神の声を聴いてキリストを認識する

第五章 神の受肉に関する真理を認識しなければならない

4 堕落した人類には言が「肉体」となった神の救いがもっと必要である。(神の言葉全篇選録)

堕落した人類には言が「肉体」となった神の救いがもっと必要である

神が言が肉体となったのは、彼の働きの対象がサタンに堕落させられた、肉体に属する人であって、サタンの霊ではなく、肉体に属さないある種のものでもないからである。人の肉体が堕落させられたからこそ、彼は肉体に属する人を彼の働きの対象とした。さらに、人が堕落させられた対象であるから、彼はどの段階の救いの仕事をするにも人を選んで彼の唯一の働きの対象とするのである。人は肉体凡胎であり、血肉に属するものであるが、神は人を救うことができる唯一の対象である。こうして、神が仕事をするには、人と同じ属性のある肉体となって仕事をする必要がある。それは、よりよい働きの効果を収めることができるためである。人は肉体に属するものであり、しかも人は罪に打ち勝ち、肉体の束縛を脱する力がない。だからこそ、神が仕事をするには必ず肉体となって働かなければならない。神の言がなった肉体の本質、身分は人の本質、身分と大いに違うけれども、彼の外貌から見れば、人と同じである。彼には正常な人の外貌があり、正常な人性の生活があり、人は全然彼が正常な人と違う所があることに気付くことができず、この正常な外貌、この正常な人性だけで、彼は十分に正常な人性における彼の神性の仕事をすることができる。彼の肉体は、正常な人性における彼の仕事に有利であり、人の間での彼の仕事に有利であり、彼の正常な人性はなおさら、人の間での彼の救いの仕事に有利である。彼の正常な人性は人の間で少なくない風波を起こしたけれども、これらの風波は決して彼の働きの正常な効果に影響しない。要するに、彼の正常な肉体の働きは人にとってやはり極めて有益である。多数の人がみな彼の正常な人性を受け入れられないにもかかわらず、彼の働きはやはり効果を収めることができる。しかもこの効果は正常な人性によって達成するのである。これは疑う余地のないことである。彼が肉体の中で働いて人に得させるものは、彼の正常な人性に対する人の観念を十倍、何十倍もはるかに上回る。これらの観念は最後にはみな彼のする仕事に埋もれるはずであり、仕事によってもたらされる効果、すなわち人の彼に対する認識の量は彼に対する観念の量をはるかに上回る。肉体における彼の仕事は、想像できず、また計り知れないのである。なぜなら、彼の肉体はいかなる肉的な人の肉体とも異なり、その殻は同じであるが本質は同じでないからである。彼の肉体のゆえに、人は神に対していろいろの観念を持つようになるが、彼の肉体はまた人にいろいろの認識を得させることができ、彼の肉体は、彼と同じような殻を持つすべての人を征服することさえできる。というのは、彼はただ一人の人間ではなく、人の殻を持つ神だからである。彼を完全に究められる人はおらず、彼を完全に理解できる人は一人もいない。見ることも触れることもできない神はあらゆる人に敬愛され、歓迎されるのである。もし神がただ人が見ることができない霊であれば、人が神を信じるのはとても容易であり、人は自身がうれしくなり、いい気分になるように、勝手に想像し、自由に自分の好きな姿を選んで神の姿とすることができる。こうして、人は何のはばかるところもなしに自分の「神」がいちばん好きで、いちばんしたいことをすることができ、しかも人はみな自分自身だけがいちばん「神」に忠実で、いちばん敬虔な人であり、ほかの人はみな異邦の犬であり、みな神に忠実でない人だと思っている。こう言ってもいいが、漠然とした中で、教理の中で神を信じる人はみなこのように追い求めており、彼らの追求の仕方は大同小異で、そんなに大きな違いがないのであり、ただ各人の想像の中の神の姿がそれぞれ異なるだけで、その本質はみな同じである。
人は自由に神を信じる時、みな憂いも悩みもないのであり、自分の好きなように信じているのである。これは「人権の自由」であり、だれも干渉できない。なぜなら、人が信じるのはみな自分の神であって、ほかの人の神ではなく、人の私有財産であり、ほとんど誰でもこのような私有財産を持っているからである。この財産は人から見ればかなり貴重であるけれども、神から見ればいちばん卑しくて、いちばん価値がないものである。なぜなら、人のこの私有財産はまさに神と対立するいちばん明らかなものだからである。神が言が肉体となって働くのだからこそ、神は形も姿も持っている、人が触れることも見ることもできる肉体となり、決して形も姿もない霊ではなく、人が接触することも見ることもできる肉体である。しかし、人の信じる神はほとんど、形も姿もないが、自由な姿がある、肉体ではない神である。そこで、言が肉体となった神は大多数の、神を信じる人の敵になった。同様に、神が言が肉体となったという事実を受け入れられない人たちは神の敵になった。人に観念があるのは、人の思惟のゆえではなく、人の不従順のゆえでもなく、人のこの私有財産のゆえである。多数の人はこの財産のゆえに命を失う。人が信じている、触れることも見ることもできない、事実上存在しない、漠然とした神が人の命を失わせたのである。言が肉体となった神ではなく、なおさら天の神でもなく、人自身が想像した「神」が自分の命を失わせたのである。言が肉体となった神が肉体の中に来たのは完全に、堕落した人の必要のゆえであり、それは人の必要のゆえであって、神の必要のゆえではなく、このすべての代価と苦しみはみな人類のためであって、神自身の利益のためではなく、神には得失と報酬という言い方がない。彼が得るのは決して彼が後で収穫するものではなくて、彼がもとから持つべきものである。彼が人類のためにしたすべて、払ったすべての代価は決して彼がもっと多くの報酬を得るためではなく、ただ人類のためなのである。