神の声を聴いてキリストを認識する

神と人は一緒に安息の中に入る

最初神はもともと安息の中にいた。その時、地上には人類も万物もなかったし、神はどんな仕事もしなかった。人類ができ、しかも人類が堕落させられた後、神ははじめて経営の仕事に取りかかった。その時から神はもう安息せず、人類の間で忙しく働き始めた。人類が堕落したため神は安息を失い、また天使長が裏切ったため神は安息を失った。もしサタンを打ち負かさず、堕落させられた人類を救わなければ、神は永遠に安息の中に入ることができない。人が安息を失ったので、神も安息を失った。神がもう一度安息の中に入る時、人も安息の中に入るのである。安息の中の生活とは、戦いがなく、汚れがなく、不義が残されていない生活であり、つまり、サタン(すなわち敵勢力)のかき乱しがなく、サタンの堕落がなく、神に敵対するいかなる勢力の侵擾もなく、万物がおのおのその種類に従い、造物主を礼拝し、天上も地上も平和になることである。これは人類が安息に入った後の生活である。神が安息の中に入った時、地上にはもうどんな不義も残されておらず、もういかなる敵勢力の侵擾もなくなり、人類も新しい境地の中に入り、それはもはやサタンに堕落させられた人類ではなく、サタンに堕落させられた後救われた人類である。人類が安息する日は、神が安息する日でもあり、神は人類が安息の中に入ることができないため、安息を失ったのであり、最初から安息がなかったのではない。安息の中に入ることは、万物の活動が止まり、或いは万事の発展が止まることを意味しているのではなく、神がもう働かず、人がもう生活しないことを意味しているのでもない。安息に入ったことのしるしは、サタンが滅ぼされ、サタンに同調する悪人たちがみな懲罰を受けて滅ぼされ、神に敵対するすべての勢力がもう存在しないことである。神が安息の中に入ることは、神がもう人類を救う仕事をしないことを意味している。人類が安息の中に入ることは、全人類がみな神の光の中に生き、神の祝福の下に生き、サタンの堕落がなく、不義な事も起こらず、人類がみな神の顧みの下に生きて、地上で正常に生活することを意味している。神と人が一緒に安息に入るということは、人類が救われ、サタンが滅ぼされ、人の身での神の仕事が全部終わり、神が人の身に働き続けず、人ももうサタンの支配下に生きないということを意味している。それゆえに、神はもう忙しく働かず、人はもう忙しく駆け回らず、神と人は同時に安息の中に入るようになる。神はもとの位置に戻り、人もそれぞれ各自の位置に復し、これは全経営が終わった後の、神と人の各自の落ち着き先である。神には神の落ち着き先があり、人には人の行くところがある。神は安息の中で続けて全人類が地上で生きるのを導き、人は神の光の中で天の唯一の真の神を礼拝する。神は人の間で住まず、人も神と一緒に神の落ち着き先の中で住むことができず、神と人は同じ境地の中で生活することができず、それぞれ自分の生活様式を持つようになる。神は全人類を導く者であり、全人類は神の経営の仕事の結晶であり、導かれる者であり、神の本質と同じなのではない。「安息」の原意は、もとの位置に復帰するということである。だから、神が安息に入るとは、神がもとの位置に復帰し、もう地上で生活せず、もう人の間で人と苦楽を共にしないことである。人が安息に入るとは、人がみな本当の被造物になり、地上で神を礼拝し、しかも人類の正常な生活を持ち、もう神に背かず、逆らわず、最初のアダム、エバの生活に復することである。これは、神と人が安息の中に入った後の、各自の生活と落ち着き先である。サタンが打ち負かされることは、神とサタンとの戦いの必然的趨勢である。こうして、神は経営の仕事が終わった後安息の中に入り、人は完全に救われて安息の中に入ることも必然的趨勢になった。人の安息のところは地上にあり、神の安息のところは天にある。人は安息の中で神を礼拝し、地上で生きるのであり、神は安息の中で生き残った人類を導き、それは地上で導くのではなくて、天で導くのである。神はやはり霊であり、人はやはり肉体であり、神と人はおのおの異なる安息のし方がある。安息の中で、神は人の間に来て人に現れ、人は神に天に連れられて遊覧し、しかも天の生活を享受する。神と人が安息の中に入った後、サタンはもはや存在せず、それらの悪人たちもサタンと同じようにもはや存在しない。神と人が安息の中に入る前に、地上で神を迫害したことのある悪者たち、地上で不従順なことを行なった神の敵たちはすでに滅ぼされ、彼らは世の終わりの大きな災難によって滅ぼされたのである。それらの悪者たちが徹底的に滅ぼされた後、人の間にはもうサタンのかき乱しがなくなり、その時こそ人類が完全に救われ、神の仕事が完全に終わる。これは神と人が安息の中に入る前提である。

