神の声を聴いてキリストを認識する

第八章 各種類の人の落ち着き先、神の人に対する約束

関連する神の言葉は以下の通りである。
「何が裁きで、何が真理であるのか、あなたは分かったのか。もしあなたが分かったなら、わたしはあなたに、素直に裁きを受けるように勧める。さもないとあなたは永遠に神に良しと認められる機会がなく、永遠に神に神の国へ導き入れられる機会がない。裁きだけを受け入れるが、どうしてもきよめられることができない人たち、つまり裁きの仕事から逃れた人たちは永遠に神に見捨てられるのである。彼らの罪状がそれらのパリサイ人たちよりもっと重く、もっと多い。なぜなら、彼らは神を裏切ったのであり、彼らは神への反逆者だからである。仕える資格さえもないこれらの人たちはもっと重い懲罰、しかも永遠の懲罰を受けるであろう。神は、かつて口先で彼に忠誠を尽くしたが彼を裏切ったいかなる裏切り者も見逃すはずがなく、このような人は、霊・魂・体がすべて懲罰を受けるという報いを受けるであろう。これはまさに神の義なる性質の表現ではないか。これはまさに神が人を裁き、人を明らかにする目的ではないか。神は、裁きの間にさんざん悪事を働いた人々を邪悪な霊どもが群居する所に置き、それらに勝手に彼らの肉体を破壊させ、彼らの肉体は死体のにおいを発散している。これは彼らの当然の報いである。神はそれらの、忠実でない偽信徒、偽使徒、偽働き人たちの各種の罪状を一々彼らの記録簿に記録し、適切な時に彼らを汚れた霊の間に投げ込んで、汚れた霊に彼らの全身を勝手に汚させる。こうして彼らが永遠に人間に生まれ変わることができず、永遠に光を見ることができないようになる。神は、かつて一時仕えたが最後まで忠誠を尽くすことができない偽善者たちを悪人の間に置き、彼らを悪人に同調させて烏合の衆にならせ、最後には彼らを滅ぼす。神は、キリストに忠誠を尽くしたことがないか或いはどんな力もささげなかった人たちをそばに置いて、相手にせず、時代を変える時彼らを全部滅ぼす。こうして彼らはもう地上で生きられなくなり、神の国に入ることはなおさらできない。神は、真心をもって神を扱ったことがなく、やむを得ず神をごまかす人たちを、民のために仕える人の間に置く、彼らはわずかな一部分しか生き残られず、ほとんどの人が、仕えるにも不適格な人たちと一緒に滅ぼされる。最後に、神は神と心を一つにするあらゆる人、神の民、子たち及び神に祭司と定められた人たちを神の王国の中に導き入れる。これらはみな神が働いている間に得た結晶である。神が分けた部類に入ることができない人たちはみな異邦人の列に並べられる。彼らの結末はどうであるか、あなたたちは想像できるのである。わたしは言うべきことを全部あなたたちに言った。どんな道を選ぶべきかはあなたたち自身の選択によって決められるのである。あなたたちはこのような一言が分かるべきである。神の働きは今まで彼の歩調について行けないどんな人をも待ったことがなく、神の義なる性質はいかなる人に対しても情け容赦がないのである。」

             

「言葉が肉体で現れる・キリストは真理で裁きの仕事をする」より

「今はわたしがあらゆる人の結末を定める時であって、わたしが人に対して仕事をし始める段階ではない。わたしはあらゆる人の言葉と行為およびあらゆる人のつき従う歴程、本来の属性、あるいはその最後の表現を一つ一つわたしの記録簿に記す。こうして、どんな人でもわたしの手から逃れられず、みなわたしの按配によって各々その種類に従うようになる。わたしがある人の落ち着き先を定めるのは、人の年齢の大小に基づくのではなく、功労の大小に基づくのでもなく、どれほど苦しみを受けたかに基づくのでもなく、なおさらどれほどかわいそうであるかに基づくのでもなく、ただ真理があるかどうかに基づくのであり、これ以外にはほかの選択はない。あなたたちはみな分かるべきであるのは、神のみこころを行わない者は同じように懲罰を受けるのである。これはいかなる人も変えられないことである。だから懲罰を受ける人はみな神の義によって懲罰を受けるのであり、彼ら自身がさんざん悪事を働いたため報いを受けるのである。……

