神の声を聴いてキリストを認識する

第四章 神の世の終わりの働きに関する真理を認識しなければならない

2 神が征服の仕事をする意義。関連する神の言葉は以下のとおりである。
「今日征服の仕事をするのは、あらゆる証し、あらゆる栄光を取り戻して、すべての人が神を礼拝し、被造物の間で証しを持つことができるようにするためである。これはこの段階でしようとする仕事である。いったいどのように人類を征服するのか?この段階の言葉の仕事によって人に口先だけでなく心から承服させ、さらけ出し、裁き、刑罰と情け容赦のない呪いによって人が完全に心服するようにし、人の不従順をさらけ出し、人の逆らいを裁くことによって、人に人類の不義、人類の汚れを認識させ、そうすることで、神の義なる性質を際立たせる。主にこれらの言葉によって人を征服して、人に口先だけでなく心から承服させるのである。言葉は最後に人類を征服する手段であり、征服を受ける者はみな言葉の打ちたたきと裁きを受けなければならない。今、言葉を言う過程は人を征服する過程である。人は一体どのように協力すべきか?これらの言葉を理解することができるように、どのようにこれらの言葉を食べ飲みするか分かるようにしなければならない、あなたはこのように協力すべきである。どうすれば征服されることができるか?これは人自身の力では達成できない。人はこれらの言葉を食べ飲みする基礎の上に立って、自分の堕落と汚れを知り、自分の不従順と不義を知って神の前に倒れ伏すようにしなければならない。あなたが神の心意を探り出した後実行することができ、しかも異象を持ち、何の選択もなしに、完全にこれらの言葉の下に従うことができれば、あなたは征服されたのであり、しかも言葉によって征服されたのである。人類はどうして証しを失ったのか?人がみな神を信じず、人の心の中には全く神を持たないからである。人類を征服するのは人類のこの『信仰』を回復するためである。人は常にこの世にあこがれ、人の望み、前途、贅沢な要求は多すぎ、常に肉体のためを思い、肉体のために考え、神を信じる道を求める気が全くない。人は神に造られたのだが、人の心は全部サタンに捕らえられ、人は神を畏れる心を失ってしまい、ひたすらサタンのためを思っている。こうして人は証しを失い、つまり神の栄光を失ったのである。神が人類を征服するのは、人が神を畏れるという栄光を取り戻すためである。」

「言葉が肉体で現れる・征服の仕事の内幕(一)」より

「わたしが征服の仕事をするのは、ただ征服するために征服するのではなく、義と不義を明らかにするために征服し、人を懲罰する証拠を握るために征服し、悪人を罪に定めるために征服し、さらに心から従う人を完全にするために征服するのである。」

「言葉が肉体で現れる・真心から神に従う人は必ず神に得られる」より

「今の征服の仕事は、人の結末を明らかにするための仕事である。なぜ今の刑罰と裁きが、終わりの日の大きな白い玉座の前での裁きだと言うのか?これはあなたがまだ見極めることができないのか?なぜ終わりの段階の仕事は征服の仕事であるか?それは、各種類の人の結末を明らかにするためではないか?人々が刑罰、裁きの征服の仕事の中で、本当の姿が現されてから、おのおのその種類に従うためではないか?人類を征服すると言うよりも、むしろ各種類の人の結末を明らかにすると言ったほうがいい。つまり、人の罪を裁いてから各種類の人を明らかにし、これによって人を悪とし、或いは人を義とするのである。征服の仕事をした後、善を行う者を賞し、悪を行う者を罰する仕事をする:完全に従う人、すなわち完全に征服された人は、次の段階の、全宇宙へ広める仕事の中に置かれるのであり、征服されていない人は、暗闇の中に置かれ、災いが彼らに臨む。こうして、人はおのおのその種類に従い、悪人は悪に帰し、日がもはや彼らを照らさなくなり、義人は善に帰し、光を得て、永遠の光の中に生きているようになる。万物の結末が近づき、人の結末も目の前に現れ、万物はみなおのおのその種類に従うのに、人がどうしておのおのその種類に従う苦しみから逃れられようか。各種類の人の結末は、万物の結末が近づく時に明らかにされるのであり、全宇宙の征服の仕事(今の仕事を含むあらゆる征服の仕事)をしている間に明らかにされるのでもある。あらゆる人類の結末は、裁きの座の前で、刑罰の中で、世の終わりの征服の仕事の中で明らかにされるのである。……終わりの時の征服の仕事は人を救うためであり、人の結末を明らかにし、裁きによって人の堕落をさらけ出して、人が悔い改め、奮い立ち、命を追い求め、人生の正道を追い求めるようにするためでもあり、愚かで無感覚になった人たちの心を呼び覚まし、裁きによって人の中の不従順を明らかにするためでもある。しかし、もし人が依然として悔い改めず、依然として人生の正道を追い求めず、これらの堕落から逃れられないなら、救いようがなく、サタンに食い尽くされるべきものである。これは人を征服する意義であり、人を救うためであり、また人の結末を明らかにするためでもあり、よい結末も悪い結末も征服の仕事によって明らかにされるのである。人が救われるか、それとも呪われるかはみな征服の仕事の中で明らかにされるのである。
世の終わりには、征服することによって万物をおのおのその種類に従わせるのであり、征服することは世の終わりの仕事である。つまり各人の罪を裁くことは世の終わりの仕事である。もしこのようにしなければ、人がどうしておのおのその種類に従うことができるだろうか。あなたたちの間でしている、人をおのおのその種類に従わせる仕事は、全宇宙の中の、おのおのその種類に従わせる仕事の始まりであり、今後、諸方、諸族の人もこの征服の仕事を受け入れなければならない。つまり、造られた人はみな、おのおのその種類に従わなければならず、裁きの座の前に帰服して裁きを受けなければならない。どの人も、どの物もこの刑罰、裁きによる苦しみから逃れられず、また、どの人も、どの物もおのおのその種類に従い、人はみな種類別に分けられるのである。なぜなら、万物の終わりが近づき、天地全体が終わる時が来たからである。人がどうして人の生存の終わる日から逃れられようか?」