万物の終わりが近づいたということは、神の仕事が終わったことを指し、人類がこれ以上発展しないこと、すなわちサタンに堕落させられた人類がもう極点まで発展し、アダム、エバの子孫や後裔がもう極点まで繁殖したことを指し、また、サタンに堕落させられたこのような人類が引き続き発展していくはずがないことを指すのである。最初のアダム、エバが堕落させられたのではなくて、エデンの園から追い出されたアダム、エバがサタンに堕落させられたのである。神と人が共に安息の中に入る時、エデンの園から追い出されたアダム、エバと彼らの後裔は一段落つく。それ以後の人類はやはりアダム、エバの後裔であるが、サタンの支配下に生きている人類ではなく、救われ、きよめられた人類である。この人類は裁かれ、罰された人類であり、きよい人類であり、最初の人類と異なっていて、最初のアダム、エバと異なる種類の人だと言えるのである。この人類はサタンに堕落させられたあらゆる人の中から選び出され、また最後に裁き、刑罰の中で立つことができる人類であり、堕落した人類の中で生き残った最後の一団の人であり、この一団の人だけが神と共に最後の安息の中に入ることができる。世の終わりの裁き、刑罰の仕事の中で、すなわち最後のきよめの仕事の中で立っていられる者は、つまり神と一緒に最後の安息の中に入る者である。だから、安息の中に入る人はみな、最後の段階のきよめの仕事を経験することによって、サタンの支配から逃れて神に得られた人であり、最後に神に得られたこの人たちは最後の安息の中に入る。刑罰、裁きの仕事は実質上、人類をきよめるためであり、最後の安息の日のためである。さもないと、全人類はおのおのその種類に従うことができず、安息の中に入ることもできない。この仕事は人類が安息の中に入るための唯一の道なのである。きよめの仕事こそが人類の不義を全部きよめ、刑罰、裁きの仕事こそが人類の中のそれらの不従順なものを全部さらけ出した。それによって、救うことのできる人と救うことのできない人とが識別され、生き残ることのできる人と生き残ることのできない人とが識別されるようになる。仕事が終わる時、生き残ることのできる人は、みなきよめられて人類のより高い境地の中に入って、二度目の、人類の地上でのよりよい生活を享受し、すなわち人類の安息の日に入って神と共に生活する。生き残ることのできない人は罰され、裁かれた後、正体が完全に現れ、それから彼らはみな滅ぼされ、サタンと同じようにもう地上で生きることができなくなる。 以後の人類の中には、もうこのような人が存在せず、このような人は最後の安息の地に入る資格がなく、神と人が共に享受する安息の日に入る資格もない。なぜなら、彼らは懲罰される対象であり、悪者であって、義人ではないからである。彼らは贖われたことがあり、また裁かれ、罰されたことがあり、彼らはまた神のために仕えたことがある。しかし、終わりの日になって、彼らはやはり自分の悪のため、自分の不従順で救いようがないため淘汰され、滅ぼされ、彼らは以後の世界の中で生きることはなく、以後の人類の中で生きることもない。死んだ人の魂であれ、肉体の中に生きている人であれ、悪を働く者、救われていない者は、みなきよい人類が安息の中に入る時滅ぼされる。これらの、悪を働く魂と悪を働く人、或いは義人の魂と義を行う人は、どの時代の者であっても、悪者はみな滅ぼされ、義人はみな生き残る。救われる人、或いは救われる魂であるかどうかは、完全に終わりの時の仕事によって決まるのではなくて、神に逆らうかどうか、神に背くかどうかによって確定されるのである。もし前の時代の人が悪を働き、しかも救いようがないなら、彼は懲罰される対象に決まっている。もし今の時代の人が悪を働き、しかも救いようがないなら、彼は同じく懲罰される対象に決まっている。善と悪によって各種類の人を分けるのであって、時代によって分けるのではない。善と悪によって人を分けた後、直ちに罰するか或いは賞するのではなく、世の終わりの征服の仕事が終わった後、はじめて悪を行う者を罰し、善を行う者を賞する仕事をするのである。実は、神が人類に対して仕事をした時から、善と悪によって人類を分け始めたのである。ただ仕事が終わる時に義人を賞し、悪人を罰するのであり、仕事が終わる時に悪者と義人を分けて、それからすぐ悪を行う者を罰し、善を行う者を賞する仕事をするのではない。最後の、悪を行なう者を罰し、善を行なう者を賞する仕事は、徹底的に全人類をきよめて、完全にきよくなった人類を永遠の安息の中に導き入れるためであり、この段階の仕事は最も肝心な仕事であり、全経営の仕事の中の、最後の段階である。もし悪者たちを全部滅ぼさないで、彼らを残しておけば、全人類はやはり安息の中に入ることができず、神も全人類をよりよい境地の中に導き入れることができない。それなら、このような仕事は完全にやり遂げられた仕事ではない。仕事が終わる時、全人類は完全にきよくなる。それでこそ、神は安らかに安息の中で生活することができる。

