神の声を聴いてキリストを認識する

第三章 神の三段階の働きに関する真理を認識しなければならない

2 神の三段階の働きの目的を認識しなければならない。関連する神の言葉は以下のとおりである。

「三つの段階の働きの目的は、全人類を救うこと、人類をサタンの支配下から完全に救い出すことである。三つの段階の働きはそれぞれ異なる目的、意義を持つが、どの段階の働きも人類を救う仕事の一部分であり、人類の異なる必要に応じて行なった異なる救いの仕事である。
…………
すべての経営がもうすぐ終わる時、神は万物を各々その種類に従わせ、人は造物主の手によって造られたのだから、最後にはやはり人を完全に彼の権威の下に帰させるのである。これは三段階の働きの終結である。……

……三段階の働きが全部終わる時、神を証しする一団の人、すなわち神を認識した一団の人がつくられ、この人たちはみな神に対して認識がある人であり、真理を実行することができる人であり、人間性があり、理智がある人であり、この人たちはみな三段階の救いの仕事に対して認識がある人である。これは最後になし遂げる仕事であり、この人たちは六千年の経営の仕事の結晶であり、最終的にサタンを打ち負かした最も有力な証しである。」

「言葉が肉体で現れる・三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」

「わたしの全経営計画の中、すなわち六千年の経営計画の中には、全部で三つの段階、つまり最初の律法時代、恵みの時代(すなわち贖いの時代)、最後の王国時代という三つの時代が含まれている。この三つの時代は、時代の違いによって、わたしの働きの内容も異なる。ところが、どの段階の仕事も人の必要に応じてするのであり、正確に言えば、サタンと戦う時にサタンの用いる詭計によってするのである。それは、サタンを打ち負かし、わたしの知恵、全能を明らかにするためであり、サタンの詭計を全部さらけ出して、サタンの支配下に生きている全人類を救うためでもあり、わたしの知恵と全能を明らかにするためであり、サタンのひどく醜い姿を現すためでもあり、さらに被造物が、善悪を見分けることができ、わたしが万物の主宰者であることを認識し、サタンが人類の敵、くず、悪しき者であることを見極め、善と悪、真理と謬理、聖と汚れ、偉大さと下劣さをはっきり見分けることができるようになるためでもある。わたしはこれらの無知な人類がわたしについてこの証しをすることができるようにする。すなわち、「わたし」が人類を堕落させたのではなく、わたし――造物主だけが人類を救い、人に享受できるものを与えるのであり、わたしは万物の主宰者であり、サタンはただ、造られたが後でわたしを裏切った被造物にすぎないことを認識させる。」

「言葉が肉体で現れる・贖いの時代の仕事の内幕」より

「……経営の仕事の核心は全人類を救うことだからである。最初の人類は神の手にあったが、サタンに誘惑され、堕落させられたので、サタンに縛られて悪しき者の手に落ち込んだ。だから、サタンは経営の仕事の中で打ち負かされる対象になった。サタンが人を占有したし、人はまた全経営の元手であるから、人を救うにはサタンの手から人を奪い返さなければならず、つまりサタンに捕らえられた人を奪い返さなければならない。そういうわけで、神は人の古い性質を変えて、人が人の本来の理智に復するようにし、これによってサタンを打ち負かす。そうすれば、捕らえられた人をサタンの手から奪い返すことができる。もし人がサタンの支配と縛りから逃れたら、サタンは恥を受ける。最後に、人が奪い返されたら、サタンも打ち負かされたことになる。人はサタンの暗やみの権勢から逃れたため、あらゆる戦いの戦利品となるが、サタンは戦いが終わった後懲罰される対象となる。こうして、人類を救うすべての仕事は終わるのである。」

