神の声を聴いてキリストを認識する

働きの異象(二)

恵みの時代に宣べ伝えられていたのは悔い改めの福音であり、信じさえすれば救われるということであった。今は救われるということを語らず、征服することと完全にすることだけを語り、だれも一人が神を信じれば全家族が祝福されると言わず、一度救われたら永遠に救われると語らない。今はこう言う人はだれもいない。これは古臭いものである。イエスが当時したのは全人類を贖う仕事であり、彼を信じる者はみな罪の赦しを得ることができた。あなたが彼を信じさえすれば、彼はあなたを贖い、あなたが彼を信じさえすれば罪に属さず、罪から脱け出た。これは救われたということであり、信仰によって義とされたということである。しかし、信じる人の身には、まだそれらの不従順のもの、逆らうものがあり、これらは少しずつ脱ぎ捨てなければならない。救われたことは、人が完全にイエスに得られたことを意味しているのではなく、人が罪に属さず、罪の赦しを得たことを意味しているのであり、あなたが彼を信じさえすれば、永遠に罪に属さなくなる。イエスは当時たくさんの仕事をしたが、弟子たちも理解できなかったのであり、彼はたくさんの言葉を言ったが、人がみな分からなかった。それは当時彼が解釈しなかったからである。だから、彼が離れ去ってから数年後、マタイは彼の系図を一つ並べ、ほかの人も人間の意志による仕事をたくさんした。なぜなら、その時イエスが来たのは人を完全にし、人を得るためではなく、一段階の仕事をして、天国の福音をもたらし、十字架につけられる仕事をやり遂げるためであり、十字架につけられたら、彼の仕事が全部終わったからである。しかし、この段階の征服の仕事をするためには、必ずもっと多くの言葉を言い、もっと多くの仕事をしなければならず、またたくさんの過程を経なければならない。しかも、あらゆる人が明白に、はっきりと信じられるように、イエスが以前した仕事の奥義、或いはヤーウェがした仕事の奥義を全部開かなければならない。なぜなら、これは世の終わりの仕事であり、世の終わりは結末をつける仕事であり、仕事を終わらせる時だからである。この段階の仕事で、あなたにヤーウェの律法、イエスの贖いを全部はっきり理解させようとするのは、主に、あなたに六千年の経営計画のすべての仕事を分からせ、六千年の経営計画のすべての意義と本質を理解させ、イエスがしたたくさんの仕事、言ったたくさんの言葉の意図、さらに聖書に対するあなたの盲信、崇拝まで分からせ、これらをみなあなたに見極めさせるためである。イエスがその時にしたことと、今日神がすることをみなあなたに分からせ、すべての真理、命、道をあなたに分からせ、あなたに見せる。なぜイエスはその段階の仕事の中で結末をつけないまま離れ去ったのか。彼のその段階の仕事は結末をつける仕事ではなかったからである。彼が十字架につけられた時、彼の言葉も終わったのであり、彼が十字架につけられた後、彼の仕事も全部終わり、この段階のように、言葉を言い尽くし、すべての仕事の結末をつけてこそ、仕事を終わらせるのではない。イエスのその段階の仕事の中で、たくさんの言葉は言い尽くしておらず、はっきりと言っていなかったが、彼は言うべき言葉を言い尽くしたかどうかに構わなかった。彼は言葉の職分を尽くすのではなかったから、このように十字架につけられてから離れ去った。その段階は主に十字架につけられるためであり、この段階とは異なっている。この段階の仕事は主に結末をつけ、脱穀場をきれいにし、すべての仕事を終わらせるためである。言うべき言葉を言い尽くさなければ、仕事を終わらせることができない。というのは、この段階は言葉ですべての仕事を終わらせ、成就するからである。当時、イエスが仕事をたくさんしたが、人はみな分からなかった。でも、彼はひそかに離れ去った。いまだに多くの人は彼の言葉が分からなくて、間違って理解したのに、それがとても正しいと思い、それが間違っていることに気づいていない。