神の声を聴いてキリストを認識する

贖いの時代の仕事の内幕

わたしの全経営計画の中、すなわち六千年の経営計画の中には、全部で三つの段階、つまり最初の律法時代、恵みの時代(すなわち贖いの時代)、最後の王国時代という三つの時代が含まれている。この三つの時代は、時代の違いによって、わたしの働きの内容も異なる。ところが、どの段階の仕事も人の必要に応じてするのであり、正確に言えば、サタンと戦う時にサタンの用いる詭計によってするのである。それは、サタンを打ち負かし、わたしの知恵、全能を明らかにするためであり、サタンの詭計を全部さらけ出して、サタンの支配下に生きている全人類を救うためでもあり、わたしの知恵と全能を明らかにするためであり、サタンのひどく醜い姿を現すためでもあり、さらに被造物が、善悪を見分けることができ、わたしが万物の主宰者であることを認識し、サタンが人類の敵、くず、悪しき者であることを見極め、善と悪、真理と謬理、聖と汚れ、偉大さと下劣さをはっきり見分けることができるようになるためでもある。わたしはこれらの無知な人類がわたしについてこの証しをすることができるようにする。すなわち、「わたし」が人類を堕落させたのではなく、わたし――造物主だけが人類を救い、人に享受できるものを与えるのであり、わたしは万物の主宰者であり、サタンはただ、造られたが後でわたしを裏切った被造物にすぎないことを認識させる。六千年の経営計画の中で、わたしは三つの段階に分けて働くのである。このように働くのは次のような効果を収めるためである。被造物がわたしについて証しし、わたしの心意が分かり、わたしが真理であることを認識することができる。だから、六千年の経営計画の最初の仕事の中で、わたしは律法の仕事、すなわちヤーウェがすべての民を導く仕事をしたのであり、第二段階では、ユダヤの各村で恵みの時代の手始めの仕事を展開したのである。イエスは恵みの時代のあらゆる仕事を代表するのであり、彼は受肉して、十字架につけられ、そして恵みの時代を始めた。彼は十字架につけられて贖いの仕事を成し遂げるために来たのであり、律法時代を終わらせて恵みの時代を始めたのでもある。そういうわけで、彼は「大元帥」、「罪祭」、「贖い主」と呼ばれた。だから、イエスのした仕事とヤーウェのした仕事は、内容は異なるが、原則は同じである。ヤーウェは律法時代を始め、地で働く根拠地、すなわち発源地を打ち建て、また戒めを発布した。これは彼のした二つの項目の仕事であり、律法時代を代表したのである。イエスは恵みの時代の仕事の中で、戒めを発布しておらず、戒めを成就したのであり、この方式によって恵みの時代をもたらして、二千年も続いた律法時代を終わらせた。彼は恵みの時代を始めるために来たのであり、道を切り開く先駆者であったが、彼の最も主要な仕事はやはり贖うことであった。だから、彼のした仕事も二つの項目に分けられる:新しい時代を開き、十字架につけられて、贖いの仕事をなし遂げ、その後人を離れ去った。その時から、人類は律法時代から出てきて恵みの時代に入った。