「言葉が肉体で現れる・人の正常な生活を回復して人をよい落ち着き先に導き入れる」より

「神の経営はこうである。神とは何であるか、造物主とは何であるか、どのように神を礼拝すべきか、どうして神に従わなければならないのか、これらについて全然知らない人類をサタンに渡し、サタンに意のままに堕落させてから、神が一歩一歩とサタンの手から奪い返し、最後には人類が完全に神を礼拝し、サタンを捨てるようにする。これが神の経営である。これは神話物語のように聞こえ、また人には理解し難いことでもある。神話物語のように思われるのは、人がこの数千年来どれだけのことが人に起こったかを知らず、どれだけの物語がこの大空宇宙で生じたかも知らないからであり、さらに、人の肉眼ではこの物質世界の後ろにある、そのもっとくすしくて怖い世界が見られないからである。人には理解し難いのは、神の人類を救うことの意義や神の経営の仕事の意義を知らず、神が求めているのはどのような人類であるかを知らないからである。神が求めているのは、サタンに全然堕落されていないエバとアダムのような人類であるのか。違う!神の経営は一団の、神を礼拝し、神に従う人を得るためである。この人類はサタンに堕落させられたけれども、もはやサタンを父親と見なさず、サタンの醜悪な姿を知ってサタンを捨て、そして神の前に出て神の裁きと刑罰を受け入れ、それによって、醜悪と聖との対比を知り、神の偉大さとサタンの邪悪を知るようになった。このような人類はもはやサタンのために尽くすことはなく、もはやサタンを礼拝し、祭ることはない。彼らは一団の、本当に神に得られた人類だからである。これが人類を経営する神の仕事の意義である。……
……
神の経営の仕事の細かいところから、神の愛と憐みがにじみ出ている。人が神のなみなみならぬ苦心を理解できるかどうかにかかわらず、彼はやはり倦まずたゆまず彼の成し遂げようとする仕事をしている。神の経営に対する人の認識が多かろうと少なかろうと、神の仕事が人にもたらす助けと有益は、誰でも感じられることである。もしかすると、今あなたは神からの愛と命の供給を全然感じていないかもしれないが、あなたが神を離れず、真理を追求する決心をあきらめない限り、いつか神の笑顔はきっとあなたに現れる。なぜなら、神の経営の目的はサタンの権勢の下にある人類を奪い返すことであって、サタンに堕落させられた、彼に逆らう人類を放棄することではないからである。」

        

「言葉が肉体で現れる・神の経営の中でこそ人は救われることができる」より

「神は人類を造って、人類を地上に置き、今日まで導いてきた。その後、人類を救い、人類の罪祭となった。終わりの時に、彼は人類を征服して、人類を徹底的に救い出し、人に本来の形を回復させなければならない。彼が始めから終わりまでしているのはこの仕事である。つまり人に本来の姿を回復させ、人に本来の形を回復させるのである。彼は彼の王国を打ち立てようとし、人に本来の形を回復させようとする。つまり彼は地上における彼の権威を回復し、あらゆる被造物の間における彼の権威を回復しようとする。人はサタンに堕落させられた後、神を畏れ敬う心を失い、被造物として持つべき機能を失って、みな神に背く敵になり、人はみなサタンの権威の下に生きるようになり、サタンに左右されるようになった。それゆえ、神は被造物の間で働くことができず、なおさら被造物からの畏れ敬いを得ることができない。人は神に造られたのだから、もともと神を礼拝すべきであるが、人が神に背いてサタンを礼拝してしまって、サタンが人の心の中の偶像になった。こうして、神は人の心における地位を失い、つまり人を造った意義を失った。だから、彼が人を造った意義を回復しようとするなら、人に本来の形を回復させ、人に堕落した性質を脱ぎ捨てさせなければならない。人をサタンの手から奪い返すには、必ず人を罪の中から救い出さなければならない。こうしてこそ、次第に人に本来の形を回復させ、本来の機能を回復させることができ、最後に神の王国を回復することができる。最後にそれらの不従順の子を徹底的に滅ぼすのも、人がよりよく神を礼拝し、よりよく地上で生存することができるためである。神は人類を造った以上、人に彼を礼拝させ、人に本来の機能を回復させようとする以上、徹底的に回復させ、しかも混じりけが少しもない。彼が自分の権威を回復するのは、人が彼を礼拝するためであり、人がみな彼に従うためであり、人がみな彼のゆえに生きているためであり、彼の敵が彼の権威によって滅ぼされるためであり、彼のすべてが人の間に残され、しかも逆らう人がいなくなるためである。彼が打ち立てようとする王国は彼自身の王国であり、彼が求める人類は彼を礼拝する人類であり、完全に彼に従う人類であり、彼の栄光のある人類である。もし堕落した人類を救い出さなければ、彼が人を造った意義は烏有に帰し、彼は人の間でもう権威を持たなくなり、地上に彼の王国が現れることもない。もし彼に背く敵を全部滅ぼさなければ、彼は完全な栄光を得ることができず、地上で彼の王国を打ち立てることもできない。人類の中の不従順な者たちを全部徹底的に滅ぼし、完全にされた者たちを全部安息の中に連れていく。これは彼の仕事が終わったことのしるしであり、彼の大事業が成功を収めたことのしるしである。人類がみな最初の形を回復し、それぞれ自分の職責を尽くし、自分の本分を守り、神のすべての按配に従うことができたら、神が地上で一団の、彼を礼拝する人を得、また彼を礼拝する王国を打ち立てたことになる。彼が地上で永遠に勝利を得、彼に敵対する者たちが永遠に滅びれば、彼が最初人を造った時の心意を回復し、彼が万物を造った時の心意を回復し、地上での彼の権威、万物の中での彼の権威、敵の間での彼の権威をも回復したことになり、これは彼が完全に勝利を得たことのしるしである。それから、人類は安息の中に入り、正しい軌道に乗った人類の生活に入り、神も人と一緒に永遠の安息の中に入り、永遠の、神と人の生活に入る。地上の汚れと不従順が見えなくなり、地上の哀号が見えなくなり、地上の、神に敵対するあらゆるものもなくなり、神と神に救われた人たちだけが存在し、彼に造られた万物だけが存在する。」