わたしの憐れみは、わたしを愛して自分を捨てる人に発されるのである。それらの悪人が受ける懲罰はまさにわたしの義なる性質の証拠であり、さらにわたしの激しい怒りの証しでもある。災難が下る時、わたしに反抗したあらゆる人は飢饉と疫病の中に落ちて泣き叫び、かつてわたしに長年つき従ったが、さんざん悪事を働いた人たちも罪の責任を逃れられず、同様に千万年稀有でまれに見る災難の中に落ち、びくびくして一日として安らかに日を送れない。しかし、わたしにつき従う完全に忠実な人たちは手をたたいて快哉を叫び、わたしの大能をほめたたえ、彼らの気持ちが表現できないほど楽しいのであり、わたしがかつてこの世に与えたことのない喜びの中に生きているようになる。なぜなら、わたしは人の善行を大切に思い、人の悪行をひどく恨むからである。人類を今まで導いてきたわたしは、わたしと心を一つにする一団の人を得ることを待ち望んでいるが、わたしと心を一つにしない人たちをわたしは忘れたことがなく、ずっと彼らを心に恨んでいる。ただ機会を待ってその悪行に報いて、心中の恨みを晴らそうとする 。今日わたしの日はついに来た。わたしはもう待つ必要がない! 

わたしが最後の仕事をするのは、人を懲罰するためだけではなく、人の落ち着き先を按配するためでもあり、さらに、わたしのあらゆる行いがすべての人に認められるためである。わたしはあらゆる人に、わたしのすることはすべて正しいのであり、わたしの性質の発現であり、人の業ではなく、なおさら大自然が人類を創造したのではなく、『わたし』が万物の中のあらゆる生き物をはぐくんでいるのであることを見せる。わたしの存在を失ったら、人類は滅びるしかなく、災いに襲われるだけであり、だれも再び美しい月日を見ることができず、だれも緑の世界を見ることができず、人類に直面するのはただ寒い闇夜と拒むことができない死の陰の谷だけである。わたしは人類の唯一の贖いであり、人類の唯一の希望であり、さらに全人類の生存の頼りである。わたしを失うと、人類はすぐ足踏みしているはずであり、わたしを失うと、人類は壊滅的な災難に遭い、さまざまな幽霊に踏みにじられるはずである。人がみなわたしを大事に思わないとしても。わたしはだれも代わりにすることができない仕事をした。ただ人が善行をもってわたしに報いることを望むのである。わたしに報いることができる人はとても少ないけれども、わたしはやはりこの世の旅を終わらせて、まもなく展開される次の段階の仕事をする。なぜなら、人の間で、わたしの長年の駆け回りはすでに結果を得て、しかもわたしが非常に満足しているからである。わたしが気にかけるのは人数の多少ではなく、人の善行なのである。要するに、わたしはあなたたちが自分の落ち着き先のために十分な善行を用意することを希望する。それでこそわたしは満足するのであり、さもないとあなたたちはみな災いの襲いから逃れられない。災いはわたしによって起こるのであり、もちろんわたしに支配されるのである。もしあなたたちがわたしの前に善しとされることができないなら、あなたたちはみな災難の苦しみから逃れられない。患難の中であなたたちのあらゆる行いは完全に適切だとは言えない。なぜなら、あなたたちの信仰と愛は中身がなく、ただこわがるか或いは強いだけだからである。わたしはこれについてとてもよい或いはよくないという評価をするだけである。わたしが関心を持つのは、やはりあなたたち一人一人のあらゆる行いとあらゆる表現であり、わたしはそれによってあなたたちの結末を定めるのである。しかし、わたしがやはり声明したいのは、患難の中で少しでもわたしに忠実でなかった人たちには、わたしはもう憐れみを施さない。なぜなら、わたしは彼らにこれほど憐れみしか施さないからである。しかもわたしはかつてわたしを裏切ったいかなる人も嫌い、友達の利益を売り渡す人と交際することをなおさら嫌うのである。これはわたしの性質である。その人がだれであっても。わたしがあなたたちに教えたいのは、わたしの心をひどく痛めた人はだれでももう一度わたしに許されることはなく、わたしに忠実な人はだれでも永遠にわたしの心に残る。」