「言葉が肉体で現れる・征服の仕事の内幕(一)」より

「もし神が仕事をする時、前もって人に結末、よい落ち着き先を与え、そうすることで人を引き付けて、人を彼につき従わせ、人と取り引きするなら、これは征服するとは言えず、人の命を作ることにもならない。結末で人をコントロールすることを通して人の心を得るのは、人を完全にするのではなく、そうすれば、人を得ることができず、それは落ち着き先によって人をコントロールすることになる。人が最も関心を持っているのは、今後の結末、最後の落ち着き先であり、いったい良い望みがあるかどうかということである。もし人を征服する仕事の中で、人に良い望みを与え、人を征服する前にまず人に適切な落ち着き先を与えて人に追い求めさせるなら、人を征服する効果を収めることができないばかりか、かえって征服の仕事の効果に影響するのである。つまり、征服の仕事の効果は、人の運命や前途を奪い、人の不従順な性質を裁き、罰することによって収めるのであり、人と取り引きし、すなわち人に祝福、恵みを与えることによって収めるのではなく、人の自由を奪い取り、人の前途を取り除いて人の忠心を明らかにすることによって収めるのである。これこそ征服の仕事の本質である。もし最初から人に良い望みを与え、それから刑罰、裁きの仕事をするとすれば、人は前途があるという前提の下で刑罰、裁きを受けることになり、最後になっても、あらゆる被造物は条件なしに造物主に従い、造物主を礼拝することができず、ただひたすら愚かに従い、或いはひたすら求めるだけであり、人の心は完全に征服されることができない。だから、このような征服の仕事は人を得ることができず、なおさら神のために証しすることができない。このような被造物は自分の本分を尽くすことができず、神に条件を出すばかりである。そうなると、征服するとは言えず、憐れみ、祝福することになる。人の最大の問題は、人が常に運命、前途を心にかけていて、運命、前途が人の偶像になったということである。人はみな運命、前途のために神を追い求めるのであって、神に対する愛のゆえに神を礼拝するのではない。だから、人を征服するには、必ず人の私心、人の貪欲、いちばん人が神を礼拝することを阻むそれらのものを対処して取り除かなければならない。そうすれば、人を征服する効果を収めることができる。だから、最初人を征服する時は人の野心、人のいちばん致命的なものを取り除くことによって、人の神に対する愛を呼びさまし、人の人生に対する認識を変え、人の神に対する見方を変え、人の生存の意義を変えなければならない。そうすれば、人の神に対する愛は純潔になり、すなわち人の心が征服されるのである。しかし、神のあらゆる被造物に対する態度はこうである。ただ征服するために征服するのではなくて、得るために征服するのであり、彼の栄光のために征服するのであり、最初の人の本来の姿を回復するために征服するのである。もし単に征服するために征服するなら、征服の仕事の意義を失ってしまう。つまり、人を征服した後、人をかまわずにほうっておき、人の生死を気にかけないなら、それは人類を経営するのではなく、人類を救うためでもない。人を征服した後、人を得、最後に人類をみなよい落ち着き先に導き入れなければならない。これこそすべての救いの仕事の中心であり、こうしてこそ人を救う目的を達成することができる。すなわち、人を人類のよい落ち着き先に導き入れて安息に入らせることこそ、あらゆる被造物が持つべき前途であり、造物主がすべき仕事でもある。……
……神が征服の仕事をするのは前途や運命、落ち着き先によってあなたをコントロールするのではない。実は、そのような仕事をする必要がない。征服の仕事の目的は、人がみな被造物の本分を尽くし、造物主を礼拝するようにするためである。その後、人ははじめてよい落ち着き先の中に入ることができる。」

