一人として研究したことがない、このすべてを知っている神だげが、神からすべてを得ながら恩知らずな人がもたらした痛みと打撃を黙々と耐え忍んでいる。人は当然のように命がもたらしたすべてを享受し、神も「当然のように」人に裏切られ、人に忘れられ、人にゆすられる。神の計画は本当にこんなに重要なのか。神の手による生命体である人は本当にこんなに重要なのか。神の計画はもちろん重要だが、神の手で創造された生命体は神の計画のためにあるのだから、神はこの人類を憎むからといって彼の計画を台無しにすることはできない。彼は彼の計画のために、彼の口から吐いた息のためにすべての苦しみを耐え忍んでいる。それは人の肉体のためではなく、人の命のためであり、そして人の肉体を奪い返すためではなく、彼が吐いた命を奪い返すためである。これこそ彼の計画なのだ。

この世界に来た人はみな生と死の過程を経験し、もっと多くの人は生死輪廻の過程を経験した。生きている人はまもなく「死に」、「死」んだ人はまもなく戻って来る。これらはみな神がそれぞれの生命体のために按配した命の歴程だ。しかし、これらの歴程と輪廻はまさに神が人に見せようとする事実である。すなわち、神が人に与えた命は絶えることがなく、肉体と時間と空間の制限を受けない。これが神が人に与えた命の奥義であり、命がもともと神から来た証拠でもあるのだ。多くの人は人の命が神から来たのだとは思わないが、神の存在を信じる者であれ、否定する者であれ、だれも例外なく神から出るすべてを享受している。いつの日か、神が突然考えを変えて、地上のすべてを回収し、彼の命を奪い返そうとするなら、このすべてが存在しなくなる。神は彼の命によって、命のあるものと命のないものすべてに供給しており、彼の大能と権威によってすべてが整然と秩序立つようにする。この事実はだれもが想像できず、理解もできないのだが、人が理解できないこれらの事実がまさに神の命の力の表れであり、証明なのだ。ここで一つの秘密を教えよう。それは即ち神の命の偉大さと命のエネルギーは、いかなる被造物も計り知ることができないものであり、それは今もそうだし、昔もそうだったし、将来もそうなのだ。わたしがあなたに教える二番目の秘密はすなわち、あらゆる被造物の命の源は神から来たのであり、命の形式と構造にどんな違いがあっても、あなたがどういう生命体であっても、神が定めた命の道筋に背くことはできない。どうだろうと、人にはこのことを分かってほしい――もし神の顧み、守りがなくなり、神の供給がなければ、人はいくら努力しても、いくら奮闘しても人の得るべきすべてを得ることができず、もし神の人に対する命の供給を失ったら、人は生きる価値を失ってしまい、命の意義を失ってしまう。神の命の価値をいたずらに浪費するような人を、神はどうしてこのように勝手気ままに振舞わせることがあろうか。わたしはやはりこう言う――神があなたの命の源であることを忘れてはならない。もし人が神の賜わったものすべてを大切にしなければ、神は最初のものを奪い返すだけではなく、さらに二倍の代価をもって、神の払ったすべてを人に返済させようとするのだ。