神の声を聴いてキリストを認識する

あなたの落ち着き先のために十分な善行を用意すべきである

あなたたちの間でわたしはたくさんの仕事をし、もちろん、言葉も少なからず言った。しかし、わたしの言葉と働きはわたしが世の終わりに働く目的に完全に達してはいないと、わたしはいつも思う。なぜなら、わたしが世の終わりに働く意義は一部の人またはある人のためではなく、わたしの本来の性質を明らかにするためである。しかし、時間が切迫しているとか仕事が忙しいとかいろいろな理由で人々は、わたしの性質からわたしに対する認識を少しも得ていない。だから、わたしは踏み出してわたしの新しい計画とわたしの最後の働きの中に入り、わたしの働きの中のもっと新しい一ページを開く。それは、わたしを見たすべての人がわたしの存在のゆえに胸をたたき背中を打ち、激しく泣いて止まらないためである。なぜなら、わたしは人類の末日をこの世にもたらしたからである。これから、わたしはわたしのあらゆる性質を人類に公にし、わたしを知っている人と知らない人すべてが「大いに目の保養をし」、わたしが確かにこの世に来たこと、万物が生長繁殖する地に来たことを見るようにする。これはわたしの計画であり、人類を創造して以来の唯一の「告白」である。わたしはあなたたちがみなわたしの一挙一動に細心の注意を払うことを希望する。なぜなら、わたしの杖はもう一度人類に近づき、わたしに敵対するあらゆる人類に近づいたからである。

わたしは天と同時にわたしがしようとする仕事をし始める。だからわたしは人の流れを縫って歩いており、天と地の間を動いている。しかし、人々は今までわたしの挙動に気づいておらず、わたしの言葉に留意していない。だから、わたしの計画はやはり順調に進んでいるが、あなたたちのあらゆる器官が鈍感すぎて、わたしの仕事の段取りを少しも知らないだけである。しかし、あなたたちはいつの日かわたしの意図が何であるか分かるだろう。今日わたしはあなたたちと共に生活しており、あなたたちと共に苦難を受けている。人類のわたしに対する態度がどうか、わたしは既に知っているが、もっと多く述べたくなく、なおさら、これらの心を痛めることで、もっと多くの実例を挙げてあなたたちを辱めたくもない。わたしはただ、あなたたちが自分のしたことをみな心にとめてほしい。それは、わたしたちが再会する時帳合をすることができるためである。わたしはあなたたちのだれにも無実の罪を着せたくない。なぜなら、わたしは、一貫して公平と公明正大で物事を行うからである。もちろんわたしはあなたたちも率直にいて、天地と良心に恥じることを一つもしないことを希望する。これはわたしのあなたたちに対する唯一の要求である。多くの人は自分の犯したこの上ない大きな罪のために不安や恐れを抱いている。多くの人は自分が一度もよい事をしたことがないため恥じる。また、多くの人は自分の罪悪のために恥じるどころか、かえっていっそうひどくなり、完全にさらけ出していない醜悪な面構えを徹底的にむき出しにしてわたしの性質を試みるのだ。わたしはいかなる人の行為をも気にせず、関心を持たないで、むしろ自分自身のすべきことを行うのであり、情報を少しつかんだり、ぶらついたり、興味を持つことを少ししたりするのである。肝心な時にわたしは寸時もたがわずに、しかもとても容易に簡潔に最初の計画どおりに人の間でわたしの仕事をする。しかし、わたしは一つの段階の仕事をするごとに一部の人を振り捨てるのである。なぜなら、わたしはこの人たちのこびへつらう様子を嫌い、この人たちのわざとらしくふるまう卑屈な態度をも嫌うからである。故意にしたのであっても、故意にしたのではなくても、わたしに嫌われる人はもちろんわたしに見捨てられるのである。要するに、わたしはわたしに嫌われるあらゆる人をわたしから遠く離れさせる。もちろん、まだわたしの家の中にいる悪者たちもわたしは見逃すことはない。なぜなら、わたしが人を懲罰する日がまもなく来るからである。だからわたしは、すべてのいやらしいやつをわたしの家から追い出すことを急がない。なぜなら、わたしにはわたしの計画があるからである。

今はわたしがあらゆる人の結末を定める時であって、わたしが人に対して仕事をし始める段階ではない。わたしはあらゆる人の言葉と行為およびあらゆる人のつき従う歴程、本来の属性、あるいはその最後の表現を一つ一つわたしの記録簿に記す。こうして、どんな人でもわたしの手から逃れられず、みなわたしの按配によって各々その種類に従うようになる。わたしがある人の落ち着き先を定めるのは、人の年齢の大小に基づくのではなく、功労の大小に基づくのでもなく、どれほど苦しみを受けたかに基づくのでもなく、なおさらどれほどかわいそうであるかに基づくのでもなく、ただ真理があるかどうかに基づくのであり、これ以外にはほかの選択はない。あなたたちはみな分かるべきであるのは、神のみこころを行わない者は同じように懲罰を受けるのである。これはいかなる人も変えられないことである。だから懲罰を受ける人はみな神の義によって懲罰を受けるのであり、彼ら自身がさんざん悪事を働いたため報いを受けるのである。わたしの計画は今まで変更したことがない。ただ、人から見ればわたしの話す対象がますます少なくなり、しかも本当にわたしに良しと認められることができる人もますます少なくなっただけである。しかし、わたしはやはり、わたしの計画は今まで変わったことがないと言うのである。むしろ、人の信仰と愛はずっと変わっており、ずっと減っているのである。そのため、誰も最初はわたしにおもね、それからわたしに対して冷ややかであり、最後にはわたしを家から追い出すかもしれない。わたしはただあなたたちに対して冷たくも熱くもない態度を取り、それからあなたたちに対して反感を持ち、憎み嫌い、最後には懲罰するのである。しかし、あなたたちを懲罰する日になると、わたしはまだあなたたちを見ることができるが、あなたたちは再びわたしに会うことはできない。わたしはあなたたちの間での生活が退屈で、重苦しいと感じるから、当然のことながら、あなたたちの悪口雑言に傷つけられるのを避け、あなたたちの見兼ねるほど汚れた行いから遠く離れるように、あなたたちが引き続きわたしをごまかすことといいかげんにあしらうことがないように、ほかの生活環境を選んだのだ。あなたたちを離れる前に、わたしは依然としてあなたたちに勧めるのは、真理に合わないことをしないで、みんなに喜ばれることをし、みんなのためになることをし、自分の落ち着き先のためになることをしたほうがいい。さもないと、災いの中で苦しみを受けるのはほかの人ではなくてあなた自身であるのだ。

