神の声を聴いてキリストを認識する

神の現時の働きに対する認識

今、神の働きを認識することは、主に世の終わりに受肉した神、彼の主な職分は何であるか、彼が地上に来て一体何をしようとするのかを認識することである。以前、わたしは「神は地上に来て(世の終わりを指す)手本を示した後すぐ離れ去る」と言ったことがある。どうやって手本を示すのだろうか。即ち言葉を言うのである。至る所で働き、言葉を言うのは、神が世の終わりにしようとする仕事である。言葉を言うだけで、地上が言葉の世界になり、一人一人が神の言葉を通して供給を得、啓きを受け、霊の中で悟り、異象をはっきり理解するようになる。世の終わりに神が受肉して地上に来たのは、主に言葉を発するためである。イエスが来た時は天国の福音を宣べ伝え、十字架の贖いの仕事をやり遂げ、律法時代を終わらせ、古いものをすべて取り除いた。イエスは来て、律法時代を終わらせ、恵みの時代をもたらした。世の終わりに受肉した神は来て、恵みの時代を終わらせた。彼が来たのは、主に言葉を発し、言葉によって人を完全にし、言葉で人を照らし、人に啓き、人の心の中の漠然とした神の地位を取り除くためである。イエスが来た時はこの段階の仕事をしなかった。彼は来て、たくさんの力ある業を行い、病気を治し、悪霊を追い出し、十字架の贖いの仕事をした。だから、人は観念の中で神ならこのようにすべきだと思っている。なぜなら、イエスが来た時にした仕事は、人の心の中の漠然とした神の姿を取り除くことではなくて、十字架につけられ、病気を治し、悪霊を追い出し、天国の福音を宣べ伝えることだったからである。世の終わりに神は受肉して、一方では、人の観念の中の漠然とした神の地位を取り除いて、人の心の中にはもはや漠然とした神の姿がないようにし、また、神が実際に話し、実際に働くことによって、至る所を歩き回り、とても実際的かつ正常に人の間で働いて、人に神の実際を認識させ、漠然とした神の地位を取り除き、他方では、肉体を通して話すことによって人を完全にし、すべてを成就する。これは神が世の終わりに成し遂げようとする仕事である。

あなたたちが認識すべきこと:

1.神が働くのは超然としない、観念を持ってはいけない。

2.受肉した神が今度来て、主にどんな仕事をするか、あなたたちは分からなければならない。

彼は今度来て、病気を治したり、悪霊を追い出したり、力ある業を行なったりせず、悔い改めの福音を宣べ伝えず、人が救われるようにしない。なぜなら、その段階の仕事はイエスがもうしたのであり、しかも神は繰り返しの仕事をしないからである。今日神が来て恵みの時代を終わらせるのは、恵みの時代の一切のやり方を廃止するのである。実際の神が来たのは、主に彼の実際を現すためである。イエスが来た時は、言った言葉が少ない。彼は主に力ある業を行ない、しるしや奇跡を行ない、病気を治し、悪霊を追い出し、或いは預言を少し言って人を信服させ、人に彼は神であって情感がないのを見せたのであり、最後に十字架につけられる仕事を完成した。今の神はしるしや奇跡を行なわず、また病気を治さず、悪霊を追い出さない。イエスが来た時した仕事は神の一部分を代表するのであり、神が今度来たのは、自分がこの段階ですべき仕事をするためである。なぜなら、神は繰り返しの仕事をせず、彼は常に新しく古くならない神だからである。だから、あなたが今、見られるのはただ実際の神の言葉と働きだけである。

