神の声を聴いてキリストを認識する

律法時代の仕事

ヤーウェがイスラエル人に対してした仕事は、人類の中で、神の地での発源地を建てたのであり、それは彼の居る聖なる地でもあった。彼はイスラエル人を彼の働く範囲とし、最初、彼はイスラエル以外で働かなかった。仕事の範囲を縮小するために、彼は適当な人を選んだ。イスラエルの地は、神がアダムとエバを造った地であり、ヤーウェはその地の塵を取って人を造ったのであり、その地はヤーウェが地で働いた根拠地である。イスラエルの民はノアの子孫であり、アダムの子孫でもあり、ヤーウェの地での働きの土台となった人でもある。

当時、ヤーウェのイスラエルでの働きの意義、目的、手順は、全地で彼の仕事を展開させるためであり、イスラエルを中心として異邦へ広めるためであった。これは彼が全宇宙で仕事をする原則――点を面におし広め、そして拡大して、全宇宙の下の人が彼の福音を受け入れるようにすることである。最初のイスラエル人はノアの子孫である。これらの人はただヤーウェの息があり、衣食住行も知っていたが、ヤーウェがどういう神であるかを知らず、人に対する彼の心意も知らず、なおさら人がどのように造物主を畏れるべきかを知らなかった。規定があるかどうか、定めがあるかどうか、被造物が造物主に対してすべき仕事があるかどうか、これらについてアダムの子孫は知らなかった。彼らはただ、夫としては汗水流して働いて一家を養うべきであり、妻としては夫に従い、ヤーウェの造った人類のために血統を継ぐべきであることを知っていただけである。つまり、このような、ヤーウェの息、ヤーウェの命だけを持っている人は、どのように神のおきてを守るべきか、どのように造物主を満足させるべきかを知らなかったのであり、彼らが分かっているのはあまりにも少なかった。だから、彼らの心の中には曲がりと欺きがなく、彼らの間には妬みや紛争がとても少なかったが、彼らはヤーウェ――造物主を知らず、また理解していなかった。このような人の先祖はヤーウェのものを食べ、ヤーウェのものを享受することを知っていただけで、ヤーウェを畏れることを知らず、ヤーウェは彼らがひれ伏すべき者であることを知らなかった。これでは、どうして被造物と呼ばれることができるだろうか。それなら、「ヤーウェは造物主である」、「彼が人類を造ったのは、人類が彼を表現し、彼の栄光を現し、彼を代表するためである」という言葉は地に落ちたのではないか。ヤーウェを畏れる心のない人がどうしてヤーウェの栄光の証しになれるだろうか。どうしてヤーウェの栄光の表現になれるだろうか。それなら、ヤーウェが言った「わたしはわたしにかたどって人類を造った」という言葉は、サタン――その悪しき者がとらえる言葉尻となるのではないか。ヤーウェが人類を造って恥を受けるしるしとなるのではないか。その段階の仕事をやり遂げるために、ヤーウェは人類を造った後、アダムの時からノアの時まで、彼らを指示せず、導かなかったのであり、洪水によってこの世を滅ぼした後、正式にイスラエル人――ノアの子孫、すなわちアダムの子孫を導いたのである。ヤーウェはイスラエルで働き、言葉を言って、イスラエルのすべての民がイスラエルの全地で生活するよう導いた。そのため、人はこのことを見た。ヤーウェは人に息を吹き込んで、人が彼の命を持ち、塵の中から蘇って造られた人類になるようにすることができるだけではなく、人類を焼き払い、呪い、彼の懲らしめの杖で人類を管理することもでき、また人の地上での生活を導き、昼と夜の違いによって、人の間で言葉を言い、働くことができる。彼のした仕事はただ被造物に、人はもともとヤーウェが地から拾った塵から来たのであり、しかもヤーウェに造られたのであることを分からせるためであった。それだけでなく、彼がまずイスラエルで働いたのは、全宇宙の下の被造物がみなヤーウェを畏れ、ヤーウェを大いなる者とすることができるように、イスラエル以外の(実はイスラエル以外のものではなく、イスラエル人から分けられた異邦と異族である。だが、その祖先はやはりアダムとエバである)諸国、諸族がイスラエルからヤーウェの福音を得るためでもあった。もしヤーウェが最初イスラエルで働かず、人類を造った後、人類に地上で憂いも悩みもなく生活させただけなら、人の肉体の本性によれば(本性とは、人が永遠に、人が見られないものを知らず、つまりヤーウェが人類を造ったことを知らず、なおさらヤーウェがどうして人類を造ったのかを知らないことである)人は永遠にヤーウェが人類を造ったことを知らず、また、永遠にヤーウェが万物の主であることを知らない。もしヤーウェが人類を造って地上に置き、彼らに享受できるものを与えた後、袖を払って去り、人の間で一定の期間導かなかったとしたら、全人類は烏有に帰し、造られた天地万物、造られた全人類さえも烏有に帰し、しかもサタンに踏みにじられる地になっただろう。そうなら、「地上に、すなわち彼の造ったものの間に、彼の足の置く場所、すなわち聖なる地がある」というヤーウェの願いは破れてしまう。だから、彼が人類を造った後、人類の間で人の生活を導き、人類の間で人に対して話したのはみな、彼の願いをかなえるためであり、また、彼の計画を成就するためであった。彼がイスラエルで働いたのは、ただ彼が万物を造る前に立てた計画を成就するためであった。だから、彼がまずイスラエルの民の間で働いたことは、彼が万物を造ったことと互いに矛盾せず、それはみな彼の経営のためであり、彼の仕事のためであり、彼の栄光のためであり、彼が人類を造ったことがさらに深い意義を持つためでもあった。ノアの後、彼は地上での人類の生活を二千年導いた。そのため、人がみなどのように万物の主ヤーウェを畏れるべきかが分かり、どのように生活すべきか、どのように生きるべきかも分かり、さらに、どのようにヤーウェについて証しし、彼に従い、彼を畏れるべきかが分かり、それによって、ダビデと彼のすべての祭司のように楽器を奏でてヤーウェを賛美することができるようになった。

