神の声を聴いてキリストを認識する

第四章 神の世の終わりの働きに関する真理を認識しなければならない

1 神が言葉の仕事をする意義。関連する神の言葉は以下のとおりである。
「王国時代に、神は言葉で時代を開き、言葉で働き方を変え、言葉で全時代の仕事をする。これは言葉時代に、神が働く原則である。彼は言が肉体となり、異なった立場に立って話して、人は本当に、言葉が肉体で現れた神を見、神の知恵と奇しさを見た。このように働くのは、人を征服し、人を完全にし、人を淘汰するという目的をよりよく達成するためであり、これこそ言葉時代に言葉によって働くということの本当の意味である。言葉によって神の働きを認識し、神の性質を認識し、人の本質を認識し、人の進入すべきものを認識し、言葉によって神が言葉時代にしようとするすべての仕事をなし遂げ、言葉によって人を明らかにし、人を淘汰し、また言葉によって人を試す。人はみな言葉を見、言葉を聞いたし、また言葉の存在を知ったので、神の存在を信じ、神の全能、知恵を信じ、神の、人を愛し、人を救う心を信じた。『言葉』という単語は普通かつ簡単であるけれども、言が肉体となった神の口から出た言葉は地宇を揺れ動かし、人の心を変え、人の観念、古い性質を変え、全世界の旧い様子も変えた。世世から、今日の神だけがこのように働き、今日の神だけがこのように話し、このように人を救うのである。これから人は言葉の導きの下に生き、言葉の牧養と供給の中に生きるようになり、人はみな言葉の世界の中に生き、神の言葉の呪い、神の言葉の祝福の中に生きるようになり、もっと多くの人は言葉の裁き、刑罰の中に生きるようになった。これらの言葉、これらの働きはみな人を救うためであり、みな神のみこころを成就するためであり、みな旧創造の世界のもとの様子を変えるためである。神は言葉で世界を創造し、言葉で全宇宙の人を導き、また言葉で全宇宙の人を征服し、救い、最後に言葉で旧世界全体を終わらせる。それでこそ全経営計画のすべてが完成するのである。王国時代を通じて、神は言葉で働き、言葉で働きの効果を収め、彼はしるしも力あるわざも行なわず、ただ言葉で働く。人はみな言葉のゆえに滋養を得、供給を得、言葉のゆえに認識を得て、本当の経験を得る。言葉時代の人は実に極めて大きな祝福を受けた。肉体の苦しみを受けず、ただ神の言葉の豊かな供給を享受すればよく、尋ね求める必要も奔走する必要もなく、安逸の中で神の出現を見、神自らの声を聞き、神の供給を得、神自らの働きを見た。これはみな世々の人が享受できなかったものであり、世々の人が得られなかった祝福である。」

   

「言葉が肉体で現れる・王国時代は言葉時代である」より

 

「世の終わりに神は来て、主に言葉を言うのであり、霊の立場に立って話し、人の立場に立って話し、第三者の立場に立って話し、異なる方式で言葉を言い、一定の期間経ったら話す方式を変え、話す方式によって人の観念を変え、人の心の中の漠然とした神の姿を取り除く、神は主にこの仕事をするのである。人々は、神が来たのは病気を治し、悪霊を追い出し、力ある業を行い、人に物質的な祝福を与えるためだと思っている。だから、神は、人の観念の中のこれらのものをすべて取り除いて、人に神が実際で、正常であることを認識させ、また、人の心の中のイエスの姿を取り除いて、神の新しい姿が人を占めるようにするために、この段階の裁き、刑罰の仕事をした。」
 

「言葉が肉体で現れる・神の現時の働きに対する認識」より

 

「今の時代に神のする仕事は、主に人に命の言葉を供給し、人の本性の本質及び堕落した性質をさらけ出し、人の宗教的観念、封建的思想、古い思想を取り除くことである。人の知識、文化、これらはみな神の言葉のさらけ出しによって清められなければならない。世の終わりに、神は言葉で人を完全にするのであって、しるしや奇跡で人を完全にするのではなく、言葉を言うことによって人を明らかにし、裁き、罰し、完全にして、人が神の言葉の中から神の知恵を見、神の愛しさを見、神の性質を知り、神の言葉を通して神の業を見ることができるようにする。」

 

