神の声を聴いてキリストを認識する

王国時代は言葉時代である

王国時代に、神は言葉で時代を開き、言葉で働き方を変え、言葉で全時代の仕事をする。これは言葉時代に、神が働く原則である。彼は言が肉体となり、異なった立場に立って話して、人は本当に、言葉が肉体で現れた神を見、神の知恵と奇しさを見た。このように働くのは、人を征服し、人を完全にし、人を淘汰するという目的をよりよく達成するためであり、これこそ言葉時代に言葉によって働くということの本当の意味である。言葉によって神の働きを認識し、神の性質を認識し、人の本質を認識し、人の進入すべきものを認識し、言葉によって神が言葉時代にしようとするすべての仕事をなし遂げ、言葉によって人を明らかにし、人を淘汰し、また言葉によって人を試す。人はみな言葉を見、言葉を聞いたし、また言葉の存在を知ったので、神の存在を信じ、神の全能、知恵を信じ、神の、人を愛し、人を救う心を信じた。「言葉」という単語は普通かつ簡単であるけれども、言が肉体となった神の口から出た言葉は地宇を揺れ動かし、人の心を変え、人の観念、古い性質を変え、全世界の旧い様子も変えた。世世から、今日の神だけがこのように働き、今日の神だけがこのように話し、このように人を救うのである。これから人は言葉の導きの下に生き、言葉の牧養と供給の中に生きるようになり、人はみな言葉の世界の中に生き、神の言葉の呪い、神の言葉の祝福の中に生きるようになり、もっと多くの人は言葉の裁き、刑罰の中に生きるようになった。これらの言葉、これらの働きはみな人を救うためであり、みな神のみこころを成就するためであり、みな旧創造の世界のもとの様子を変えるためである。神は言葉で世界を創造し、言葉で全宇宙の人を導き、また言葉で全宇宙の人を征服し、救い、最後に言葉で旧世界全体を終わらせる。それでこそ全経営計画のすべてが完成するのである。王国時代を通じて、神は言葉で働き、言葉で働きの効果を収め、彼はしるしも力あるわざも行なわず、ただ言葉で働く。人はみな言葉のゆえに滋養を得、供給を得、言葉のゆえに認識を得て、本当の経験を得る。言葉時代の人は実に極めて大きな祝福を受けた。肉体の苦しみを受けず、ただ神の言葉の豊かな供給を享受すればよく、尋ね求める必要も奔走する必要もなく、安逸の中で神の出現を見、神自らの声を聞き、神の供給を得、神自らの働きを見た。これはみな世々の人が享受できなかったものであり、世々の人が得られなかった祝福である。

神は人を完全にしようと思い定めたので、彼がどの立場に立って話してもこれらの人を完全にするためである。霊の立場に立って話せば人は分かりにくく、実行の道を見出すことができない。それは、人の理解力には限りがあるからである。神の働きが得ようとする効果が異なるため、どの段階の働きの中にも彼の意図があり、しかも彼は異なった立場に立って話してこそ人を完全にすることができる。もしただ霊の立場に立って声を発すれば、神のこの段階の仕事はやり遂げられない。彼の口ぶりから、あなたは彼がどうしてもこの一団の人を完全にしようとすることを知ることができる。神に完全にされたい人の一人として、最初に何をすべきか。まず神の仕事を認識しなければならない。新しい方式に入って、時代が移り、神の働き方も変わり、神の話し方も異なっている。今は働き方が変わっただけではなく、時代も変わったのである。前は王国時代であり、神を愛する働きの段階であったが、今は千年王国時代であり、千年王国時代はすなわち言葉時代であり、いろいろな話し方によって人を完全にし、異なった立場に立って話して人に供給するのである。千年王国時代に入ると、言葉で人を完全にし始め、人に命の実際に入らせることによって、人を正しい軌道へ導き入れる。人はこんなに多くの働きの段階を経験した後、神の働きは一定不変ではなくて、絶えず変わっていて、絶えず深く進んでいるのであるのを見た。こんなに長い間経験して、働きは転じに転じ、変わりに変わったが、いくら変わっても神の人を完全にする目的からずれることはなく、どのように変わっても根本は一つであり、いくら変わっても真理を離れることはなく、いくら変わっても命を離れることはない。働き方が変わるのは、ただ働きの形式が変わり、話す時の立場が変わるのであって、働きの中心と目的が変わるのではない。話す口ぶりの変化と働き方の変化はみな効果を得るためであり、話す口ぶりが変わると、仕事の目的または仕事の原則が変わるのではない。人が神を信じるのは主に命を追い求めるためである。あなたが神を信じるのに命を追い求めず、真理を追い求めず、神を知ることを追い求めなければ、これは神を信じるとは言えない!あなたがまだ王国に入って王になることを追い求めている。これは実際的であるのか。命を追い求めて本当に神を愛するに至ることこそ実際的であり、真理を追い求め、真理を実行することはみな実際的である。神の言葉を読むと同時に、神の言葉を経験し、これによって実際に経験する中で神に対する認識を探り出す。これは本当の追求である。