肉体の中で働く時、人が想像しがたい困難がたくさんあるけれども、最終的に肉体が働いて収める効果はやはり霊が直接働く効果をはるかに上回る。肉体が働く時、かなり多くの困難があり、霊のような偉大な身分を持つことができず、霊のように非凡な業を行なうことができず、なおさら霊のような権威を持つことができないが、この目立たない肉体の働きの本質は、霊が直接働くことの本質よりはるかに高く、この肉体そのものはあらゆる人の必要である。救われる人にとっては、霊の使用価値は肉体の使用価値にはるかに及ばない:霊の働きは全宇宙に行き渡り、山河と湖に及ぶことができるが、肉体の働きはいっそう有効に彼と接触する一人一人に及ぶことができる。しかも形も姿も持っている肉体は、人の理解と信任をもっと得ることができ、人の神に対する認識をもっと深めることができ、神の実際の業に対する人の印象をもっと深めることができる。霊の働きは神秘的で測り知れないのであり、凡人が予測できず、なおさら見ることができなくて、根拠なしに想像するしかない。肉体が働くとき、正常で実際的であり、しかも豊富な知恵があり、それは凡人が自分の目で見ることができる事実であり、人はみな自ら神の働きの知恵を味わうことができ、まったく豊富な想像を働かせる必要がない。これは肉体の神の働きの正確性と実際の価値である。霊は、人には見えず、また想像しがたいようなことしかできない。例えば霊の啓き、霊の感動、霊の導きである。だが、大脳の思惟のある人にとっては、霊のこれらの働きは決して人に明確な意思を与えられず、一つの感動または大体の意思を与えられるだけで、言葉で指示することはできない。しかし、肉体における神の働きはそれと大いに異なる。肉体が働くとき、正確な言葉による導き、明確な心意があり、明確に要求する目標もあり、人は模索する必要がなく、想像する必要もなく、なおさら推測する必要がない。これは肉体の働きの明確性であり、霊の働きと大いに異なる。霊の働きは一部分の限られた範囲に適応できるだけで、肉体の働きに取って代わることができない。肉体が働くとき、人に要求するはっきりした目標と、人が得る認識の実際の価値は、霊の働きの正確性と実際の価値をはるかに超えている。堕落した人にとって、はっきりした言葉、明確な追求目標、見ることも触れることもできる働きだけがいちばん価値のある働きである。現実の働き、適時の導きだけが人の好みに合い、実際の働きだけが人を、腐敗し、堕落した性質の中から救い出すことができる。だが、これらは言が肉体となった神だけができるのであり、言が肉体となった神だけが人を、腐敗し、堕落した古い性質の中から救い出すことができる。霊は神の本来の本質であるけれども、このような仕事は肉体によってこそやり遂げることができ、もし霊が単独で働くなら、働きの効果を収めることができない。これは明らかな事実である。この肉体のゆえに、大多数の人は神の敵になったけれども、この肉体が彼の仕事を全部終わらせる時、彼と敵対する人たちはもう彼の敵ではなくなり、かえって彼の証人になり、彼に征服された証人になり、彼に味方し、彼を離れられない証人になる。彼は、肉体のする仕事が人に対する重要性を、人に知らせるはずである。人はこの肉体が人の生存の意義に対する重要性を知るはずであり、また、この肉体が人の命の成長に対する実際の価値を知るはずであり、さらにこの肉体がなんと人が離れられない命の生ける泉になることを知るはずである。神の言がなった肉体は彼の身分、地位と大いに異なり、人から見れば彼の実際の身分とは全く相容れないようである。しかし、神の本来の姿を帯びておらず、神の本来の身分を持っていないこの肉体は神の霊が直接できない仕事をすることができる。これは神が言が肉体となった本来の意義と価値である。だが、この意義と価値はまさに人が受け入れられず、認められないものである。人がみな神の霊に対して仰ぎ見る態度を取り、神の肉体に対して見下ろす態度を取るけれども、人がどう見ても、どう思っても、肉体の実際の意義と実際の価値は、霊の実際の意義と実際の価値をはるかに超えている。もちろん、これはただ堕落した人類に対して言ったのである。真理を求め、神の出現を渇仰するあらゆる人にとっては、霊の働きは人に感動または黙示しか与えられず、人に奇しくて測り知れず、想像しがたい神秘的な感じ、偉大で、非凡であり、だれでも敬慕するがだれでも到達できず、だれでも手が届かないという感じしか与えられない。人と神の霊ははるかに互いを見ることしかできず、とても遠く離れているようであり、しかも永遠に同じになることができず、人と神の間には一種の目に見えない壁があるようである。事実上、これはただ霊が人に与える錯覚であり、この錯覚が起こるのは、ただ霊と人が同類ではなく、霊と人が永遠に同じ世界の中に一緒にいることができないからであり、また霊が人の具備しているものを少しも具備していないからである。したがって、人にとっては霊が人の必要ではない。なぜなら、霊は人がいちばん必要とする仕事を直接することができないからである。肉体の働きは人に実際の追求目標を与え、人に明確な言葉を与え、人に「実際的」で「正常」であるという感じを与え、人に「謙遜」で「平凡」であるという感じを与える。人は恐れを感じるけれども、多数の人から見れば、彼はやはり相当接触しやすく、人は彼の顔を見ることができ、彼の声を聞くこともでき、人と彼ははるかに互いを見る必要がない。この肉体が人に与える感じは近いのであって、はるかに遠いのではなく、測りがたいのではなくて、見ることができ、接触することもできるのである。なぜなら、この肉体と人は同じ世界の中にいるからである。