最後のこの段階で、仕事を徹底的に終わらせ、すべての仕事に結末をつけ、これによって、人々に神の経営計画を理解し、知るようにさせ、人の内の観念、人の内の存心、人の誤った理解、ヤーウェの働きに対する観念、イエスの働きに対する観念、異邦人に対する見方、あらゆる誤ったところを正し、人にあらゆる人生の正しい道を分からせ、神のしたすべての仕事を分からせ、すべての真理を分からせる。そうすれば、この段階の仕事は終わるのである。ヤーウェがした仕事は世界を創造することであり、始まりであったが、この段階の仕事は仕事を終わらせることであり、終わりである。最初はイスラエルの選民の間で働き、いちばんきよい所で天地開闢のような仕事をしたのであり、最後の段階はいちばん汚れた国で働き、この世を裁き、時代を終わらせるのである。最初の段階はいちばん明るい所で働いた。最後の段階はいちばん暗黒な所で働き、これらの暗やみを追い払い、光をもたらして、この人たちをみな征服するのである。いちばん汚れており、いちばん暗黒な所の人さえも征服され、あらゆる人の口が、神は確かに存在し、真の神だと認め、しかも口先だけではなく心から承服する。神はこの事実によって全世界を征服する仕事をし、この段階の仕事は代表的な意義があり、この時代の仕事をやり遂げたら、六千年の経営仕事も完全に終わる。いちばん暗黒な所の人がすでに征服されたら、ほかの所の人はなおさら言うまでもない。だから、中国での征服の仕事だけが代表的な意義を持っている。中国はあらゆる暗やみの勢力を代表し、中国の人は肉体に属し、サタンに属し、血肉に属するあらゆる人を代表している。中国の人は大赤竜にいちばん深く堕落させられていて、いちばんひどく神に逆らっているのであり、その人間性がいちばん卑しく、いちばん汚れている。だから、彼らはすべての堕落した人類の典型的な代表である。ほかの国の人はみないいというわけではなく、人の観念はみな同じである。彼らは素質がいいけれども、神を知らないなら同じく神に逆らうはずである。なぜユダヤ人も逆らい、背いたのか。なぜパリサイ人も逆らったのか。ユダがなぜイエスを売ったのか。当時たくさんの弟子たちはイエスを知らなかった。イエスが十字架につけられて復活した後にも、なぜ人はやはり彼を信じなかったのか。人の不従順はみな同じではないのか。しかし、中国人を取り出して見本とし、征服してから模範、標本に作り上げて、参考の物とする。なぜずっとあなたたちが、わたしの経営計画の付属品だと言っているか分かっているのか。人の堕落、汚れ、不義、反抗、不従順などのものは、中国人の身で最も全面的に表現され、さまざまなものが全部現されている。一方では素質が劣っており、他方では生活が後れ、思想が後れ、生活習慣、社会的環境、生まれた家庭もみな劣っていて、みないちばん後れているのであり、この人たちは地位も低いのである。このような所で働くことは代表性があり、試験的に行うところの仕事を全面的にしたら、今後仕事を展開するのもずっと容易になる。この段階の仕事をなし遂げたら、今後の仕事も問題にならず、この段階の仕事がなし遂げられ、成功を収めたら、全宇宙の征服の仕事も徹底的に終わるのである。実は、あなたたちの間での仕事が成功したら、全宇宙の仕事が成功したに等しい。なぜあなたたちを模範、標本とするのか、その意義がここにある。この人たちの身には不従順、反抗、汚れ、不義などのあらゆる人間の堕落性が何もかもそろっていて、あらゆる人類の不従順を代表するのである。この人たちは実にたいしたものだ。だから、この人たちが征服の見本とされ、もちろん、征服された後は標本、模範となる。最初の段階の仕事をイスラエルでしたのはいちばん代表的な意義がある。イスラエル人はいちばんきよく、いちばん浅く堕落した人類に属し、この地で天地開闢の仕事をするのはいちばん意義があるのであった。人類の祖先はイスラエルの地にいたし、しかもイスラエルは神の働きの発源地だと言ってもいい。初めから、この人たちはいちばんきよくて、みなヤーウェを礼拝していた。だから、彼らの身に働けば、いちばん良い効果を収めることができた。