神の声を聴いてキリストを認識する

キリストに味方しない人は神に逆らう人に決まっている

人々はみなイエスの本当の姿を見たがっており、イエスと共にいることを願っていて、イエスに会いたくない、イエスと一緒にいたくないと言う兄弟姉妹は一人もいないとわたしは思う。あなたたちがイエスに会う前に、つまり受肉した神に会う前に、いろいろなことを考えているだろう。例えばイエスはどんな顔をしているか、彼の話し方はどうか、彼の生活様式はどうかなど。しかし本当に彼に会った時、あなたたちの考えは急激に変わるはずである。それがなぜか、あなたたちは知りたいのか。人の思考はもちろん無視できないが、キリストの本質も人に変えられるのを許されないことだ。あなたたちはキリストを神仙と見なし、聖人と見なすが、誰一人としてキリストを神性の本質を持つ普通の人とは見なさない。それゆえ、日夜神に会いたがっていた多くの人がなんと神に敵対し、神に味方しないのだ、これは正に人の間違いではないか。今になってもあなたたちは依然として自分の信仰と忠心はキリストの顔を見る資格が十分あると思っているが、わたしがあなたたちに勧めるのは、やはり実際のものを多く装備しなさいということだ!というのは、過去、現在、そして今後、キリストと接触した多くの人がみな失敗してしまい、みなパリサイ人の役を演じたからである。あなたたちが失敗した原因は何だろう。あなたたちの観念の中には一人の偉大で人の敬慕に値する神がいるからである。ところが事実は人の願いどおりにはならず、キリストは高大などころかとりわけ矮小であり、人であるだけでなく、一人のごく普通の人間であり、天にのぼれないだけでなく、地上でも思いのままに往き来できるのではない。そういうわけで、人は彼を一人の普通の人のように扱い、気軽にいい加減に彼と付き合い、彼と話す時は口から出任せを言い、同時に相変わらず「真のキリスト」が来るのを待っている。あなたたちはすでに来ているキリストを普通の人と見なし、彼の言葉を普通の人の言葉として扱う。だから、あなたたちはキリストから何も得ておらず、自分の醜い姿を光の中に完全にさらけ出したのである。

キリストと接触する前に、あなたは自分自身の性質がもう完全に変わったと思い、自分はキリストの忠実な追随者だと思い、自分こそキリストの祝福を受ける資格が一番ある者だと思うはずである。なぜなら、あなたがたくさんの道を走り、たくさんの仕事をし、たくさんの実を結んだからである。だから、自分が最後にはきっと冠を受けることができると思っている。しかし、あなたはこういう事実を知っているのか――人の堕落した性質と不従順と反抗はキリストに会った時にすべて明らかになるのであり、しかもその時に明らかにされる不従順と反抗は、いつよりも完全で徹底的である。キリストが人の子であり、正常な人性を持った人の子だからこそ、人は彼を全然尊敬せず、神が肉体の中に生きているからこそ、人の不従順は徹底的に、まざまざと明るみに出される。だからわたしはキリストの到来は人類の不従順をすべて掘り出し、人類の本性をすべて浮かび上がらせたと言うのだが、これは「虎を山から誘き出す」、「狼を穴から誘き出す」ということである。あなたは自分が神に忠実な人だと言い切れるか。自分が神にどこまでも従順な人だと言いきれるか。自分が不従順のない人だと言いきれるか。ある人はこう言うだろう――神が毎回わたしに環境を按配した時、わたしは一言の不平も言わず、それに従順で、しかも神に対して少しの観念もありませんでした。またある人はこう言うだろう――神がわたしに命じたことは、いつも全力を尽くして成し遂げ、適当に済ませたことは一切ありません。では、わたしはあなたたちに尋ねるが、あなたたちがキリストと一緒に生活する時、彼に味方できるか。何日ぐらい続けるか。一日?二日?二時間?四時間?あなたたちの信仰はもちろん立派ではあるが、あなたたちの根気はそれほど粘り強くない。あなたが実際にキリストと一緒に生活する時、あなたの独りよがりと思い上がりがあなたの言行を通して少しずつ現れ出てくる。同時にあなたの贅沢な欲望、あなたの不服、不満の気持ちも自然に現れ、最後にあなたの傲慢がますますひどくなり、キリストとの間が水と油ほど相容れないようなものに達する時、あなたの本性は全部明らかになってしまう。その時、あなたの観念は覆いをはずされ、あなたの恨み言も自然に「発表され」、あなたの卑劣な人間性は全部明らかになる。その時になってもあなたはまだ自分が不従順だと認めず、このようなキリストは人にとってあまりにも受け入れがたく、人に対してあまりにも冷酷で、もしもっとよいキリストだったら完全に従うことができると考える。あなたたちは、自分が背くのはみな原因があって起こった事であり、キリストにかなりの程度まで追い詰められたからこそ、彼に背いたのだと思っている。あなたたちは、自分が決してキリストを神として扱っておらず、心から彼に従っていないなどとはこれまで思ったことがなく、むしろひたすらキリストに自分の考えどおりに事を行うことを強調し、あなたの考えどおりに運ばない事があったら、あなたは彼が神ではなく、ただの人間だと考える。あなたたちの間では、多くの人がみなこのように彼と勝負したことがあるのではないか。あなたたちは一体誰を信じているのか。あなたたちはまたどのように追求しているのか。