千年王国時代に、あなたがこの新しい時代に入ったかどうかは、つまりあなたが神の言葉の実際に入ったかどうか、神の言葉があなたの命の実際になったかどうかである。神の言葉が一人一人に現されて、最後に人々が言葉の世界の中に生きるようになり、一人一人の内に神の言葉の啓きと照らしがあるようになる。もしこの間、あなたが神の言葉を読むのがいい加減であり、また神の言葉に興味を持たなければ、あなた自身の状態が正常でないことを証明する。もしあなたがこの言葉時代に入ることができなければ、聖霊の仕事を得られず、この時代に入ったら、聖霊の仕事を得られる。この言葉時代の始まりに、あなたが一体どうすれば聖霊の働きを得ることができるだろうか。神はこの時代に、あなたたちの間でこの事実を成就しようとする。あらゆる人が神の言葉を生かし出し、真理を実行し、心から神を愛することができる。人がみな神の言葉を基礎とし、神の言葉を実際とし、神を畏れ敬う。人が神の言葉を実行することによって、神と共に王権を握る。神がなし遂げようとするのはこの仕事である。もしあなたが神の言葉を読まなければどうだろう。今、大勢の人は一日か二日神の言葉を読まないとたまらず、どうしても毎日読まなければ気が済まず、もし読む時間がなければ、聞くだけでもいいと感じる。聖霊は人にこのような感じを与え、このように人を感動させ始めるのである。つまり言葉で人を支配して、人に神の言葉の実際の中に入らせるのである。もしあなたが一日でも神の言葉を食べ飲みしないと、暗く感じ、渇きを感じ、たまらないと感じたら、これはあなたの身に聖霊の感動があることを証明し、聖霊があなたを見捨てていないことを証明する。そうすれば、あなたはこの道の流れの中にいる人である。しかし、もしあなたが一日か、二日神の言葉を食べ飲みしなくても何とも思わず、渇きを感じず、何の感動もなければ、聖霊があなたを見捨てたことを証明する。それなら、あなたの中の状態は正常ではない。もしあなたがこの言葉時代に入っていないと、あなたは後れた人である。神は言葉で人を支配していて、あなたが神の言葉を食べ飲みすればよく感じ、神の言葉を食べ飲みしなければ歩むべき道がなくなる。神の言葉が人の食物になり、人の原動力となった。以前聖書に「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」という言葉が言及されたが、今日神はこの仕事をなし遂げようとするのであり、彼はこの事実をあなたたちこれらの人の身に成就しようとする。どうして前は人が何日も神の言葉を読まなくても、いつも通り食事をしたり仕事をしたりすることができたのに、今は駄目だろうか。この時代に神は主に言葉ですべてを支配するのであり、人は神の言葉によって裁かれ、完全にされ、最後に神の言葉によって王国の中に導き入れられる。神の言葉だけが人に命を供給することができ、神の言葉だけが人に光を与え、人に実行の道を与えることができる。特に王国時代にはそうである。あなたが神の言葉の実際を離れず、毎日神の言葉を食べ飲みしさえすれば、神はあなたを完全にすることができる。