聖書には二つの時代の仕事が記され、一つは律法時代の仕事であり、もう一つは恵みの時代の仕事である。旧約にはヤーウェが当時イスラエル人に言った言葉、イスラエルでした仕事が記され、新約にはイエスがユダヤでした仕事が記されている。なぜその中には中国人の名前がないのか。始めの二つの部分の仕事はみなイスラエルでしたからであり、イスラエル人は選民に属し、すなわち最初にヤーウェの働きを受け入れた人であり、彼らはいちばん浅く堕落した人類であり、初めから神を仰ぎ見る心があり、神を畏れる心があり、彼らはヤーウェの言葉に聞き従い、ずっと神殿の中で仕え、祭司の長服を着るか、或いは祭司の美しい冠をかぶり、彼らは初めから神を礼拝した人であり、神の最初の働きの対象でもあったからである。彼らはみな全人類の標本、模範であり、彼らは聖、義人の標本、模範に属する。ヨブ、アブラハム、ロト、またはペテロ、テモテなどなど、この人たちはみなイスラエル人であり、みないちばん聖い標本、模範である。イスラエルは人類の中でいちばん早く神を礼拝した国であり、ここから出た義人もいちばん多い。彼らの身に働いたのは、以後全地でよりよく人類を経営するためであり、彼らの「事績」、ヤーウェを礼拝して行った義が聖書に記され、恵みの時代のイスラエル以外の人の標本、模範となり、神は彼らのしたことによって数千年の仕事を今日に至るまで維持してきた。

天地が創造された後、第一段階の仕事はイスラエルで行われたのだから、イスラエルは神の地上での仕事の発源地であり、神の地上での仕事の根拠地である。イエスの仕事の範囲はユダヤ全体であった。彼が働いていた間、ユダヤ以外の人は知っている人がほとんどいなかった。なぜなら、彼はユダヤ以外では全然働かなかったからである。今日、中国にもたらされた仕事も、ただこの範囲内で行われ、この期間に、中国以外では別に仕事を展開せず、外国に広めるのは今後の仕事である。この段階の仕事は、イエスのその段階の仕事に続いてするのであり、以前イエスは贖いの仕事をしたから、この段階では継続の仕事をするのである。贖いが成就したので、この段階ではもう聖霊から身ごもられる必要がない。というのは、この段階の仕事は前回の仕事と異なっているのであり、しかも中国はイスラエルと異なっているのだからである。イエスが一段階の贖いの仕事をしたので、人々はみなイエスを見ることができた。その後間もなく、イエスの仕事は異邦に向かって広がり始めた。今アメリカ、イギリス、ロシアには神を信じる人が非常に多いが、なぜ中国にはそんなに多くないのか。中国はいちばん固く閉鎖されているから、この道を受け入れたのもいちばん遅く、今まで百年にもなっておらず、アメリカ、イギリスに比べてずっと遅れている。最後のこの段階の仕事を、中国この地でするのは、仕事を終わらせるためであり、すべての仕事を成就するためでもある。イスラエルの人たちはみなヤーウェを主と呼び、当時彼らはヤーウェを一家の主と見なしていたのであり、イスラエル全地は一つの大きな家族になり、みな彼らの主ヤーウェを礼拝し、ヤーウェの霊は常に人に現れ、人に向かって言葉を言い、声を発し、雲の柱、声で彼らの生活を導いていた。当時イスラエルでは霊が直接導き、霊が人に向かって言葉を言い、声を発していたのだが、人が見たのは雲であり、聞いたのは雷の鳴る音であり、このように彼らの生活を何千年も導いていた。だから、イスラエル人だけがずっとヤーウェを礼拝している。彼らは、ヤーウェは彼らの神であり、異邦人の神ではないと思っていたが、これも無理はない。何と言っても、ヤーウェは彼らの間で四千年近く働いたからである。中国この地で、何千年も昏睡した堕落者たちは、今になってやっと天地万物は自然にできたのではなくて、造物主によって造られたということを知るようになった。この福音は国外から伝わってきたので、あれらの封建的で反動的な頭は、この福音を受け入れた者がみな大逆無道で、自分たちの祖先――仏祖を裏切った人間の屑だと思っており、さらには多くの封建的な頭は、中国人がどうして西洋人の神を信じることができようか、これは祖先を裏切ることではないか、これは罰当たりなことをするのではないかと思っている。