神の声を聴いてキリストを認識する

祈りの実行について

あなたたちは日常生活の中で、祈りを重んじない。人はみな祈ることをおろそかにした。以前、祈る時は神の前にいい加減で、適当にごまかすのであった。心を完全に神の前に渡して、神に真実な祈りをする人は一人もおらず、ただことにぶつかる時、神を呼び求めるのである。こんなに長い間、あなたは神に真実な祈りをしたことがあるか。神の前で、涙を流して激しく泣いた時があるか。神の前で自分を認識した時があるか。神の前で、神に心を打ち明けて祈ったことがあるか。祈りは漸進的に訓練しなければならない。ふだん家で祈らなければ、教会で祈ることができない。ふだん小さな集会で祈らなければ、大きな集会で祈ることができない。ふだん神に近づかず、神の言葉を噛み締めなければ、祈る時になったら言うべき言葉がなく、たとえ祈ってもそれは口先だけの祈りで、真実な祈りではない。

何が真実な祈りであるか。神に本音を吐き、神の心を探り出して神と交わり、神の言葉の範囲内で神と交わることである。祈る時、神にとても近いと感じ、神があなたの前にいるように感じ、神に言いたい言葉があり、心がとても明るくなると感じ、神がとても愛らしいと感じ、そのため、あなたが非常に励まされ、兄弟姉妹はあなたの祈りを聞いて享受があり、あなたの言葉は彼の本音であり、彼の言いたい言葉であり、彼の言いたいことはあなたが彼の代わりに言ったと感じる。これは真実な祈りである。あなたが真実な祈りをした後、心の平安を得、心の中に享受があり、神を愛する意欲が高まってきて、神を愛することは人生の中で最も価値があり、意義がある事だと感じる。これはあなたの祈りが効果を収めたことを証明する。あなたはこのような祈りをしたことがあるか。

祈りの内容は何であるか。あなたの心の本当の状態と、聖霊の行なうことに結びつけて一歩一歩と祈り、神の心意と神の人に対する要求に基づいて神と交わる。祈りを訓練し始める時、まず自分の心を神に渡すべきであり、神の心を探ることを追い求めなくてもよく、神に本音を打ち明けることを追い求めるだけでいい。あなたは神の前に出てこう言いなさい。「神様よ!以前あなたに背いたことを、今日初めて気づきました。わたしは堕落していて本当に憎らしいです。以前はいたずらに年月を送りましたが、これからはあなたのために生き、意義のある人生を生かし出し、あなたの心を満足させます。わたしがあなたの前で強くて高らかな証しをすることができるように、サタンがわたしたちを通してあなたの栄光、あなたの証し、あなたが勝利を得た証拠を見ることができるように、あなたの霊がずっとわたしの中で働き、ずっとわたしを照らし、わたしに啓いてください。」このように祈る時、あなたの心は完全に解放を得る。あなたがこのような祈りをした後、あなたの心は神とさらに近くなる。もしあなたが常にこのように祈れば、聖霊は必ずあなたの中で働く。常にこのように呼び求め、神の前に志を立てれば、いつかは、あなたの志は神の前に受け入れられ、あなたの心、あなたの全存在は神に得られることができ、最後にあなたは神に完全にされる人になる。祈りはあなたたちにとってとても重要である。あなたが祈ることによって聖霊の働きを得れば、あなたの心は神に感動され、あなたの内側から神を愛する意欲も湧いてくる。もしあなたが心を込めて祈らず、心を打ち明けて神と交わらなければ、神はあなたの身に働きようがない。もしあなたが本音を吐いて祈ったが、神の霊がやはり働いておらず、あなたの内側がやはり励ましを受けていないなら、これはあなたの心が懇切ではなく、あなたの言葉が真実ではなく、その中にまだ混じりけがあることを証明する。もしあなたが祈ってから享受を得れば、あなたの祈りは神に受け入れられ、神の霊もあなたの身に働く。神の前で神に奉仕する人として、祈りが欠けていてはならない。もしあなたが本当に、神と交わることを意義、価値のあることだと見なすなら、あなたは祈りを放棄するだろうか。だれでも神との交わりが欠けていてはならない。祈りが足りなければ、あなたは肉体の中に生き、サタンの縛りの中に生きるようになり、真実な祈りがなければ、暗やみの権勢の下に生きるようになる。わたしは兄弟姉妹たちに毎日真実な祈りをしてほしい。しかし、それは規定を守るのではなく、必ずある効果を収めなければならない。少なめに眠り、少なめに享受し、明け方に朝の祈りをしてから、神の言葉を享受すればどうだろう。このように純粋な心で祈り、食べ飲みすればもっと神に喜ばれる。あなたが毎朝このように実行し、毎日心を神に渡し、神と交わり、交際するのを訓練すれば、神に対するあなたの認識はきっと増え、いっそう神の心を探ることができる。あなたはこう言いなさい。「神様よ!わたしは自分の本分を尽くしたいです。あなたがわたしたちを通して栄光を得るように、あなたがわたしたちこの一団の人を通して証しを得るように、わたしはあなたのために全存在を捧げていきます。どうかわたしたちの身に働いてください。わたしが心からあなたを愛し、あなたを満足させ、あなたを追求の目標とすることができますように。」もしあなたにこの負担があれば、神はきっとあなたを完全にする。あなたは自分のためだけではなく、また、神のみこころを行ない、神を愛するために祈るべきである。このような祈りは最も真実なのである。あなたは神のみこころを行なうために祈る人であるか。

