神の声を聴いてキリストを認識する

「信仰」について、あなたはどのように認識するのか

人の身には、あるようなないような「信仰」という字だけが存在していて、人は「信仰」とは何であるかを知らず、なおさらなぜ信じるかを知らない。人の分かっていることはあまりにも少なすぎ、人の欠けているものはあまりにも多すぎ、人はただ愚かで無知にわたしを信じている。信仰とは何であるかを知らず、なぜわたしを信じるかも知らないけれども、人はやはり「ひたむきに」わたしを信じている。人に対するわたしの要求は、人がこのようにひたすらわたしを呼び求め、或いは漫然とわたしを信じることだけではない。なぜなら、わたしが仕事をするのは、人々がわたしを見、わたしを知るためであって、人々がわたしの働きのゆえにわたしを新しい目で見るためではないからである。わたしはたくさんのしるしと奇跡を行ったことがあり、また、たくさんの力ある業も行った。当時のイスラエル人はわたしに非常に「敬服し」、わたしのずばぬけた、病気を治し、悪霊を追い出す能力を非常に崇拝していた。当時のユダヤの民は、わたしの医術が優れていて、並外れたと思っており、しかも、わたしのこのような多くの仕事のゆえに、みなわたしを敬慕していた。彼らはわたしのこのすべての能力をことのほか羨んだ。だから、わたしが力ある業を行うのを見た人たちはみなわたしにしっかりとつき従い、さらには、何千人もの人々がわたしを取り囲んでわたしが「病人」のために病気を治すのを見ていたのである。わたしがそんなに多くのしるしと奇跡を行なったが、人はただわたしを優れた医者と見なした。わたしがまた多くの言葉を言って当時の人を教えたが、彼らはただわたしを弟子にまさる師と見なしたのだ!今日、人はわたしのした仕事の歴史記録を見た後、依然として、聖書に基づいて、わたしが人のために病気を治す「偉大な医者」であり、無知な人の「先生」であると解釈し、しかもわたしを「慈しみ深い主イエス・キリスト」と定義した。聖書を解釈する人は、わたしの「医術」より高いのであり、もう師にまさる弟子にさえなったけれども、このような、声望が高い、名声が四海にとどろく人が、あろうことかわたしをしがない医者と見下すのだ!わたしの業はなんと多いのだろう。砂浜の砂よりも多い。わたしの知恵はなんと高いのだろう。あらゆる「ソロモンの子孫」のより高い。しかし、人はただわたしを、しがない医者と信じており、わたしを、無名の、人を教える先生と信じている!多くの人がわたしを信じるのは、ただわたしに病気を治してもらうためである。多くの人がわたしを信じるのは、ただわたしに、わたしの力によって彼らの身の悪霊を追い出させるためである。また、多くの人がわたしを信じるのは、ただわたしから平安、喜びを得るためである。多くの人がわたしを信じるのは、ただわたしにもっと多くの物質的な富を求めるためである。多くの人がわたしを信じるのは、ただ無事に今生を過ごし、後の世でつつがないことを求めるためである。多くの人がわたしを信じるのは、地獄の苦しみを逃れて、天国の祝福を得るためである。多くの人がわたしを信じるのは、ただ一時の安逸のためであって、後の世で何かを得るためではない。わたしが怒りを人に与えた時、人の持っている喜びや平安を奪った時、人はみな疑った。わたしが地獄の苦しみを人に与えて、天国の祝福を奪った時、人は恨めしさと恥ずかしさで怒り出した。人がわたしに病気を治してもらいたがる時、わたしが人を相手にせず、しかも人を嫌うので、人はわたしを離れ去り、巫医や魔術を探した。人がわたしに求めたものを全部奪った時、人はみな姿を消してしまった。だから、わたしは言うのだが、人がわたしを信じるのは、わたしの恵みがとても多いからであり、わたしを信じる上での利益がとても多いからである。ユダヤ家族の人はわたしの恵みのゆえにわたしを信じ、至る所わたしにつき従った。これらの無知で見識の狭い人たちがそうするのは、ただわたしの行なったしるしと奇跡を見るためであった。彼らはわたしを、ユダヤ家族の中で最も大きな、力ある業を行なうことができる頭だと見なした。だから、わたしが人のために悪霊を追い出した時、彼らはわたしのことでつぶやき始め、わたしをエリヤだと言い、わたしをモーセだと言い、わたしをいちばん古い預言者だと言い、わたしを最大の医者だと言った。わたし自身がわたしは命であり、道であり、真理であると言った以外、だれもわたしの所是、わたしの身分を知ることができなかった。