神の声を聴いてキリストを認識する

神を知らない人はみな神に逆らう人である

神の働く目的は何であるか、人の身でどんな効果を収めるか、神の人に対する心意は何であるか、これらは神につき従うあらゆる人が把握すべきことである。今、あらゆる人に欠けているのは神の働きに対する認識である。創世から今まで、神の人の身での業、神のあらゆる働き、神の心意は一体何であるかを、人は理解しておらず、また分からない。これは全宗教界だけではなく、さらに神を信じるあらゆる人の欠けたところでもある。いつか、あなたが本当に神を見、本当に神の知恵を味わい、神のあらゆる業を見、神の所有、所是を認識し、彼の豊富、知恵、奇しさ、および彼が人の身にしたすべての仕事をみな見たら、神を信じることに成功したのである。神はすべてを含み、豊かであると言われているが、一体彼がどんなふうにすべてを含むのか、どんなに豊富であるか、もしこれらが分からなければ、あなたは神を信じる者とは言えない。なぜ宗教界の人たちは神を信じるものではなく、悪を働くものであり、悪魔の類に属していると言うのか。彼らが悪を働くものだと言うのは、彼らが神の心意が分からず、神の知恵を見ることもできないからである。神の仕事はいままで彼らに現されたことがなく、彼らはみな盲目の人であり、彼らは神の業を見ることができず、彼らは神に見捨てられた人であり、全然神の顧み、守りがなく、聖霊の働きはなおさら言うまでもない。神の働きがない人はみな悪を働く者であり、神に逆らう者である。神に逆らうというと、神を知らない人、口では神を認めるが実際には神を知らない人、神につき従っているが神に従順でない人、神の恵みを享受しているが神のために証しにしっかり立つことができない人のことを指して言ったのである。人は神の働く目的が分からず、神が人の身にした仕事が分からなければ、神の心にかなうことができず、神の証しのためにしっかり立つこともできない。人が神に逆らうのは、一方では人の堕落した性質のためであり、他方では人が神を知らず、神の働く原則と神の人に対する心意が分からないためであり、この二つの面の原因で、人の神に逆らった歴史が形成された。初信者が神に逆らうのは、人に神に逆らう本性があるからであり、神を長年信じた人が神に逆らうのは、人が神を知らない上に、人に堕落した性質があるからである。神が受肉する前に、人が神に逆らうかどうかを判断するのは、人が天の神が定めたおきてを守るかどうかによるのであった。例えば、律法時代では、ヤーウェの律法を守らない者はみな神に逆らう者であり、ヤーウェへのささげものを盗み食いする者、ヤーウェに認められる人に逆らう者はみな神に逆らう者であり、みな石で打ち殺される対象であった。また、父母を敬わない者、人を殴り、人を罵る者はみな律法を守らない人であり、ヤーウェの律法を守らない者はみなヤーウェに逆らう人であった。恵みの時代になったら、そうではなくなり、イエスに逆らう者はみな神に逆らう人であり、イエスの口の言葉に従わない者はみな神に逆らう人であった。その時、「神に逆らう」ことについての定義はさらに明確になり、さらに実際的になった。神が受肉していない時、人が神に逆らうかどうかは、人が天の見えない神を礼拝し、仰ぎ見るかどうかによって判断したのであり、その時、「神に逆らう」ことについての定義はそんなに実際的ではなかった。というのは、人が神を見ることができず、また神がどんな姿をしているか、どのように働くか、どのように話すかを知らず、人が神に対して何の観念も持っておらず、みな漠然とした中で神を信じていたからである。なぜなら、神が人に現れていなかったからである。だから、人がどのように想像の中で神を信じていても、神は人を罪に定めず、また人に対してそんなに高い要求を出さなかった。なぜなら、人は全然神を見ることができなかったからである。神が受肉して人の間に来て働く時、人はみな神を見、神の言葉を聞き、肉体における神の業を見ることができる。その時、人の観念はみな泡沫になってしまう。だが、肉体の中で現れた神を見た人たちが、もし心から従えば罪に定められず、もし故意に逆らえば神に逆らう者だと定められ、このような人が反キリストであり、故意に神に逆らう敵である。もし人が神に対して観念を持っているがやはり甘んじて従うことができれば、罪に定められない。神が人を罪定めするのは、人の存心と人のした事によるのである。彼は人の思いや考えによって人を罪定めしない。もし神が人の思いや考えによって人を罪定めするなら、神の怒りの両手から逃れられる人は一人もいないだろう。故意に受肉した神に逆らう人たちはみな自分の不服のために懲罰される。これらの人が故意に神に逆らう根本原因は、神に対して観念を持っているからである。それゆえ、彼らが神の仕事をかき乱すようなことを仕出かすのである。この人たちはみな意識的に神の仕事に逆らい、神の仕事を破壊する人であり、彼らは神に対して観念を持っているだけではなく、しかも神の仕事をかき乱すようなことを仕出かす。だから、このような人は罪に定められる。仕事をかき乱すことをわざとしない人たちは罪ある者とされない。なぜなら、彼らは心から従うことができ、妨げ、かき乱すような事をしないからであり、このような人は罪に定められない。しかし、もし人が神の働きを長年経験したが、依然として神に対して観念を持っており、依然として受肉した神のする仕事を認識できず、何年経験しても、相変わらず神に対していろいろな観念を持っており、神を知ることができず、かき乱すようなことをしないとしても、心の中には神に対してたくさんの観念を持っているなら、たとえこれらの観念が現されなくても、このような人は神の仕事に何の役にも立たず、神のために福音を宣べ伝えることも、神のために証しにしっかり立つこともできない。このような人はごくつぶしであり、白痴である。彼らが神を知らず、しかも神に対する観念を少しも捨てられないから、罪に定められる。こう言ってもいいが、人が神を信じたばかりの時、神に対して観念を持っているのは正常であり、神を知らないのも正常であるが、人が長年神を信じ、神の働きをたくさん経験した後、依然として神に対して観念を持っているなら、それは不正常であり、もし神を知らなければ、さらに不正常である。状態が正常ではないため、彼らは罪に定められる。これらの不正常な人たちはみな、ろくでなしであり、いちばん神に逆らう人であり、神の恵みを無駄に享受する人であり、このような人は最後にはみな神に淘汰される人なのだ!