肉体の中に生きている一人一人にとって、性質の変化を追い求めるには追求目標を持たなければならず、神を知ることを追い求めるには神の実際の業を見、神の実際の姿を見なければならない。しかし、この二つの点は、神の言がなった肉体によってこそ達成されることができ、しかも正常な、実際の肉体によってこそ達成されることができる。これは言が肉体となることの必要性であり、すべての堕落した人類の必要である。人に神を知ることを要求するには、人の心の中のそれらの漠然とした超然たる神の姿を取り除かなければならず、人に堕落した性質を脱ぎ捨てることを要求するには、まず人にこれらの堕落した性質を認識させなければならない。人の心の中の漠然とした神の姿が取り除かれるように、ただ人だけがこの仕事をするなら、あるべき効果を収めることができない。人の心の中の漠然とした神の姿は、言葉を使うだけで、暴き、脱ぎ捨てさせ、また完全に取り除くことができるのではない。もしこのようにすれば、最後にはやはり人のうちの根深いものを取り除くことができない。実際の神、神の本来の姿で、人のこれらの漠然とした超然たるものを代替し、人に次第に認識させなければならない。こうしてこそ、あるべき効果を収めることができる。人は自分が以前追い求めた神は漠然としており、超然としていることを自覚するようになったが、この効果を収められたのは、霊の直接な導きのゆえではなく、なおさらある人の教えのゆえでもなく、言が肉体となった神のゆえである。言が肉体となった神の正常、実際が人の想像の中の漠然とした、超然たる神と対立し合うからこそ、言が肉体となった神が正式に働く時に人の観念がすべてあらわにされる。言が肉体となった神が際立たせることによって初めて、人のもとからある観念をすべてあらわにすることができる。もし言が肉体となった神との対照がなければ、人の観念をあらわにすることができない。つまり実際に際立たせなければ、漠然としたものをあらわにすることができない。この仕事はいかなる人も言葉で代替することができず、また、いかなる人も言葉で説き明かすことができない。神自身が自分の仕事をすることができるのであり、だれも彼の代わりにすることはできない。人の言葉がどんなに豊富であっても、神の実際、正常を説き明かすことはできない。神が自ら人の間で働いて、彼の姿、彼の所是を全部大衆に公布してこそ、人はもっと実際的に彼を認識することができ、もっとはっきりと彼を見ることができる。この効果はいかなる肉体に属する人も収めることができないのである。もちろん、この働きの効果は神の霊も収めることができないのである。神は堕落した人をサタンの権勢から救い出すことができるが、この仕事は決して神の霊が直接できるのではなく、神の霊が着た肉体、神の言がなった肉体だけができる仕事である。この肉体は人であり神でもあり、正常な人性がある人であり、完全な神性がある神でもある。だから、この肉体は神の霊ではなく、しかも霊と大いに異なるけれども、人を救うのはやはり言が肉体となった神自身であり、霊であり肉体でもある。どう呼ばれても、つまるところ神自身が人類を救うのである。なぜなら、神の霊と肉体は分割することができないのであり、肉体のする仕事は神の霊のする仕事でもあり、ただ霊の身分でではなく、肉体の身分で働くにすぎないからである。霊が直接しなければならない仕事は言が肉体となる必要がなく、肉体がしなければならない仕事は霊が直接することができず、言が肉体となるという方式で働くしかない。これはみな仕事の必要であり、堕落した人類の必要である。三つの段階の働きの中で、一つの段階の働きだけを霊が直接したのであり、ほかの二つの段階の働きはみな言が肉体となった神がするのであって、霊が直接するのではない。霊がした律法の仕事は人の堕落した性質を変えることと関係がなく、人の神に対する認識とも関係がない。肉体がする恵みの時代の仕事と王国時代の仕事はみな、人の堕落した性質と、人の神に対する認識と関係があり、肉体がする仕事はみな救いの仕事の中の、重要で肝心な仕事である。だから、堕落した人類は言が肉体となった神の救いがもっと必要であり、言が肉体となった神の直接の働きがもっと必要である。人類は言が肉体となった神の牧養、支え、注ぎ、養い、裁き、刑罰を必要としており、言が肉体となった神のもっと多くの恵み、もっと大きな贖いを必要としている。肉体の中の神だけが人の知己になり、人の牧者になり、人の随時の助けになることができる。これらはみな今と昔、言が肉体となったことの必要性である。

人はサタンに堕落させられたが、人はまた神が造った最高の被造物である。だから、人は神の救いを必要としている。神の救う対象は人であって、サタンではなく、神が救うのは人の肉体であり、人の魂であって、悪魔ではない。サタンは神に滅ぼされる対象であり、人は神に救われる対象である。しかし、人の肉体がサタンに堕落させられたのだから、まず人の肉体を救わなければならない。人の肉体はいちばん深く堕落させられて、神に反抗するものになり、公然と神の存在に逆らい、神の存在を否認することさえする。堕落した肉体はまったく頑固で変えられないものであり、肉体の堕落した性質はいちばん対処しにくく、いちばん変えにくいものである。サタンは人の肉体の中に入って邪魔し、人の肉体を利用して神の仕事をかき乱し、神の計画を破壊する。したがって人もサタンになり、神の敵になった。人を救うにはまず人を征服しなければならない。そういうわけで、神はしりごみしたくなくて、肉体の中に来て彼がしようとする仕事をし、サタンと戦いを繰り広げる。その目的は堕落させられた人類を救い、彼に背くサタンを打ち負かし、滅ぼすためである。人を征服する仕事によってサタンを打ち負かし、それと同時に堕落した人類を救う。これは一挙両得の仕事である。彼が肉体の中で働き、肉体の中で言葉を言い、肉体の中ですべての仕事を担当するのは、よりよく人と接触し、よりよく人を征服するためである。