神の声を聴いてキリストを認識する

第四章 神の世の終わりの働きに関する真理を認識しなければならない

4 神が試練、精錬の仕事をする意義。関連する神の言葉は以下のとおりである。

「試練は人の中のどんな状態に対してであるか。人の中の、神を満足させることのできない不従順な性質に対してである。人の中には混じりけ、偽善の要素がたくさんあるから、神は人を試して、試練で人をきよめるのである。……

……神の真実な愛は神のすべての性質である。神のすべての性質が人に明らかにされると、あなたの肉体にもたらすのは何であるか。神の義なる性質が人に明らかにされると、人の肉体は必ずたくさんの苦しみを受ける。これらの苦しみを受けなければ、あなたは神に完全にされることができず、本当の愛を神にささげることもできない。神があなたを完全にするためには、彼のすべての性質をあなたに明らかにしなければならない。世の初めから今まで、神のすべての性質は人に明らかにされたことがない。世の終わりに、神は彼のすべての性質を、彼に選び定められたこの一団の人に明らかにし、しかも人を完全にする時に彼の性質を明らかにするのであり、これによって一団の人を完全にする。これは神の人に対する本当の愛である。神の人に対する本当の愛を経験しようとしたら、人は極めて大きな苦しみを経験し、高い代価を払わなければならない。こうしてこそ、最後に神に得られることができ、本当の愛を神に返すことができ、神の心も満足を得る。人が神に完全にされたいと思い、神のみこころを行ない、本当の愛を完全に神にささげようと思うなら、たくさんの苦しみや環境にさいなまれ、気絶したり生き返ったりするほど苦しめられなければならない。そうすれば、人は最後にやむを得ず真心を神に返すことができる。人が神に対して本当の愛があるかどうかは、苦しい精錬の中で明らかにされるのであり、神が人の愛を純潔にするのも、苦しい精錬によって達成するのである。」

「言葉が肉体で現れる・神を愛してこそ本当に神を信じると言える」より

「人の状態、人の神に対する態度に応じて、神は新しい仕事をした。それは、人が彼を知ることができるだけではなく、彼に従うこともできるためであり、人が彼を愛することができるだけではなく、彼について証しすることもできるためである。だから、人は神の人に対する精錬、神の人に対する裁き、対処、手入れを経験しなければならない。神がこのようにしなければ、人は永遠に神を知ることができず、永遠に本当の愛、本当の証しを持つことができない。神が人を精錬するのは、ただ一つの面の効果のためではなく、いろいろな面の効果のためである。それゆえに、神は、進んで真理を求める人たちに対して精錬の仕事をする。それは、人の志、人の愛が神に成就されるためである。このような精錬は進んで真理を求め、神を渇仰する人たちにとって、最も意義のあることになり、極めて大きな助けになった。神の性質は、人がそんなに簡単に知ることができるものではなく、またそんなに簡単に理解できるものでもない。なぜなら、神はつまるところ神であり、人と同じ性質を持つことはないからである。だから、人は簡単に彼の性質を知ることができない。真理は、人が生まれつき備えているものではなく、サタンに堕落させられた人が簡単に理解できるものでもない。人は真理を備えておらず、真理を実行する志も備えていない。もし人が苦しみを受けず、精錬を受けず、裁きを受けなければ、人の志は永遠に成就されることができない。精錬はどの人にとっても、かなりつらいのであり、かなり受け入れがたいのである。ところが、神は精錬の中で人に彼の義なる性質を明らかにし、彼の人に対する要求を公にし、しかも精錬の中で人に対してもっと多く啓き、もっと多く実際に手入れし、対処するのであり、事実と真理の対照によって人がさらに自分を知り、さらに真理を理解し、さらに神の心を理解するようにし、そうすることで人が神に対してさらに真実で、さらに純潔な愛を持つようにする。これは神が精錬の仕事をする目的である。神が人に対して行なったすべての仕事は、目的、意義があるのである。彼は意義のない仕事をせず、人のためにならない仕事をしない。神が人を精錬するのは、人を彼の前から取り除くためではなく、人を地獄で滅ぼすためでもなく、精錬の中で人の性質を変え、人の存心、人の古い観点を変え、人の神に対する愛を変え、人のあらゆる生活を変えるためである。精錬は人にとって実際のテスト、実際の訓練である。精錬の中でこそ、人の愛はその本来の機能を発揮することができる。」
   