神の働く目的が分からない人は神に逆らう人であり、神の働く目的が分かったが、神を満足させることを追い求めない人は、さらに神に逆らう人である。大教会堂の中で聖書を読んでいる人たちは毎日聖書を暗誦するが、彼らのうちに、神の働く目的が分かる人は一人もおらず、神を知ることのできる人も一人もおらず、神の心にかなうことのできる人はなおさら一人もいない。彼らはみな役に立たない小人であり、みな高いところに立って「神」を教える人であり、みな神の名義をかたっているが故意に神に逆らう人であり、みな神を信じるという看板を掲げているが人の肉を食べ、人の血を飲む人である。このような人はみな、人の魂を食い尽くす悪魔であり、人が正道につくのを故意に妨げる悪魔のかしらであり、人が神を求めるのを阻むつまずきの石である。彼らはみな「体がたくましい」けれども、彼らにつき従う人たちは、彼らが人を率いて神に逆らう反キリストであることをどうして知ることができようか、彼らがもっぱら人の魂を食い尽くす生きた鬼であることをどうして知ることができようか。神の前で、自分で自分が尊いと思う人はみな、いちばん卑しい人であり、自分で自分が卑しいと思う人はいちばん尊い人であり、自分で自分が神の働きを認識しており、しかも神を見ることができると思って、ほかの人に神の働きを大いに宣伝する人はみないちばん無知な人であり、このような人はみな神の証しがない人であり、みな尊大で傲慢な人である。自分で自分の神に対する認識がとても少ないと思っているが、確かに実際の経験があり、確かに神に対する実際の認識がある人はいちばん神に喜ばれる人である。このような人こそが本当に証しのある人であり、このような人こそが本当に神に完全にされることができる人である。神の心意が分からない人は神に逆らう人である。神の心意が分かっていながらも真理を実行しない人は神に逆らう人である。神の言葉を食べ飲みしながらも、神の言葉の本質に背く人は神に逆らう人である。受肉した神に対して観念を持っており、しかも故意に背く人は神に逆らう人である。神を裁く人は神に逆らう人である。神を知ることができず、しかも神について証しすることができない人はみな神に逆らう人である。だから、わたしはあなたたちに勧めるが、もしあなたたちが本当にこの道を歩む信仰があるなら、引き続きつき従いなさい。もしあなたたちが「神に逆らわない」、このことができなければ、早いうちに離れ去ったほうがいい。さもないと、本当に凶が多く吉が少ない。なぜなら、あなたたちの本性は本当に堕落しすぎるからである。あなたたちは忠心が少しもなく、従順が少しもなく、義と真理を渇仰する心が少しもなく、神に対する愛が少しもない。神の前での、あなたたちの状態はまったくめちゃくちゃだと言ってもいい。守るべきものは守れず、言うべきことは言い出せず、実行すべきことは実行できず、果たすべき機能は果たせず、あるべき忠心はなく、あるべき良心はなく、あるべき従順はなく、あるべき志はなく、受けるべき苦しみは受けておらず、あるべき信仰はない。あなたたちはまったく何のいいところもない。あなたたちはまだ生きていく顔があるのか。わたしはあなたたちに勧めるが、やはり早めに目を閉じたほうがいい。そうすれば、神がこれ以上あなたたちのために心配したり、苦しみを受けたりしないですむ。あなたたちは神を信じているのに神の心意が分からず、神の言葉を食べ飲みしているが人に対する神の要求を守れず、神を信じているが神を知らず、生きているが奮闘する目標がなく、何の価値、意義もなしに生きており、人間としては良心が少しもなく、人格が少しもなく、信用が少しもない。あなたたちは人と言えるのか。神を信じているのに神を騙し、神の金をむさぼり、神へのささげものを食べ、最後にはやはり神に対してつれなくしていて、良心のかけらもなく、神のほんの少しの要求も満足させることができない。あなたたちは人と言えるのか。神のご飯を食べ、神の酸素を呼吸し、神の恵みを享受しているが、最後には神を少しも知らないばかりか、かえって神に逆らうごくつぶしになった。これは犬にも及ばない畜生ではないか。動物の中で、あなたたちよりもっと悪辣なものがあるのか。