最後に言が肉体となって、世の終わりの仕事をすべて肉体の中で終わらせ、あらゆる人を各々その種類に従わせ、これによって彼の全経営を終わらせ、肉体における彼のすべての仕事をも終わらせる。地上でのあらゆる仕事が終わったら、彼は完全に勝利を得る。肉体の中で働く神が人類を徹底的に征服し、人類を完全に得たら、これは神のすべての経営が終わったのではないか。肉体における神の仕事が終わる時、神がサタンを徹底的に打ち負かして、すでに勝利を得たので、サタンはもう人を堕落させる機会がなくなる。初めて言が肉体となって働く時は贖い、人の罪を赦すのであった。今は征服し、人を完全に得るのである。そうしたら、サタンはもう働くことができなくなり、徹底的に失敗してしまい、神も完全に勝利を得る。これは肉体がする仕事であり、神自身がする仕事でもある。三段階の仕事のうち、最初の仕事は神の霊が直接したのであり、肉体がしたのではない。三段階の仕事のうち、結末をつける仕事は言が肉体となった神がするのであり、 霊が直接するのではない。中間の段階の贖いの仕事も肉体における神がした仕事である。全経営の仕事の中で、もっとも重要な仕事は人をサタンの権勢から救い出すことであり、鍵となる仕事は堕落した人を徹底的に征服して、征服された人が本来の、神を畏れる心を回復し、正常な人の生活、つまり正常な被造物の生活ができるようにすることである。これは鍵となる仕事であり、経営の仕事の核心である。この三段階の救いの仕事のうち、第一段階の律法の仕事は経営の仕事の核心と大きな隔たりがあり、ただ救いの仕事の様子が少しあるだけで、人をサタンの支配下から救い出す仕事に取りかかっていなかった。第一段階の仕事を霊が直接したのは、律法の下の人が律法を守ることを知っていただけで、もっと多くの真理を持っていなかったからであり、律法時代の仕事がほとんど人の性質の変化と関係がなく、どのように人をサタンの支配下から救い出すかの仕事とはなおさら関係がなかったからである。それゆえに、神の霊はこの段階の極めて簡単な、人の堕落した性質とは関係がない仕事をやり遂げた。その段階の仕事は経営の核心とそんなに大きな関係がなく、正式に人を救う仕事ともそんなに大きなつながりがないから、神は言が肉体となって自ら働く必要がなかった。霊のする仕事は隠れており、測りがたく、しかも人を恐れ戦かせて近づき難くさせるから、直接救いの仕事をするのに適しておらず、直接人に命を供給するのに適していない。最も人にふさわしいのは、やはり霊の仕事をほかの一種の、人と近い方式に変えることである。すなわち、最も人にふさわしいのは、神が一人の普通で正常な人となって仕事をすることである。そのため、神は言が肉体となって霊の代わりに仕事をしなければならず、この働く方式は人にとっていちばんふさわしいのである。この三段階の働きのうち、二つの段階の働きは肉体がしたのであり、この二つの段階の働きはまた経営の仕事のうち、鍵となる部分である。二回言が肉体となったことは互いに補足し、互いに完全にするのであり、第一段階で言が肉体となったことは、第二段階のために基礎を築くのであった。こう言ってもいいが、二回言が肉体となったことは一体となるのであって、相容れないのではない。この二つの段階の仕事を、言が肉体となる身分で働くのは、この二つの段階の仕事が全経営の仕事にとってとても重要だからである。二回言が肉体となってする仕事がなければ、全経営の仕事は足踏みするはずであり、人類を救う仕事も無稽の話になると言っても言い過ぎではない。仕事が重要であるかどうかは、人類の必要によって、人類が堕落した実情によって、サタンの不従順と、サタンが仕事をかき乱す程度によって判断するのである。仕事を担うことができる正確な対象は、仕事をする者の働きの性質によって、仕事の重要性によって決まったのである。仕事の重要さから見て、一体どの働き方を取るか、神の霊が直接働くか、言が肉体となって働くか、それとも人を使って働くかを考量し、この三者の中でまず淘汰されたのは「人を使って働く」という方式である。ほかは仕事の性質、また霊と肉体の働きの性質から見て、最後にやはり霊で直接働くより肉体で働くほうがさらに人のためになり、しかも仕事はもっと多くの優勢を占めると断定した。これは神が霊で働くかそれとも肉体で働くかを決めた時の考えであった。どの段階の仕事をするのも意義があり、しかも根拠があり、根拠なしの想像によって行うのではなく、気の向くままに勝手に行うのでもなく、その中にはかなりの知恵がある。これは神があらゆる仕事をする内幕である。特に言が肉体となって自ら人の間で働くというような重大な仕事の中には、さらに彼の計画がある。だから、神の知恵と彼のすべての所是は、彼が仕事をする時の一挙一動、一つ一つの思い、一つ一つの考えの中に表されているのである。これはもっと具体的で、もっと系統的な神の所是である。これらの微細な思い、考えはすべて人には想像しがたいのであり、また人には信じられないのであり、なおさら人には認識しがたいのである。人が仕事をするのはみな大体の原則があり、人にとってはもうかなり満足しているが、神の働きと比べたらまったく大きな隔たりがある。神の業は偉大であり、彼の働きの規模も非常に大きいけれども、これらの働きの裏にはどれだけの微細な、人には想像しがたい精密な計画と配置が含まれていることだろう。彼が毎段階の仕事をする時、原則があるだけでなく、その中には人類の言葉では説き明かすことができないものがたくさんあり、それは人に見えないものである。霊の働きであれ言がなった肉体の働きであれ、いずれも彼の働きの計画がある。彼は根拠もなく働くのではなく、意義のない仕事もしない。霊が直接働くのは彼の目的があり、人となって(すなわち彼の殻を変えて)働くのはいっそう彼の意義がある。そうでなければ、彼がどうして容易に彼の身分を変えるだろうか、彼がどうして容易に人に見下げられ、人に迫害される人になるだろうか。