今、人はやはり肉的なものを手放すことができず、やはり肉体の享受、この世、金銭、堕落した性質を捨てることができず、多数の人はいいかげんに追い求めている。実は、これらの人の心の中には全然神を持たず、なおさら神に対する恐れがない。彼らの心の中には神を持たないので、神のするすべてを見極めることができず、なおさら彼の口から出た言葉を信じることができない。このような人は肉体を貪りすぎ、あまりにも深く堕落させられ、全然真理がなく、なおさら神が受肉したことを信じない。神が受肉したことを信じない人、すなわち見える神の働きと言葉を信じない人、見える神を信じないで天の見えない神を崇拝する人はみな、心の中に神を持たない人であり、つまり神に背き、逆らう人である。このような人は人間性、理智がないだけではなく、また真理を具備していないのである。この人たちにとっては、見える神、触れることができる神はもっと信頼できず、見えない神、触れることのできない神こそが、いちばん信頼でき、またいちばん人の気分をはればれとさせるのである。彼らが求めるのは現実的な真理ではなく、人生の真諦でもなく、さらに神の心意でもなく、刺激なのである。いちばん彼らの欲望を満たすことができるものが、彼らが信じ、追い求めようとするものである。彼らが神を信じるのはただ自分の欲望を満たすためであって、真理を求めるためではない、この人たちはみな悪を働く人ではないか。彼らはとても自信があり、天の神が彼らのような「善人」を滅ぼすとは信じず、むしろ神が彼らをみな残し、しかも大いに褒賞を与えるはずだと思っている。なぜなら、彼らは神のために多くの事をし、神のためにずいぶん「忠誠」を尽くしたからである。もし彼らも見える神を追い求めているとすれば、彼らの欲望が一旦満たされることができないと、彼らはすぐ神に反撃するか、或いはすぐ足を踏みならし烈火のごとく怒るはずである。この人たちはみな自分の欲望を満たす「小人」であって、真理を追い求める「正人君子」ではなく、この類の人が、いわゆるキリストにつき従う悪者である。真理を求めない人たちは真理を信じるはずがなく、人類の以後の結末については、なおさら見極められない。なぜなら、彼らは見える神のすべての働きと言葉を信じず、人類の以後の落ち着き先をも信じないからである。だから、彼らは見える神につき従っていても、やはり悪を働いて真理を求めず、わたしの要求する真理をも実行しない。自分が滅ぼされることを信じない人たちはかえって滅ぼされる対象であり、彼らはみな、自分がとても賢いであり、自分が真理を実行する人であると思っており、彼らは自分の悪行を真理として宝愛するのである。このような悪人はみな自信過剰であり、真理を教理と見なし、自分の悪行を真理と見なす、最後には彼らは自業自得の報いを受けるだけだ。自信のある人、傲慢な人であればあるほど、真理を得ることができず、天の神を信じる人であればあるほど、神に逆らう人であり、この人たちはみな懲罰される対象である。人類が安息の中に入る前に、各種類の人が懲罰されるか、それとも褒賞を受けるかは、彼らが真理を求めるかどうか、神を認識するかどうか、見える神に従うことができるかどうかによって決まるのである。かつて神に仕えたが見える神を認識せず、また見える神に従順でない人たちはみな真理のない人であり、この人たちが悪を働く人であり、悪を働く人は疑いなく懲罰される対象であり、しかも神は彼らの悪行に応じて彼らを懲罰する。神は人が信じるべき者であり、また人が従うに値する者である。だが、漠然とした見えない神だけを信じる人たちはみな神を信じず、しかも神に従うことができない人である。もしこの人たちが征服の仕事の終わりにやはり見える神を信じることができず、しかもやはり肉体の中の見える神に背き、逆らうなら、これらの「漠然派」は疑いなく神に滅ぼされる対象である。たとえば、あなたたちのうち、口先では受肉した神を認めるが受肉した神に従う真理を行うことができない人は、最後にはみな淘汰され、滅ぼされる対象であり、口先では見える神を認め、しかも見える神が発表した真理を食べ飲みするが漠然とした見えない神を追い求める人はなおさら将来滅ぼされる対象である。この人たちは仕事が終わった後、安息の中に生き残ることができず、このような人はだれも安息の中に生き残ることができない。悪魔の類の人はみな真理を実行しない人であり、彼らの本質は神に逆らい、背くのであって、彼らは神に従う気が少しもなく、この類の人はみな滅ぼされる対象である。あなたが真理があるかどうか、神に逆らうかどうかは、あなたの本質によって決まるのであり、あなたの外貌またはたまの言行によって決まるのではない。人が滅ぼされるかどうかは、人の本質によって決まるのであり、彼らが事を行い、真理を追い求めることで表現する本質によって決まるのである。同じく働く人であり、しかも同じ量の仕事をするが、人間性の本質が善であり、真理がある者は、生き残る対象であり、人間性の本質が悪であり、見える神に背く者は、滅ぼされる対象である。神は働き、或いは話す時、人類の落ち着き先に関する限り、人の本質によって適切に処理するのであり、そこにはどんな間違いもなく、またいささかな誤りもない。人が働く時こそ人の情感や人の意志を交え、神が働くのはみないちばん適切であり、いかなる被造物にも無実の罪を着せない。今、多くの人は以後の人類の落ち着き先を見極めることができず、しかもわたしの言葉を信じない。信じない者と、真理を行わない者はみな悪魔である!