「言葉が肉体で現れる・人の正常な生活を回復して
人をよい落ち着き先に導き入れる」より

「征服の仕事が収める効果は主に、人の肉体が背かなくなることである。すなわち人が思想上神に対して新しい認識を持つことができて、心から完全に神に従うことができるようになり、神を満足させるという志を持つことができるようになることである。人の性格や肉体が十分な程度まで変化したら征服されたと言えるのではなく、人の思想、人の意識、人の理智、すなわちあなたのあらゆる精神状態が変わったら、あなたは神に征服されたのである。あなたが神に従う志を持つようになり、あなたの思想も新しくされるようになり、神の言葉、神の働きに対して何の観念、存心も持たなくなり、正常に物事を考えることができ、つまり一心に神のために費やすことができるようになったら、あなたは完全に征服されたのである。宗教の中の多くの人は一生の中で苦しみを少なからず受け、彼らは自分の体を打ちたたくか、或いは十字架を担い、臨終の前も苦しみを受け、耐え忍んでいた。ある者は死ぬ日の朝さえも断食し、一生おいしい物を食べず、よい服を着ず、苦しみを受けることばかり重んじていた。彼らは自分の体を打ちたたくことができ、肉体を裏切ることができた。彼らの苦しみを受ける精神は称賛に値するのであるが、彼らの思想、彼らの観念、彼らの精神状態、および彼らの古い性質は全く対処されておらず、彼らは自分に対して本当の認識がなく、彼らの心の中の神の姿は伝統的な、漠然とした神の姿であり、彼らが神のために苦しみを受ける志は、彼らの熱心さと彼らの人間性のよい性格から来たのである。彼らは神を信じていたけれども、神を知らず、神の心意も知らず、ただひたすら神のために働き、神のために苦しみを受けていたのであり、全然識別することを重んじず、どのように仕えれば神の心にかなうことができるかも重んじず、なおさら、どうすれば神を知ることができるかを知らなかった。彼らの仕えていた神は、神の元来の姿を持つ神ではなく、彼ら自身が想像した神、ほかの人から聞いた神、或いは文字の中から探し出した神に関する伝説の中の神であり、彼らは自分のその豊かな想像、自分のその敬虔な気持ちで神のために苦しみを受け、神がしようとする仕事を引き受けた。彼らの奉仕の正確度は低すぎ、彼らのうち、本当に神の心にかなう奉仕をすることができる者はほとんどいなかった。彼らがどのように甘んじて苦しみを受けても、神に仕えることに関する彼らの本来の観点と、彼らの心の中の神の姿はずっと変わらなかった。なぜなら、彼らは神に裁かれず、罰されず、精錬されず、完全にされず、真理で彼らを導いた人もおらず、たとえ彼らが信じたのは救い主イエスであっても、彼らは救い主を見たことがなく、ただ言い伝え、うわさで聞いただけだからである。だから、彼らはただ、盲目の者が自分の父に仕えるように、目を閉じてやたらに神に仕えていただけである。このように仕えれば、最後になってどんな成果を得られようか?だれに良しとされるだろうか?彼らの奉仕は終始変わったことがなく、彼らはみな人の教えを受けて、自分の天然、自分の好みによって仕えていて、これではどんな褒賞を得られようか。……彼らは最後まで従順であったが、征服されてはおらず、征服された証しがなかった。苦しみは少なからず受けたが、内側には神に対して何の認識もなく、彼らのそれらの古い思想、古い観念、宗教的な実行、人的な認識、人の思惟はすべて対処されておらず、内側には新しい認識が少しもなく、神に対する真実で正確な認識が少しもなく、神の心意も彼らに誤解された。これは神に仕えると言えるのか。神に対するあなたの認識が以前のと同じであり、神がどのようにしても、あなたがやはりあなた自身の観念と思惟で神を認識し、つまり、あなたが神に対して新しくて真実な認識を持たず、神の元来の姿、元来の性質を認識することができず、神に対するあなたの認識の重点はやはり封建的で、迷信的な思想であり、やはり人の想像と観念であるとしたら、あなたは征服されていないのである。今、わたしがあなたに対して言った言葉の多くはみなあなたに認識させるためであり、すなわちこれらの認識によって、あなたが正確で、さらに新しい認識を持つように導くのであり、また、あなたが新しい認識を持つように、あなたの内のそれらの古い観念、古い認識を対処するためでもある。もしあなたに真実な食べ飲みがあれば、あなたの多くの認識は変わるはずである。あなたが従順な心をもって神の言葉を食べ飲みしさえすれば、あなたの観点は変えられるはずであり、あなたがこの一回また一回の刑罰を受けることができれば、あなたの古い思想も次第に変わることができる。あなたの古い思想が完全に新しくされれば、あなたの実行もそれに伴って変わり、こうして、あなたの奉仕もますます正確になり、ますます神の心にかなうことができる。あなたがあなたの生活を変え、人生に対するあなたの認識を変え、神に対するあなたの多くの観念を変えることができれば、あなたの天然は次第に少なくなる。これこそ神が人を征服した後、収めた効果であり、これが人の得た変化である。」

