神の声を聴いてキリストを認識する

七つの雷が轟き渡る――
王国の福音が全宇宙に広まることを預言する

わたしは異邦で仕事を展開しており、全宇宙の下にわたしの栄光がきらめいている。星々点々のように遍在する人々にはわたしの心意が含まれており、彼らはみなわたしの手に左右されて、割り当てられた仕事をしている。これから、わたしは新しい時代に入り、人々を別の世界に連れて行く。「故郷」に戻った時、わたしはもとの計画のうちのほかの一部の仕事を始め、人々にわたしに対する認識をさらに深めさせた。宇宙全体を見渡すと、わたしが働くのにちょうどよい時機で、わたしは東奔西走し、人に対してわたしの新しい仕事をした。新しい時代なのだから、わたしはまた新しい仕事をもたらし、さらに多くの新しい人を新しい時代に導き入れ、わたしが淘汰しようとするさらに多くの人をすべて捨てるのである。大赤竜の国で、わたしは人が計り知れない一段階の仕事をして、人がみな風の中で揺れ動くようにした。それで、大勢の人々が風のまにまに音もなく漂っている。これはまさにわたしがきれいにしようとする「脱穀場」で、わたしが待ち望んだことであり、わたしの計画でもある。なぜなら、わたしが働いている時、知らず知らず多くの「悪者」が入って来たからである。しかし、わたしは彼らを慌てて追い出さず、適当な時に彼らを追い散らすのである。それから、わたしは命の起源となり、心からわたしを愛する人たちがわたしからいちじくの実を得られ、ゆりの香りを得られるようにする。サタンが住む地、埃に属する地には純金が残されておらず、砂しかないから、それに合わせて、わたしは一段階のこのような仕事をした。わたしが得るのは精錬された純金であり、砂ではないことを知らなければならない。悪者がどうしてわたしの家に留まることができようか。わたしがどうして狐がわたしの楽園に寄生することを許すだろうか。わたしはあらゆる方法を講じてそれらを追い出す。わたしの心意が明らかにされる前、だれもわたしが何をしようとするかを知らない。この機会に乗じて、わたしはそれらの悪者を追い出し、彼らはやむなくわたしから離れて行く。悪者に対して、わたしはこのようにしているのであるが、いつの日か彼らはまたわたしに仕えるようになる。人々の祝福を求める心はとても強いので、わたしは体を回して「異邦」に顔を現し、人々が自分の世界で生きながら自分で自分を裁くようにする。でも、わたしは言うべきことを言い、人の必要なものを「供給」している。人々が目覚めた時、わたしは既にわたしの仕事を広めたのである。そして、わたしの心意を人に発し、人に対して第二部分の仕事を始める。それは人々がわたしにぴったり付き従ってわたしの仕事に協力し、力の及ぶ限りわたしと共にわたしのなすべき仕事をするためである。

