神の声を聴いてキリストを認識する

第四章 神の世の終わりの働きに関する真理を認識しなければならない

5 どのように神を信じれば救われ、完全にされることができるか。関連する神の言葉は以下の通りである。

「神を信じている人はたくさんいるが、神を信じるとはどういうことなのか、一体どうすれば神の心に適うことができるかについて分かっている人はとても少ない。その原因を追究すると、人は『神』という字は知っており、『神の働き』というような言葉は知っているけれども、神を知らないし、神の働きも認識していないからである。従って、神を知らないあらゆる人がわけも分からずに信じるのも無理はない。人が神を信じることに対して真剣でないのは、人がそのことにあまりにも疎く、あまりにも不案内だからである。それで、神の要求との隔たりが非常に大きくなったのである。つまり、神を知らず、神の働きを認識しなければ、人は神に使われるのに適さず、神の心を満足させることはなおさらできない。『神を信じる』とは神の存在を信じることである。これは一番簡単な『神を信じる』という概念である。一歩踏み込むと、神の存在を信じることは本当に神を信じることではなくて、一種の単純な信仰であり、濃厚な宗教的色彩を帯びている。『神を信じる』ということの本当の意味は、神が万物の主宰者であることを信じ、その基礎の上に立って、神の言葉、神の働きを経験し、それによって堕落した性質を脱ぎ捨てて神の心を満足させ、そして神を知るに至ることである。このような過程こそ神を信じるということである。しかし人は往々にして神を信じることはとても簡単で、とても浅浅しいと思っている。このような姿勢でいるなら、神を信じる意義を失ってしまい、最後まで信じても神に良しとされることができない。なぜなら歩む道が間違っているからである。いまだに文字の中で神を信じている人たち、中身のない教理の中で神を信じている人たちは、やはり自分が神を信じることの本質から外れていて、決して神に良しとされることができないことを知らないまま、相変わらず神のご加護で平安を得られますように、十分な恵みを得られますようにと、天の神に祈っている。われわれはみな心を静めてよくよく考えてみよう。神を信じるということは、世の中で一番容易なことなのか。神を信じることの意味がただ恵みをたくさん受けることに限られるだろうか。神を信じるのに神を知らず、神を信じながら神に逆う人が、神の心を満足させることができるのか。」

