神の声を聴いてキリストを認識する

苦しい試練を経験してはじめて、神の愛らしさを知ることができる

今、あなたの神に対する愛はいったいどれぐらいであるか。神があなたに対して行なったことを、あなたはいったいどれほど認識したのか。これはみなあなたが学ぶべき学課である。神が地上に来て、人に対して行なうこと、人に見せることはみな人が彼を愛し、彼に対して本当の認識を持つためである。人が神のために苦しみを受け、今日まで歩んでくることができたのは、一つは神の愛、もう一つは神の救いのゆえであり、さらに、神が人に対して行なった裁き、した刑罰の仕事のゆえである。もし神の裁き、刑罰、神による試練、神があなたたちに受けさせる苦しみがなければ、率直に言って、あなたたちは神に対する本当の愛を持つことができない。神が人に対してする仕事が大きければ大きいほど、人が苦しみを受ければ受けるほど、神の働きの意義が非常に大きいことを証明し、しかも人の心は本当に神を愛することができる。神を愛するという学課は何によって学ぶことができるか。もし苦難と精練がなく、苦しい試練がなく、しかも神が人に与えるのはすべて恵み、慈しみ、憐れみならば、あなたは本当に神を愛することができるか。試練の中で、一方では人に自分の欠けたところを自覚させ、自分がちっぽけで、下劣で、卑しくて、何も持たず、何の取り柄もないことを分からせる。他方では、試練の中で、神は人のためにいくらかの環境を按配して、人が環境の中でさらに神の愛らしさを経験することができるようにする。苦しみがとても大きくて、時には打ち勝つことができず、さらには死ぬほど悲しむが、経験した後、神が人に対して行なった仕事は本当に愛すべきだと分かる。このような基礎の上に立ってこそ、神に対する人の本当の愛が生み出される。今日人は、神の恵み、神の慈しみ、憐れみだけがあれば、人は本当に自分を知ることができず、なおさら人の本質を認識することができないのを見た。神が裁いたり精錬したりすることによってこそ、あなたは精錬の中で、自分の欠けたところを自覚し、自分が何も持たないことを自覚することができる。だから、神に対する人の愛は、神による精錬、裁きの基礎の上に築かれているのである。もしあなたが神の恵みだけを享受し、家に平和があり、或いは物質的な祝福を得たとしても、これはあなたが神を得たとは言えず、あなたが神を信じることで成功したとも言えない。神は肉体の中に来て、一段階の恵みの仕事をしたこともあり、確かに人にいくらかの物質的な祝福を与えたが、恵み、慈しみと憐れみだけによっては、人を完全にすることができない。人は経験する中で、神の愛をいくらか体験し、神の慈しみと憐れみをも見た。しかし一定の期間経験した後、彼の恵み、彼の慈しみ、憐れみが人を完全にすることができず、人の中の堕落したものをさらけ出すことができず、人の堕落した性質を取り除くこともできず、人の愛、人の信仰を全うすることもできないと分かった。神の恵みの仕事は一段階の仕事であって、人は神の恵みを享受することによって神を知ることができない。

神が人を完全にするのは何によって達成するのか。彼の義なる性質によってである。神の性質はおもに義、激しい怒り、威厳、裁き、呪いであり、彼が人を完全にするのはおもに、裁くという方式によるのである。ある人は理解できなくて、こう言う。裁き、呪いによってこそ人を完全にすることができるのはなぜだろう。神が人を呪うと、人は死んでしまうのではないか。神が人を裁くと、人は罪定めされてしまうのではないか。それでは、人がどうして完全にされることができるだろうか。これは神の働きに対して認識を持たない人が言う言葉である。神が呪うのは人の不従順であり、裁くのは人の罪である。言葉は厳しく、少しも人の顔を立ててやらないけれども、人の内側のものをすべてさらけ出し、しかも一部の厳しい言葉によって、人の内側の本質的なものをさらけ出したのである。このような裁きのし方によって、人々に肉体の本質を深く認識させ、こうして、神の前に従うようにするのである。人の肉体は罪に属し、サタンに属している。肉体は不従順なものであり、神に罰される対象である。だから、人に自分を認識させようと思うなら、神の裁きの言葉を人に臨ませ、しかもあらゆる方法で人を精錬しなければならない。こうしてこそ、神の働きは効果を収めることができる。