肉体の中でする仕事がいちばん意義があるとは、仕事によって言ったのである。最後に仕事を終わらせるのは言が肉体となった神であって、霊ではない。一部の人はこう思っている。神がいつか地上に来て人に現れ、自ら全人類を裁き、一人一人難関を乗り越えさせ、だれもその難関から抜けようとしてはいけない。このような考えがある人はこの段階の、言が肉体となってする仕事に対して認識がない人である。神が人を裁くのは一人一人裁くのではなく、一人一人難関を乗り越えさせるのでもない。このようにすれば裁きの仕事とは言えない。あらゆる人類の堕落はみな同じではないか。人の本質はみな同じではないか。裁くのは人類の堕落した本質であり、サタンに堕落させられた人の本質であり、人のすべての罪を裁くのであって、人の小さな欠点を裁くのではない。裁きの仕事は代表性があるのであり、もっぱらある人のためにする仕事ではなく、一部分の人を裁くことによって全人類に対する裁きを代表する仕事である。肉体のする仕事は、自ら一部分の人の身にした仕事によって全人類の仕事を代表し、その後次第に広めるのである。裁きの仕事もそのようであり、ある種類の人、またはある一部分の人を裁くのではなくて、全人類の不義、たとえば、人が神に逆らい、神を畏れず、神の仕事を邪魔することなどを裁くのである。裁くのは神に逆らう人類の本質であり、この裁きの仕事がすなわち世の終わりの征服の仕事である。人が見た、言が肉体となった神の働き、言葉は、人の以前の観念の中の、世の終わりの大きな白い玉座の前の裁きの仕事であり、今、言が肉体となった神がする仕事は正に大きな白い玉座の前の裁きである。今日言が肉体となった神は、世の終わりに全人類を裁く神である。この肉体と肉体の働き、言葉、あらゆる性質は彼のすべてである。肉体のする仕事の範囲は限りがあるのであり、直接全宇宙に及ぶのではない。だが、裁きの仕事の本質について言えば、それはみな直接全人類を裁くのであり、ただ中国のために、また何人かのために裁きの仕事を展開するのではない。肉体の神が働いている間、働きの範囲は全宇宙に及ぶことができないけれども、彼がするのは全宇宙の仕事を代表するのであり、しかも彼は肉体における働きの範囲内の仕事を終わらせた後、直ちにこの仕事を全宇宙の各地に広める。それはイエスが復活して天に上った後、福音が全宇宙の各地に広められたことと同じである。霊の働きであれ、肉体の働きであれ、限られた範囲内でなされるが、全宇宙を代表するのである。世の終わりの仕事は、言が肉体となった神の身分で現れてするのであり、その肉体の神は大きな白い玉座の前で人を裁く神であり、彼が霊であれ肉体であれ、要するに裁きの仕事をするのは世の終わりに人類を裁く神である。これは彼の働きによって決まるのであり、外貌またはほかのいくつかの面によって確定されるのではない。人はこの言い方に対して観念を持っているけれども、言が肉体となった神が全人類を裁き、征服するという事実はだれも否認できない。どのように評価しても、事実はつまるところ事実であり、だれも「仕事は神がしたのであるが、肉体は神ではない」と言えない。これは間違った言い方である。なぜなら、この仕事は肉体の神以外、どの人もできないのだからである。仕事はもうやり遂げられた以上、この仕事の後、神が人を裁く仕事は二回目に現れることはない。二回目に言が肉体となって、すでに全経営の仕事を全部終わらせたので、第四段階の働きはあり得ない。裁くのは堕落させられた人であり、肉体に属する人であって、直接サタンの霊を裁くのではなく、裁きの仕事は霊界で行われるのではなくて、人の間で行われるのである。だから、人の肉体の堕落を裁く仕事をするのは、肉体の中の神だけがいちばんふさわしく、肉体の中の神だけがいちばん資格がある。もし神の霊が直接裁くなら、彼の裁きは各方面に行き渡ることができず、しかも人には受け入れがたいのである。なぜなら、霊は人と面と向かうことができないからであり、この一点だけでも直ちに効果をあげることができず、なおさら、人に神の犯してはならない性質をもっとはっきり見せることができない。肉体における神が人類の堕落を裁いてこそ徹底的にサタンを打ち負かすことができ、同様に正常な人性のある人であるが、肉体における神は直接人の不義を裁くことができる。これは彼がもともときよいであることのしるしであり、彼がほかの人々とは違うことのしるしでもある。神だけが人を裁く資格、条件がある。彼に真理があり、彼が正しいから、彼は人を裁くことができる。真理がなく、正しくない人はほかの人を裁く資格がないのである。もし神の霊がこの仕事をすれば、サタンを打ち負かすのではない。霊はもともと肉体凡胎より優れており、神の霊はもともときよいのであり、彼はもともと肉体に打ち勝つのである。霊が直接この仕事をすれば、人のすべての不従順を裁くことができず、人のすべての不義を明らかにすることもできない。なぜなら、裁きの仕事も人の神に対する観念によってするのであるが、人はもともと霊に対して観念がないからである。だから、霊はよりよく人の不義を明らかにすることができず、なおさら、人の不義をすっかりさらけ出すことができない。言が肉体となった神は彼を知らないあらゆる人の敵であり、彼は人の彼に対する観念と逆らいを裁くことによって人類の不従順をすべてさらけ出し、肉体のする仕事が収める効果は霊のする仕事よりいっそう明らかである。だから、全人類を裁くのは、霊が直接するのではなく、言が肉体となった神が来てするのである。肉体の中の神は人が見ることも触れることもできるのであり、肉体の中の神は人を完全に征服することができる。人が肉体の中の神に対して、初めは逆らったが段々従うようになり、初めは迫害していたが段々受け入れるようになり、初めは観念があったが段々認識を持つようになり、初めは拒んだが段々愛を持つようになる。