命を追い求めるには功を焦ってはならず、命が伸びるのは一日か二日のことではない。神が働くのは正常かつ実際的であり、働くには必要な過程がある。イエスは言が肉体となって三十三年半で十字架につけられる仕事をやり遂げた、まして人の命の成長ともなればなおさらである!正常な、神を表現する人をつくるのは容易なことではない。特に大赤竜の国の人は、素質が劣っていて、長期にわたって話し、働かなければならない。だから、あなたは急いで効果を見ようとしてはいけない。あなたは積極的に、進んで神の言葉を食べ飲みし、神の言葉にもっと身を入れなければならない。神の言葉を読んだ後、実際に実行することができ、神の言葉によって認識が増え、見識が広まり、弁別力が増し、知恵が増えたら、知らず知らずのうちにあなたは変わるのである。あなたが神の言葉を食べ飲みし、神の言葉を読み、神の言葉を認識し、神の言葉を経験し、神の言葉を実行することを原則とすることができれば、知らず知らずのうちにあなたは大きくなる。ある人は「神の言葉を読んだが、実行できない!」と言う。あなたは何を焦っているのか。身丈がある程度まで伸びたら、あなたは実行することができるようになる。四、五才の子供が自分が親を養えず、親に孝行できないと言うのか。今、自身がどのくらいの身丈であるか、あなたは知っていなければならない。実行できるものは実行し、神の経営をかき乱す人にはならず、ひたすら神の言葉を食べ飲みすればいい。これからは神の言葉を食べるのを原則とすべきである。神があなたを完全にすることができるかどうかは考えず、これらは研究しないで、神の言葉を手に取ったら食べ飲みしなさい。そうすれば、神がきっとあなたを完全にすることができる。しかし、食べ飲みするには原則があり、盲滅法に食べ飲みしてはならない。神の言葉を食べ飲みする時、あなたが認識すべきもの、すなわち異象の方面のものを捜し出し、さらに、実際に実行すべきもの、すなわちあなたがどう進入すべきかのものを捜し出す。一つは認識の方面のものであり、もう一つは進入の方面のものである。この二つの方面を探り出したら、つまり認識すべきものはどれとどれか、実行すべきものはどれとどれかが分かったら、あなたはどのように神の言葉を食べ飲みするかが分かったのである。

これから、神の言葉を語り合うのはあなたの話す原則であり、普段あなたたちが一緒になったら、神の言葉を交わり、神の言葉を交流の内容とし、自分がどのように神の言葉を認識したのか、どのように神の言葉を実行したのか、聖霊がどのように行ったのかを語り合うべきである。あなたが神の言葉を交わりさえすれば、聖霊はあなたを照らす。神の言葉の世界になるには、人も協力しなければならない。もしあなたがこれに進入しなければ、神は働きようがなく、あなたが口を噤んで語らなければ、神はあなたを照らしようがない。暇だったら神の言葉を語り合いなさい。無駄話をするな!あなたの生活が神の言葉で満ちるようにする、これこそ信心深い信者である。交わるものが浅くてもかまわない。浅いものがなければ深いものもなく、それは過程が必要なのである。あなたの訓練によって、あなたの身での聖霊の照らし、そしてどのように神の言葉を食べ飲みすれば効果があるかを探り出し、一定の期間模索したら、あなたは神の言葉の実際に入るようになり、あなたに協力する志があってこそ、聖霊の働きを得ることができる。