今、追い求めない者と追い求める者は二種類の人であり、落ち着き先が異なる二種類の人である。真理を認識し、真理を実行することを追い求める人は神に救われる者であり、真理の道を認識しない者はみな悪魔、敵であり、天使長の後裔であり、滅ぼされる対象である。漠然とした神を信じる敬虔な信徒も悪魔ではないか。良心があるが真理の道を受け入れないような人はみな悪魔であり、彼らの本質は神に逆らうものである。真理の道を受け入れない者たちはみな神に逆らう者であり、このような人はたくさんの苦しみを受けてもやはり滅ぼされる対象である。この世を捨てたがらず、父母を離れるのがつらいと感じ、肉体の享受を捨てるのがつらいと感じる人はみな神に背く人であり、みな滅ぼされる対象である。受肉した神を信じない人はみな悪魔であり、さらに将来滅ぼされる対象である。信じるが真理を行わない人たち、神が受肉したことを信じない人たち、全然神の存在を信じない人たちはみな滅ぼされる対象である。生き残ることができる人はみな、精錬の苦しみを受けたが立つことができる人であり、本当に試練を経た人である。神を認めない人はみな敵であり、つまりこの道の流れの中の、またこの道の流れの外の、神が受肉したことを認めない者はみな反キリストである!サタンはだれであるか?悪魔はだれであるか?神の敵はまただれであるか?神を信じないそれらの反抗派ではないか。神に背く人たちではないか。口先だけで信じるが真理を持っていない人たちではないか。祝福を受けることだけを追い求めるが神のために証しすることができない人たちではないか。今日あなたがまだこれらの悪魔との交際を断っておらず、良心と愛をもってこれらの悪魔を取り扱う、これはサタンに親切心を示すのではないか、悪魔に同調するのではないか。人が今日まで歩んできたがやはり善悪をわきまえず、やはり盲目的に人を愛し、憐れみ、神の心を求める気が少しもなく、全然神の心を自分の心とすることができないなら、このような人の結末はさらに悲惨である。肉体の中の神を信じない者はみな神の敵である。あなたが良心と愛をもって敵を取り扱うなら、あなたは正義感がないのではないか。あなたは、わたしが憎み嫌い、反対するものに味方し、やはり愛、或いは個人的な感情をもって彼らを取り扱う。それなら、あなたは神に背いているのではないか、故意に逆らっているのではないか。このような人は真理があるのか。良心をもって敵を取り扱い、愛をもって悪魔を取り扱い、憐れみをもってサタンを取り扱うような人はみな、故意に仕事を妨げる人ではないか。神を信じない人たちはもちろん、イエスだけを信じて、神が終わりの時に受肉したことを信じない人たち、口先だけで神が受肉したことを信じるが悪を働く人たちはみな反キリストであり、この類の人はみな滅ぼされる対象である。人が人を評価する時は、人の行いを基準とするのであり、つまり、行いが善い者は義人であり、行いが悪い者は悪人である。神が人を評価する時は、人の本質が神に従順であるかどうかを基準とするのであり、つまり神に従順な者は義人であり、神に従順でない者は敵であり、悪者である、その行いがよくても悪くても、その言葉が正しくても間違っていても。一部の人は善行によって以後のよい落ち着き先を獲得しようと思い、一部の人はよい言葉によって以後のよい落ち着き先を買収しようと思い、人はみな、神が人の行い、或いは人の言葉によって人の結末を定めると間違って思っている。だから、多くの人はこれによって一時の恵みを騙し取ろうとする。以後の安息の中で生きる人はみな苦難の日を経験し、しかも神のために証しをした人であり、みな人の本分を果たした人であり、心から神に従う人である。仕える機会を利用して真理の実行を免れようと思う人たちはみな、生き残ることができない人である。神がすべての人の結末を定めるのは、適切な基準に基づくのであって、人の言行だけに基づくのではなく、人のある時期の行いに基づくのでもない。神は人がかつて神に仕えたからといって、そのすべての悪行を寛大に処理することは決してなく、また、人が神のためにかつて一時費やしたからといって彼の死を免除することもない。だれ一人として自分の悪の報いから逃れられず、また、だれ一人として自分の悪行を隠して滅亡の苦しみから逃れられない。もし人が本当に自分の本分を果たすことができれば、祝福を受けても災いを受けても、神に永遠に忠誠を尽くし、報酬を求めない。祝福を見た時は神に忠実であるが、祝福を見られない時は神に忠実でない人、つまりかつて一時神に忠実に仕えた人が、最後になってもやはり神のために証しすることができず、やはり自分の尽くすべき本分を果たすことができないなら、彼は滅ぼされる対象である。要するに、悪人は永遠に生きることができず、安息の中に入ることもできず、義人こそが安息の中の主人である。人類がみな正しい軌道に乗った後、人は正常な人性の生活を持つようになり、みな各々自分の本分を尽くすことができ、神だけに忠誠を尽くすことができ、人の不従順、人の堕落した性質もみな完全に脱ぎ捨てられ、人はみな神のために生き、神のゆえに生き、もう神に背かず、逆らわず、神に完全に従うことができる。これこそ神と人の生活であり、王国の生活であり、また安息の中の生活である。