「言葉が肉体で現れる・精錬を経験してこそ本当の愛を持つことができる」より

「神は積極的な面においても、消極的な面においても、人を完全にすることができる。それは、あなたがどのように経験するか分かるかどうか、あなたが神に完全にされることを追い求める人かどうかにかかっている。あなたが本当に神に完全にされることを追い求めるなら、消極的な面において損失を被らないだけではなく、しかももっと実際的なものを得、さらに自分の内側の欠けたところを認識し、自分の実際の状態を把握し、人が何も持たず、何でもないのを見ることができる。試練を受けなければ、これらを知らず、試練を受けなければ、常に自分がほかの人より偉く、誰よりも優れていると思っている。これらを通して、あなたは、以前はすべて神が働いたのであり、神があなたを守ったのであることが分かる。試練の中に入ると、愛がなくなり、信仰もなくなり、祈りも少なくなり、讃美歌を歌う気にもなれない。知らず知らずのうちに、あなたは自分を認識するようになる。神が人を完全にするのにたくさんの方式があり、さまざまな環境によって人の堕落した性質を対処し、また、さまざまなことによって人を明らかにする。一面では人を対処し、他面では人を明らかにし、また一面では人をさらけ出し、人の心の奥底の『奥義』をすべて掘り出し、さらけ出す。たくさんの状態をさらけ出すことによって、人に自分の本性を見せる。神が人を完全にするのは、さらけ出すことによってであり、対処することによってでもあり、精錬によってであり、刑罰によってでもある。いろいろな方式によって、人に神が実際であることを認識させるのである。」
            

「言葉が肉体で現れる・実行を重んじる人こそ完全にされることができる」より

「神のするどの部分の仕事も人には計り知れないのである。もしあなたが計り知ることができるなら、神のする仕事は意義、価値がなくなる。神のする仕事は計り知れなくて、あまりにもあなたの観念に合わない。あなたの観念に合わなければ合わないほど、神の働きが意義があることを証明する。あなたの観念に合うなら、意義がなくなる。今、あなたは神の働きが非常に奇しいと感じるが、神の働きが奇しければ奇しいほど、あなたは神が計り知れないと感じ、神の業がとても偉いのを見ることができる。もし彼がただいくらかの大まかでいい加減な仕事によって人を征服してから仕事を終わらせるなら、人は神の働きの意義を見ることができなくなる。今、精錬を少し受けているけれども、これはあなたの命の成長にとても有益である。だから、この苦しみを受けることは、あなたたちにとって絶対に必要である。今、精錬を少し受けているけれども、後であなたは本当に神の業を見ることができ、最後に『神様の業は本当に奇しいです!』と言える。これはあなたの本音である。ある人たちは一定の期間の精錬(効力者、刑罰時代)を経験して、最後に『神様を信じるのは本当に容易なことではない!』と言う。本当に『容易』ではないという言葉は、神の業が計り知れないということ、神の仕事がとても意義、価値があり、本当に人が宝愛するに値するということを証明する。もしわたしがこんなに多くの仕事をしたのに、あなたが何の認識も持たないなら、わたしのした仕事は何の価値があるのか。あなたにこの言葉を語り出すようにさせる。『神様に仕えるのは本当に容易なことではない。神様の業は本当に奇しい。神様は本当に知恵がある!本当に愛すべきだ!』あなたが一定の期間経験したら、この言葉を語り出すことができる。これは、神があなたに対して行なった仕事を、あなたがもう得たことを証明する。」

「言葉が肉体で現れる・完全にされる人はみな精錬を受けなければならない」より

「神が働いて人を精錬すると、人は苦しみを受ける。神に対する愛が大きければ大きいほど、人の身に明らかにされる神の大能が多い。人の受ける精錬が小さければ小さいほど、神に対する愛は小さく、人の身に明らかにされる神の大能も少ない。受ける精錬が大きいほど、受ける苦しみが大きいほど、なめる苦難が多いほど、神に対する本当の愛がますます深くなり、神に対してますます真実な信仰を持つようになり、神に対する認識もますます深くなる。経験の中で、あなたはこのことを見ることができる。大きな精錬、苦しみを受け、多くの対処、懲らしめを受けた人たちは、神に対して深い愛があり、もっと深い、もっと透徹した認識もある。一回も対処を受けたことのない人は認識が浅くて、『神様は本当にいい。恵みを賜って人に神様を享受させる』としか言えない。対処、懲らしめを受けたら、彼は神に対する真実な認識を語り出すことができる。だから、神が人に対して行なう仕事は奇しいほど価値、意義があり、あなたが究められないもの、あなたの観念に合わないものであればあるほど、あなたを征服し、あなたを得、あなたを完全にすることができる。神の働きの意義は本当に大きい!もしこのように人を精錬せず、この方式によって働かなければ、神の働きは効果、意義がなくなる。世の終わりに一団の人を選ぶことに非凡な意義があるのは、この原因のためである。以前、神がこの一団の人を選び、得ると言ったことがあるが、神があなたたちに対して行なう仕事が大きければ大きいほど、あなたたちの愛は深く、純潔になり、神のする仕事が大きければ大きいほど、人は彼の知恵を味わうことができ、彼に対する人の認識もますます深くなる。」

「言葉が肉体で現れる・完全にされる人はみな精錬を受けなければならない」より