「言葉が肉体で現れる・神の現時の働きに対する認識」より

「この最後の段階の仕事は、言葉によって効果を収めたのである。言葉によって、人はたくさんの奥義が分かり、歴代にわたって神がしてきた仕事が分かった。言葉によって、人は聖霊の啓きを得た。言葉によって、人は歴代にわたって人がまだ開いていない奥義が分かり、歴代の預言者、使徒がした仕事と働いた原則が分かった。言葉によって、人はまた神自身の性質を理解し、人の不従順、人の反抗を知り、自分の本質を認識した。この一歩一歩の働きとあらゆる言葉によって、人は霊の働きを認識し、神の言がなった肉体がする仕事を認識し、さらに彼のあらゆる性質を認識した。あなたが神の六千年の経営仕事を認識したのも言葉によってである。自分が以前どんな観念を持ったのかを認識し、しかも放棄することができたのも、言葉によってではないか。イエスのその段階の仕事の中ではしるしと奇跡を行なったが、この段階の働きの中ではしるしと奇跡を行わない。あなたがなぜしるしと奇跡を行わないか分かったのも、言葉によってではないか。……この段階で言った言葉には、預言があり、真理があるが、それは主に人に命を与えるためである。今の言葉は預言者が語った預言と異なる。これは一段階の仕事であり、人の命のためであり、人の命の性質を変えるためであって、預言を語るためではない。」

 

「言葉が肉体で現れる・受肉の奥義(四)」より

「イエスは当時たくさんの仕事をしたが、弟子たちも理解できなかったのであり、彼はたくさんの言葉を言ったが、人がみな分からなかった。それは当時彼が解釈しなかったからである。だから、彼が離れ去ってから数年後、マタイは彼の系図を一つ並べ、ほかの人も人間の意志による仕事をたくさんした。なぜなら、その時イエスが来たのは人を完全にし、人を得るためではなく、一段階の仕事をして、天国の福音をもたらし、十字架につけられる仕事をやり遂げるためであり、十字架につけられたら、彼の仕事が全部終わったからである。しかし、この段階の征服の仕事をするためには、必ずもっと多くの言葉を言い、もっと多くの仕事をしなければならず、またたくさんの過程を経なければならない。しかも、あらゆる人が明白に、はっきりと信じられるように、イエスが以前した仕事の奥義、或いはヤーウェがした仕事の奥義を全部開かなければならない。なぜなら、これは世の終わりの仕事であり、世の終わりは結末をつける仕事であり、仕事を終わらせる時だからである。この段階の仕事で、あなたにヤーウェの律法、イエスの贖いを全部はっきり理解させようとするのは、主に、あなたに六千年の経営計画のすべての仕事を分からせ、六千年の経営計画のすべての意義と本質を理解させ、イエスがしたたくさんの仕事、言ったたくさんの言葉の意図、さらに聖書に対するあなたの盲信、崇拝まで分からせ、これらをみなあなたに見極めさせるためである。イエスがその時にしたことと、今日神がすることをみなあなたに分からせ、すべての真理、命、道をあなたに分からせ、あなたに見せる。なぜイエスはその段階の仕事の中で結末をつけないまま離れ去ったのか。彼のその段階の仕事は結末をつける仕事ではなかったからである。彼が十字架につけられた時、彼の言葉も終わったのであり、彼が十字架につけられた後、彼の仕事も全部終わり、この段階のように、言葉を言い尽くし、すべての仕事の結末をつけてこそ、仕事を終わらせるのではない。イエスのその段階の仕事の中で、たくさんの言葉は言い尽くしておらず、はっきりと言っていなかったが、彼は言うべき言葉を言い尽くしたかどうかに構わなかった。彼は言葉の職分を尽くすのではなかったから、このように十字架につけられてから離れ去った。その段階は主に十字架につけられるためであり、この段階とは異なっている。この段階の仕事は主に結末をつけ、脱穀場をきれいにし、すべての仕事を終わらせるためである。言うべき言葉を言い尽くさなければ、仕事を終わらせることができない。というのは、この段階は言葉ですべての仕事を終わらせ、成就するからである。当時、イエスが仕事をたくさんしたが、人はみな分からなかった。でも、彼はひそかに離れ去った。いまだに多くの人は彼の言葉が分からなくて、間違って理解したのに、それがとても正しいと思い、それが間違っていることに気づいていない。最後のこの段階で、仕事を徹底的に終わらせ、すべての仕事に結末をつけ、これによって、人々に神の経営計画を理解し、知るようにさせ、人の内の観念、人の内の存心、人の誤った理解、ヤーウェの働きに対する観念、イエスの働きに対する観念、異邦人に対する見方、あらゆる誤ったところを正し、人にあらゆる人生の正しい道を分からせ、神のしたすべての仕事を分からせ、すべての真理を分からせる。そうすれば、この段階の仕事は終わるのである。」

 