神の言葉を食べ飲みする原則は、一つは認識の方面のものであり、もう一つは進入の方面のものである。認識すべき言葉はどれとどれか。異象の方面に関するもの(つまり神は今、何の時代に入ったのか、または神は今、何をなし遂げようとするのか、言が肉体となるとはどういうことであるかなどなど、これらはみな異象に属するものである)が認識すべきものである。進入すべき道とは何だろうか。それは人が実行すべき、進入すべき神の言葉である。神の言葉を食べ飲みするにはこの二つの方面があり、これからはこのように食べ飲みすべきである。異象の方面の言葉がはっきり分かったら再び読む必要がなく、主に進入の方面の言葉を多く食べ飲みすべきである。例えば、どうすれば心を神に向けることができるか、どうすれば心を神の前に落ち着かせることができるか、どのように肉体を裏切るかなど、これらは実行すべきものである。人がどのように食べ飲みするか分からないと、本当の交わりが生じられない。どのように食べ飲みするか分かり、鍵となるものをつかむことができれば、交わりが自由になり、どんな問題を出しても交わることができ、実際をつかむことができる。もし神の言葉を交わる時、実際がなければ、鍵となるものをつかめないのであり、あなたがどのように食べ飲みするか分からないことを証明する。ある人たちは神の言葉を読むことにうんざりするが、これはみな不正常な状態である。神の言葉をいくら読んでも飽きず、いつでも神の言葉を渇仰し、いつでも神の言葉がいいと感じれば、これは正常な状態であり、これは実際の進入がある人の食べ飲みである。あなたが、神の言葉はとても実際的で、実に人が進入すべきものであり、人にとって大いに助けになり、大いに益になり、確かに人の命の供給だと感じたら、この感じは聖霊から与えられたのであり、聖霊の感動によるものである。これは、あなたに聖霊の仕事があり、神があなたを見捨てていないことを証明する。ある人たちは神がいつも話しているのを見て、神の言葉にうんざりして、神の言葉は読んでも読まなくてもいいと思っている。これは不正常な状態である。彼には実際に進入するのを渇仰する心がない。このような人は完全にされることを渇仰せず、重要視しない。あなたが神の言葉を渇仰しなくなった時は、あなたの状態が不正常であることを証明する。以前、神に見捨てられたかどうかは、人の内に平安があるかどうか、享受があるかどうかを基準として判断したのであるが、今は主に、あなたが神の言葉を渇仰するかどうか、神の言葉があなたの実際となったかどうか、あなたが忠実であるかどうか、神のためにあなたの全力を尽くすことができるかどうかによって判断するのである。つまり神の言葉の実際によって人を評価するのである。神の言葉はあらゆる人に向かって言ったのであり、あなたが読みたければ神はあなたに啓き、読みたくなければ神はあなたに啓かない。神は義に飢え渇いている人に啓くのであり、彼を尋ね求める人に啓くのである。ある人たちは、神の言葉を読んだが、神が自分に啓かなかったと言っているが、あなたはどのように読んだのか。あなたが馬を飛ばして花見をするようにおおざっぱに読んで、実際をも重んじないのに、神があなたに啓くだろうか。神の言葉を宝愛しないような人は、神に完全にされることができるだろうか。あなたが神の言葉を宝愛しなければ真理がなく、実際がないが、神の言葉を宝愛すれば、真理を実行することができ、それでこそ実際があるのである。だから、あなたは忙しい時でも、暇な時でも、環境があっても、環境がなくても、試練があっても、試練がなくても、どんな時でも神の言葉を食べ飲みしなければならない。要するに、神の言葉は人が生存する土台であり、誰一人として神の言葉を離れられず、神の言葉を一日三度の食事として食べるべきである。完全な者とされ、神に得られることはそんなに簡単なことだろうか。今、あなたが分かろうと分かるまいと、神の働きを見極めようと見極めまいと、とにかく、あなたは神の言葉を多く食べ飲みしなければならない。これは積極的な進入である。神の言葉を読んだ後、進入できるものは早速実行し、進入できないものはひとまず放っておく。多くの神の言葉は、初めのうちはあなたが読んでも分からないが、二か月、三か月の後、ひいては一年後あなたはやっと分かるようになる。これはどういうことだろう。神が人をつくるのは、一日か二日で完成できるのではなく、多くの場合、あなたが彼の言葉を読むとすぐ分かるのではなく、当時いくら読んでも分かるのは字面の意味だけであり、一定の期間経験することによってこそ分かるようになるからである。神はこんなに多くの言葉を言ったのだから、あなたは力の及ぶ限り食べ飲みすべきである。そうすれば、知らず知らずのうちにあなたは分かるようになり、知らず知らずのうちに聖霊はあなたに啓くのである。聖霊は往々にして知らず知らずのうちに人に啓くのであり、あなたが渇仰し、求める時あなたに啓き、あなたを導くのである。聖霊の働く原則は、あなたが食べ飲みした神の言葉を中心として働くことである。神の言葉を重んじず、神の言葉に対していつも別の態度を取り、読んでも読まなくてもいいと愚かに思っているような者はみな実際のない人である。このような人の身には、聖霊の働きが見えず、聖霊の啓きが見えない。このような人はいい加減なごまかしをして飯を食う者であり、竽の吹けない南郭先生である。