神が世の終わりに受肉したのは、主に言葉を言うためであり、人の命に必要なものをすべて説き明かし、人が進入すべきことを示してくれ、神の業を人に示し、神の知恵、全能、奇しさをすべて人に示すのである。神が言葉を発する様々な方式から、人は神がいと高き方、最も偉大な方であることを見、さらに神が遜り、隠れていることを見たのであり、神はいと高き方であるが、遜り、隠れて最も小さいものになれることを見たのである。一部の言葉は霊の立場に立って直接言ったのであり、一部の言葉は人の立場に立って直接言ったのであり、一部の言葉は第三者の立場に立って言ったのである。ここから分かることは、神の働き方は多種多様であり、すべて言葉を言うことによって人に見せるのである。神が世の終わりにする仕事は正常かつ実際的である。だから、世の終わりのこの一団の人はみな、いちばん大きな試練を受けるものである。神が正常で、実際であるので、あらゆる人は試練の中に入った。人が神の試練の中に陥ったのは、神が正常で、実際だからである。イエスの時代に人は観念がなく、試練もなかった。なぜなら、イエスのした事の多くは人の観念に合ったからである。だから、人々は彼に従い、彼に対して観念を持たなかった。今の人が受ける試練はいちばん大きい。「これらは大きな患難を通ってきた人たちである」という言葉は、まさにこの患難を指して言うのである。

今、神が話すのは、この人たちの信仰、愛、受苦、従順を成就するためである。神は世の終わりに受肉して、人の本性の本質に即して話し、人の行為、表れに即して話し、今人が進入すべきものに則して話すのであり、それは実際的かつ正常であり、将来のものを話さず、過去のものをも振り返らず、今日進入すべきもの、実行すべきもの、分かるべきものだけを話す。今、もし、しるしや奇跡を行うことができ、悪霊を追い出し、病気を治すこともでき、たくさんの力ある業を行うこともできる人が現れて、戻って来たイエスだと自称するなら、それは邪悪な霊がイエスと偽っているのであり、邪悪な霊がイエスのまねをしているのである。しっかり覚えておきなさい!神は繰り返しの仕事をしない。イエスのその段階の仕事はもう完成したので、神は以後再びその段階の仕事をしない。神のすることは人の観念に合わない。たとえば旧約にメシヤが来ると預言されているが、イエスが来たのだ。もしもう一人のメシヤが来たら、これは間違っている。イエスは一度来たことがあるから、今度も「イエス」が来たら、これは間違っている。時代ごとに名前も変わり、どの名前も時代性があるのである。人は観念の中で、神は必ずしるしや奇跡を行わなければならず、病気を治し、悪霊を追い出さなければならず、イエスのようでなければならないと思っているが、今度神は絶対にそのようにしない。もし神が世の終わりにやはりしるしや奇跡を行い、悪霊を追い出し、病気を治し、イエスがしたことと同じようなことをするなら、神の仕事は重複していることになり、イエスの仕事は意義がなくなり、価値がなくなる。だから、神は一つの時代に一つの段階の仕事をするのであり、どの段階でも神が仕事をやり遂げると、邪悪な霊はすぐまねるのであり、サタンが神をまねた後、神はまたほかのやり方に変える、神が一段階の仕事をやり遂げると、邪悪な霊はまねるのである。この点をあなたたちははっきり知らなければならない。どうして今日神のする仕事はイエスの働きと同じでないのか。どうして今日神はしるしや奇跡を行なわず、悪霊を追い出さず、病気を治さないのか。もしイエスが律法時代と同じ仕事をするなら、恵みの時代の神を代表することができるだろうか。十字架につけられる仕事をやり遂げることができるだろうか。もしイエスが律法時代と同じように神殿に入り、安息日を守ったなら、だれも彼を迫害せず、すべての人に擁護されたはずだ。そうすれば、彼は十字架につけられることがあろうか。贖いの仕事をやり遂げることができるだろうか。もし世の終わりに神が受肉して、依然としてイエスのようにしるしや奇跡を行うなら、何の意義があるだろうか。世の終わりにほかの一部分の仕事をして、彼の経営計画の中の一部分を代表してこそ、人の神に対する認識が深まることができ、神の経営計画が完成することができる。