ヤーウェが二千年の仕事をする前に、人は何も知らず、そのほとんどが堕落してしまった。その結果、世界が洪水によって滅ぼされる前に、人は淫乱で堕落し、心の中に全然ヤーウェを持たず、ヤーウェの道も持たなくなった。彼らはヤーウェがどんな仕事をしようとするかをまったく知らなかった。彼らは理智がなく、見識もなく、ただ呼吸している機械のようであり、人、神、万物、命などについて一切知らなかった。地上で、彼らは毒蛇のように人を誘惑する仕事をたくさんし、ヤーウェを怒らせる言葉をたくさん言ったが、彼らの無知のゆえに、ヤーウェは彼らを罰せず、また彼らを懲らしめなかった。ただ世界が洪水によって滅ぼされた後、すなわちノアが六百一歳の後、ヤーウェは正式にノアに現れ、律法時代が終わるまで、ノアと彼の家族を導き、つまり洪水の後に残った鳥獣類とノアおよび彼の子孫、後裔を導いたのである。その期間は合わせて二千五百年であった。彼がイスラエルで働き、つまり正式に働いたのは全部で二千年であり、イスラエルとイスラエル以外で同時に働いたのは全部で五百年であり、合わせて二千五百年であった。その間、彼は、ヤーウェに仕えるには神殿を建てるべきであり、祭司服を着るべきであり、しかも夜明けから裸足で神殿に入るべきだと、イスラエル人に教えた。それは、彼らの靴がヤーウェの神殿を汚して、火が神殿の上から彼らの身に下って彼らを焼き殺すことがないためであった。彼らはみな自分の本分を果たしてヤーウェの按配に従ったのであり、神殿の中でヤーウェに祈り、ヤーウェの啓示を受けた後、つまりヤーウェの言葉が語られた後、すべての民を導いて、すべての民にヤーウェ――彼らの神を畏れるべきであることを分からせた。ヤーウェはまた、神殿を建て、祭壇を建てるべきであり、ヤーウェの時に、すなわちヤーウェの過越に牛、羊の初子を備えて祭壇にささげてヤーウェに仕えるべきだと彼らに教えた。それは彼らを拘束して、彼らにヤーウェを畏れる心を持たせるためであった。彼らが律法を守るかどうかによって、彼らがヤーウェに忠実であるかどうかを判断した。ヤーウェはまた彼らのために安息日を定めた。つまり、彼が万物を造った第七の日を安息日とした。彼は安息日の次の日を初日と定めた。その日は彼らがヤーウェを賛美し、ヤーウェにいけにえをささげ、ヤーウェのために太鼓や竪琴を奏でる日であった。その日には、ヤーウェはすべての祭司を招集して、祭壇の上のいけにえをすべての民に分けて食べさせ、彼らにヤーウェの祭壇の上のいけにえを享受させ、しかもヤーウェは、彼らが幸いな人であり、彼にあずかるものであり、彼の選民であると言った(これはつまり、ヤーウェがイスラエル人と立てた約束であった)。だから今になっても、イスラエルのすべての民はヤーウェがただ彼らの神であり、異邦人の神ではないと言っている。