高い演壇に立って人を教える牧師、長老たちは神に逆らう者であり、彼らはみなサタンの同盟者である。しかし、高い演壇に立って人を教えることをしないあなたたちは、神に逆らうのがさらにうまいではないか、さらにサタンと結託する者ではないか。神の働く目的が分からない人は、どうすれば神の心にかなうことができるか知らないが、神の働く目的が分かった人も、どうすれば神の心にかなうことができるか知らないのか。神の働きは間違うはずがなく、人の追求に問題があるのだ。これら故意に神に逆らう人間のくずは、みな牧師たちや長老たちよりもっと陰険で悪辣な人ではないか。神に逆らう人はたくさんいるが、このたくさんの人の間では、またさまざまな、神に逆らう状態がある。神を信じる人はいろいろあるが、同じく神に逆らう人もいろいろあり、それぞれ違っている。神の働く目的がはっきり分からない人は、だれ一人として「救われる」ことができない。以前、人がどのように神に逆らったとしても、人が神の働く目的が分かり、しかも努力して神を満足させることができれば、神は人の以前の罪を一筆で抹消する。人が真理を求め、しかも真理を実行することができさえすれば、神は人のしたすべてを覚えず、しかも人が真理を実行できるがゆえに、人を義とする。これは神の義である。人が神を見ておらず、神の働きを経験していない時、人がどんなふうに神を取り扱っても、神は覚えないが、人が神を見、しかも神の働きを経験した後、人のあらゆる行いは神によって「史書」に記される。なぜなら、人が神を見、神の働きの中に生きるようになったからである。

人が本当に神の所有、所是を見、神の至高を見、本当に神の働きを認識し、しかも人の古い性質が変化した時、人は神に逆らう不従順な性質を完全に脱ぎ捨てたことになる。だれでもかつて神に逆らったことがあり、だれでもかつて神に背いたことがある、と言ってもいい。しかし、もしあなたが真心をもって受肉した神に従うことができ、これからあなたの忠心をもって神の心を満足させ、あなたの実行すべき真理を実行し、あなたの尽くすべき本分を尽くし、あなたの守るべき規定を守ることができれば、あなたは不従順を脱ぎ捨てて神を満足させることを望む者であり、神に完全にされることができる者である。もしあなたが頑迷にして悟らず、自分を悔いる心がなく、引き続きあなたの不従順な行ないをし、しかも神に協力して神を満足させようとする心が少しもないなら、あなたのような頑迷固陋な人は懲罰される対象に決まっており、完全にされる対象ではないに決まっている。このように、あなたは今日は神の敵であり、明日も神の敵であり、あさってもやはり神の敵である。もしあなたが永遠に神に逆らう人であり、神の敵であるなら、神はあなたを見逃すだろうか。人の本性は神に逆らうものである。しかし、人は本性が改めにくいからといって、故意に神に逆らう「秘訣」を求めてはならない。もしそうするなら、あなたは早めに離れ去ったほうがいい。それは、今後もっと重い刑罰を受けることがないためであり、あなたの獣性が発作を起こして抑えられず、最後に神に肉体を滅ぼされることがないためである。あなたが神を信じるのは祝福を受けるためであるが、あげくの果てに災いを受けるなら、引き合わないのではないか。わたしはあなたたちに勧めるが、別に計画を立てたほうがいい。神を信じるよりもほかのことをやったほうがいいではないか。これ以外にも道があるのではないか。真理を求めなくても生きていけるのではないか。このように神に敵対する必要はないではないか。