「言葉が肉体で現れる・どのように信じれば神の心に適うことができるか」より

「神を信じて神を知ることは至極当たり前のことである。特に受肉した神が自ら働いている今の時代は、さらに人が神を知るよい機会である。神を満足させることは、神の心意を理解した上で達するのであり、神の心意を理解しようと思うなら、神に対して認識を持たなければならない。これらの認識は、人が神を信じるのに持つべき異象であり、人が神を信じる基礎でもある。もし人がこれらの認識を失うと、漠然とした中で、中身のない教理の中で神を信じることになり、このような人は神につき従おうという志があってもなんら得るところがない。この流れの中で何も得られない人はみな将来淘汰される対象であり、いい加減なごまかしをして飯を食う人である。あなたがどの段階の働きを経験しても、非常に大きな異象が伴わなければならない。さもないと、あなたはこの一歩一歩の新しい働きを受け入れがたい。なぜなら、神のする新しい仕事はみな人が思い及ばないものであり、人の思惟では到達できないものだからである。だから、もし牧者の牧養がなく、牧者の異象に対する交わりがなければ、人は誰ひとりとしてこれらの新しい仕事を受け入れることはできない。人が異象を受け入れられなければ、新しい仕事をも受け入れることができず、新しい仕事に従うことができなければ、神の心意を理解することができない。そうすれば、人の神に対する認識は烏有に帰してしまう。人は神の言葉を実行する前に、必ず神の言葉を理解しなければならず、つまり神の心意を理解しなければならない。こうしてこそ、正確に行うことができ、神の心にかなうことができる。これは真理を求めるあらゆる人が具備すべきものであり、神を知ることを追い求めるあらゆる人が経験すべき過程である。神の言葉を認識する過程は、神を知る過程であり、神の働きを認識する過程でもある。だから、異象を認識することには、受肉した神の人性を認識することだけではなく、神の言葉、神の働きを認識することも含まれている。神の言葉の中から神の心意を理解し、神の働きの中から神の性質を認識し、神の所是を認識するに至る。『神を信じる』ことは、神を認識する始まりであり、神を信じる最初の段階から神を信じる最も深い段階への過程は、人が神を認識する過程であり、人が神の働きを経験する過程である。もしあなたが神を知るためにではなく、ただ神を信じるために神を信じるなら、あなたの『信仰』は実際がなく、純潔になれず、これは疑う余地のないことである。人が神を経験する過程の中で、神に対して次第に認識を持つようになれば、人の性質も次第に変化し、人の信仰もますます『真実』になり、このように、人が神を信じるのが『絶頂に達した』時、完全に神を得たことになる。神がこんなに心血を費やして、二回目に受肉して自ら働くのは、人が彼を知り、彼を見ることができるためである。『神を知る』という段階の働きは、神が仕事を終わらせる時収める最終の効果であり、人類に対する神の最後の要求である。このようにするのは、神の最後の証しのためであり、人類が最後に完全に神に立ち帰るためでもある。神を知ってこそ神を愛することができ、神を愛しようと思うなら神を知らなければならない。人がどのように追い求めても、何を得ることを追い求めても、神を知ることができる。こうしてこそ、神の心を満足させることができる。人は神を知ってこそ神に対して本当の信仰を持つことができ、神を知ってこそ神に対して本当の畏れ、本当の従順を持つことができる。神を知らない人はいつまでも神に対して本当の従順、畏れを持つことができない。神の性質を認識し、神の心意を理解し、神の所是を認識することはすべて、神を知ることに含まれている。しかし、どの面を認識するにも、多大の代価を払い、従順の志を持たなければならず、さもないと、だれも最後までついて行けない。神の働きはあまりにも人の観念に合わず、神の性質、神の所是を認識するのは人にとってかなり難しいのであり、神の一言一行、一挙一動は人にとってとても理解しにくいのである。もし人が神につき従おうと思うが、甘んじて神に従わなければ、何も得られない。創世から今まで、神は人が理解できず、また受け入れがたい仕事をたくさんし、人の観念が癒合しがたい言葉をたくさん言ったが、しかし、彼は人の問題が多すぎるからといって彼の仕事をやめたことがなくて、ずっと働いており、ずっと話している。一群一群の『勇士』が倒れたけれども、彼は依然として彼自身の仕事をしており、絶えず一団また一団の、進んで彼の新しい仕事に従う人を選んでいる。彼は倒れたそれらの『英雄豪傑』を惜しまないで、彼の新しい仕事、新しい言葉を受け入れる人たちを宝愛するのである。しかし、彼のこのような一歩一歩の働きは何のためであるか。どうして人を淘汰しては、また人を選ぶのか。どうしていつもこのような方式で働いているのか。彼が働く目的は、人が彼を知り、これによって彼に得られるためであり、彼が働く原則は、彼の今日の働きに従うことができる人の身に働き、昨日の働きに従って今日の働きに逆らう人の身に働かないことである。これは彼がこんなに大量に人を淘汰する原因である。」