全然信じない子女、親戚を教会の中に引き込む人たちはみな私心が強すぎる人であり、みな余計な親切心を示す人である。この種類の人は盲目的に人を愛する。彼らが信じるか信じないか、神の心に適うか適わないかを問わず、ある者は妻を神の前に引っ張ったり、父母を神の前に引っ張ったりする。聖霊が同意してもしなくても、聖霊が働いても働かなくても、彼らはひたすら神のために「人材を募集する」。あなたがこれらの信じない人に親切心を示すのは何の役に立つのか。聖霊の臨在がないこれらの不信派たちは、しぶしぶしながらつき従っても、人が想像したように救われることができるのではない。救われる人はそんなに簡単に得られる者ではない。聖霊の働きと試練を経験せず、また受肉した神に全うされなければ、絶対に完全にされることができない。だから、これらの名ばかりの信者たちはつき従い始めた時から聖霊の臨在がない。彼らの条件と実際の状態では全然完全にされることができないから、聖霊も彼らに対してそんなに多くの精力を費やすつもりがなく、またいかなる啓きと導きをも与えず、ただ彼らにつき従わせるだけであり、最後になって彼らの結末を明らかにすればいい。人の熱心、人の意志はみなサタンから出るのであって、聖霊の仕事を成就することができず、どのような人でも聖霊の働きがなければならない。人が人を完全にすることができるのか。夫が妻を愛するのは何のためであるか。妻が夫を愛するのはまた何のためであるか。子女が父母に孝行するのは何のためであるか。父母が子女をかわいがるのは何のためであるか。人の存心はみな何のためであるか。みな自分の目的を達成し、自分の私欲を満足させるためではないか。本当に神の経営計画のためであるか。神の仕事のためであるか。被造物の本分を果たすためであるか。神を信じ始めた時も神の臨在を得られない人は絶対に聖霊の働きを得ることができず、この人たちは滅ぼされる対象に決まっている。人がいくら彼らに対して愛を持っていても、それは聖霊の働きに取って代わることができず、人の熱心と愛はみな人の意志を代表するのであって、神の意志を代表することができず、神の仕事に取って代わることができない。たとえ人がそれらの名ばかりの信者、つき従うふりをするが神を信じるとはどういうことかを知らない人に対して最大の愛や憐れみを施すとしても、彼らはやはり神の同情を得られず、聖霊の働きを得られない。素質がとても劣っていて多くの真理を理解することができない人でも、心からつき従えば、たまには聖霊の働きを得ることができる。しかし、素質がかなりいいが、心から信じない人たちは全然聖霊の臨在を得ることができず、このような人は全然救われる余地がなく、たとえ本を読み、或いはたまに道を聞き、或いは歌って神を賛美するとしても、最後の安息の中で生きることができない。ある人が心から追い求める人であるかどうかは、人が彼をどう評価するかにかかわっているのではなく、周りの人が彼のことをどう思うかにかかわっているのでもなく、彼に聖霊の働きと聖霊の臨在があるかどうかにかかわっているのであり、さらに一定の期間の聖霊の働きを経験した後、彼の性質が変化したかどうか、彼が神に対して認識があるかどうかにかかわっているのである。もし聖霊の働きがあれば、人の性質は次第に変化し、神を信じる観点に対する認識もますます純粋になるはずである。人のつき従った時間が長くても短くても、変化があれば、彼には聖霊の働きがあるのである。もし変化がなければ、彼には聖霊の働きがなく、このような人はたとえ仕えても祝福を得ようとする意図に駆られているのであり、たまに仕えることは性質の変化に取って代わることができず、最後にはやはり滅ぼされる対象である。なぜなら、王国の中には奉仕者が要らず、また、性質が変化していない人が、完全にされた、神に忠実な人たちに仕えることを必要としないからである。以前、「一人が神を信じれば、全家族が祝福される」と言ったことがあるが、この言葉は恵みの時代に適していたのであり、人の落ち着き先とは関係がなく、ただ恵みの時代の一段階だけに適していたのである。この言葉の真意は、ただ人が享受する平安と物質的な祝福を指して言ったのであり、それは、一人が主を信じれば全家族が救われるということではなく、一人が祝福を受けると全家族が彼に安息の中に連れられるということでもない。人が祝福を受けるか、それとも災いを受けるかは、自分自身の本質によって決まるのであって、ほかの人と自分の共同の本質によって決まるのではない。王国の中には全然こういう言い方がなく、こういう規定がない。人が最後に生き残ることができるのは、彼が神の要求を満たしたからである。人が最後の安息の中で生き残ることができないのは、彼自身が神に背き、神の要求を満足させることができなかったからである。どの人も適切な落ち着き先があり、この落ち着き先はその本人の本質によって決まるのであり、ほかの人とは全然関係がない。子女の悪行は父母に加えられることができず、子女の義も父母が子女と分かち合うことができない。