以前あなたたちはどう祈るべきか分からなかったし、しかも祈ることをおろそかにしていた。今は祈ることでよく訓練しなければならない。もしあなたの内側に神を愛する意欲が高まってこなければ、どのように祈るべきか。あなたはこう言いなさい。「神様よ!わたしの心は真実にあなたを愛することができません。わたしはあなたを愛したいですが、力がありません。これはどうしたらいいでしょうか。わたしの霊眼が開けるようにしてください、あなたの霊がわたしの心を感動させてください。そうすれば、わたしはあなたの前ですべての消極的な状態から抜け出し、いかなる人、事、物の束縛をも受けず、完全にあなたの前でわたしの心を打ち明け、わたしの全存在をあなたの前に捧げることができます。あなたがどのようにわたしを試してもいいです。今、わたしは前途があるかどうかを考慮せず、また死の束縛をも受けません。わたしはあなたを愛する心をもって人生の道を求めたいです。万事万物はあなたの手の中にあり、わたしの運命はあなたの手の中にあり、わたしの一生もあなたの手の中に掌握されています。今、わたしはあなたを愛することを追い求めています。あなたを愛させても愛させなくても、サタンがどのようにかき乱しても、わたしはあなたを愛しようと決心しました。」こういうことに会ったら、このように祈りなさい。あなたが毎日このように祈れば、神を愛する意欲は次第に高まってくる。

どのように真実な祈りに入るか。

祈る時、神の前に落ち着かせた心、誠実な心を持たなければならない。神と真実な交わり、祈りをするべきであって、うまいことを言って神を欺いてはならない。祈る時、神が今なし遂げようとすることを中心として祈り、神がもっと多くあなたに啓き、あなたを照らすことを願うべきであり、神の前に立てた志を含めて、自分の実際の状態と困難な問題を神の前に持ってくるべきである。祈るのはその場をごまかすためではなく、真心をもって神を求め、神にあなたの心を守るよう願うためである。そうすることによって、あなたはいつも心を神の前に落ち着かせることができ、神があなたのために按配した環境の中で自分を知り、恨み、裏切ることができ、こうして、あなたは神と正常な関係を持つようになり、本当に神を愛する人になる。
祈りの意義は何であるか。