「言葉が肉体で現れる・神を知る人こそ神について証しすることができる」より

「神を信じるのは、あなたが神に従うことができ、神を愛し、被造物の尽くすべき本分を尽くすことができるためであり、これが神を信じる目的である。神の愛しさを認識し、神の気高さを認識し、神が被造物の身にする仕事は救い、成就であることを認識しなければならない。これは神を信じるのに少なくとも具備すべきものである。神を信じるのは主に、肉体の生活の中から神を愛する生活の中に入り、天然の中に生きる状態から神の所是の中に生きる状態へ移行し、サタンの支配下から出て来て、神の顧みと守りの下に生きることであり、肉体に従わないで、神に従うことができ、そして、あなたの全心が神に得られ、あなたが神に完全にされて、堕落したサタン的な性質から脱離することである。神を信じるのは主に、神の大能、神の栄光があなたの身に現されるようにし、それによって神のみこころを行い、神の計画を成就して、サタンの前で神について証しすることができるためである。神を信じるのは、しるしや奇跡を見るためであるべきではなく、個人の肉体のためであるべきでもない。神を知ることを追い求め、神に従うことができ、ペテロのように死に至るまで従うことができるためであるべきであり、主にこれを達成するためである。神の言葉を食べ飲みするのも神を知り、神を満足させるためである。神の言葉を食べ飲みすることによって、神に対していっそう認識を持つようになって初めて、あなたは神に従うことができる。神に対して認識を持ってこそ、神を愛することができ、この目的を達成することこそ、人が神を信じる上で持つべき目的である。もしあなたが神を信じながら、いつでもしるしや奇跡を見ようと思うなら、あなたの神を信じる観点は正しくないのである。神を信じるのは主に、神の言葉を受け入れて命の実際とすることである。人が神の口から出た言葉をみな実行し、みな自分の身に実際化することができれば、神の目的が達成された。人が神を信じるには、神に完全にされること、神に従順であること、すべてのことにおいて神に従うことを追い求めるべきである。あなたが神に従い、怨み言を言わず、神の心を思いやり、ペテロの身丈まで達し、神が言ったようにペテロの風格を持つようになった時、神を信じることが相当高い程度に達したのである。これはあなたが神に得られたことを表している。」

「言葉が肉体で現れる・言葉がすべてを成就する」より

「あなたは神を信じる以上、神の言葉を食べ飲みし、神の言葉を経験し、神の言葉を生かし出さなければならない。これこそ神を信じることである!口先では神を信じると言っているが、神の言葉を語り出すことができず、神の言葉を実行することができなければ、これは神を信じるとは言えず、これは『パンを求めて腹をいっぱいにする』ことである。……神を信じる人は少なくともうわべのよい行いを具備すべきであり、いちばん重要なのはやはり神の言葉を具備することである。なんと言っても、神の言葉を離れられないのであり、あなたが神を知り、神の心を満足させるのは、みな神の言葉によって達成するのである。これから、各邦、各派、各宗、各界はみな言葉で征服するのであり、神が直接言葉を言って、一人一人は手のうちに神の言葉を持つようになり、神はこれによって人を完全にするのである。人が内側も外側も神の言葉で占められ、口で言うのは神の言葉であり、実行する時、神の言葉のとおりに実行し、内にとどまっているのも神の言葉であり、内側も外側も神の言葉で浸透される。そうすれば、人は完全にされたのである。神の心を満足させることができる人、神について証しすることができる人は、神の言葉を実際とした人である。
言葉時代に入れば、千年王国時代であり、今、神はこの仕事をなし遂げつつある。これからあなたたちはみな神の言葉を交わるのを訓練すべきである。神の言葉を食べ飲みし、神の言葉を経験することによってこそ、あなたは神の言葉を流露することができる。あなたが経験的な言葉をいくらか語り出してこそ、ほかの人はあなたに信服する。もしあなたに神の言葉がなければ、だれがあなたに信服するだろうか!神に使われる人はみな神の言葉を語り出すことができる人である。もしあなたが神の言葉を語り出すことができなければ、聖霊があなたの身に働いておらず、あなたが完全にされていないことが証明される。これが神の言葉の重要性である。」