父母の悪行は子女に加えられることができず、父母の義も子女が父母と分かち合うことができない。各人が各々の罪を担い、各人が各々の祝福を享受し、だれもほかの人の代わりをすることができない、これは義である。人の観点では、父母が祝福を受ければ子女も祝福を受けることができ、子女が悪を行えば父母がその代わりに罰を受けなければならない。これは人の意志であり、人のやり方であって、神の意志ではない。どの人の結末も彼の行ったことの本質によって定められるのであり、しかもそれはみな適切に定められるのである。どの人も他人の罪を担うことができず、なおさら他人の代わりに懲罰を受けることができず、これは確実である。父母が子女をかわいがるが、その代わりに義を行うことができず、子女が親に孝行するが、父母の代わりに義を行うことができない。これは「畑に二人の男がいれば、一人は連れて行かれ、他の一人は残される。二人の女が臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される」という言葉の真意である。子女をとても愛するがゆえに、悪を行う子女を安息の中に連れていくことができる者は一人もおらず、義を行うがゆえに自分の妻(或いは夫)を安息の中に連れていくことができる者も一人もいない。これは行政の中の規定であり、いかなる人も例外にはできない。義を行う者はつまるところ義を行う者であり、悪を行う者はつまるところ悪を行う者である。義を行う者はつまるところ生き残ることができる者であり、悪を行う者はつまるところ滅される対象である。きよい者はきよい者であって、汚れた者ではなく、汚れた者は汚れた者であって、きよい要素が少しもない。滅ぼされるのはすべての悪人であり、生き残るのはすべての義人である、悪を行う人の子女が義を行う者であっても、義人の父母が悪を行う者であっても。信じる夫と信じない妻はもともと関係がなく、信じる子女と信じない父母はもともと関係がなく、彼らは相容れない二種類の人である。安息の中に入る前に肉親の情があるが、安息の中に入ると、肉親の情はなくなる。本分を尽くす者と、本分を尽くさない者はもともと敵であり、神を愛する者と、神を恨む者はもともと敵対する者であり、安息の中に入る者と、滅ぼされる者は相容れることのできない二種類の被造物である。本分を尽くす被造物は永遠に生きることができるのであり、本分を尽くさない被造物は永遠に滅ぼされるのである。あなたが夫を愛するのは被造物の本分を尽くすためであるか。あなたが妻を愛するのは被造物の本分を尽くすためであるか。あなたが自分の不信者の父母に孝行するのは被造物の本分を尽くすためであるか。人の神を信じる観点は正しいのか。あなたが神を信じるのはいったい何のためであるか。あなたはいったい何を得ようとするのか。あなたはいったいどのように神を愛しているのか。もし被造物の本分を果たすことができず、自分の全力を尽くすことができないような者がいるなら、彼は滅ぼされる対象である。今、人と人の間にはまだ肉体の関係があり、まだ血のつながりがあるが、以後これらはすべて打ち破られる。信じる者と信じない者はもともと相容れないのであり、敵対するのである。安息の中の人はみな神の存在を信じる者であり、神に従順な者であり、それらの不従順な者はみな滅ぼされ、地上にはもう家庭がなくなる。それでは、どうして父母があるだろうか、どうして子女があるだろうか、どうして夫婦関係があるだろうか。これらの肉体の関係は、信じる者と信じない者がもともと相容れないため断絶してしまう!

人類の中には、もともと家庭がなかったのであり、男と女という二つの種類の人がいただけで、国がなく、家庭もなかった。しかし、人の堕落のゆえに、いろいろな人が一つ一つの家族と集団を構成し、後になって、それは国と民族に発展した。これらの国と民族はまた一つ一つの小さな家庭から成り、こうして、各種類の人は異なった言葉と地ざかいによって異なった種族の間に分布しているようになった。実は、世界の中の種族がいくら多くても、人類の祖先は同じである。最初、二つの種類の人しかいなく、この二つの種類の人はただ男と女であったが、仕事の進展と歴史の移り変わり、地形の変遷のゆえに、この二つの種類の人は次第にもっと多くの種類の人に発展した。要するに、人類の中にはどれだけの種族があっても、全人類はやはり神に造られたのである。どの種族の人であれ被造物であり、アダム、エバの後裔であり、神の手に造られたのではないけれども、神が自ら造ったアダム、エバの後裔である。どの種類の人であっても被造物であり、造られた人類である以上、人類が持つべき落ち着き先を持つようになり、しかも人類を按配する規定によって分けられる。つまり、悪を行う人と、義を行う人はみな被造物である。悪を行う被造物は最後には滅ぼされる対象であり、義を行う被造物は生き残る対象である。これは二つの種類の被造物に対するいちばん適切な按配である。悪を行なう者は、自分が不従順だからといって 、自分が神に造られたがサタンに捕えられて救いようがなくなった人であることを否認することはできない。