あなたたちはいつもキリストに会いたがっているが、わたしはやはり自分をそんなに高く評価しないほうがいいと勧める。キリストはだれでも会えるが、わたしはすべての人がキリストに会う資格がないと言う。というのは、人の本性は悪に満ち、傲慢に満ち、不従順に満ちていて、キリストに会うと、あなたの本性があなたを葬り去り、あなたに死刑を言い渡すからである。ある兄弟(姉妹)と接触する時、あなたがどんなふうだか説明することはできないかもしれないが、キリストと接触する時話はそんなに簡単ではない。あなたの観念が随時根を下ろし、あなたの傲慢が随時芽を出し、あなたの不従順が随時いちじくを結ばせる。そんな人間性を持っていて、どうしてキリストと接触する資格があるだろうか。あなたは本当にどんな時でも彼を神として扱うことができるのか。あなたは本当に神に従う実際があるのか。あなたたちはみな心の中の偉大な神をヤーウェとして礼拝し、目にしたキリストを人として扱う。あなたたちの理知はあまりにも劣っており、あなたたちの人間性はあまりにも卑しすぎる!あなたたちは永遠にキリストを神と見なすことができず、ただ機嫌がよい時に彼を引っ張ってきて神として礼拝するだけである。だからあなたたちが決して神を信じる人ではなく、キリストに逆らう役を演じる一群の共犯者だとわたしは言うのだ。他人に恩恵を施す人でさえ報いられるのに、キリストがこんなにあなたたちの間で働いても、意外なことに人の愛を得られず、人の報いや人の従順も得られない。これは涙が零れるほど悲しいことではないだろうか。

あなたは長年神を信じてこれまでだれをも罵ったことがなく、一度も悪い事をしたことがないかもしれない、しかしあなたがキリストと接触する時、誠実に話をしたり、正直に行動することができず、キリストの口からの言葉に従うことができないなら、わたしはあなたが世の中で一番陰険悪辣な人間だと言う。あなたは自分の親戚や友たち、妻(夫)や子供や親に対してことのほかやさしく、忠実であり、しかもこれまでだれからもうまい汁を吸ったことはないけれど、もしキリストに味方できず、キリストと仲よく付き合うことができなければ、あなたの持っているものすべてを叩いて故郷の人を救済しても、或いは至れり尽くせりで親や家族の面倒をみても、わたしはやはりあなたは悪人だ、しかも悪知恵にたけた悪人だと言う。人に味方すればキリストに味方することになると思ってはならず、ちょっとよい事をすればキリストに味方することになると思ってはならない。あなたは自分の善心で天の祝福を騙し取れると思っているのか。あなたのした少しばかりのよい事が、あなたの従順の代わりになれると思っているのか。あなたたち一人一人はみな対処ㆍ手入れを受け入れられず、キリストの正常な人性を受け入れがたい。それなのに口を開けば神に従うと言う。あなたたちのそのような信仰は、当然の報いを受けるはずだ。あなたたちはいつも奇抜な考えにふけってはならず、いつもキリストに会いたいと思ってはならない。なぜなら、あなたたちの身丈は小さすぎて、キリストに会う資格もないほどだからだ。あなたが不従順を完全に脱ぎ捨てた時、あなたがキリストと仲よく付き合えた時、その時神は自然にあなたに現れる。もしあなたが手入れと裁きを経ずに神に会いに行ったら、あなたはきっと神に逆らう人になり、きっと滅ぼされる対象になる。人の本性はもともと神に敵対している。なぜなら人はみなサタンに極めて深く堕落させられた対象だからである。もし人が堕落の中で神と付き合うと決して良い結果にはならず、人の言行はきっと至るところから堕落を現し、神と接触する時至る所で不従順を現し、知らず知らずのうちにキリストに逆らい、キリストを騙し、キリストを捨てる対象になり、その時、人は更に危険な立場に置かれ、このまま行けば懲罰される対象になってしまう。

神と接触するのが非常に危険である以上、神に近づかないほうがいいと思う人がいるだろうが、そういう人は何が得られるだろうか、神に忠実であり得ようか。神と接触するのはもちろんそんなに容易なことではないが、それはみな人の堕落のせいであり、神が人と接触できないわけではない。あなたたちはやはり自分を認識する真理にできるだけ力を入れたほうがいい。なぜ神はあなたたちを高く評価していないのか。なぜあなたたちの性質は彼に厭われるのか。なぜあなたたちの話しぶりは彼に憎まれるのか。あなたたちは少しでも忠実であると自慢し、少しでも貢献すると報酬を求め、少しでも従順であるとほかの人を見下し、少し小さな仕事をすれば眼中に神なしである。あなたたちは神を接待して金を求め、物を求め、称賛を求め、二枚の銅貨を寄付すると惜しがり、十枚の銅貨を捧げると祝福を求め、皆とは異なることを求める。あなたたちのこのような人間性は全く口に出せず、聞くにも堪えない。あなたたちの言行にどこか誇るべきところがあるのか。本分を尽くす者と尽くさない者、導く者とつき従う者、神を接待する者と接待しない者、寄付する者としない者、伝道する者とされる者など、すべての人が自慢しているが、あなたたちはばかばかしいと思わないのか。自分が神を信じていることをよく知りながら神に味方できず、自分には何の取柄もないことをよく知りながら依然として自分をひけらかす。あなたたちは自分の理知がもう自制できない程度まで達してしまったと思わないのか。このような理知をもって、どうして神と接触する資格があるだろうか。あなたたちは今、自分のことを心配しないのか。あなたたちの性質がもう神に味方できないほどに達してしまって、あなたたちの信仰はとても可笑しくなったのではないか、あなたたちの信仰はとりとめがなくなったのではないか。あなたはどのように自分の未来に向き合うつもりなのか、どのようにあなたの歩むべき道を選ぶつもりなのか。