神の言った言葉から見れば、神はすでに人の肉体を罪定めした。では、これらの言葉は呪いの言葉であるかどうか。神の言葉はすべて人の本来の姿をさらけ出したものである。このようなさらけ出しによって、あなたを裁くのである。人は自分が神の心を満足させることができないのを見て、心の中で悔い、憂え悲しみ、大いに神に負い目があり、神の心を満足させることができないと感じる。時には、聖霊があなたの中であなたを懲らしめる。この懲らしめは神の裁きから出たのである。時には、神はあなたを責めて、あなたから顔を覆い隠し、あなたを相手にせず、あなたの中で働かず、無言の刑罰であなたを精錬する。神が人の中でする仕事は、おもに彼の義なる性質を明らかにすることである。最後に、人は神のためにどんな証しをするのか。神は義なる神であり、彼の性質は義であり、激しい怒りであり、刑罰、裁きでもあることを証しし、神の義なる性質を証しするのである。神は彼の裁きによって人を完全にするのである。神は人を愛し、また人を救った。だが、彼の愛にはどれくらいのものが含まれているのか。裁き、威厳、激しい怒り、呪いが含まれている。以前、神は人を呪ったが、人を完全に底なしの淵の穴に投げ込んではいなかった。彼はそのような方式で人の信仰を精錬したのであり、それは人を死地に置くためではなく、人を完全にするためであった。肉体の本質はサタンに属するのであり、これはまったく神の言った通りである。だが、神の成し遂げた事実は彼の言葉どおりにならなかった。彼があなたを呪うのは、あなたが彼を愛するためであり、あなたが肉体の本質を認識するためである。彼があなたを罰するのは、あなたが目覚めて、自分の内側の欠けたところを自覚し、人の資格のなさを自覚するためである。だから、神の呪い、神の裁き、神の威厳、激しい怒りはすべて人を完全にするためである。神が今していること、あなたたちの上に明らかにする義なる性質は人を完全にするためである。これは神の愛である。

人の伝統的な観念の通りなら、神の愛は神の恵みであり、神の憐れみであり、神が人の弱さを思いやることである。これも神の愛だが、あまりにも一面的であり、神が人を完全にする主な方法ではない。ある人は病気にかかったため神を信じ始めたのである。この病気は神があなたに与えた恵みである。もしあなたが病気にかからなかったら、神を信じることができず、あなたが神を信じなかったら今日まで歩んでくることができない。だから、この恵みも神の愛なのである。イエスを信じた時、人は真理が分からなかったため、神に喜ばれないことをたくさん行なった。しかし神に憐れみ、慈しみがあるので、人は今日まで歩んできた。人は何も知らなかったけれども、神はやはり人を彼につき従わせ、しかも人を今日まで導いてきた。これは神の愛ではないか。神の性質が表現するのはすべて神の愛である、これは少しも疑いの余地がないのである!教会の建造が最高潮に達した時、神は「効力者」という一つの段階の仕事をして、人を底なしの淵の穴に置いた。「効力者」の時の言葉はすべて呪いの言葉であり、あなたの肉体、あなたの堕落したサタン的な性質を呪い、あなたの、神の心を満足させることができないものを呪った。その段階の仕事で、神が発表したのは威厳であった。その後、神はすぐもう一つの段階の刑罰の仕事をして、人に死の試練を与えた。これらの仕事の中から、人は神の激しい怒り、威厳、裁き、刑罰を見たが、神の恵み、慈しみと憐れみをも見た。神のすること、神の表現する性質は人にとってすべて愛である。神のすることはすべて人の必要を満たすことができ、彼は人を完全にするために、人の身丈に応じて人に供給するのである。神がそのようにしなければ、人は神の前に出ることができず、神の本来の姿を知ることもできない。神を信じてから今まで、神は人の身丈に応じて次第に人に供給している。それゆえ、人は内側で次第に彼に対して認識を持つようになり、今日まで歩んできて、人ははじめて神の裁きは本当にすばらしいと分かった。