義を行う者は、自分が生き残ることができるからといって、自分が神に造られたがサタンに堕落させられ、また救われた対象であることを否認することはできない。悪を行う者は神に背く被造物であり、救いようがなく、しかもすでにサタンに徹底的に捕えられた被造物である。悪を行う人も人であるが、彼らは極めて深く堕落させられた人であり、救いようがない人である。同じく被造物であり、義を行う者も堕落させられた人であるが、彼らは進んで堕落した性質を脱ぎ捨てようとする人であり、神に従うことができる人である。義を行う人は義で満ちた人ではなく、救われて堕落した性質を脱ぎ捨てて神に従う人であり、最後に立つことができる人であって、サタンに堕落させられていない人ではない。仕事が終わった後、被造物の中には滅びる者もいれば、生き残る者もいる。これは経営の仕事の必然的趨勢であり、これはだれも否認できないことである。悪を行う者はみな生き残ることができず、最後まで従順でつき従う者は、きっと生き残ることができる。人類を経営する仕事だから、生き残る者もいれば淘汰される者もいる。これは各種類の人の異なる結末であり、被造物に対するいちばんふさわしい按配である。人類に対する最後の按配は、家庭、民族、国境を打ち破ることによって人類を区分することであり、それによって、家庭の区別がなくなり、国境の区別もなくなる。なぜなら、人の祖先はつまるところ同じであり、人はみな被造物だからである。要するに、悪を行う被造物は滅ぼされ、神に従順な被造物は生き残るのである。それゆえに、以後の安息の中には家庭がなく、国がなく、なおさら民族もなく、このような人類はいちばんきよい人類である。最初、神がアダム、エバを造ったのは、人に地上で万物を支配させるためであった。つまり、人はもともと万物の主人なのであり、人が地上で生き、しかも地上の万物を支配すること、これはヤーウェが人を造る目的であった。なぜなら、最初人は堕落させられておらず、しかも人は悪を行うことも知らなかったからである。しかし、人は堕落させられた後、もう万物の支配者でなくなった。神が人を救う目的は、人のこの機能を回復し、人の最初の理智、最初の従順を回復するためである。安息の中の人類はまさに救いの仕事が収めた効果の写実である。その時の生活はもうエデンの園の中の生活ではないけれども、実質的にはそれと同じである。ただ人類がもう堕落させられていない人類ではなくて、堕落させられた後、救われた人類なのである。これらの救われた人類は最後に(すなわち仕事が終わった後)安息の中に入るのである。同様に、それらの懲罰を受ける対象の結末も最後に徹底的に明らかにされるのであり、彼らは仕事が終わった後滅ぼされるのである。つまり、仕事が終わった後、悪を行う者と救われる者はみな明らかにされる。なぜなら、各種類の人(悪を行う者であれ、救われる者であれ)を明らかにする仕事は、あらゆる人の身に同時に行われるのであり、悪を行う人が淘汰されると同時に、生き残ることができる人たちも明らかにされるからである。だから、各種類の人の結末は同時に明らかにされるのである。まず一団の救われた人を安息の中に入らせてから、ほかの悪人をそばに置いて少しずつ裁き、或いは懲罰するのではない。事実は決してそうではない。悪人が滅ぼされ、生き残ることができる人が安息の中に入った時、全宇宙の仕事は終わるのである。祝福を受けることと災いを受けることは同時に行われるのであり、祝福を受ける者は永遠に生き、災いを受ける者は永遠に滅び、この二つの仕事は同時に完成するのである。不従順な者がいるからこそ、それらの従順な人の義が明らかにされるのであり、祝福を受ける者がいるからこそ、悪を行うそれらの人が自分の悪行のゆえに受けた災いが明らかにされるのである。もし悪を行う人を明らかにしなければ、心から神に従うそれらの人は永遠に太陽を見ることができない。もし神に従う人を適切な落ち着き先に導き入れなければ、神に背くそれらの人は当然の報いを受けることができない。これは仕事の手順であり、もし悪を行う者を罰し、善を行う者を賞する仕事をしなければ、被造物は永遠に各自の落ち着き先の中に入ることができない。人類が安息の中に入った後、悪を行う人たちはみな滅ぼされ、全人類は正しい軌道に乗り、各種類の人は自分の果たすべき機能によっておのおのその種類に従う。これこそ人類の安息の日であり、人類の発展の必然的趨勢である。人類が安息の中に入る時こそ、大事業が最終的に成功を収めるのであり、仕事が終わるのである。この仕事は全人類の堕落した肉体の生活を終わらせ、堕落した人類の生活を終わらせ、それから人類は新しい境地の中に入る。人はみな肉体の中に生きているけれども、その生活の本質は堕落した人類の生活のそれと大いに異なり、その生存の意義も堕落した人類の生存の意義と異なり、新しい人の生活ではないけれども、救われた人類の生活、人間性の理智が回復された後の生活であると言える。