世の終わりに神は来て、主に言葉を言うのであり、霊の立場に立って話し、人の立場に立って話し、第三者の立場に立って話し、異なる方式で言葉を言い、一定の期間経ったら話す方式を変え、話す方式によって人の観念を変え、人の心の中の漠然とした神の姿を取り除く、神は主にこの仕事をするのである。人々は、神が来たのは病気を治し、悪霊を追い出し、力ある業を行い、人に物質的な祝福を与えるためだと思っている。だから、神は、人の観念の中のこれらのものをすべて取り除いて、人に神が実際で、正常であることを認識させ、また、人の心の中のイエスの姿を取り除いて、神の新しい姿が人を占めるようにするために、この段階の裁き、刑罰の仕事をした。神の姿が人の内で古くなると、偶像になってしまう。イエスは来てその段階の仕事をしたが、それは神のすべてを代表するのではない。彼はしるしや奇跡をいくらか行い、言葉を少しばかり言い、最後に十字架につけられたのであり、彼は神の一部分を代表することができるが、神のすべてを代表することはできず、彼は神を代表して一部分の仕事をしたのである。なぜなら、神はとても奇しく、非常に偉大で、究められないのであり、神は一つの時代に一部分の仕事だけするのだからである。今の時代に神のする仕事は、主に人に命の言葉を供給し、人の本性の本質及び堕落した性質をさらけ出し、人の宗教的観念、封建的思想、古い思想を取り除くことである。人の知識、文化、これらはみな神の言葉のさらけ出しによって清められなければならない。世の終わりに、神は言葉で人を完全にするのであって、しるしや奇跡で人を完全にするのではなく、言葉を言うことによって人を明らかにし、裁き、罰し、完全にして、人が神の言葉の中から神の知恵を見、神の愛しさを見、神の性質を知り、神の言葉を通して神の業を見ることができるようにする。律法時代に、ヤーウェは言葉を言うことによってモーセをエジプトから導き出し、イスラエルの民に言葉を少しばかり言い、その時に神の一部分の業を現した。人の素質には限りがあり、どうしても全面的に認識することができなかったから、神は引き続き話し、引き続き働いたのである。恵みの時代に人はまた神の一部分の業を見た。つまりイエスはしるしや奇跡を行ない、病気を治し、悪霊を追い出すことができ、十字架につけられ、三日後に復活し、肉体を帯びて人に現れることができるということである。人はこれぐらいしか知ることができなかった。人がどの程度まで神の業を知ることができるかは神が現す程度によるのである。もし神が引き続き現さないと、人は神をその程度に定義してしまう。だから神は、人の認識がさらに深まって、次第に神の本質を知ることができるように、引き続き働くのである。神は言葉で人を完全にする。あなたの堕落した性質は神の言葉によってさらけ出され、あなたの宗教的観念は神の実際に取って代わられる。神が世の終わりに言が肉体となったのは、主に「言葉が肉体となり、言葉が肉体の中に来、言葉が肉体で現れる」という言葉を成就するためである。もしこの面ではっきりした認識がなければ、やはり立っていられない。神は世の終わりに、主に言葉が肉体で現れるという仕事を成就する。これは神の経営計画の中の一部分の仕事である。だから、神がどのように働いても、神は人が彼を定義することを許さないのを、あなたたちははっきり知らなければならない。もし世の終わりに神がこの仕事をしなければ、人の認識はある程度に留まってしまう。神は十字架につけられることができ、ソドムを滅ぼすことができ、イエスは死人の中から復活して、ペテロに現れることができた……あなたはこれらを知っているだけで、神の言葉がすべてを成就し、人を征服することができるのを語り出せない。あなたが神の言葉を経験しなければ、これらの認識を語り出すことはできない。あなたの経験した神の働きが多ければ多いほど、神に対する認識が深くなるのであり、そうすれば神を自分の観念の中に定義することはない。人は神の働きを経験してこそ神を知ることができる。これは神を知る唯一の正しい道である。今、多くの人は何もしないで、もっぱらしるしや奇跡を待ち、大きな災いがいつ注がれるのかを待っているだけである。では、あなたが信じるのは神であるか、それとも大きな災いであるか。大きな災いが注がれる時になったら、すべてがおしまいである。神が大きな災いを注がなければ、神ではないとでもいうのか。あなたが信じるのはしるしや奇跡であるか、それとも神自身であるか。イエスはほかの人にからかわれた時、しるしや奇跡を行なわなかったが、そのために彼が神ではないとでもいうのか。あなたはしるしや奇跡を信じるのか、それとも神の本質を信じるのか。人の神を信じる観点はみな正しくない!律法時代にヤーウェはたくさんの言葉を言ったが、一部の言葉は今になっても実現していない。では、あなたはヤーウェが神ではないと言えるのか。