これは言が肉体となった神の働きの効果である。人はみな彼の裁きを受け入れることによって救われるのであり、彼の口の言葉によって次第に彼を知るようになるのであり、逆らう過程の中で彼に征服されるのであり、また彼の刑罰を受け入れる過程の中で彼の命の供給を得るのでもある。このすべての仕事は肉体の中の神がする仕事であって、神が霊の身分でする仕事ではない。神が言が肉体となってする仕事は最も大きな仕事であり、いちばん奥深い仕事である。三段階の働きの鍵は、この二つの段階の言が肉体となった仕事にある。言が肉体となって働く時、非常に大きな障害を受けるのは、人が極めて深く堕落し、特に世の終わりにこの人たちの身に仕事をするのは相当難しく、外界の環境も劣悪であり、しかも各種の人の素質がかなり劣っているからである。しかし、仕事が終わる時、やはり完全にあるべき効果を収めることができる。これは肉体が働いて収めた効果であり、この効果は霊が働くよりもさらに説得力がある。三段階の働きは肉体の中で結末をつけるのであり、しかも必ず言が肉体となった神が結末をつけなければならない。いちばん重要で、いちばん肝心な仕事はみな肉体の中で行われるのであり、しかも人を救うには肉体の神が自らしなければならない。人類はみな、肉体の神は人と関係がないと感じているけれども、事実上、この肉体は全人類の運命にかかわり、全人類の生存にかかわるのである。

神がどの段階の仕事をするのも全人類のためであり、彼の仕事はすべて全人類に向かってするのであり、たとえ肉体における仕事でも全人類に向かってするのであり、彼は全人類の神であり、あらゆる被造物と非被造物の神である。肉体における働きは限られた範囲内でなされるのであり、働きの対象も少ないけれども、彼が毎回言が肉体となって働く時選ぶ働きの対象はみな極めて代表性があり、決して一団の「普通で、平凡な」人を選んで働くのではなく、彼の肉体における働きの代表になれる一団の人を選んで彼の働きの対象とするのである。この一団の人は、肉体における彼の働きの範囲に限りがあるから選んだのであり、特に彼の言がなった肉体のために用意したのであり、肉体における彼の働きのために特に選んだのでもある。働きの対象を選ぶのも原則があるのであり、根拠がないのではなく、働きの対象は必ず肉体における神の働きに有益なもの、全人類を代表することができるものでなければならない。たとえば、ユダヤ人は全人類を代表してイエスの直接の贖いを受けることができたのであり、中国人は全人類を代表して言が肉体となった神の直接の征服を受けることができるのである。ユダヤ人が全人類を代表したのは根拠があり、中国人が全人類を代表して神自らの征服を受けるのも根拠がある。ユダヤ人の間で贖いの仕事をしたのは、もっとも贖いの意義を明らかにすることができたのであり、中国人の間で征服の仕事をするのは、もっとも征服の仕事の徹底と成功を明らかにすることができるのである。肉体の中で働き、言葉を言うのは、見たところ、ただわずかな一部分の人を対象としているようであるが、実は、このわずかな一部分の人の間で全宇宙の仕事をし、全人類に向かって言葉を言うのであり、肉体における彼の仕事が終わったら、彼につき従う人たちは神が彼らの間でした仕事を広め始める。肉体の中で働くもっとも有利な点は、彼につき従う人にはっきりした言葉を残し、はっきりした言いつけを残し、彼の人類に対するはっきりした心意を残しておくことができることである。その後、彼につき従う人は初めてもっと正確に、もっと実際的に彼の肉体におけるすべての仕事と、彼の全人類に対する心意を、この道を受け入れる一人一人に伝えることができるのである。肉体における神が人の間で働いて初めて、神が人と共におり、共に生活するという事実が本当に実現するのであり、人がみな神の顔を見、神の働きを見、神の口から出る言葉を聞くという願いが本当にかなえられるのである。言が肉体となった神は「ヤーウェの後ろ姿だけが人類に現れる」という時代を終わらせ、人類が漠然とした神を信じる時代をも終わらせた。特に、最後に言が肉体となった神の働きは全人類をさらに現実的で、さらに実際的で、さらによい時代にもたらした。律法、規定の時代を終わらせただけでなく、さらに重要なことに、実際的で正常な神を、正しくてきよい神を、経営計画の仕事を開き、人類の奥義と落ち着き先を明らかに示す神を、人類を創造し、経営の仕事を終わらせる神を、何千年も隠れていた神を人類に向かって公にして、漠然とした時代を完全に終わらせ、全人類が神の顔を見ようと求めても見ることができない時代を完全に終わらせ、全人類がサタンに仕える時代を完全に終わらせ、全人類を完全に、全く新しい時代に導き入れた。これらの仕事はすべて、肉体における神が神の霊に取って代わって働いて得た成果である。神が肉体の中で働いているからこそ、彼につき従う人はもうあれらの、あるようなないようなものを尋ね求めず、模索せず、もう漠然とした神の心意を推測しなくなったのである。神が肉体の中でした仕事を広める時、彼につき従っていた人たちは彼が肉体の中でした仕事をすべて各宗、各派に伝え、彼のすべての言葉を全人類の耳に伝えるのである。彼の福音を受けるすべての人が聞くのはみな彼の働きの事実であり、それは人が自分の目で見、自分の耳で聞いたことであり、事実であって噂ではない。これらの事実はすべて彼が仕事を広めるのに使う証拠であり、彼が仕事を広めるのに使う道具でもある。もし事実の存在がなければ、彼の福音は諸方、諸国にくまなく宣べ伝えられることはなく、事実がなくて、人の想像だけがあるなら、永遠に全宇宙を征服する仕事をすることができない。霊は人が触れることも見ることもできないのであり、霊の働きは人にもっと多くの証拠と働きの事実を残しておくことができない。