わたしの憐れみは、わたしを愛して自分を捨てる人に発されるのである。それらの悪人が受ける懲罰はまさにわたしの義なる性質の証拠であり、さらにわたしの激しい怒りの証しでもある。災難が下る時、わたしに反抗したあらゆる人は飢饉と疫病の中に落ちて泣き叫び、かつてわたしに長年つき従ったが、さんざん悪事を働いた人たちも罪の責任を逃れられず、同様に千万年稀有でまれに見る災難の中に落ち、びくびくして一日として安らかに日を送れない。しかし、わたしにつき従う完全に忠実な人たちは手をたたいて快哉を叫び、わたしの大能をほめたたえ、彼らの気持ちが表現できないほど楽しいのであり、わたしがかつてこの世に与えたことのない喜びの中に生きているようになる。なぜなら、わたしは人の善行を大切に思い、人の悪行をひどく恨むからである。人類を今まで導いてきたわたしは、わたしと心を一つにする一団の人を得ることを待ち望んでいるが、わたしと心を一つにしない人たちをわたしは忘れたことがなく、ずっと彼らを心に恨んでいる。ただ機会を待ってその悪行に報いて、心中の恨みを晴らそうとする 。今日わたしの日はついに来た。わたしはもう待つ必要がない!

わたしが最後の仕事をするのは、人を懲罰するためだけではなく、人の落ち着き先を按配するためでもあり、さらに、わたしのあらゆる行いがすべての人に認められるためである。わたしはあらゆる人に、わたしのすることはすべて正しいのであり、わたしの性質の発現であり、人の業ではなく、なおさら大自然が人類を創造したのではなく、「わたし」が万物の中のあらゆる生き物をはぐくんでいるのであることを見せる。わたしの存在を失ったら、人類は滅びるしかなく、災いに襲われるだけであり、だれも再び美しい月日を見ることができず、だれも緑の世界を見ることができず、人類に直面するのはただ寒い闇夜と拒むことができない死の陰の谷だけである。わたしは人類の唯一の贖いであり、人類の唯一の希望であり、さらに全人類の生存の頼りである。わたしを失うと、人類はすぐ足踏みしているはずであり、わたしを失うと、人類は壊滅的な災難に遭い、さまざまな幽霊に踏みにじられるはずである。人がみなわたしを大事に思わないとしても。わたしはだれも代わりにすることができない仕事をした。ただ人が善行をもってわたしに報いることを望むのである。わたしに報いることができる人はとても少ないけれども、わたしはやはりこの世の旅を終わらせて、まもなく展開される次の段階の仕事をする。なぜなら、人の間で、わたしの長年の駆け回りはすでに結果を得て、しかもわたしが非常に満足しているからである。わたしが気にかけるのは人数の多少ではなく、人の善行なのである。要するに、わたしはあなたたちが自分の落ち着き先のために十分な善行を用意することを希望する。それでこそわたしは満足するのであり、さもないとあなたたちはみな災いの襲いから逃れられない。災いはわたしによって起こるのであり、もちろんわたしに支配されるのである。もしあなたたちがわたしの前に善しとされることができないなら、あなたたちはみな災難の苦しみから逃れられない。患難の中であなたたちのあらゆる行いは完全に適切だとは言えない。なぜなら、あなたたちの信仰と愛は中身がなく、ただこわがるか或いは強いだけだからである。わたしはこれについてとてもよい或いはよくないという評価をするだけである。わたしが関心を持つのは、やはりあなたたち一人一人のあらゆる行いとあらゆる表現であり、わたしはそれによってあなたたちの結末を定めるのである。しかし、わたしがやはり声明したいのは、患難の中で少しでもわたしに忠実でなかった人たちには、わたしはもう憐れみを施さない。なぜなら、わたしは彼らにこれほど憐れみしか施さないからである。しかもわたしはかつてわたしを裏切ったいかなる人も嫌い、友達の利益を売り渡す人と交際することをなおさら嫌うのである。これはわたしの性質である。その人がだれであっても。わたしがあなたたちに教えたいのは、わたしの心をひどく痛めた人はだれでももう一度わたしに許されることはなく、わたしに忠実な人はだれでも永遠にわたしの心に残る。