イエスの仕事は、当時のその時代の人の必要に応じてしたのである。彼の仕事によれば、彼は人類を贖い、人の罪を赦すために来たのだから、彼がもたらしたすべての性質は謙遜、忍耐、愛、敬虔、寛容と憐れみ、慈しみであり、彼が人にもたらしたのは豊かな恵み、祝福であり、ありあまるほどの、人が享受できるものでもあった。人が享受したのはすべて平安、喜びとイエスの寛容、イエスの愛、それに彼の憐れみ、慈しみであった。当時人が接触したものの中に、数多くの享受できるものがあった。たとえば、心が平安で落ち着いたとか、霊が慰められたとか、救い主イエスを頼りとしていたとか、などである。彼らがこれらを得られたのはみな、彼らの置かれた時代のゆえである。恵みの時代に、人がすでにサタンに堕落させられたので、全人類を贖う仕事をするには、働きの効果を収めるために、必ず豊かな恵み、数えきれないほどの包容、忍耐がなければならず、さらに十分に人の罪を赦すことができる罪祭がなければならなかった。恵みの時代の人が見たのは、ただわたしが人の罪を赦すための罪祭、すなわちイエスであり、彼らは神が人を憐れみ、人を包容することができることしか知らず、彼らが見たのはただイエスの憐れみと慈しみだけであった。これらはみな彼らが恵みの時代に生まれたからである。だから、彼らは贖われる前に、イエスが彼らに与えたたくさんの恵みを享受しなければならなかった。こうしてこそ、彼らのためになり、彼らは恵みを享受することによって、罪が赦されることができ、イエスが彼らに与えた包容と忍耐を享受することによって、罪が贖われる機会を得ることができる。イエスの包容と忍耐のゆえに、人は罪が赦されて、イエスから与えられた豊かな恵みを享受する資格を持つようになった。イエスが言ったように、「わたしが来たのは、義人を贖うためではなく、罪人を贖って、罪人の罪が赦されるようにするためである。」もしイエスが受肉した時、もたらした性質が裁きと呪いであり、しかも人がいつまでもそれを犯してはならないとしたら、人は永遠に贖われる機会がない。その場合、人は永遠に罪に属するだろう。そうだったら、六千年の経営計画はただ律法時代にとどまり、その結果、律法時代が六千年続くことになり、人の罪もきっとますます多くなり、ますます深くなり、こうして人類を造ったすべての意義は烏有に帰してしまい、人は律法の下でヤーウェに仕えるしかないが、人類の罪は最初造られた人類の罪を超えてしまう。イエスが人類を愛し、人の罪を赦し、人に十分な憐れみと慈しみをもたらすほど、人はイエスに救われ、イエスが身代金を払って贖い戻した失われた小羊と呼ばれる資格を持つようになり、サタンもこの仕事に手を出しようがなくなる。なぜなら、イエスは慈母が懐にいる赤子に対するように、彼につき従う人を扱って、彼らに対して怒りを発せず、憎みを抱かず、慰めに満ちていたのであり、彼は彼らの間で大いに憤ったことがなく、彼らの罪を包容し、彼らの愚昧と無知を見なくて、「七度を七十倍するまで人を赦しなさい」とさえ言ったからである。そのため、ほかの人の心は彼の心に感化され、このように、人は包容のゆえに罪が赦されたのである。