今あなたたちがはっきり知るべきことは、神は世の終わりに主に「言葉が肉体となる」という事実をなし遂げ、彼は実際に地上で働くことによって、人が彼を知り、彼と接触し、彼の実際の業を見ることができるようにし、時代によって神がしるしや奇跡を行なうことができる時もあれば、しるしや奇跡を行なうことができない時もあることを、人にはっきり見せる。ここから分かることは、神はしるしや奇跡を行なうことができないのではなくて、仕事や時代が異なるため働き方も異なることである。今のこの段階の仕事の中で神はしるしや奇跡を行なわない。イエスの時代には神はしるしや奇跡をいくらか行なった。それは、その時代の仕事が異なるからである。今日神はその仕事をしない。それで、ある人は神はしるしや奇跡を行なうことができないと思っているか、或いはしるしや奇跡を行なわないのは神ではないと思っている。これは間違った考えではないか。神はしるしや奇跡を行なうことができるが、仕事の時代が異なるため、彼はそれらの仕事をしない。時代が異なり、働く段取りが異なるため、神が現す業も異なる。人が神を信じるのは、しるしや奇跡を信じるのではなく、力ある業などを信じるのでもなくて、神の新しい時代での実際の働きを信じるのである。神の働き方によって、人は神に対して認識を持つようになり、これらの認識によって、人は神を「信じる」ようになった。つまり神の働きを信じ、神の業を信じたのである。神はこの段階の仕事の中で主に言葉を言うのだから、しるしや奇跡を見ようと思うな、見ることができない!それはあなたが恵みの時代に生まれたのではないからである。もしあなたが恵みの時代に生まれたのなら、しるしや奇跡を見ることができたが、あなたは世の終わりに生まれたのだから、神が実際で、正常であることしか見られない。世の終わりに、超然たるイエスを見ようと思うな。あなたは正常な人と全く同じな、受肉した実際の神しか見られない。神は時代ごとに彼の異なった業を現し、一つの時代に神の一部分の業を現し、時代ごとの仕事は神の一部分の性質を代表し、神の一部分の業を代表する。神の働く時代によって、彼が現す業も違う、要するに、それはみな、人の神に対する認識が深まって、人の神に対する信仰がさらに着実になり、さらに真実になるためである。人が神を信じるのは神のあらゆる行いのゆえである。神はとても奇しく、非常に偉大かつ全能であり、計り知れないのだから、人は彼を信じるのである。もしあなたが、神がしるしや奇跡を行なうことができ、病気を治し、悪霊を追い出すことができるため神を信じるなら、あなたの観点は正しくない。では、ある人はこう言うだろう、「邪悪な霊もこれらができるのではないか。」これは神の姿とサタンの姿を混同したのではないか。今日人が神を信じるのは、神のたくさんの業のゆえであり、神のたくさんの働き、たくさんの話し方のゆえである。神は言葉を言うことによって人を征服し、完全にする。人は神のたくさんの業のゆえに彼を信じるのであって、彼がしるしや奇跡を行なうことができるため彼を信じるのではなく、神の業を見た後、彼のことを知るのである。神の実際の業を知り、神がどのように働くか、どんな知恵的な方式を使うか、どのように話すか、どうやって人を完全にするかを知ってこそ、あなたは神の実際を知ることができ、彼の性質をいくらか知ることができる。彼は何を喜ぶか、何を嫌うのか、人の身にどのようにするのか。あなたは神が何を嫌い、何を喜ぶかを知ることによって、何が積極的な物事で、何が否定的な物事であるかを見分け、神を知ることによって、あなたの命が成長するようにすべきである。要するに、あなたは神の働きを認識しなければならず、神を信じる観点を正さなければならない。