神の声を聴いてキリストを認識する

堕落した人は神を代表することができない

人はずっと闇の力の覆いの下に生きているのであり、サタンの支配に縛られていて、解放されることができず、しかも人の性質はサタンに加工されてますます堕落した。人はずっと堕落したサタン的性質の中に生きていて、本当に神を愛することができないと言ってもいい。だから、人が神を愛しようと思うなら、必ず独りよがり、高ぶり、傲慢、自大などなど、サタンに属するすべての性質を脱ぎ捨てなければならない。さもないと、人の愛はみな混じり気のある愛であり、みなサタンの愛であって、決して神に良しとされることができない。もし聖霊に直接完全にされず、対処されず、砕かれず、手入れされず、懲らしめられず、打たれず、精錬されなければ、神を本当に愛することができる人は一人もいない。もしあなたが、あなたの一部分の性質は神の性質を代表するから、本当に神を愛することができると言うなら、あなたは傲慢な言葉を言う人であり、でたらめな人であり、このような人は天使長である!人の天性は直接神を代表することができないのである。神に完全にされてそれを脱ぎ捨ててから、神の心を思い、神の心を満足させ、しかも聖霊の働きを経験することによってこそ人の生かし出しは神に良しと認められることができる。聖霊に使われている人以外には、肉体の中に生きている人で、神を直接代表できる者は一人もいない。しかしこのような人でも彼の性質、彼の生かし出しは完全に神を代表するのだとは言えず、彼が生かし出すのは聖霊に支配されるのだとしか言えず、この人の性質も神を代表できない。

人の性質が全部神に定められたのは、疑う余地のないことであり、これは肯定的な物事だと言えるが、人の性質はサタンに加工されたのだから、人のすべての性質はサタンの性質なのである。ある人はこう言っている、「神が事を行う時一は一、二は二である。これは神の性質である。わたしもこのような現れがあり、わたしの性格もこのようだから、わたしのこの性質は神を代表するのである。」これはどんな人であるか。堕落したサタン的性質が神を代表できるか。もしだれかが彼の性質は神を代表すると言うなら、この人は神を冒涜しているのであり、これは聖霊に対する侮辱である!聖霊の働き方から見れば、神が地上でしている仕事はただ征服の仕事である。だから、堕落したサタン的性質の多くはまだ清められていなくて、人が生かし出すのはやはりサタンの姿であり、人のよい行いであり、それは人の肉体の業を代表するのであり、もっと正確に言えばサタンを代表するのであって、決して神を代表できない。たとえ、神を充分な程度まで愛して、地上で天にいるような生活を享受することができ、また「神よ、わたしは何よりもあなたを愛しています」と言うことができ、しかもそれが最高の域に達したとしても、彼が神を生かし出し、神を代表するとは言えない。なぜなら人と神の本質は異なっており、人は永遠に神を生かし出すことができず、さらに神になることができず、聖霊の支配による人の生かし出しもただ人に対する神の要求に基づくのだからである。

サタンのあらゆる行為が人の身に現されていて、今、人のあらゆる行為はサタンの発表である。だから人は神を代表できない。人はサタンの化身であって、人の性質は神の性質を代表できない。ある人は性格がよくて、神は彼の性格を通していくらかの仕事をする。彼のする仕事は聖霊に支配されているのであるが、彼の性質は神を代表できない。神が彼の身にするのはただ彼の実情に応じて彼の長所を生かすだけである。世々から、預言者であれ、神に使われる人であれ、直接神を代表できる人は一人もいない。人はみな環境に迫られて神を愛するのであり、自分自身の努力で協力する人は一人もいない。何が積極的な物事であるか。直接神から来るのはみな積極的な物事である。しかし人の性質はみなサタンに加工されたのだから、神を代表できない。受肉した神の愛、苦しみを受ける志、義、従順、へりくだり、隠蔽こそ直接神を代表するのである。それは彼が来た時、罪の性質を帯びず、直接神から来たのであり、サタンに加工されなかったからである。イエスは罪の肉と同じ姿だけがあって、罪を代表しないのであった。だから、彼のあらゆる行為、一言一行、さらには十字架につけられて仕事を成就する前に(十字架につけられた時を含める)したこと及び彼のすべては直接神を代表したのである。イエスの例は、罪の性質を帯びている者はみな神を代表できず、人の「罪」はサタンを代表し、つまり、罪は神を代表せず、神には罪がないということを十分に証明する。たとえ人が聖霊の働きによってした仕事でも、それは聖霊に支配されてしたのだと言えるだけで、神を代表してしたのだとは言えない。しかし人自身から言えば、その罪も性質も神を代表できない。今まで聖霊が人の身にした仕事から見れば、ほとんどは聖霊が人の身に働いたのである。そのため人は生かし出しを持つようになった。だが、これは一方だけの働きであり、聖霊に対処され、懲らしめられた後、真理を生かし出すことができる者はほとんどいない。つまり、聖霊の働きの要素があるだけで、人の協力の要素が足りないのである、この点がはっきり分かったのか。では、聖霊が働いている時、あなたはどのように極力協力してあなたの本分を尽くすべきか。