受肉したイエスは情感が少しもなかったけれども、彼はいつも彼の弟子たちを慰め、供給し、助け、支えていた。彼はたくさんの仕事をし、たくさんの苦しみを受けたけれども、人に過分の要求を出したことがなく、ひたすら人の罪を忍び、包容していた。それゆえ、恵みの時代の人はみな親しみをもって彼を「愛すべき救い主イエス」と呼んだのである。当時、すべての人の目には、イエスの所有、所是は憐れみと慈しみであり、イエスは人の過ちを覚えず、人の過ちによって人を取り扱わなかった。時代が異なるため、彼は常に人に豊富な食物を与えて人が満ち足りるようにした。彼は彼につき従うすべての民に情けをかけて、彼らのために病気を治し、悪霊を追い出し、また、死人を生き返らせた。人が彼を信じ、彼のしたすべてには真心、誠意がこもっているのを見ることができるように、彼は腐った死体をさえ救って、人に死人でも彼の手の中で生き返ることができるのを見せた。彼はずっとこのように人の間で黙々と忍耐し、彼の贖いの仕事をしていて、十字架につけられる前に、彼はすでに人の罪を担って、人の罪祭となったのである。人類を贖うために、彼は十字架につけられる前に、すでに十字架の道を開いておいた。最後に彼は十字架につけられて、十字架のために自分自身を犠牲にし、彼は自分のあらゆる憐れみ、慈しみと聖を人類に与えた。彼はひたすら人を思いやり、人に対して報復せず、むしろ人の罪を赦し、人々に悔い改めるべきだと教え、また人々に忍耐、寛容、愛を持つべきであり、彼の歩んだ道を歩み、十字架のために身をささげるべきだと教えた。彼は彼のマリアより兄弟姉妹を愛していた。彼のした仕事はみな、人のために病気を治し、悪霊を追い出すことを原則としていたのであり、これらの仕事はみな彼の贖いのためであった。どこへ行っても、彼は自分につき従うすべての人たちに情けをかけていた。彼は貧しい人が富み、中風の者が歩くことができ、盲人が見え、耳の聞こえない人が聞こえるようにし、さらには、いちばん卑しい貧乏人たち、つまり罪人たちを招集して食事を共にし、彼は決して彼らを嫌わず、ずっと彼らを包容していて、「ある牧者に百匹の羊があり、その中の一匹を失ったら、九十九匹を残し、その迷い出ている羊を探しに出かける。それを見つけたなら、彼は大いに喜ぶであろう」とさえ言った。彼は、雌羊が小羊を可愛がるように、彼につき従う人を愛していた。これらの人は無知蒙昧であり、彼の目にはみな罪人であり、しかも社会の最下層の卑しい人であったけれども、彼はこれらの罪人――ほかの人に見下げられる人を自分の目の瞳と見なし、彼らを好んだから、小羊が祭壇の上にささげられたように、彼らのために命を捨てた。彼らの間で、彼はただ彼らのしもべのように、彼らの意のままに使われ、屠られ、無条件に従ったのである。彼につき従う人にとって、彼は愛すべき救い主イエスであり、高い講壇の上に立って人を教えるパリサイ人たちに対して、彼は憐れみ、慈しんだのではなく、憎み嫌い、反感を持っていたのである。パリサイ人の間での彼の仕事はそんなに多くなく、彼はただ、たまに彼らを叱り、厳しく責めただけであり、彼らの間で贖いの仕事をせず、しるしと奇跡も行わなかった。彼の憐れみ、慈しみは全部彼につき従う人に与えられた。彼はこれらの罪人のために最後まで耐え忍び、十字架につけられ、すべての恥を耐え忍び、そうすることによって、全人類を完全に贖い戻した。これは彼のすべての仕事である。

イエスの贖いがなければ、人はずっと罪の中に生きているようになり、罪の子孫、鬼の後裔になってしまう。このままでいけば、全地はサタンが住まう地になってしまい、またサタンが生存する地になってしまう。しかし、贖いの仕事をするには、人に憐れみと慈しみを施さなければならない。こうしてこそ、人は罪の赦しを得ることができ、最後に完全にされ、完全に得られる資格を持つことができる。もしこの段階の仕事がなければ、六千年の経営計画は展開されることができない。もしイエスが十字架につけられず、ただ人のために病気を治し、悪霊を追い出したとしたら、人の罪はやはり完全に赦されることができない。彼は地上に来て三年半の仕事をしたが、それはただ贖いの仕事を半分やり遂げただけである。そして、彼は十字架につけられて罪の肉の様になって、その悪しき者に渡され、これによって、十字架につけられる仕事をやり遂げ、人類の運命を把握した。彼がサタンの手に渡されてはじめて、人類は贖われたのである。彼はこの世で三十三年半の苦しみを受け、嘲られ、誹謗され、見捨てられ、枕するところ、安息するところさえもなかった。その後、十字架につけられ、彼の全存在――きよくて、罪のない肉体が十字架につけられて、あらゆる苦しみをなめ尽くした。政権や権力を握った者たちはみな彼を嘲り、彼を鞭打ち、兵士たちは彼の顔に唾を吐くことさえしたが、それでも、彼はやはり一言も言わず、最後まで耐え忍び、無条件に死に至るまで従い、それによって人類を全部贖い戻した。その後初めて彼は安息に入った。彼のした仕事は恵みの時代を代表するだけで、律法時代を代表せず、世の終わりの仕事に取って代わることもできない。これは恵みの時代にイエスがした仕事の本質であり、人類が経験した二番目の時代――贖いの時代である。