 

「言葉が肉体で現れる・あなたの落ち着き先のために十分な善行を用意すべきである」

「王国は人の間で拡大され、人の間で形づくられ、人の間で建てられる。いかなる勢力もわたしの王国を崩すことができない。今日の王国の中の民であるあなたたちは、だれが人の中の一員ではないか、だれが人の状態にないのか。わたしの新しい始まりが公布される時、人はどんな反応があるだろう。あなたたちはこの世の状態を自分の目で見たのに、まだ、この世でとこしえに生きるという考えを捨てないのか。わたしは今、すべての民の間を歩いており、すべての民の間で生活している。今日、わたしに対して本当の愛を持つような人は幸いであり、わたしに従順な人は幸いであり、必ずわたしの国に残る。わたしを認識する人は幸いであり、必ずわたしの王国の中で権力を握る。わたしを追い求める人は幸いであり、必ずサタンの束縛から逃れて、わたしによる祝福を享受する。自分を裏切ることのできる人は幸いであり、必ずわたしに占有されて、わたしの国の中の豊富を受け継ぐ。わたしのために走る人を、わたしは心に留め、わたしのために費やす人を、わたしは喜んで受け入れ、わたしのためにささげる人には、わたしは享受するものを与え、わたしの言葉を享受する人はわたしに祝福され、必ずわたしの国の大黒柱になり、わたしの家で必ずきわめて豊富であり、だれも彼らと比べられない。あなたたちに対する祝福はあなたたちは受け入れたのか。あなたたちに対する約束はあなたたちは追い求めたのか。あなたたちは必ずわたしの光の導きの下で、暗やみの勢力の抑圧を突き破り、必ず暗やみの中で光の導きを失わず、必ず万物の中で主人になり、必ずサタンの前で勝利を得る者になり、必ず大赤竜の国が倒れる時に万人の間に立って、わたしが勝利を得た証拠になり、秦の国の地であなたたちは必ず強くて揺るがず、受けた苦しみのゆえにわたしによる祝福を受け継ぎ、必ず全宇宙の下でわたしの栄光を現すであろう。」

 

「言葉が肉体で現れる・第十九篇の言葉」

「王国はわたしの言葉が完全になっていくにつれて、次第に地上で形づくられ、人も次第に正常に復する。こうして、わたしの心の中の王国は地上で打ち立てられる。王国の中で、あらゆる民は正常な人の生活に復する。氷のように冷たい冬がもうなくなり、常春の春城の世界が現れる。人はもうこの世の物寂しさに触れず、もうこの世の寒さを耐え忍ばない。人と人は争わず、国と国は戦わず、惨殺する光景がもうなくなり、惨殺される者の血が流れることはもうなくなり、全地は喜びの雰囲気に満ちており、至る所はこの世の温かい雰囲気に満ちあふれている。わたしは全地を歩いており、玉座の上で享受しており、もろもろの星の間で生活している。天使はわたしのために新しい歌、新しい踊りをささげ、もはや自分自身の『もろさ』のゆえに顔じゅう涙にぬれることはない。わたしの前には、もう天使の泣く声が聞こえず、もうわたしに苦衷を訴える人はいない。今日、あなたたちはみなわたしの前で生活し、明日、あなたたちはみなわたしの国の中で生きている。これはまさにわたしが人に与える最も大きな祝福ではないか。」