              

「言葉が肉体で現れる・神と人は一緒に安息の中に入る」より

「人類が永遠の落ち着き先の中に入る時、人はみな造物主を礼拝するようになり、人が救われて永世の中に入ったから、人はもう何かを目標として追い求める必要がなく、なおさらサタンの包囲攻撃を心配する必要がない。その時、人はみな「おのれの本分を守り」、自分の本分を尽くし、刑罰、裁きがなくても、おのおの自分の本分を尽くす。その時、人の身分と地位はみな被造物と呼ばれ、もう地位の区別がなくなり、ただ果たす機能が異なるだけである。しかし、人はやはり秩序だった人類の適切な落ち着き先の中に生きており、人はみな造物主を礼拝するために各々の本分を尽くし、このような人類は永世の中の人類である。その時、人が得るのは神に照らされる生活であり、神に顧みられる生活であり、神に守られる生活であり、人は神と共に生活し、人類は地上で正常な生活を持つようになり、全人類は正しい軌道に乗ったのである。六千年の経営計画を通して徹底的にサタンを打ち負かした時、つまり神が地上で人類を創造し、また人の本来の姿を回復した時、神の心は満足するのである。」

「言葉が肉体で現れる・人の正常な生活を回復して人をよい落ち着き先に導き入れる」より

「人を経営することはもともとわたしの仕事であり、人がみなわたしに征服されることは、さらにわたしが創世から定めておいたことである。人は、わたしが世の終わりに人を徹底的に征服しようとすることを知らず、わたしがサタンを打ち負かした証拠は人類の中の不従順な者を征服することであることも知らない。だが、わたしの敵がわたしと戦う時、わたしはすでにそれに教えた。わたしがサタンに捕えられた、とっくにサタンの子女、その家の番をする忠実なしもべになった者を征服しようとすると。……とっくにサタンに踏みにじられた人類はもともとサタンの姿を演じる者であり、さらにサタンの化身であり、サタンのために『高らかな証し』をする証拠である。このような『人類』、このような人間のくず、このような堕落した『人類の家族』の中の子孫が、どうして神のために証しをすることができるだろうか。わたしの栄光はどこから得られるのか。わたしはどうして証しを得ることができるだろうか。なぜなら、わたしに敵対している、人類を堕落させた敵は、わたしがとうの昔に造った、わたしの栄光、わたしの生かし出しに満ちている人類を汚し、わたしの栄光を奪い、それが人の内につくり込んだのは、サタンの醜悪な姿に満ちている毒素と、善悪の知識の木の実の汁だけだからである。……わたしはわたしの栄光を取り戻し、人の間でのわたしの証しと、わたしが以前人類に与えた、もともとわたしに属するすべてを取り戻そうとする――人を徹底的に征服しようとする。しかし、あなたは知らなければならないが、わたしが造った人は、もともとわたしの姿とわたしの栄光があるきよい人であり、もともとサタンに属さず、またサタンに踏みにじられておらず、全くわたしの表現であり、もともとサタンの毒素が少しもなかったのである。だから、わたしが人々に知らせることは、わたしが求めるのはただ、わたしの手に造られた、わたしに愛され、もともとほかのものに属さないきよい人である。しかもわたしは彼らをわたしの享受、わたしの栄光とする。しかし、わたしが求めるのは、サタンに堕落させられ、しかも今日サタンに属していて、最初わたしが造ったのではない人類ではない。わたしは人の間でのわたしの栄光を取り戻そうとする。だから、わたしは人類の中の『生存者』を徹底的に征服して、彼らを、わたしがサタンを打ち負かした栄光の証拠としようとする。わたしはただわたしの証しを、わたしの結晶とし、わたしの享受するものとする。これはわたしの心意である。」

     