「効力者」というその段階の仕事は、神が創世から今までした初めての呪いの仕事であり、すべての人を呪って底なしの淵の穴に投げ込んだ。もし神がそのようにしなかったら、人は今になっても神に対して本当の認識を持つことができない。神の呪いによって、人は正式に神の性質に触れ始めたのである。その間の経験を通して、人は自分の忠誠心が薄く、自分の身丈が小さすぎで、神の心を満足させることができず、どんな時でも神を満足させるという言葉は、口先だけのスローガンだということが分かった。「効力者」という仕事の中で、神が人を呪ったけれども、今振り返ってみると、神がその段階でした仕事は実にすばらしく、人に大きな転機をもたらし、人の命の性質に大きな変化をもたらしたのである。「効力者」という仕事の前に、人は命を追い求めることを知らず、神を信じるとはどういうことか全然分からず、神の働きの知恵を知らず、神が働く時人を試すことも知らなかった。「効力者」の時から今まで経験してきて、人は神の働きが非常にくすしくて、人が計り知ることができず、人の頭では、神がどのように働くかを想像できないということが分かり、人の身丈が小さすぎ、人の不従順のものが多すぎるということも分かった。神が当時人を呪ったのは、ある効果を収めるためであり、人を死に追い込まなかった。彼は人を呪ったけれども、ただ言葉で呪い、事実は人に臨まなかった。なぜなら、神が呪ったのは人の不従順だからである。だから、神の呪いの言葉も人を完全にするためのものである。神が人を裁いても、呪っても、それは人を完全にするためであり、人の内側の不潔なものを完全にするためである。神はこのような方式によって人を精錬し、人の内側の欠けたところは、彼の言葉、働きによって完全にされるのである。厳しい言葉を言っても、人を裁いても、人を罰しても、神のする各段階の仕事は人を完全にするためであり、それは実に適切なのである。代々にわたって、神はこのような仕事を行なったことがない。今日、あなたたちに対して行なって、あなたたちは神の知恵を味わうことができた。あなたたちの内は苦しみを少し受けたけれども、いつも心が落ち着き、平安であると感じる。あなたたちが神のこの段階の働きを享受することができるのは、あなたたちにとって幸福である。今後、何を得られるかはともかくとして、今日、神があなたたちに対して行なう仕事はすべて愛であることを見た。人が神の裁き、精錬を経験せず、いつもうわべで行ない、うわべで熱心であり、ずっと性質の変化を得ていないなら、神に得られたと言えるだろうか。今、人の内には傲慢なものがまだたくさんあるけれども、人の性質は以前よりずっと安定になった。神があなたを対処するのもあなたを救うためである。当時、あなたが苦しみを少し受けるかもしれないが、いつかあなたの性質が変化した時、振り返ってみると、神のした仕事にはとても知恵があると分かる。その時、あなたは本当に神の心意を理解することができる。今、一部の人は神の心意を理解したと言っているが、それはあまり現実的ではなく、うそを言っているのである。なぜなら、彼は今、神の心意は人を救うことであるか、それとも人を呪うことであるかをまだ理解していないからである。今、あなたはまだ見極めることができないかもしれないが、いつかあなたは、神が栄光を受ける日が来たのを見、神を愛するのはとても意義があることだと分かる。それは、あなたが人生を知り、あなたの肉体が神を愛する世界の中に生きるようになり、霊が解放を得、生活が喜びに満ちあふれるようになり、あなたがいつも神と近づき、いつも神を仰ぎ見るようになったからである。その時、あなたは神の今日の働きがとても価値があると分かる。