この人たちはかつて神に背いた人であり、かつて神に征服されてから救われた人でもあり、この人たちはまた、神を辱めたことがあるが後で神のために証しした人であり、彼らの生存は試練を受けた後、生き残った人の最も意義のある生存であり、彼らはかつてサタンの前で神のために証しした人であり、生きている資格のある人である。それらの滅ぼされる人たちはみな、神の証しのために立つことができなくて生きている資格がない人であり、彼らは自分の悪行のゆえに滅ぼされ、彼らが滅ぼされることは彼らにとってはいちばんよい落ち着き先である。以後、人がよい境地の中に入ったら、人が想像したように夫婦関係があり、父と娘の関係があり、母と息子の関係があるのではない。その時、人はみな各々その種類に従い、家庭は全部打ち破られるのである。サタンは完全に失敗して、もう人類をかき乱すことができなくなり、人はもう堕落したサタン的性質がなくなる。それらの不従順な人たちはみな滅ぼされ、従順な人だけが生き残り、それゆえに、家族全員が生き残ることができる家庭はほとんどない。それなのに、どうして肉体の関係があるだろうか。その時、人の以前の肉体の生活は完全に廃止される。それなら、人と人の間にまだ肉体の関係があるだろうか。堕落したサタン的性質がなければ、人の生活はもう以前の古い生活ではなくて、新しい生活である。父母は子女を失い、子女は父母を失い、夫は妻を失い、妻は夫を失うであろう。今、人と人の間には肉体の関係があるが、人がみな安息に入った時は肉体の関係がなくなる。このような人類こそが義なる人類であり、きよい人類であり、神を礼拝する人類である。

神は人類を造って、人類を地上に置き、今日まで導いてきた。その後、人類を救い、人類の罪祭となった。終わりの時に、彼は人類を征服して、人類を徹底的に救い出し、人に本来の形を回復させなければならない。彼が始めから終わりまでしているのはこの仕事である。つまり人に本来の姿を回復させ、人に本来の形を回復させるのである。彼は彼の王国を打ち立てようとし、人に本来の形を回復させようとする。つまり彼は地上における彼の権威を回復し、あらゆる被造物の間における彼の権威を回復しようとする。人はサタンに堕落させられた後、神を畏れ敬う心を失い、被造物として持つべき機能を失って、みな神に背く敵になり、人はみなサタンの権威の下に生きるようになり、サタンに左右されるようになった。それゆえ、神は被造物の間で働くことができず、なおさら被造物からの畏れ敬いを得ることができない。人は神に造られたのだから、もともと神を礼拝すべきであるが、人が神に背いてサタンを礼拝してしまって、サタンが人の心の中の偶像になった。こうして、神は人の心における地位を失い、つまり人を造った意義を失った。だから、彼が人を造った意義を回復しようとするなら、人に本来の形を回復させ、人に堕落した性質を脱ぎ捨てさせなければならない。人をサタンの手から奪い返すには、必ず人を罪の中から救い出さなければならない。こうしてこそ、次第に人に本来の形を回復させ、本来の機能を回復させることができ、最後に神の王国を回復することができる。最後にそれらの不従順の子を徹底的に滅ぼすのも、人がよりよく神を礼拝し、よりよく地上で生存することができるためである。神は人類を造った以上、人に彼を礼拝させ、人に本来の機能を回復させようとする以上、徹底的に回復させ、しかも混じりけが少しもない。彼が自分の権威を回復するのは、人が彼を礼拝するためであり、人がみな彼に従うためであり、人がみな彼のゆえに生きているためであり、彼の敵が彼の権威によって滅ぼされるためであり、彼のすべてが人の間に残され、しかも逆らう人がいなくなるためである。彼が打ち立てようとする王国は彼自身の王国であり、彼が求める人類は彼を礼拝する人類であり、完全に彼に従う人類であり、彼の栄光のある人類である。もし堕落した人類を救い出さなければ、彼が人を造った意義は烏有に帰し、彼は人の間でもう権威を持たなくなり、地上に彼の王国が現れることもない。もし彼に背く敵を全部滅ぼさなければ、彼は完全な栄光を得ることができず、地上で彼の王国を打ち立てることもできない。人類の中の不従順な者たちを全部徹底的に滅ぼし、完全にされた者たちを全部安息の中に連れていく。これは彼の仕事が終わったことのしるしであり、彼の大事業が成功を収めたことのしるしである。人類がみな最初の形を回復し、それぞれ自分の職責を尽くし、自分の本分を守り、神のすべての按配に従うことができたら、神が地上で一団の、彼を礼拝する人を得、また彼を礼拝する王国を打ち立てたことになる。彼が地上で永遠に勝利を得、彼に敵対する者たちが永遠に滅びれば、彼が最初人を造った時の心意を回復し、彼が万物を造った時の心意を回復し、地上での彼の権威、万物の中での彼の権威、敵の間での彼の権威をも回復したことになり、これは彼が完全に勝利を得たことのしるしである。それから、人類は安息の中に入り、正しい軌道に乗った人類の生活に入り、神も人と一緒に永遠の安息の中に入り、永遠の、神と人の生活に入る。地上の汚れと不従順が見えなくなり、地上の哀号が見えなくなり、地上の、神に敵対するあらゆるものもなくなり、神と神に救われた人たちだけが存在し、彼に造られた万物だけが存在する。