祈ることは人が神に協力する一つの手段であり、人が神を呼び求める一つの方式であり、人が神の霊の感動を受ける過程である。こう言ってもいいが、祈りのない人は霊のない死人であり、これは彼に神の感動を受ける器官がないことを意味するのであり、祈りがなければ正常な霊の生活があり得ず、なおさら聖霊の働きについて行けないのであり、祈りがなければ神との関係が絶たれ、神に良しとされることができない。神を信じる人として、祈りが多いほど、すなわち神の感動を多く受けるほど、志が大きくなるのであり、神の最も新しい啓きを受けることができる。だから、このような人こそ、より早く聖霊に完全にされることができる。
祈りが収めるべき効果は何であるか。

人は祈りを実行することができ、祈りの意義を理解することもできる。しかし、祈りが効果を収めるのは簡単なことではない。祈ることは儀式を行ったり、その場をごまかしたり、或いは神の言葉を暗誦したりすることではない。つまり、祈ることはほかの人の祈りを繰り返したり真似したりすることではない。祈る時、必ず心を神に渡し、神に心の中を打ち明けて神の感動を受けるに至らなければならない。祈りがよい効果を収めようとしたら、神の言葉を読む上で祈らなければならない。神の言葉の範囲内に祈ってこそ、もっと多くの啓きと光を得ることができる。一回の真実な祈りをした後の状態はこうである。神の要求していることに対して渇仰する心があり、しかもそれを満たすことを願い、神の憎むものを憎み、それを基に認識を深め、神の明かした真理に対してはっきりした認識を持つようになる。祈った後、志が湧いてき、信仰が増し、認識が増え、実行の道が見えてこそ、真実な祈りだと言えるのであり、このような祈りこそ効果を収めたのである。しかし、祈る時は神の言葉を享受し、神の言葉の範囲内に神と交じり合う上で祈らなければならず、心の中で神を求めることによって心を神の前に落ち着かせることができなければならない。このような祈りができれば、神と真実に交じり合う程度に達したのである。
祈りの最も基本的な常識:

1.何の目標もなく、勝手に一言二言いってはならない。心の中に負担を持って、すなわち目標を持って祈らなければならない。

2.祈りの中に神の言葉がなければならず、神の言葉の基礎の上に祈らなければならない。

3.祈る時、ありふれた話を言ってはならず、相変わらずの話を繰り返してはならず、もっぱら聖霊の現在の言葉を言うのを訓練しなければならない。こうしてこそ、神とつながることができる。