今、多くの人はこれらを認識できなくて、苦しみを受けるのは価値がないと思っている。この世に見捨てられるし、家庭の平和が失われるし、神に喜ばれないし、前途が暗いので、一部の人は非常に苦しみ、死にたいほどである。これは本当に神を愛することではない。このような人はツキノワグマのようなものであり、意気地がなく、無能で惰弱な人である!神は人が彼を愛することを切望するが、しかし人が彼を愛すれば愛するほど、受ける苦しみが大きくなり、彼を愛すれば愛するほど、受ける試練が大きくなる。あなたが彼を愛すると、さまざまな苦しみがあなたに臨む。あなたが彼を愛さなければ、すべてが順調になり、周りの環境も静まるかもしれない。あなたが神を愛すれば、いつも周りの多くの環境に打ち勝つことができないと感じ、しかも自分の身丈が小さすぎるため精錬を受け、やはり神を満足させることができず、いつも神の心意はとても高くて、人が達成できないと感じる。これらの事のために精錬を受け、自分の内側に多くの弱さがあり、神の心を満足させることができないところがたくさんあるため、内側で精錬を受ける。しかしあなたたちは、人が精錬によってこそ清められることができるとはっきり知らなければならない。だから、あなたたちはこの終わりの日に、神のために証しをしなければならず、苦しみがいくら大きくても最後までついて行かなければならず、たとえ最後の息が残っても、神のために忠誠を尽くし、神が左右するに任せなければならない。これこそ本当に神を愛することであり、これこそ強くて高らかな証しである。誘惑が臨む時、あなたはこう言いなさい。「わたしの心はもう神様のものになった。神様はすでにわたしを得た。わたしはあなたを満足させない、神を満足させるべきだ。」あなたが神を満足させれば満足させるほど、神はますますあなたを祝福するようになり、あなたの神を愛する力も大きくなり、信仰も志も持つようになり、また、神を愛することは最も価値があり、意義がある人生だと感じるようになる。神を愛すると、憂え悲しみがなくなると言ってもいい。時には肉体が弱くなり、実際の困難がたくさんあるけれども、このような時、本当に神に依り頼めば、霊の中で慰めを得ることができ、霊の中が落ち着き、頼りになるものがあると感じる。そうすれば、あなたは多くの環境に打ち勝つことができ、受けた苦しみのゆえに神を怨むことはなくなり、進んで歌ったり、踊ったり、祈ったりし、また進んで集会をし、交わり、神を想い、神の按配した周りの人、事、物はすべて適切だと感じる。あなたが神を愛さなくなったら、何を見ても自分の意にかなわず、何を見ても気に入らず、霊の中が解放されず、威圧感を感じ、いつも神を怨む心があり、いつも自分の受けた苦しみが多すぎると感じて、やりきれない思いをする。もしあなたが自分の喜びのためではなく、神を満足させるため、サタンに訴えられないために追い求めるなら、神を愛することを追い求める力は大きくなる。人が神の言った言葉を全部実行することができ、人のあらゆる行ないが神を満足させることができるなら、実際を持ったと言える。神を満足させることを追い求めるとは、神を愛する心をもって神の言葉を実行することである。いつであろうと、ほかの人が力を持たなくなっても、あなたの内側には依然として神を愛する心があり、心の奥底で神を渇仰し、神を想うなら、これこそ実際の身丈である。あなたの身丈がどれくらいであるかは、あなたの神に対する愛がどれくらいであるかによって決まり、試練が臨む時、あなたが立っていられるかどうか、環境が臨む時、あなたが弱くなるかどうか、兄弟姉妹たちがあなたを見捨てる時、あなたがやはり立場に立つことができるかどうかによって決まる。事実が臨む時、あなたの神に対する愛はどうであるかが分かる。神の多くの働きの中から、神が本当に人を愛しているのが見える。ただ人の霊眼がまだ完全に開けていなくて、神のたくさんの働き、神の心意、神の多くの愛すべきところを見極めることができず、神に対する本当の愛が少なすぎるのである。あなたがこんなに長い間神を信じてきたが、今日、神はすでにあなたのすべての退路を断った。正直に言って、あなたはやむなく正しい道を歩んだのであり、神の厳しい裁き、神の極めて大きな救いがあなたを正しい道に導いたのである。人は苦難、精錬を受けてはじめて、神の愛らしさを知ることができる。今まで経験してきて、人が神の愛らしさを一部知ったと言える。でも、これではまだ足りない。人の欠けたところが多すぎるので、神のくすしい働きをもっと経験し、神が人のために備えるすべての苦難の精錬をもっと経験しなければならない。こうしてこそ、人は命の性質の変化を得ることができる。