今まで発展してきて、人はすでにヤーウェがあなたたちの神であることを忘れてしまい、もう造物主をすっかり忘れてしまい、こうして、人は「進化論」を信じるようになった。すなわち、人は類人猿から進化してきたのであり、大自然は大昔からあったのであり、人類が享受する美食はすべて大自然が与えたのであり、人の生死存亡はみな法則があるのであり、神がすべてを支配しているようなことは決してないということである。さらに、多くの無神論学者は、もし人がこのように思っているなら、迷信を信じているのだと言っている。科学が神の仕事に取って代わることができるだろうか。科学が人類を支配することができるだろうか。このような国の中で福音を宣べ伝えるのは相当難しく、障害がとても大きい。今日になっても、多くの人はこのように逆らっているのではないか。

多くの人はヤーウェの仕事をイエスの仕事に照らし合わせて考え、合わせなかったので、イエスを十字架につけた。彼らはなぜ合わせられなかったのだろう?一方ではイエスが新しい仕事をしたからであり、他方では、当時イエスが働き始める前に、彼のために系図を書いた人がいなかったからである。もし誰かが、彼のために系図を書いたら、すべてが解決されたのだろう。そうなら、だれがイエスを十字架につけるだろうか。もしマタイが何十年も早くイエスのためにこの系図を書いたら、イエスがそんなに大きな迫害を受けることはなかっただろう、そうではないか。人が系図を見たら、イエスはアブラハムの子孫であり、ダビデの根だということが分かったら、人は彼を迫害することはなかっただろう。残念ながら、系図が書かれたのがあまりにも遅すぎた。そうではないのか。また残念なことに、聖書には二つの段階の仕事しか記されていない。一つの段階は律法時代の仕事であり、一つの段階は恵みの時代の仕事であり、一つの段階はヤーウェの仕事であり、一つの段階はイエスの仕事である。もし大預言者が、今日の仕事をみな前もって預言したら、もっとよかった。聖書にもう一部分の「世の終わりの仕事」が加えられたら、もっとよかったのではないか。人が今のようにこんなに多くの苦しみを受けることはないではないか。本当にあなたたちにつらい思いをさせた!恨むなら、イザヤ、ダニエルが世の終わりの仕事をすべて預言しなかったことを恨むしかなく、責めるなら、新約の使徒たちが前もって二回目に受肉する神の系図を並べておかなかったことを責めるしかない。残念であるとしか言えない!あなたたちは至る所で根拠を捜しており、ほんの少しのまとまりのない「ささいな言葉」を得たが、合うかどうかも知らない。本当にあなたたちを困らせる!神はなぜこんなに秘密に働くのか。今になっても、多くの人はやはり確実な証拠を見つけられないが、それを否定することができない。これはどうすればいいのか。覚悟を決めてつき従うこともできないし、疑いながら進むこともできない。だから、多くの「聡明な才子」は、「試してみる」という態度を抱いてつき従っている。困ったものだ!あの時、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネが預言の機能を持っていたのなら、好都合ではないのか。あの時、ヨハネが王国の生活の内幕を見たら、もっとよかったのに、残念ながら、彼が見たのは「幻」にすぎず、地上に実際化された真実な仕事ではなかった。たいへん残念だ!神もどうしたんだろう。イスラエルで仕事がはかどっているのに、なぜ一転して中国にやってき、しかも必ず受肉して、自ら人の間で働き、生活しなければならないのだろう。神はまったく人意に背いている!前もって人に知らせなかっただけでなく、しかも突然に刑罰、裁きを行い始め、本当に納得がゆかない!初めて受肉した時、前もって人にあらゆる内幕を知らせなかったため、彼はすでに少なくない苦しみを受けたのに、まさか彼は忘れたのではあるまい。