人はみなわたしの栄光を見る信仰がないので、わたしも人に無理強いせず、わたしの栄光を人の間から移し、別の世界に持って行く。人々が再び悔い改める時、わたしは栄光をより多くの「信仰」に属する人に現す。これがわたしの働く原則である。栄光がカナンから去る時があり、栄光が選民を離れる時もあり、さらに栄光が全地から去る時もあるので、全地は暗くて光を失い、暗闇が全地を覆い、カナンの地に太陽の光は失われる。人々はみな信仰を失うが、カナンの地の香りを離れるのを惜しまない人はいない。わたしが新しい天地に入る時、はじめてほかの一部の栄光を一番先にカナンの地に現して、夜のように真っ暗な全地にひとすじの光がさし、全地の人がみなこの光に来る。全地の人々がこの光の威力の助けを借りることで、わたしの栄光はさらに多くなり、再び列国に現れる。わたしはすでにこの世に来ており、わたしのイスラエルでの栄光をすでに東方にもたらしたことをすべての人に気づかせる。なぜなら、わたしの栄光は東から出てきたのであり、恵みの時代から今日にもたらされたからである。だが、わたしはイスラエルを出て、イスラエルから東方に来たのである。東の光が白んでくる時、全地の暗闇は少し明るくなり、その時人々はやっと、わたしが既にイスラエルにいなくて、再び東から昇ってきたことに気付くのである。わたしはイスラエルに「降臨」し、そしてイスラエルを去り、再びイスラエルで「降誕」するわけにはいかない。わたしの仕事は全宇宙を動かすのであり、しかも稲妻は東から西へひらめき渡るのだから、わたしは東方に降臨し、東の民にカナンをもたらしたのである。わたしは全地の民をカナンの地に連れて行く。だから、わたしはやはりカナンの地で声を発し、言葉を言って全宇宙を支配する。この時、全地には光がなく、カナン以外の人はみな飢えと寒さに脅かされている。わたしは栄光をイスラエルに与え、またイスラエルから移した。こうしてイスラエルの民を東方に連れて行き、すべての人々も東方に連れて行き、みなに「光」を与えて、人々を光と再会させ、光と交わり、再び捜し求めないようにする。わたしはあらゆる尋ね求める人に再び光を見、イスラエルでのわたしの栄光を見、わたしが既に雲に乗って人の間に来ていることを見、片片の白い雲を見、果実がたわわに実るのを見、さらにイスラエルのヤーウェ神を見、ユダヤ人の「先生」を見、人が待ち望んでいたメシヤを見、歴代の王たちが迫害してきたわたしの全貌も見ることができるようにするのである。わたしは全宇宙の仕事をし、大いに働いて、わたしのあらゆる栄光を世の終わりの人々に現し、わたしのすべての業を世の終わりの人々に現し、わたしのすべての栄光の顔を、わたしを長年待ち続けていた人々に現し、わたしが白い雲に乗って来るのを待ち望む人々に現し、わたしがもう一度現れるのを待ち望むイスラエルに現し、わたしを迫害する全人類に現し、わたしはすでに栄光を移して、東方にもたらしたこと、栄光がユダヤに存在しないことを人々に知らせる。なぜなら、世の終わりがすでに到来したからである! 

全宇宙でわたしはわたしの仕事をしている。東方から雷のような巨大な音がたえず発し、各国各派を揺り動かした。わたしの発する声が人々を今日まで導き、わたしはわたしの発する声によって人々を征服し、人々がみなこの流れに傾倒し、わたしの前に帰服するようにするのである。それはわたしが栄光をすでに全地から取り戻し、東方から新たに発したからである。わたしの栄光を見ることを待ち望まない者はいるのか。わたしが帰ってくることを待ち望まない者はいるのか。わたしの再現を渇仰しない者はいるのか。わたしの愛らしさを懐かしまない者はいるのか。光に来ない者はいるのか。カナンの豊かさを見ることができない者はいるのか。「贖い主」の再臨を待ち望まない者はいるのか。力強き者を敬慕しない者はいるのか。わたしの発した声は全地に伝わり広まり、わたしはわたしの選民に向かってさらに声を発し、言葉を言い、それが巨大な雷鳴のように山河を揺り動かす。わたしは全宇宙に向かって話すのであり、人類に向かって話すのでもある。だからわたしの口から出る言葉が人々の珍品になり、人々はみなわたしの言葉を宝愛する。稲妻は東から西へひらめき渡るのであり、わたしの言葉は人々に離れがたく、測りがたいと感じさせ、さらに人々を喜ばせるのである。人々は生まれたばかりの嬰児のように喜び歓喜し、わたしの到来を祝っている。わたしの発した声によって、わたしは人々をわたしの前に連れて来るのである。これから、わたしは正式に人類の間に入り、人々をわたしにひれ伏させる。わたしの発する栄光によって、またわたしの口から出る言葉によって、人々をわたしの前に来させ、稲妻は東から出たのを見せ、わたしも東方の「オリーブ山」の上に降り、すでに地上に来ており、もう「ユダヤの子」ではなく、東方の稲妻であることを人々に見せるのである。なぜなら、わたしはすでに復活し、人の間から離れ、また栄光を持って人の間に現れたからである。わたしは世界の始まる前から人に礼拝された者であり、世界の始まる前からイスラエル人に見捨てられた「嬰児」でもあり、さらに現代の、栄光に満ちた全能の神である!人々をわたしの御座の前に来させ、わたしの栄光の顔が見え、わたしの声が聞こえるようにし、わたしの業を見せる。これはわたしのすべての心意であり、わたしの計画の終わりと頂点であり、わたしの経営の目的でもある。万国をひれ伏させ、すべての舌に認めさせ、万人に信頼させ、万民を帰服させる!