「言葉が肉体で現れる・真の『人』とはどういうことか」より

「六千年の仕事を今までしてきて、神の業もたくさん現した。その最も主要な目的は、サタンを打ち負かして、全人類を救うためである。神はこの機会を利用して、天の万物、地上の万物、海の中の万物、及び地上のありとあらゆる被造物が神の全能、神のあらゆる業を見ることができるようにし、サタンを打ち負かすという機会を利用して、彼のあらゆる業を人に現して、人がみな彼を褒め称え、彼のサタンを打ち負かす知恵を賛美することができるようにする。地上の万物、天の万物、海の中の万物はみな彼に栄光を帰し、彼の全能を賛美し、彼のあらゆる業を賛美し、彼の聖なる名を大声で呼ぶ。これはサタンを打ち負かした証拠であり、サタンを征服した証拠でもあり、さらに人類を救った証拠である。あらゆる被造物は神に栄光を帰し、彼が敵を打ち負かして凱旋したことを賛美し、勝利を得た偉大な王であることを賛美する。彼の目的はサタンを打ち負かすためだけにあるわけではない。だから、彼の仕事は六千年続いた。サタンを打ち負かすことによって人類を救い、サタンを打ち負かすことによって彼のあらゆる業を明らかにし、彼のあらゆる栄光を明らかにする。彼が栄光を受け、天使たちもみな彼のあらゆる栄光を見、天の御使いたち、地上の人類、地上のあらゆる被造物が造物主の栄光を見る。これは彼のする仕事である。天の被造物、地上の被造物はみな彼の栄光を見、彼がサタンを徹底的に打ち負かして凱旋するため、人類がみな彼を褒めたたえる、これは両全の仕事である。最後にあらゆる人類が彼に征服される。最後に彼に背き、逆らう者たちをみな滅ぼし、つまりサタンに属するものを全部滅ぼす。」

「言葉が肉体で現れる・あなたは全人類がどのように
今日まで発展してきたのかを知るべきである」より

「人は万物の主人であるが、神に得られる人はすべての戦いが終わった後の果実である。サタンは万物を堕落させる者であり、すべての戦いが終わった後の敗将であり、すべての戦いが終わった後の懲罰される対象でもある。神、人、サタン、この三者の中で、サタンだけが見捨てられる対象であり、サタンのものになったが神に奪い返されていない人はサタンのために懲罰を受ける対象になった。この三者の中で、神だけが万物に礼拝されるべき者であり、サタンに堕落させられたが神に奪い返された、神の道を歩む人は、神の約束を受けて神のために悪者を裁く者となった。神は勝利を得る者に決まっており、サタンは失敗する者に決まっている。だが、人の中には、勝利を得る者もいれば失敗する者もいる。勝利を得る者は勝利者に属し、失敗する者は失敗者に属し、これは、おのおのその種類に従うことであり、あらゆる仕事の終わりであり、あらゆる仕事の目的でもあり、これは永遠に変わることのないことである。神は経営計画の核心を、人を救うという点に集中させた。受肉の目的は主にこの核心のためであり、この仕事のためであり、サタンを打ち負かすためである。」