律法時代に、ヤーウェは多くの戒めを定めて、モーセに、彼につき従ってエジプトの地から出たイスラエルの民たちに発布させた。この戒めは当時ヤーウェがイスラエルの民に与えたのであり、エジプト人とは関係がなく、イスラエル人を拘束するためのものであった。彼は戒めによって彼らに要求したのである。安息日を守るかどうか、父母を敬うかどうか、偶像を拝むかどうかなどなど、これらを原則として彼らを罪に定め、或いは彼らを義としたのである。ヤーウェの火が彼らに臨むかどうか、彼らが石で打ち殺されるかどうか、ヤーウェの祝福を得ることができるかどうかはみな、彼らがこれらの戒めを守るかどうかにかかっていた。もし安息日を守らない人がいれば、ほかの人に石で打ち殺され、もし祭司が安息日を守らなかったら、ヤーウェの火が彼に臨んだ。もし人が父母を敬わなければ、同様にほかの人に石で打ち殺され、これはみなヤーウェに良しと認められたことである。ヤーウェが戒め、律法を定めたのはみな、彼が人の生活を導いている間、人が彼の言葉を聞き、彼の言葉に従って、彼に背かないようにするためであり、これらの律法でこれらの生まれたばかりの人類を支配して、これによって以後の仕事のために基礎を築くためであった。だから、ヤーウェのした仕事によって、第一の時代を律法時代と呼んだ。ヤーウェはたくさんの言葉を言い、たくさんの仕事をしたけれども、彼はただ積極的な面から人を導いたのであり、これらの無知な人たちが彼の導きの下で人としての生き方を習得し、生活の仕方を習得し、ヤーウェの道を理解するようにしただけである。彼のした仕事の多くは、人が彼の道を守り、彼の律法を守ることができるためであった。彼はとても浅く堕落させられた人の身に働いたのであり、性質の変化や命の成長を云々するまでには至らなかった。ただ人に律法を守らせることによって人を拘束し、人をコントロールしただけである。当時のイスラエル人にとっては、ヤーウェはただ神殿の中の神であり、天の神でもあり、雲の柱であり、火の柱でもあった。ヤーウェが彼らに行わせたのは、ただ今日の人が思っているような律法、戒めであり、それは規定だとさえ言える。なぜなら、ヤーウェのしたことは彼らを変えるためではなく、もっと多くの、人の装備すべきものを人に与え、自らの口で人に教えるためだったからである。それは、人が造られた後、人の具備すべきものを全然持たなかったからである。こうして、ヤーウェは、人が地上で生活するのに持つべきものを彼らに与えた。それゆえ、ヤーウェに導かれた人類は、人類の祖先――エバとアダムに勝るようになった。というのは、ヤーウェが彼らに与えたものは、最初エバとアダムに与えたものを超えたからである。どうであろうと、ヤーウェがイスラエルでした仕事は人の導きになって、人に造物主を認めさせることしかできなかった。しかし、それは征服することではなく、変えることでもなく、ただ導くことであった。これは律法時代のすべての仕事であり、ヤーウェがイスラエルの全地でした仕事の背景、内幕、本質であり、六千年の手始めの仕事――人々をヤーウェの手の支配下に置くことでもある。こうして、六千年の経営計画の中のもっと多くの仕事が生じたのである。