                 

「言葉が肉体で現れる・第二十篇の言葉」より

「安息の中の生活とは、戦いがなく、汚れがなく、不義が残されていない生活であり、つまり、サタン(すなわち敵勢力)のかき乱しがなく、サタンの堕落がなく、神に敵対するいかなる勢力の侵擾もなく、万物がおのおのその種類に従い、造物主を礼拝し、天上も地上も平和になることである。これは人類が安息に入った後の生活である。神が安息の中に入った時、地上にはもうどんな不義も残されておらず、もういかなる敵勢力の侵擾もなくなり、人類も新しい境地の中に入り、それはもはやサタンに堕落させられた人類ではなく、サタンに堕落させられた後救われた人類である。人類が安息する日は、神が安息する日でもあり、神は人類が安息の中に入ることができないため、安息を失ったのであり、最初から安息がなかったのではない。安息の中に入ることは、万物の活動が止まり、或いは万事の発展が止まることを意味しているのではなく、神がもう働かず、人がもう生活しないことを意味しているのでもない。安息に入ったことのしるしは、サタンが滅ぼされ、サタンに同調する悪人たちがみな懲罰を受けて滅ぼされ、神に敵対するすべての勢力がもう存在しないことである。神が安息の中に入ることは、神がもう人類を救う仕事をしないことを意味している。人類が安息の中に入ることは、全人類がみな神の光の中に生き、神の祝福の下に生き、サタンの堕落がなく、不義な事も起こらず、人類がみな神の顧みの下に生きて、地上で正常に生活することを意味している。神と人が一緒に安息に入るということは、人類が救われ、サタンが滅ぼされ、人の身での神の仕事が全部終わり、神が人の身に働き続けず、人ももうサタンの支配下に生きないということを意味している。それゆえに、神はもう忙しく働かず、人はもう忙しく駆け回らず、神と人は同時に安息の中に入るようになる。神はもとの位置に戻り、人もそれぞれ各自の位置に復し、これは全経営が終わった後の、神と人の各自の落ち着き先である。神には神の落ち着き先があり、人には人の行くところがある。神は安息の中で続けて全人類が地上で生きるのを導き、人は神の光の中で天の唯一の真の神を礼拝する。神は人の間で住まず、人も神と一緒に神の落ち着き先の中で住むことができず、神と人は同じ境地の中で生活することができず、それぞれ自分の生活様式を持つようになる。神は全人類を導く者であり、全人類は神の経営の仕事の結晶であり、導かれる者であり、神の本質と同じなのではない。『安息』の原意は、もとの位置に復帰するということである。だから、神が安息に入るとは、神がもとの位置に復帰し、もう地上で生活せず、もう人の間で人と苦楽を共にしないことである。人が安息に入るとは、人がみな本当の被造物になり、地上で神を礼拝し、しかも人類の正常な生活を持ち、もう神に背かず、逆らわず、最初のアダム、エバの生活に復することである。これは、神と人が安息の中に入った後の、各自の生活と落ち着き先である。サタンが打ち負かされることは、神とサタンとの戦いの必然的趨勢である。こうして、神は経営の仕事が終わった後安息の中に入り、人は完全に救われて安息の中に入ることも必然的趨勢になった。人の安息のところは地上にあり、神の安息のところは天にある。人は安息の中で神を礼拝し、地上で生きるのであり、神は安息の中で生き残った人類を導き、それは地上で導くのではなくて、天で導くのである。神はやはり霊であり、人はやはり肉体であり、神と人はおのおの異なる安息のし方がある。安息の中で、神は人の間に来て人に現れ、人は神に天に連れられて遊覧し、しかも天の生活を享受する。神と人が安息の中に入った後、サタンはもはや存在せず、それらの悪人たちもサタンと同じようにもはや存在しない。神と人が安息の中に入る前に、地上で神を迫害したことのある悪者たち、地上で不従順なことを行なった神の敵たちはすでに滅ぼされ、彼らは世の終わりの大きな災難によって滅ぼされたのである。それらの悪者たちが徹底的に滅ぼされた後、人の間にはもうサタンのかき乱しがなくなり、その時こそ人類が完全に救われ、神の仕事が完全に終わる。これは神と人が安息の中に入る前提である。」