わたし自身が天はもともとわたしの父の住まいであると言った以外、だれもわたしはもともと神の子であり、しかも神自身であることを知らなかった。わたし自身がわたしは全人類を贖って、人類を贖い戻そうとすると言った以外、だれもわたしが人類の贖い主であることを知らなかった。人はただわたしが慈しみ深い、人を憐れむ人であることを知っていただけである。わたし自身がわたし自身のことを十分に言い表すことができた以外、だれもわたしを知らず、わたしが生ける神の子であることを信じなかった。人はただこのようにわたしを信じており、またこのようにわたしをごまかしている。わたしに対する人のこのような見方では、どうしてわたしについて証しすることができるだろうか。

人はわたしを信じているけれども、わたしのために証しすることができず、しかも、わたしが明らかにされる前にも、人はわたしについて証しすることができない。人はただ、わたしが被造物にまさっており、またすべてのきよい人を超えるのを見ただけであり、しかもわたしの仕事は人がすることができないのを見ただけである。だから、ユダヤ人と今の人の中の、わたしの栄光の業を見た者はただわたしに強い好奇心を持っているだけであり、自分の口でわたしについて証しすることができる被造物は一人もいない。わたしの父だけがわたしについて証しするのであり、わたしの父だけがわたしのために被造物の間で道を切り開くのである。さもないと、わたしがどのようにしても、人はわたしが造物主であることを知ることができない。なぜなら、人はわたしに求めることを知っているだけで、わたしのすることのゆえにわたしを信じるのではないからである。人がわたしを認識するのは、ただわたしがもともと無辜であり、罪人の要素もないからであり、わたしがいろいろな奥義を解釈することができるからであり、またわたしがすべての者の上にあるか、或いは人々がわたしから益を得たからである。しかし、わたしが造物主であることを信じる人はとても少ない。だから、わたしは言うのだが、人は、なぜわたしを信じるかを知らず、わたしを信じる目的、意義は何であるかを知らず、人の実際はあまりにも少なくて、わたしについて証しする条件はほとんど備えていない。あなたたちの本当の信仰はあまりにも小さく、あなたたちが得たのも極めて少ない。だから、あなたたちの「証し」はあまりにも少なすぎ、しかもあなたたちが分かっているのは少なすぎ、あなたたちに欠けているものは多すぎ、ほとんど「わたしの業を証しする」という要求を満たすことができない。あなたたちの志は小さくないが、あなたたちは本当に「神の本質」を証しする自信があるのか。あなたたちが経験し、見たのは歴代の聖徒、預言者のより高いが、あなたたちは歴代の聖徒、預言者の言葉にまさる言葉でわたしについて証しすることができるか。今、わたしがあなたたちに与えたものは、モーセが得たものより高く、ダビデが得たものにまさっているのだから、わたしはあなたたちの証しがモーセのより高く、あなたたちの言葉がダビデのより高いであることを要求する。わたしはあなたたちに百倍与えた。だから、わたしはあなたたちもわたしに百倍返すことを要求する。あなたたちが知るべきことは、人類に命を与えるのはわたしであるが、わたしの命を受け入れて、わたしについて証しするのはあなたたちであり、これはあなたたちの本分であり、わたしがあなたたちに託したことであり、またあなたたちがわたしのためにすべきことである。わたしはわたしのすべての栄光をあなたたちに与え、イスラエルの選民が得ていない命をあなたたちに与えた。あなたたちはわたしについて証しすべきであり、わたしのために青春をささげ、命を捨てるべきである。だれでもわたしの栄光を与えられた者は、わたしについて証しし、わたしのために命を捨てなければならない。これはわたしがずっと前から定めておいたことである。わたしの栄光があなたたちに与えられたことは、あなたたちにとっての祝福であり、わたしの栄光を証しすることは、あなたたちの本分である。もしあなたたちがただ祝福のためにわたしを信じるなら、わたしの働きはあまり意義がないのであり、しかもあなたたちも自分の本分を尽くしているのではない。イスラエル人が見たのは、ただわたしの憐れみ、慈しみと偉大さであり、ユダヤ人が見たのは、ただわたしの忍耐と贖いである。彼らはわたしのごく少ない霊の働きしか見られなかった。さらには、彼らが分かったのは、ただあなたたちが聞き、見たものの万分の一であり、あなたたちが見たのは彼らの間の祭司長が見たものを超えている。