神の言葉があなたの実際となっていないと、あなたは実際の身丈がなく、試練に入った時、あなたはきっと倒れるに違いない、その時、あなたの本当の身丈が現れるのである。普段から実際に入るのを追い求める人は、試練が臨んだ時、神の働く目的が何であるかが分かる。良心を持ち、神を渇仰する人の一人として、実際の行動で神の愛に報いるべきである。実際のない人は、些細なことが臨んでも立っていられない。実際の身丈があるのと実際の身丈がないのとはまったく違うのである。なぜ同じく食べ飲みしたのに、ある人たちは試練の中で立っていられるが、ある人たちは逃げるのだろうか。この明らかな違いは実際の身丈がなく、神の言葉が実際となっていないことである。神の言葉が彼の内に根を下ろしていないから、試練が臨むと道がなくなる。なぜ一部の人はこの方面で立っていられるのだろうか。彼らは大きな異象があるか、或いは神の言葉が彼らの内で彼らの経験になり、彼らの実際の悟りが彼らの生存の土台となったからである。それで、彼らは試練の中で立っていられるのであり、これは実際の身丈であり、命でもある。ある人たちは神の言葉を読むには読むが、実行せず、真剣に扱わない。真剣に扱わない人は実行を重視しない人であり、神の言葉を実際としていない人は実際の身丈がない人であり、このような人は試練の中で立っていられない。

神が言葉を語り出したら、あなたはすぐ受け取って食べなさい。あなたがどれぐらい分かろうと、とにかくあなたが持つべき観点はすなわち食べ、認識し、実行することである。これはあなたが達成すべきことである。あなたの身丈がどれほど伸びられるかは考えないで、あなたはひたすら食べればいい。これは人が協力すべきことである。あなたの霊の生活は主に、神の言葉を食べ飲みし、神の言葉を実行するという実際の中に入ることであり、ほかはあなたが重んじるべき対象ではない。教会を導く者は、兄弟姉妹がみなどのように神の言葉を食べ飲みするか分かるように導く、これは教会を導く者一人ひとりの責任である。年を取った者であれ、若い者であれ、神の言葉を食べ飲みするのを重んじ、心の中に神の言葉を持つべきである。もしこの実際に入ったら、王国時代に入ったのである。今、多くの人は神の言葉を食べ飲みしなければ生きられないと感じる。どんな時でも神の言葉の新鮮さを感じたら、人はこの正しい軌道に乗り始めたのである。神は言葉で働き、言葉で人に供給するのであり、すべての人が神の言葉に憧れ、神の言葉を渇仰するようになった時、神の言葉の世界に入ったのである。