            

「言葉が肉体で現れる・神と人は一緒に安息の中に入る」

「本当に神を愛する人は、神について証しすることができる人であり、神の仕事のために全力を尽くすことができる人である。だから、この人たちは天下をあまねく歩き回ることができ、しかもだれも敢えて逆らわない人であり、地上で王権を握ってすべての民を支配することができる人である。この人たちは、世界の諸方から集まってきた人であり、世界の諸方から来た、言葉と肌の色が異なるが、生存の意義と神を愛する心は同じである人であり、同じ証しのある人であり、共通の志と望みのある人である。神を愛する人は天下をあまねく歩き回ることができ、神を証しする人は全宇宙を縦横無尽に駆け回ることができ、このような人はみな神に愛される人であり、神に祝福される人であり、このような人は永遠に神の光の中に生きるであろう。」

                

「言葉が肉体で現れる・神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる」

「神が完全にする人はみな神の祝福を受け継ぎ、神の嗣業を受け継ぐ者であり、すなわち神の所有、所是を受け入れ、自分の内の所有物とするし、神の言葉がすべて自分の内につくり込まれるようにして、神の所是をそのまま受け入れ、それによって真理を生かし出すのである。これが神に完全にされた人であり、神に得られた人である。このような人こそ神が与えた次のような祝福を受け継ぐ資格を持つことができる。
1.神のすべての愛を得る。
2.行なうことは全部神の心にかなう。
3.神の導きを得て、神の照らしの下で生き、神の啓きを得る。
4.地上で神に愛される姿を生かし出し、ペテロのように心から神を愛し、神のために十字架につけられ、しかも死で神の愛に報いる資格があり、ペテロのような栄光がある。
5.地上で人々から恋い慕われ、敬服され、羨まれる。
6.すべての死の陰の支配に打ち勝ち、サタンが働く機会がなく、神に占有され、新鮮で、活発な霊の中で生きて、飽き飽きしない。
7.神の栄光の日の到来を見たかのように、一生いつでも語り出せない興奮、感動を覚える。
8.神と共に栄光を受け、顔は神に愛される聖なる者の顔のようである。
9.地上で神に愛される者、すなわち神の愛する子になる。
10.姿が変わって神と共に第三の天に昇り、肉体を超越する。」

              

「言葉が肉体で現れる・完全にされる人に対する約束」より

「人類が永遠の落ち着き先の中に入る時、人はみな造物主を礼拝するようになり、人が救われて永世の中に入ったから、人はもう何かを目標として追い求める必要がなく、なおさらサタンの包囲攻撃を心配する必要がない。その時、人はみな「おのれの本分を守り」、自分の本分を尽くし、刑罰、裁きがなくても、おのおの自分の本分を尽くす。その時、人の身分と地位はみな被造物と呼ばれ、もう地位の区別がなくなり、ただ果たす機能が異なるだけである。しかし、人はやはり秩序だった人類の適切な落ち着き先の中に生きており、人はみな造物主を礼拝するために各々の本分を尽くし、このような人類は永世の中の人類である。その時、人が得るのは神に照らされる生活であり、神に顧みられる生活であり、神に守られる生活であり、人は神と共に生活し、人類は地上で正常な生活を持つようになり、全人類は正しい軌道に乗ったのである。」

  