4.みんなで祈る時、一つの中心をめぐって祈らなければならず、それは聖霊の現時の仕事でなければならない。

5.あらゆる人は代祷することを習い覚えなければならず、神の言葉の中から代祷の部分を探し出し

、しかもこの基礎の上で負担を持ち、常にこのために祈らなければならない。これも神の心を思いやる表現の一つである。

個人の祈りの生活は、祈りの意義、祈りの常識を理解した基礎の上に築かれるのである。日常生活の中で常に自分の欠けたところのために願い求め、祈るべきであり、命の性質の変化を得るために、神の言葉を理解したうえで祈るべきである。だれでも自分の祈りの生活を築かなければならない。神の言葉から認識を得るために祈るべきであり、神の働きに対する認識を得ることを求めるために祈るべきである。事実に即して方式にこだわらずに、自分の実際の状況を神に打ち明けなければならない。その肝心な目的は本当の認識、神の言葉に対する実際の経験を得ることである。いろいろな方式で祈ることは、霊の生活に入ることを追い求める人が達成すべきことである。例えば、黙祷し、神の言葉を噛み締め、神の働きを認識するなど、目的をもって行なうこれらの霊的な交わりの仕事は、正常な霊の生活に入り、それによって神の前での状態がますますよくなり、命がますます成長するためである。要するに、あなたが神の言葉を食べ飲みするのも、黙祷するのも、或いは大声で宣言するのも、神の言葉、神の働きに対して、神があなたの上に成就しようとすることに対して、はっきりした認識を持つためであり、もっと重要な目的は神の要求する基準を満たして、あなたの命がもっと成長するためである。神の人に要求する最低基準は、人が彼に心を打ち明けることである。もし人が真心を神に渡して神に本音を言えば、神は喜んで人に対して働くのである。神が求めるのは人の曲がった心ではなく、単純で誠実な心である。もし人が彼に本音を言わなければ、彼は人の心を感動せず、また人に対して働かない。だから、祈ることで最も肝心なのは、神に本音を言い、自分の欠けたところ、或いは不従順な性質を神に話し、神に自分のことを完全に打ち明けることである。こうしてこそ、神があなたの祈りに興味を持つのである。さもないと、神はあなたから顔を覆い隠すはずである。あなたの心が神の前に落ち着き、神から離れないように維持しなければならない。これは祈りの最低基準である。もしかすると、この間あなたがもっと新しく、もっと高い認識がないかもしれないが、あなたは祈りによって現状を維持しなければならず、後ずさりしてはならない。これは最低限達成すべきことである。もしあなたがこれも達成できなければ、あなたの霊の生活が正しい軌道に乗っていないことを証明する。したがって、あなたはもとの異象を固守することができず、神に対する信仰を失い、あなたの志もそれに伴って消えてしまう。霊の生活に入ったかどうかのしるしは、あなたの祈りが正しい軌道に乗ったかどうかである。すべての人がこの実際に入らなければならず、意識的に訓練する仕事をしなければならない。消極的に待つのではなく、意識的に聖霊の感動を求める者こそが本当に神を求める人である。

祈りを訓練し始める時、あなたは奇抜なことを考え、一口食べただけで太ろうとしてはならない。口を開くと聖霊の感動を受け、口を開くと啓き、照らしを得、口を開くと神が大きな恵みを与えてくださることを望んではならず、そんな贅沢な要求があってはならない。それはあり得ないことである。神は超然たることをしない。人の祈りを成就するのは神の時があるのである。ある時、神はあなたが彼の前で忠実であるかどうかを知ろうとして、あなたの信仰を試すこともある。祈る時、あなたは信仰を持ち、根気と志を持たなければならない。多数の人は訓練し始める時、聖霊の感動を探れなくてがっくりと気落ちする。これはよくない。あなたは根気を持たなければならず、聖霊の感動を探ることを重んじ、尋ね求め、模索することを重んじなければならない。時にはあなたの実行の道が間違っており、時にはあなた自身の意図、観念が神の前に立つことができない。だから、神の霊があなたを感動させていないのである。また時には、神があなたの忠誠心を試すのである。要するに、訓練する時、あなたは多くの代価を払わなければならない。もしあなたが自分の実行の道が間違っていると気づいたら、別の方式で祈ってもいい。あなたが心から求め、得るのを渇望する限り、聖霊は必ずあなたをこの実際の中に導き入れる。時には、あなたが真心をもって祈っても大きな感動を探ることができない。このような時、あなたは信仰に頼って、神があなたの祈りを監視していることを信じるべきである。祈ることで根気を持たなければならない。

誠実な人にならなければならず、狡猾な心を取り除くために神に祈らなければならない。祈ることによって、いつでも自分をきよめるべきであり、祈ることによって自分が神の霊に感動されるようにすべきである。そうすれば、あなたの性質は次第に変わることができる。本当の霊の生活は祈りの生活であり、聖霊に感動される生活である。聖霊に感動される過程は、人の性質が変わる過程である。聖霊の感動のない生活は霊の生活ではなく、やはり宗教的儀式である。常に聖霊に感動され、聖霊に啓かれ、照らされる人こそ、霊の生活に入った人である。人の性質は祈りによって絶えず変わるのである。人が神の霊に感動されればされるほど、人の積極的な要素、従順な要素が多くなり、人の心も次第にきよめられ、人の性質もそれに伴って次第に変わる。これは真実な祈りによって収める効果である。