「言葉が肉体で現れる・征服の仕事の内幕(三)」より

「あなたたちこれらの人に対して征服の仕事をするのは、意義がいちばん深いのである。一面では、一団の人を完全にし、つまりこの人たちを完全にして勝利を得る者にならせ、最初の一団の完全にされる人、すなわち初穂とするのである。他面では、あらゆる被造物が神の愛を享受し、神の最大の救い、神のすべての救いを得ることができるようにし、人に享受させるのは憐れみ、慈しみだけでなく、もっと主なのは刑罰、裁きである。創世から今まで、神が仕事の中でしたすべては愛であり、人を恨む要素が全然なく、あなたが見た刑罰、裁きも愛であり、もっと真実な愛である。この愛は人を人生の正しい道に導き入れるのである。もう一面では、人がサタンの前で証しをすることができるようにするためである。また一面では、以後の福音の仕事を拡大するために基礎を打ち立てるためである。彼がしたすべての仕事は、人を人生の正しい道に導き入れるためであり、人に正常な人類の生活を持たせるためである。人がどのように生活するか分からないので、このような導きがなければ、あなたは虚しく生きるだけであり、何の価値、意義もなしに生きるだけであり、あなたはどうすれば正常な人になることができるか全然分からない。これは人を征服する最も深い意義である。」

「言葉が肉体で現れる・征服の仕事の内幕(四)」より

「完全にされることは、あらゆる被造物が受け入れるべきことである。もしこの段階では完全にする仕事だけするなら、イギリスでしてもよく、アメリカでしてもよく、イスラエルでしてもよく、どの国の人の身にしてもいい。しかし征服の仕事をするのなら、選択をしなければならない。征服の仕事の中の最初の仕事は短期間の仕事であり、しかもこれによってサタンを辱め、全宇宙を征服するのである。これは第一段階の征服の仕事である。神を信じるすべての被造物はみな完全にされることができる、と言ってもいい。なぜなら、人が完全にされることは長期にわたって神に変えられた後、到達できるからである。しかし征服されることはそれと異なり、征服される者の標本、パターンは必ずいちばん後れており、いちばん暗黒なところに生きている人、いちばん卑しく、いちばん神を認めない人、いちばん神に背く人でなければならない。このような人だけが、神に征服される証しをすることができる。征服の仕事をするのは主にサタンを打ち負かすためであるが、人を完全にするのは人を得るためである。人が征服された後、証しをすることができるように、征服の仕事をこの所で行い、あなたたちの身に行ったのである。これは、あなたたちが征服された後、証しをすることができるためであり、神は征服された人によって、サタンを辱める目的を達成するのである。」