「言葉が肉体で現れる・人の正常な生活を回復して人をよい落ち着き先に導き入れる」より

「征服の仕事が終わった後、人類はよい天地の中に導き入れられる。もちろん、この生活はやはり地上でするのであるが、今の人の生活とは大いに異なる。この生活は全人類が征服された後の生活であり、この生活は人類の地上でのもう一つの新しい始まりであり、人類にこのような生活があるのは、人類がもう一つの新しくてよい境地の中に入ったことを証明し、それは神と人との地上での生活の始まりである。このようなよい生活を得る前提は、人がきよめられ、征服されてから造物主の前に服従することである。だから、征服の仕事は、人類がよい落ち着き先に入る前の最後の段階の仕事である。人類はこのような生活を持つようになり、これは今後の地上での生活であり、地上でいちばん美しい生活であり、人が憧れる一種の生活でもあり、有史以来人がいまだかつて送ったことのない一種の生活である。それは六千年の経営の仕事の最終の効果であり、人類がいちばん待ち望んでいるものであり、神が人に与えた約束でもある。しかし、この約束が成就されるのは一定期間後のことである。終わりの時のこの段階の仕事がやり遂げられ、人が徹底的に征服された後、すなわちサタンが徹底的に打ち負かされた後、人類は以後の落ち着き先に入るのである。人は精錬を受けた後、罪の性質がなくなる。というのは、神がサタンを打ち負かし、つまりどんな敵勢力も侵擾できなくなったからである。どんな敵勢力も人の肉体を攻撃することができなくなったら、人は自由になり、またきよくなり、これは永世の中に入った人である。暗やみの敵勢力が縛られ、人がどこへ行っても自由になってこそ、人の不従順も反抗もなくなる。サタンが縛られたら、人は自由を得るのである。今、人が自由を得ていないのは、サタンがやはり地上のあちこちでかき乱しているからであり、全経営がまだ終わりを告げていないからでもある。サタンが打ち負かされたら、人は徹底的に解放される。人が神を得、サタンの支配下から出てきたら、義の太陽を見たのである。正常な人が持つべき生活はみな回復されなければならない。たとえば、どのように善悪を見分けるか、どのように食べ、着るかが分かり、正常に住居することができるなど、これらの、正常な人が持つべきものはみな回復されなければならない。」

  

「言葉が肉体で現れる・人の正常な生活を回復して人をよい落ち着き先に導き入れる」より

「人類が地上で本当の人の生活を持ち、サタンの勢力も全部縛られたら、地上での人の生活は相当気楽になり、今のように複雑ではない。人間関係とか、交際関係とか、複雑な家庭関係などは煩わしすぎ、苦しすぎる!その中に生きている人は悩みが多すぎる!人が征服された後、人の心と人の思想はみな変わり、神を畏れる心を持つようになり、神に対する愛も持つようになる。全宇宙の下の、神を愛するのを追い求める人がみな征服された後、すなわちサタンが打ち負かされた時、サタンが縛られ、つまりすべての暗やみの勢力が縛られ、人の地上での生活は何にもかき乱されなくなり、人はみな自由自在に地上で生活することができる。もし人の生活の中で肉体の関係がなくなり、肉体上のそれらの複雑なことがなくなったら、ずっと気楽になる。人と人の肉体における関係は複雑すぎる。人にこれらのものがあることは、人がまだサタンの支配から逃れていないことを証明する。兄弟姉妹との関係がみな同じであり、ふだんは家族との関係もみな同じであるなら、あなたは何の悩みもなくなり、だれをも心配しなくなり、これに越したことはない。それなら、人の苦痛は半分軽減される。人は地上で正常な人の生活をする時、天使のようであり、やはり肉体を持っているけれども、天使とほとんど同じである。これは最後の約束であり、最後に人に与える約束である。」

  

「言葉が肉体で現れる・人の正常な生活を回復して人をよい落ち着き先に導き入れる」より