こうして、人は永遠に神の本当の姿を見ることができず、永遠に漠然とした、存在しない神を信じ、また永遠に神の顔を見ることができず、神の口から出る言葉を聞くことができない。人が想像したのはつまるところ中身のないものであって、神の本来の姿に取って代わることができず、神の本来の性質と彼自身の働きは人が演じることができるのではない。神が言が肉体となって人の間に来て自ら働いてこそ、見えない天の神と神の働きを地上にもたらすことができる。これは神が人に現れるのに最も理想的な方式であり、人が神を見、神の本来の姿を知るのに最も理想的な方式であり、言が肉体となっていない神ができないことである。仕事を今のこの程度までしてきて、既にいちばんよい効果を収めたのであり、この程度までしてきて、既に倍の労力をかけて大きな成果をあげたのである。肉体における神自身の仕事はもう彼の全経営の仕事の90パーセントをやり遂げた。この肉体は彼のすべての仕事をよりよい発端にもたらし、この肉体は彼のすべての仕事をまとめ、また公布し、しかも最後の徹底的な補足をした。これから、「言が肉体となった神」が第四段階の仕事をすることはあり得ず、神が三回目に言が肉体となるという奇しい仕事もあり得ない。

肉体における毎段階の働きは、彼の全時代の仕事を代表するのであって、人の仕事のようにある時期を代表するのではない。だから、彼が最後に言が肉体となってする仕事の終わりは、決して彼の仕事が全部行い終わったことを意味しているのではない。なぜなら、彼が肉体の中でする仕事は、全時代を代表するのであって、彼が肉体の中で働く期間だけを代表するのではないからである。ただ彼の全時代の仕事は、彼が肉体の中にいる間、すべてやり遂げてから、諸方に広めるのである。言が肉体となった神は彼の職分を果たし終えてから、彼の以後の仕事を彼につき従う人に託す。こうしてこそ、彼の全時代の仕事は絶え間なく続くことができる。仕事が全宇宙の各地に広まった時こそ、言が肉体となってする全時代の仕事は完全に終わったと言える。言が肉体となってする仕事は新しい時代を展開する仕事であり、彼の仕事を継続するのは彼に使われる人であり、人のする仕事はみな肉体の神の職分の範囲内の仕事であり、決してこの範囲を越えることができない。神が言が肉体となって働くのでなければ、人は古い時代を終わらせることができず、新しい時代をもたらすこともできない。人のする仕事はただいくらかの本分内の仕事、すなわち人の力の及ぶ範囲の仕事であって、人は神を代表して働くことができない。言が肉体となった神だけが彼のすべき仕事をやり遂げることができ、だれも彼の代わりに仕事をすることができない。もちろん、わたしのこの言葉はみな言が肉体となってする仕事に対して言ったのである。今回言が肉体となって、まず一段階の、人の観念に合わない仕事をし、それからもっと多くの、人の観念に合わない仕事をする。これらの仕事の目的は人を征服するためである。言が肉体となったことはもともと人の観念に合わない上に、彼が人の観念に合わないもっと多くの仕事をしたので、人の彼に対する見方はますます尋常でなくなる。しかし彼は、彼に対していろいろな観念がある人たちの間で征服の仕事をするのであり、人がどのように彼を扱っても、彼が職分を果たした後、すべての人はやはり彼の権威の下に服従するのである。この働きの事実は中国人の間で現れるだけでなく、しかも全人類が征服される経過もこのようであることを表している。この人たちの身に収めた効果は、つまり全人類の身に収めた効果の予表である。しかも彼の以後の働きの効果は、ますますこの人たちの身に行った働きの効果を超えていく。肉体における神の働きは、凄まじい勢いがなく、うず巻いている煙霧のようでもなく、実際的であり、少しもごまかさず、どんな人にも隠さず、またいかなる人をも欺かず、人が見るのはみな正真正銘の物であり、人が得るのもみな実際の認識と真理である。仕事が終わる時、人はみな彼に対して新しい認識を持つようになり、しかも心から追い求める人たちはみな観念を持たなくなる。これは彼が中国人の身に働いて収めた効果であるだけではなく、彼が全人類を征服する働きの効果をも代表している。なぜなら、この肉体、この肉体の働き、この肉体の一切はいちばん全人類を征服する仕事のためになるからである。それは今日には彼の仕事のためになり、今後も彼の仕事のためになり、この肉体は全人類を征服するためのものであり、全人類を得るためのものでもあり、彼の働きは全人類が神を見、神に従い、神を知るためのいちばん良い働きである。人のする仕事はただ限られた範囲を代表するだけである。神が仕事をする時、決してある人に話すのではなく、全人類に向かって、彼の言葉を受け入れるあらゆる人に向かって話すのである。彼が結末を宣告するのは、あらゆる人の結末を宣告するのであり、ある人の結末を宣告するのではない。彼はいかなる人をも偏り見ず、またいかなる人をも困らせず、彼は全人類に対して働き、話すのである。だから、今回言が肉体となって、すでに全人類を各々その種類に従わせ、すでに全人類を裁き、全人類のために適当な落ち着き先を按配したのである。神はただ中国だけで仕事をするけれども、事実上、彼はすでに全宇宙の仕事を全部解決した。彼は全人類の仕事がすべて広められた後、少しずつ言葉を言い、少しずつ按配するわけにはいかない。それなら、あまりにも遅すぎるのではないか。今でも十分に前もって以後の仕事をやり遂げることができる。なぜなら、働くのは肉体における神であり、彼は無限の範囲の仕事を限られた範囲内にし、それから、人に尽くすべき本分を尽くさせるからである。これは彼の働く原則である。彼は人と共に一時期生活することができるだけで、全時代の仕事がすべて終わるまで人のそばにいることはできない。彼は神だからこそ、前もって以後の仕事を全部預言しておいた。今後はこの言葉によって全人類を各々その種類に従わせ、彼の言葉によって全人類は彼の一歩一歩の働きの中に入り、だれも逃れられず、みなこれによって実行しなければならない。だから、今後は言葉が時代を導くのであって、霊が時代を導くのではない。