「言葉が肉体で現れる・王国時代は言葉時代である」より

「人が神の言葉を経験する過程は、神の言葉が肉体の中で現れることを認識する過程である。人は神の言葉を経験すればするほど、神の霊に対してますます認識を持つようになり、人は神の言葉を経験することによって、 霊の働く原則を探り出して、実際の神自身を知るようになる。実際には、神が人を完全にし、人を得るのは、人に実際の神の業を認識させるためであり、実際の神の働きを通して人に言が肉体となったことの実際の意義を分からせ、神の霊が実際に人の前に現れたのを見せるためである。人が神に得られ、神に完全にされるとは、人が実際の神の発現によって征服され、実際の神の言葉によって変えられ、彼の命が人の内につくり込まれることによって、人が彼の所是(人性の所是であれ、神性の所是であれ)に満ち、彼の言葉の本質に満ちるようになり、そして彼の言葉を生かし出すようになることである。人を得るために、神は主に実際の神の言葉と声を通して人の足りないところを対処し、人の不従順な性質を裁き、あばき出して、人に必要なものを得させ、神がこの世に来たのを見せるのである。それより、もっと重要なのは、実際の神がしようとする仕事は、あらゆる人をサタンの支配下から救い出して、汚れた地から抜け出させ、人の堕落した性質を取り除くことなのである。実際の神に得られるいちばん深い意義は、実際の神を手本、模範として、正常な人間性を生かし出し、完全に実際の神の言葉、要求にしたがって実行し、彼の言ったとおりに実行し、彼の要求ならすべて達成することができることである。これらができたら、あなたは神に得られたことになる。」

「言葉が肉体で現れる・あなたは実際の神が神自身であることを認識しなければならない」より

「あなたの分かった神の言葉、あなたの実行した神の言葉が多ければ多いほど、より早く神に完全にされる道を歩むことができる。祈ることによって、あなたは祈りの中で完全にされることができ、神の言葉を食べ飲みし、神の言葉の本質を探り出し、神の言葉の実際を生かし出すことによって、神に完全にされることができる。普段、神の言葉を経験して、自分の欠けたところを認識し、また自分の命取りとなるところ、弱いところを認識し、神に祈り、求めることによって、次第に完全にされる。完全にされるに至る道:祈り、神の言葉を食べ飲みし、神の言葉の本質を探り出し、神の言葉の経験に入り、自分の欠けたところを認識し、神の働きに従い、愛をもって神の負担を思いやり、肉体を裏切り、また兄弟姉妹たちと常に交流することによって自分の経験をさらに豊かにする。集団生活においても個人の生活においても、大集会においても小集会においても、自分が経験を得、訓練を受けることができるようにすべきであり、心を神の前に落ち着かせて神に向けるべきである。これらはみな完全にされる過程である。神の言葉を経験するというのは、実際に神の言葉を体験することによって、神の言葉を生かし出し、神に対するもっと大きな信仰、愛を持ち、そうすることで堕落したサタン的な性質、自分の正しくない存心を次第に脱ぎ捨て、正常な人の姿を生かし出す、ということである。あなたの内側に神を愛する要素が多ければ多いほど、すなわち神に完全にされた部分が多ければ多いほど、サタンに堕落させられた要素は少なくなる。実際の経験によれば、あなたは次第に、完全にされる道を歩むことができる。だから、完全にされるには、神の心を思いやり、神の言葉を経験することがとりわけ重要なのである。」

「言葉が肉体で現れる・神の心を思いやって完全にされる」より

「人が生きている人、神を証しする人、神に良しと認められる人になりたいなら、必ず神の救いを受け入れ 甘んじて神の裁きと刑罰の下に服従し、甘んじて神の手入れと対処を受け入れなければならない。こうしてこそ、神の要求するすべての真理を実行することができ、神の救いを得ることができ、本当に生きている人になることができる。」