「言葉が肉体で現れる・働きの異象(二)」より

「だから、世の終わりに神は言が肉体となって、主に言葉ですべてを成就し、言葉ですべてを明らかにするのである。あなたは、彼の言葉の中でこそ彼の所是を見ることができ、彼の言葉の中でこそあなたは彼が神自身であるのを見ることができる。彼は言が肉体となって地上に来た後、ほかの仕事はせず、言葉だけを言う。だから、事実はいらず、言葉だけ言えば十分なのである。なぜなら、彼が来たのは主にこの仕事をするためであり、人に彼の言葉の中から彼の大能を見、彼の言葉の中から彼の至高を見、彼の言葉の中から彼が遜り、隠れているのを見、彼の言葉の中から彼のすべてを知るようにさせるからである。彼の所是、所有はみな彼の言葉の中にあり、彼の知恵、奇しさもみな言葉の中にあり、この中からあなたが神のいろいろな話し方を見ることができる。……
……神は世の終わりに地上に来て、言葉を言う職分を尽くすことによって人に彼を認識させ、人に彼の言葉の中から彼の所是を見、彼の知恵と彼のあらゆる奇しい業を見るようにさせる。王国時代に、神は主に言葉ですべての人を征服する。以後、各宗各界、各邦各派に臨むのも言葉であり、神はただ言葉で征服して、あらゆる人に彼の言葉が権威や威力を持っていることを見せる。だから今、あなたたちが向かい合うのは神の言葉だけである。」

 

「言葉が肉体で現れる・言葉がすべてを成就する」より

 

「世の終わりに、神は主に言葉で人を完全にするのである。彼はしるしや奇跡で人を制圧して、人に信服させるのではない。そうすれば、神の大能を明らかにすることができない。もし、しるしや奇跡だけを行なうなら、神の実際を明らかにすることができず、人を完全にすることもできない。神はしるしや奇跡で人を完全にするのではなく、言葉で人に注ぎ、人を牧して、人にすべてにおいて神に従い、しかも神を知るようにさせるのである。これは神が働き、話す目的である。神はしるしや奇跡を行なうという方式によって人を完全にするのではなく、言葉で人を完全にし、いろいろな働き方によって人を完全にするのである。神が言葉で精錬しても、対処しても、手入れしても、供給しても、要するに、さまざまな異なった立場に立って言った言葉で人を完全にするのであり、これによって、人に神の働きに対していっそう認識を持たせ、神の知恵、奇しさに対していっそう認識を持たせる。」

 

「言葉が肉体で現れる・言葉がすべてを成就する」より

「言葉の仕事の最も大きな意義は、人が真理を理解したうえで真理を実行するようにし、そうすることで人が性質の変化を得、自分を知り、神の働きを認識するようにすることである。言葉を言う働き方こそ、神と人の間の橋渡しをすることができ、言葉こそ真理を解き明かすことができる。このようにするのは、人を征服するのに最もよい方式である。言葉を言う以外に、いかなる方式も人がもっとはっきりと真理、神の働きを理解するようにすることができない。だから、最後の段階の仕事の中で、神は人と話すという方式によって、人が分からない真理、奥義を全部人に開く。それは、人がみな神から真理の道、命を得、それによって神の心を満足させるためである。……この段階の言葉の仕事の中で、人の分からない道と奥義を全部人に開く。それは、人がみな神の心が分かり、人に対する神の要求が分かり、神の言葉を実行する条件を備え、性質の変化を得るためである。」

           

 「言葉が肉体において現れる・地位の福を手放して
人を救う神の心を理解すべきである」より

「神はこの時代に、あなたたちの間でこの事実を成就しようとする。あらゆる人が神の言葉を生かし出し、真理を実行し、心から神を愛することができる。人がみな神の言葉を基礎とし、神の言葉を実際とし、神を畏れ敬う。人が神の言葉を実行することによって、神と共に王権を握る。神がなし遂げようとするのはこの仕事である。もしあなたが神の言葉を読まなければどうだろう。今、大勢の人は一日か二日神の言葉を読まないとたまらず、どうしても毎日読まなければ気が済まず、もし読む時間がなければ、聞くだけでもいいと感じる。聖霊は人にこのような感じを与え、このように人を感動させ始めるのである。つまり言葉で人を支配して、人に神の言葉の実際の中に入らせるのである。……神は言葉で人を支配していて、あなたが神の言葉を食べ飲みすればよく感じ、神の言葉を食べ飲みしなければ歩むべき道がなくなる。神の言葉が人の食物になり、人の原動力となった。以前聖書に『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』という言葉が言及されたが、今日神はこの仕事をなし遂げようとするのであり、彼はこの事実をあなたたちこれらの人の身に成就しようとする。どうして前は人が何日も神の言葉を読まなくても、いつも通り食事をしたり仕事をしたりすることができたのに、今は駄目だろうか。この時代に神は主に言葉ですべてを支配するのであり、人は神の言葉によって裁かれ、完全にされ、最後に神の言葉によって王国の中に導き入れられる。神の言葉だけが人に命を供給することができ、神の言葉だけが人に光を与え、人に実行の道を与えることができる。特に王国時代にはそうである。あなたが神の言葉の実際を離れず、毎日神の言葉を食べ飲みしさえすれば、神はあなたを完全にすることができる。」

 

「言葉が肉体で現れる・王国時代は言葉時代である」より