肉体の中ですべき仕事は必ず肉体の中でしなければならない。もし神の霊が直接すれば効果を収めることができず、たとえしたとしてもそんなに大きな意義はなく、最後にはやはり説得力がない。あらゆる被造物は、造物主のする仕事は果たして意義があるかどうか、その仕事はいったい何を代表するか、その仕事はいったい何のためであるかを知りたがっており、神がする仕事は権威に満ち、知恵に満ちているかどうか、彼のする仕事はもっとも価値があり、もっとも意義がある仕事であるかどうかを知りたがっている。彼が仕事をするのは、全人類を救うためであり、サタンを打ち負すためであり、万物の中で彼自身の証しをするためでもある。だから、彼のする仕事は必ずかなりの意義がなければならない。人の肉体はサタンに堕落させられたのであり、肉体はいちばん深く欺かれたのであり、肉体はきわめて深く被害を受けた対象である。神が自ら肉体の中で働くいちばん根本的な原因は、救われる対象が肉体に属する人であり、しかもサタンが人の肉体を利用して神の仕事をかき乱すのであり、サタンとの戦いは、実は人を征服する仕事であり、それと同時に人が救われる対象だからである。そのため、言が肉体となって働くことはとても必要なのである。サタンが人の肉体を堕落させたのだから、人はサタンの化身になり、神が打ち負かす対象となった。それゆえ、サタンと戦い、人類を救う仕事はすべて地上で行なわれ、神は必ず人となってサタンと戦わなければならない。これはいちばん現実的な仕事である。彼が肉体の中で働くのは、実は肉体の中でサタンと戦うのでもあり、肉体の中で働くのはすなわち彼の霊界での仕事をするのである。彼は、彼の霊界での仕事を全部地上に実際化した。彼が征服するのは彼に背く人であり、打ち負かすのは彼と敵対するサタンの化身であり(もちろん人でもある)、最後になって救われるのはやはり人である。だから、サタンと実際に戦って、彼に背き、しかも彼と同じ殻を持つ人を征服し、彼と同じ殻を持つ、サタンから被害を受けた人を救うためには、彼が被造物の殻を持つ一人の人となることがさらに必要である。彼の敵は人であり、彼が征服する対象は人であり、救う対象も造られた人だから、彼は必ず人とならなければならない。そうすれば、彼の仕事はずっと便利になり、サタンを打ち負かすことができるだけでなく、人類を征服することもでき、さらに人類を救うことができる。「肉体」は正常で、実際的であるが、決して平凡な肉体ではなく、人性だけある肉体でもなく、人性も神性も持つ肉体である。これは彼が人と違うところであり、神の身分の印である。このような肉体こそ彼がしようとする仕事をすることができ、肉体の神の職分を果たすことができ、人の間での彼の仕事を徹底的にやり遂げることができる。さもないと、人の間での彼の仕事は永遠に空白の状態になり、永遠に一つの穴がある。たとえ神がサタンの霊と戦って勝利を得ることができるとしても、堕落した人の旧い性質は永遠に解決されることができず、彼に背き、逆らう人は永遠に、本当に彼の権威の下に服従することができない。つまり、彼は永遠に人類を征服することができず、永遠に全人類を得ることができない。地上の仕事が解決されることができなければ、彼の経営は終わることがなく、全人類も安息に入ることができない。神とあらゆる被造物が安息に入ることができなければ、このような経営の仕事は永遠に結果がなく、神の栄光もそれに伴って消え去ってしまう。彼の肉体は権威を持っていないけれども、彼のする仕事は効果を収めることができる。これは彼の仕事の必然的趨勢である。権威を持っていても持っていなくても、神自身の仕事をすることができる者でさえあれば神自身であり、肉体がどんなに正常かつ普通であっても、彼のすべき仕事をすることができる。なぜなら、この肉体は神であって、ただ一人の人ではないからである。この肉体が人にはできない仕事をすることができるのは、彼の内側の本質がいかなる人とも同じでないからであり、彼が人を救うことができるのは、彼の身分がいかなる人とも同じでないからである。この肉体が人類にとってたいへん重要であるのは、彼が人であり、さらに神だからであり、彼が一人の平凡な肉体の中の人にはできない仕事をすることができるからであり、彼が彼と共に地上で生活する堕落した人を救うことができるからである。同様に人であるが、言が肉体となった神は人類にとって、いかなる価値のある人よりもさらに大切である。それは、彼が神の霊にはできない仕事をすることができ、彼が神の霊よりさらに神自身の証しをすることができ、彼が神の霊よりさらに徹底的に人類を得ることができるからである。だから、この肉体は普通で正常であるが、彼の人類に対する貢献、彼の人類の生存に対する意義について言えば、ずっと貴重である。この肉体の実際の価値と意義はいかなる人も計り知ることができない。肉体は直接サタンを滅ぼすことができないけれども、彼は仕事をするという方式で人類を征服し、サタンを打ち負かして、サタンを徹底的に彼の権威の下に服従させることができる。神が言が肉体となったからこそ、彼はサタンを打ち負かすことができ、人類を救うこともできるのである。彼は直接サタンを滅ぼすのではなく、言が肉体となって働いてサタンに堕落させられた人類を征服するのである。そうすれば、よりよく被造物の間で彼自身の証しをすることができ、またよりよく堕落させられた人を救うことができる。神の言がなった肉体がサタンを打ち負かすのは、神の霊が直接サタンを滅ぼすよりさらに証しがあり、さらに説得力がある。肉体における神は、人が造物主を認識するのにさらに有利であり、さらに被造物の中で彼の証しをすることができる。

「言葉が肉体で現れる」より