「言葉が肉体で現れる・あなたは全人類がどのように
今日まで発展してきたのかを知るべきである」より

「人はみな、わたしが地上で働く目的が分からなければならない。つまり、わたしが働いて、最後に何を得ようとするのか、わたしがどの程度まで行えば仕事が終わるのかである。人が今日までわたしについてきたが、わたしのする仕事が何であるかを知らなければ、むなしくわたしにつき従ったことになるのではないか。人はわたしにつき従う以上、わたしの心意が何であるかを知らなければならない。わたしは地上で何千年も働いた。今日になって、わたしはやはりこのようにわたしの仕事をしている。わたしの仕事の項目はとても多いけれども、わたしの働く目的は依然として変わっていない。たとえば、わたしはずっと人を裁き、罰しているけれども、それはやはり人を救い出すためであり、やはり人を完全にしてからよりよくわたしの福音を広め、よりよく異邦でのわたしのあらゆる仕事を広めるためである。だから、今日多くの人がもう大いに失望した時、わたしはやはりわたしの仕事を続けており、やはりわたしのすべき仕事をして人を裁き、罰している。人がみなわたしの言った言葉にうんざりし、みなわたしの仕事をかまう気がないが、それでも、わたしはやはりわたしの職分内の仕事をしている。なぜなら、わたしの働く目的は変わることがなく、わたしのもとの計画も打ち破られることがないからである。わたしが人を裁くのは、人がよりよくわたしに従うためであり、わたしが人を罰するのは、人がよりよく変えられるためである。わたしのすることはみなわたしの経営のためであるが、人のためにならない働きは一つもない。なぜなら、わたしはイスラエル以外の邦族を、イスラエルのようにわたしに従わせ、真人間にさせ、イスラエル以外でも足を置く場所を得ようとするからである。これはわたしの経営であり、わたしの異邦での仕事である。今になっても、わたしの経営を理解していない人がやはりたくさんいる。なぜなら、人はこれらに関心を持たず、自分の前途や落ち着き先に関心を持っているからである。わたしが何を言おうと、人は依然としてわたしのする仕事に無関心であり、ひたすら自分の明日の落ち着き先に関心を持っているだけである。このままで行けば、人はどうしてわたしの仕事を広めることができるだろうか。どうしてわたしの福音を天下に宣べ伝えることができるだろうか。あなたたちが知るべきことは、わたしの仕事が広められる時、わたしはあなたたちを散らし、わたしはヤーウェがイスラエルのすべての部族を打ったようにあなたたちを打つ。それはみな、わたしの福音が全地に広がるためであり、わたしの仕事が異邦に拡大し、それによって、わたしの名が大人にも子供にも崇められるようになり、諸邦、諸族の人の口がみなわたしの聖なる名を褒め称えるようになるためである。この終わりの時代に、わたしの名が異邦の中で大いなるものとされ、わたしの業が異邦の中の人に見られ、しかもわたしの業のゆえにわたしが全能者と呼ばれ、わたしの口の言葉が一日も早く実現するようにする。わたしはあらゆる人に知ってほしい。わたしはイスラエル人の神であるだけではなく、異邦の諸族の人の神でもある。たとえわたしに呪われた邦族であっても。わたしはすべての人に、わたしがあらゆる被造物の神であることを見せようとする。これは、わたしの最大の仕事であり、わたしが世の終わりに働く計画の目的であり、わたしが世の終わりに成就しようとする唯一の仕事である。」

「言葉が肉体で現れる・福音を広める仕事は人を救う仕事でもある」より