なぜ今度もやはり人に知らせないのだろう。今残念ながら聖書は六十六巻しかない。もし世の終わりの仕事を全部預言する書が加えられたら、人は満足する!そうではないか。ヤーウェ、イザヤ、ダビデさえも今日の仕事に全然触れなかった。彼らは今日から遠く隔たった四千年も前の者である。イエスも今の仕事を完全に預言してはおらず、ただ少しばかり言い、そのため、人はまだ十分な根拠を得られない。あなたが以前の仕事を今の仕事と対照したら、どうして合わせられようか。ヤーウェがしたその段階の仕事は、イスラエルに対してしたのであり、今日の仕事と対照したら、なおさら合うはずがなく、合わせられない!あなたはイスラエルの民でもなく、ユダヤ人でもなく、素質において、各方面においてすべて劣っているのに、どうして彼らと比べられようか。これはあり得ないことではないか。今は王国時代であり、前の律法時代、恵みの時代とは同じでないことを、あなたは知らなければならない。どうであろうと、あなたは公式を当てはめてはならない。「神」はあなたが公式を当てはめることによって得られるのではない。

イエスは生まれてからどのように二十九年生活したのか、聖書には彼の子供時代、青年時代が全然記されていない。彼の子供時代、青年時代はどうだったのか、あなたは知っているのか。まさか彼は子供時代、青年時代がなくて、生まれると三十歳だったのではあるまい。あなたが知っているのはあまりにも少なすぎるから、むやみに意見を発表してはならない。それはあなたのためにならない!聖書にはイエスが三十歳未満で洗礼を受けたこと、聖霊によって荒野へ導かれてサタンから誘惑を受けたことしか記されておらず、四福音書に記されたのはイエスの三年半の仕事である。彼の子供時代、青年時代はみな記されていないが、これは決して彼に子供時代と青年時代がなかったことを証明しているのではない。ただ最初は彼が働いていなくて、一人の正常な人であるに過ぎなかった。彼は正常な人として三十三歳まで生きていたのに、青年時代がなかったのだろうか。子供時代がなかったのだろうか。彼は十一、二歳を過ごさず、十七、八歳を過ごさないで、一気に三十三歳半になっただろうか。人の考えはみな超然としており、人には真理がない!もちろん、受肉した神はみな正常で普通な人性を持つのであるが、不完全な人性と神性で直接働くのだから、人は今の仕事、及びイエスの仕事に対して疑いの態度を取るのである。二回受肉してする仕事は同じでないけれども、その本質には全然違いがない。もちろん、もしあなたが四福音書に記されたことを読めば、大きな違いがあることが分かる。あなたがどうしてイエスの子供時代と、青年時代の生活に戻ることができようか。あなたがどうしてイエスの正常な人性を知ることができようか。もしかすると、あなたが今日の神の人性についてとてもよく知っているかもしれないが、あなたはイエスの人性に対して把握しておらず、しかもよく知らない。マタイが記しておかなかったら、あなたはイエスの人性に対して全く何一つ知らない。もしかすると、わたしがあなたにイエスの一生の「事績」を告げ、あなたにイエスの子供時代と青年時代の生活の内幕を告げたら、その時、あなたは頭を横に振って、「いいえ!彼はそのようであるはずがない。彼は弱さがあるはずがない。彼はなおさら人性があるはずがない!」と言い、さらには大声で叫びさえするかもしれない。あなたはイエスについてよく知らないから、わたしに対して観念を持っているのである。あなたが思っているようなイエスはあまりにも神秘的で、全然肉体ではない。しかし、事実はつまるところ事実で、だれでも事実の真相に反して話したがらない。なぜなら、わたしが話すのは真相に基づいて話すのであって、それは推測ではなく、予測でもないからである。あなたが知るべきことは、神はいと高き所に上ることができ、さらにいと低き所に隠れることもでき、彼はあなたの頭で描き出したものではなく、彼はあらゆる被造物の神であって、ある人が構想した個人の神ではない。あなたはそう思わないのか。