「言葉が肉体で現れる・完全にされた人こそ
意義のある人生を生かし出すことができる」より

「最初はイスラエルの選民の間で働き、いちばんきよい所で天地開闢のような仕事をしたのであり、最後の段階はいちばん汚れた国で働き、この世を裁き、時代を終わらせるのである。最初の段階はいちばん明るい所で働いた。最後の段階はいちばん暗黒な所で働き、これらの暗やみを追い払い、光をもたらして、この人たちをみな征服するのである。いちばん汚れており、いちばん暗黒な所の人さえも征服され、あらゆる人の口が、神は確かに存在し、真の神だと認め、しかも口先だけではなく心から承服する。神はこの事実によって全世界を征服する仕事をし、この段階の仕事は代表的な意義があり、この時代の仕事をやり遂げたら、六千年の経営仕事も完全に終わる。いちばん暗黒な所の人がすでに征服されたら、ほかの所の人はなおさら言うまでもない。だから、中国での征服の仕事だけが代表的な意義を持っている。中国はあらゆる暗やみの勢力を代表し、中国の人は肉体に属し、サタンに属し、血肉に属するあらゆる人を代表している。中国の人は大赤竜にいちばん深く堕落させられていて、いちばんひどく神に逆らっているのであり、その人間性がいちばん卑しく、いちばん汚れている。だから、彼らはすべての堕落した人類の典型的な代表である。ほかの国の人はみないいというわけではなく、人の観念はみな同じである。彼らは素質がいいけれども、神を知らないなら同じく神に逆らうはずである。……しかし、中国人を取り出して見本とし、征服してから模範、標本に作り上げて、参考の物とする。なぜずっとあなたたちが、わたしの経営計画の付属品だと言っているか分かっているのか。人の堕落、汚れ、不義、反抗、不従順などのものは、中国人の身で最も全面的に表現され、さまざまなものが全部現されている。一方では素質が劣っており、他方では生活が後れ、思想が後れ、生活習慣、社会的環境、生まれた家庭もみな劣っていて、みないちばん後れているのであり、この人たちは地位も低いのである。このような所で働くことは代表性があり、試験的に行うところの仕事を全面的にしたら、今後仕事を展開するのもずっと容易になる。この段階の仕事をなし遂げたら、今後の仕事も問題にならず、この段階の仕事がなし遂げられ、成功を収めたら、全宇宙の征服の仕事も徹底的に終わるのである。実は、あなたたちの間での仕事が成功したら、全宇宙の仕事が成功したに等しい。なぜあなたたちを模範、標本とするのか、その意義がここにある。この人たちの身には不従順、反抗、汚れ、不義などのあらゆる人間の堕落性が何もかもそろっていて、あらゆる人類の不従順を代表するのである。この人たちは実にたいしたものだ。だから、この人たちが征服の見本とされ、もちろん、征服された後は標本、模範となる。」

「言葉が肉体で現れる・働きの異象(二)」より

「終わりの段階で人を征服することは、サタンと戦う最後の段階の仕事であり、つまり人をサタンの支配下から徹底的に救い出す仕事である。人を征服するということの真意は、サタンに堕落させられたサタンの化身を征服してから彼らを造物主に立ち帰らせ、それによって、彼らがサタンを裏切り、完全に神に立ち帰るようにする、ということである。そうすれば、人は徹底的に救われるのである。だから、征服の仕事はサタンと戦う最後の段階の仕事であり、サタンを打ち負かす最後の段階の経営である。もしこの段階の仕事がなければ、最後になっても人を完全には救い出すことができず、サタンを徹底的に打ち負かすこともできず、人類も永遠によい落ち着き先に入ることができず、永遠にサタンの支配から逃れることができない。だから、サタンとの戦いが終わらないなら、人を救う仕事も終わらない。なぜなら、経営の仕事の核心は全人類を救うことだからである。最初の人類は神の手にあったが、サタンに誘惑され、堕落させられたので、サタンに縛られて悪しき者の手に落ち込んだ。だから、サタンは経営の仕事の中で打ち負かされる対象になった。サタンが人を占有したし、人はまた全経営の元手であるから、人を救うにはサタンの手から人を奪い返さなければならず、つまりサタンに捕らえられた人を奪い返さなければならない。そういうわけで、神は人の古い性質を変えて、人が人の本来の理智に復するようにし、これによってサタンを打ち負かす。そうすれば、捕らえられた人をサタンの手から奪い返すことができる。もし人がサタンの支配と縛りから逃れたら、サタンは恥を受ける。最後に、人が奪い返されたら、サタンも打ち負かされたことになる。人はサタンの暗やみの権勢から逃れたため、あらゆる戦いの戦利品となるが、サタンは戦いが終わった後懲罰される対象となる。こうして、人類を救うすべての仕事は終わるのである。」

「言葉が肉体で現れる・人の正常な生活を回復して
人をよい落ち着き先に導き入れる」より