「言葉が肉体で現れる・あなたは生き返った人であるか」より

「神は人の従順によって、人が神の言葉を食べ飲みし、享受することによって、生活の中の苦しい精錬によって人を完全にするのである。人はこのように神を信じてこそ、性質の変化を得、神に対して本当の認識を持つことができる。神の恵みの中に生きているのに満足しないで、進んで真理を渇仰し、求め、神に得られることを追い求める、これは意識的に神に従うことであり、神が求めるのは正にこのような信仰である。」

「言葉が肉体で現れる・神を信じる以上神に従うべきである」より

「あなたは命を追い求めなければならない。今日わたしが完全にしようとするのは、ペテロのような人であり、個人の性質の変化を追い求める人であり、神の証しになること、被造物の本分を果たすことを願う人であり、このような人こそ完全にされることができる人である。もしあなたがただ褒賞を受けるために追い求め、自分の命の性質の変化を追い求めないなら、すべてが徒労に終わる。これは永遠に変わらない真理である!」

「言葉が肉体で現れる・成功するかどうかは人の歩む道にかかっている」より

「性質が変化するとは、どういうことなのか。あなたは真理を愛する人でなければならず、神の働きを経験する間に、神の言葉の裁きと刑罰を受け入れ、いろいろな苦しい精錬を経験し、それによって、あなたの内側のサタン的な毒素が清められるようにすべきである……神の家で言われている性質の変化は、人が真理を愛するがゆえに真理を受け入れることができ、ついに神に逆らい、背く自分の本性を認識し、人があまりにも深く堕落したことを認識し、人が謬妄で不実であると認識し、人が貧しくてかわいそうであると認識し、最後には人の本性の本質を認識し、それによって、完全に自分を否定し、裏切り、神の言葉によって生き、何事においても真理を実行することができるということを意味する。このような人は神を認識した人であり、性質が変化した人である。」
                     

「座談会摘録・どのように人の本性を認識すべきか」より

「性質の変化は、主にあなたの本性上の変化を指すのである。本性的なものは、うわべのやり方から見い出すことができるものではない。本性的なものは、人の生存の価値や生存の意義、人生の価値観、人の霊魂の深みにあるもの、人の本質に直接かかわる。もし人が真理を受け入れることができなければ、人のこれらの面に変化が起こるはずがない。神の働きを経験する人が完全に真理に入り、価値観、生存観、人生観の変化を得、神と一致した、物事を見る観点を持ち、無条件に神に従い、神に忠誠を尽くすことができるようになったら、彼の性質は変わったと言える。」
                     

「座談会摘録・性質の変化に対して持つべき認識」より

「いつの日か、人の人生観、生存の意義、生存の土台が自分の経験によって、全部変わったら、つまり人が生まれ変わって、別人のようになったら、それは大したことだ!これは大きな変化であり、天地を覆すような変化である。あなたが世の中の名利、地位、金銭、享受、栄耀栄華があってもなくてもよいと感じ、これらを楽に手放すことができるようになったら、人らしさを持ったのである。最後に完全にするのはこのような一団の人であり、彼らは真理のために、神のために、正義の事のために生きる。これこそ人の姿である。」
   

「座談会摘録・人の本性には共通点もあれば、区別もあるということを認識しなければならない」より

「人が神を認識して真理を得たら、光明の中に生きるようになり、人の世界観、人生観が変わってこそ、根本的な変化を得たのである。人が人生の目標を持ち、真理によって身を持し、絶対に神に従い、神の言葉によって生き、心の奥底が落ち着いていて明るいと感じ、心の中に暗黒が少しもなく、完全に解放されて自由に神の前に生きることができる、こうしてこそ、本当の人生を得たのであり、真理を持つ人になったのである。そのほか、あなたのすべての真理が神の言葉から来たのであり、神から来たのであるから、全宇宙の万物の主宰者――いと高き神があなたを良しと認め、あなたが本当の人であり、本当の人生を生かし出したと言う。神があなたを良しと認めることは、最も意義のあることではないか。このような人は真理を持った人である。」
                     

「座談会摘録・どのように人の本性を認識すべきか」より