あなたたちが今日分かった真理は彼らのより高く、あなたたちが今日見たものは、律法時代の人が見たものより多く、また恵みの時代の人が見たものを超え、あなたたちが経験したのはさらにモーセとエリヤの経験したものを超えた。なぜなら、イスラエル人が分かったのはただヤーウェの律法であり、見たのはただヤーウェの後ろ姿であり、ユダヤ人が分かったのはただイエスの贖いであり、得たのはただイエスの与えた恵みであり、見たのはただユダヤ家族の中でのイエスの姿だからである。今日あなたたちが見たのは「ヤーウェの栄光」、「イエスの贖い」と、わたしの今日のすべての業であり、あなたたちはまた自分の耳でわたしの霊の言葉を聞き、わたしの知恵を味わい、わたしのくすしさを知り、わたしの性質を知った。しかも、わたしはわたしの経営計画のすべてをあなたたちに教えた。あなたたちは人を慈しみ、憐れむ神を見ただけではなく、義に満ちた神を見、わたしの働きのくすしさを見た。しかもわたしが激しい怒りと威厳に満ちていることを知り、さらに、わたしがかつて激怒をイスラエルの家に注いだが、今日それがあなたたちに臨んだということを知った。あなたたちが分かった、天でのわたしの奥義はイザヤのを超え、ヨハネのをも超えた。あなたたちは歴代の聖徒よりさらに、わたしの愛らしさ、尊さを知っている。あなたたちが受け入れたのは、わたしの真理、道、命だけではなく、ヨハネが受けたのよりさらに大きな幻と啓示である。あなたたちはさらに多くの奥義を知り、わたしの本来の姿をも見た。あなたたちはわたしからもっと多くの裁きを受けて、わたしの義なる性質に対していっそう認識を持つようになった。だから、あなたたちは世の終わりに生まれたが、以前のものと昔のものが分かっただけではなく、今日のものをも経験した。しかもそれはわたしが自らしたのである。あなたたちに対するわたしの要求は過分の要求ではない。なぜなら、わたしがあなたたちに与えたのはとても多く、あなたたちがわたしの身から見たのもとても多いからである。だから、あなたたちが歴代の聖徒のようにわたしについて証しすることは、わたしの唯一の願いである。

もともとはわたしの父がわたしについて証しするのだが、しかし、わたしはもっと大きな栄光を受けようとし、しかも被造物の口がわたしについて証しするようにしようとする。だから、わたしはすべてをあなたたちに与えた。その目的は、あなたたちが自分の本分を果たすことができるようにし、それによって人の間でのわたしの仕事を終えるためである。あなたたちは自分が何のためにわたしを信じるかを知らなければならない。もしただわたしの「弟子」、わたしの「病人」、或いはわたしの天国の中の聖徒になるためだけなら、あなたたちがわたしにつき従うのは意義がなくなる。しかもあなたたちがこのようにわたしにつき従うのはただ無駄に精力を消耗することになり、このようにわたしを信じるのはただいたずらに年月を送り、青春を浪費することになり、最後にはあなたたちは何も得られない。これではすべて徒労に終わるのではないか。わたしはすでにユダヤ人の間から出てきた。もう人の医者にならず、人の良薬にもならない。わたしはもう人の意のままに引かれ、人の意のままに殺される牛や馬にならないで、人の間に来て人を裁き、人を罰して、人がみなわたしを知ることができるようにする。あなたが知るべきことは、わたしはかつて贖いの仕事をしたことがあり、かつてイエスであったが、永遠にイエスであるはずはない。それは、わたしがかつてヤーウェであったが、後になってイエスになったことと同じである。わたしは人類の神であり、造物主であるが、わたしは永遠にイエスであるはずがなく、永遠にヤーウェであるはずもない。わたしはかつて人が思ったような医者になったことがあるが、しかし、それは「神」がただ人類の医者であることを証明するわけではない。だから、もしあなたが以前の観点でわたしを信じるなら、あなたは何事も成し遂げられない。「神はなんと人を愛するのでしょう。わたしの病気を治してくださり、また人に祝福、平安、喜びを与えてくださいます。神はなんと人にやさしいのでしょう。彼を信じさえすれば、お金に困るようなことはありません……」と、今日あなたがどんなにわたしをほめても、わたしはわたしの本来の仕事を妨げることはない。今日、あなたはわたしを信じることによって、ただわたしの栄光を得ることができ、しかもわたしを証しする資格を持つことができる。ほかのものはみな副次的である。これらをあなたはみなはっきり知らなければならない。