神は言葉をたくさん言ったが、あなたはどれぐらい認識したのか、進入したのはまたどれぐらいあるか。もし教会を導く者が兄弟姉妹を神の言葉の実際の中に導いていないなら、これは職責を果たさず、責任を尽くしていないのである!あなたの食べ飲みが深かろうと浅かろうと、どれほど理解できようと、とにかくあなたはどのように食べ飲みするか分からなければならず、神の言葉を重んじ、そして食べ飲みの重要性と必要性が分からなければならない。神はそんなに多くの言葉を言ったのに、あなたが食べ飲みもせず、追求もせず、また神の言葉を実行しなければ、これは神を信じると言えない。あなたは神を信じる以上、神の言葉を食べ飲みし、神の言葉を経験し、神の言葉を生かし出さなければならない。これこそ神を信じることである!口先では神を信じると言っているが、神の言葉を語り出すことができず、神の言葉を実行することができなければ、これは神を信じるとは言えず、これは「パンを求めて腹をいっぱいにする」ことである。些細な証し、役に立たないもの、表面的なものを話すだけで、少しも実際がなければ、これは神を信じることではなく、あなたは全然神を信じる正しい道を探り出していないのである。なぜ神の言葉を多く食べ飲みしなければならないのか。神の言葉を食べ飲みせず、天国に入ることだけを追い求めるのは神を信じることだろうか。神を信じる人は最初に何をすべきか。神はどんなやり方で人を完全にするのか。神の言葉を食べ飲みしなければ、神に完全にされることができるのか。神の言葉があなたの実際となっていないなら、王国の民だと言えるのだろうか。神を信じることは一体どういうことだろう。神を信じる人は少なくともうわべのよい行いを具備すべきであり、いちばん重要なのはやはり神の言葉を具備することである。なんと言っても、神の言葉を離れられないのであり、あなたが神を知り、神の心を満足させるのは、みな神の言葉によって達成するのである。これから、各邦、各派、各宗、各界はみな言葉で征服するのであり、神が直接言葉を言って、一人一人は手のうちに神の言葉を持つようになり、神はこれによって人を完全にするのである。人が内側も外側も神の言葉で占められ、口で言うのは神の言葉であり、実行する時、神の言葉のとおりに実行し、内にとどまっているのも神の言葉であり、内側も外側も神の言葉で浸透される。そうすれば、人は完全にされたのである。神の心を満足させることができる人、神について証しすることができる人は、神の言葉を実際とした人である。

言葉時代に入れば、千年王国時代であり、今、神はこの仕事をなし遂げつつある。これからあなたたちはみな神の言葉を交わるのを訓練すべきである。神の言葉を食べ飲みし、神の言葉を経験することによってこそ、あなたは神の言葉を流露することができる。あなたが経験的な言葉をいくらか語り出してこそ、ほかの人はあなたに信服する。もしあなたに神の言葉がなければ、だれがあなたに信服するだろうか!神に使われる人はみな神の言葉を語り出すことができる人である。もしあなたが神の言葉を語り出すことができなければ、聖霊があなたの身に働いておらず、あなたが完全にされていないことが証明される。これが神の言葉の重要性である。あなたは神の言葉を渇仰する心があるのか。神の言葉を渇仰する人は真理を渇仰する人であり、このような人こそ神の祝福を得られる。今後、神は各宗各派でまたもっと多くの言葉を言うつもりである。まずあなたたちの間で言葉を言い、声を発して、あなたたちを完全にし、それから異邦に向かって言葉を言い、声を発して、彼らを征服し、言葉によってすべての人に口先だけではなく心から承服させる。神の言葉、神のさらけ出しによって、人の堕落した性質が少なくなり、人がみな人間らしい人間になり、その不従順な性質も少なくなる。言葉が権威をもって人の身に働いて、人を神の光の中に征服する。神がこの時代にしようとすること、仕事の転換点はみな神の言葉の中にあるので、あなたが神の言葉を読まなければ何も分からない。自分で食べ飲みすることによって、また兄弟姉妹と交わり、自分で実際に経験することによって、あなたは神の言葉に対して全面的な認識を持つようになる。それでこそ本当に実際の生かし出しがあり得る。