今、あなたは本当に、なぜわたしを信じるかを知っているのか。あなたは本当に、わたしの働きの目的、意義は何であるかを知っているのか。あなたは本当に、あなたの本分は何であるかを知っているのか。あなたは本当に、わたしの証しは何であるかを知っているのか。あなたがただわたしを信じているだけで、あなたの身にはわたしの栄光が見えず、わたしの証しが見えないなら、あなたはすでにわたしに淘汰された者である。何でも分かっている人たちはさらにわたしの眼中のとげであり、彼らはわたしの家の中で、ただわたしのつまずきの石であり、わたしが働きの中で取り除こうとする毒麦であり、何の役にも立たず、重さが少しもなく、すでにわたしに憎まれている。何の証しもない人の上には、常にわたしの怒りがあり、わたしの刑罰の杖が永遠に彼らを離れない。わたしはすでに彼らを悪しき者の手に渡して、彼らは全然わたしの祝福を持たない。その日には、彼らの受ける刑罰はその愚かな婦人の受けた刑罰よりも重い。今、わたしはただわたしの職分内の仕事をするのであり、あらゆる麦を束ね、その毒麦も一緒にその中に束ねる。これがわたしの今の仕事である。わたしは風選する時に、これらの毒麦をすべて取り除き、それから、麦を倉に納め、取り除かれた毒麦を火で焼いて、灰にする。今、わたしの仕事はただすべての人を束ね、すなわち徹底的に征服することである。それから風選して、あらゆる人の結末を明らかにする。だから、今あなたは、どうすればわたしを満足させることができるか、どうすればわたしを信じる正しい軌道に乗ることができるかを知らなければならない。わたしが求めるのは、あなたの今の忠心と従順であり、今の愛と証しである。今、あなたは証しとは何であるか、愛とは何であるかを知らなくても、あなたのすべてをわたしに渡し、あなたの唯一の貴重な忠心と従順をわたしの手に渡さなければならない。あなたは知らなければならないが、わたしがサタンを打ち負かした証しは人の忠心と従順にあり、わたしが人を徹底的に征服した証しも人の忠心と従順にある。わたしを信じるあなたの職責は、わたしについて証しし、わたしに絶対に忠誠を尽くし、最後まで従うことである。わたしが次の段階の仕事を展開する前に、あなたはどのようにわたしについて証しすべきか。またどのようにわたしに忠誠を尽くし、従うべきか。あなたは忠実にあなたの機能をするのか、それとも途中でほうり出してやめてしまうのか。あなたはわたしのすべての按配に従うのか(死んでも、滅びても)、それとも途中で逃げて、わたしの刑罰から逃れるのか。わたしがあなたを罰するのは、あなたがわたしについて証しし、あなたがわたしに忠誠を尽くし、従うためである。現在の刑罰は次の段階の仕事の展開のためであり、後の仕事が滞りなく行われるためである、と言ってもいい。だから、わたしはあなたに勧めるが、やはり少し聡明になったほうがいい。あなたの命、あなたの生存の意義を、何の値打ちもない一握りの砂にしてはいけない。あなたは、わたしの後の仕事はいったい何であるかを知ることができるか。わたしが以後どのように働き、どのように仕事を展開させるかをあなたは知っているのか。あなたはわたしの働きを経験する意義を知るべきであり、さらにわたしを信じる意義を知るべきである。わたしがこんなに多くの仕事をしたのに、どうしてあなたが想像したように途中でやめることがあろうか。わたしがこんなに大きな仕事をしたのに、どうして取り壊すことがあろうか。わたしが時代を終わらせるために来たのは確かであるが、あなたがさらに知るべきことは、わたしは時代を始める者であり、仕事を展開する者でもあり、さらに王国の福音を広める者でもある。だから、あなたは、今の仕事はただ時代を始めるのであり、今後福音を広めるために基礎を築くのであり、将来時代を終わらせるために基礎を築くのでもある、ということを知らなければならない。わたしの仕事は、あなたが想像したように簡単ではなく、あなたが思っているように少しも価値がなく、意義もないのではない。だから、わたしはやはりこのことをあなたに教える。あなたはわたしの仕事のために身をささげるべきであり、さらにわたしの栄光のためにあなた自身をささげるべきであり、あなたがわたしについて証しすることはさらにわたしがずっと前から望んでいたことであり、わたしの「福音」を拡大することはさらにわたしが心待ちに待っていたことである。あなたはわたしの心を理解すべきである。