神の声を聴いてキリストを認識する

第三章 神の三段階の働きに関する真理を認識しなければならない

1 人類を経営する仕事とは何であるか。関連する神の言葉は以下のとおりである。

「人類を経営する仕事は全部で三つの段階に分けられ、つまり、人類を救う仕事は全部で三つの段階に分けられる。この三つの段階の働きは天地創造の仕事を含まない、即ち律法時代の仕事、恵みの時代の仕事と王国時代の仕事という三つの段階の働きである。天地創造の仕事はただ全人類を生み出す仕事であって、人類を救う仕事ではなく、人類を救う仕事とは関係がない。なぜなら、天地創造の時、人類はサタンに堕落させられなかったからである。だから、人類を救う仕事をする必要もなかった。人類を救う仕事は人類が堕落させられた後始まったのだから、人類を経営する仕事も人類が堕落させられた後始まったのである。言い換えれば、『経営』は救いの仕事が始まるにつれてできたのであり、天地創造の仕事をした時にできたのではなく、人類に堕落した性質があった後、経営の仕事ができたのである。だから、人類を経営する仕事は三つの段階だけを含み、四つの段階ではなく、四つの時代でもない、これこそ正しい言い方である。終わりの時代になって、経営の仕事はもう全部終わり、経営の仕事が終わったことは、全人類を救う仕事も全部終わったことを意味しており、これで人類は一段落を告げる。もし全人類を救う仕事がなければ、経営の仕事も存在せず、三つの段階の働きも存在しない。人類が堕落し、しかも救いが至急必要とされているからこそ、ヤーウェは天地創造の仕事を終わらせて、律法時代の仕事を始めたのである。こうして、人類を経営する仕事が始まり、つまり人類を救う仕事が始まったのである。『人類を経営する』ということの真意は、造られたばかりの人(すなわち堕落させられていない人)が地上で生活するのを導くことではなく、サタンに堕落させられた人類を救い、すなわち堕落させられた人類を変えることである。これは『人類を経営する』ということの真意である。天地創造の仕事は決して人類を救う仕事の中に含まれていない。だから、『人類を経営する』仕事は天地創造の仕事を含まず、ただ天地創造の仕事以外の三つの段階の働きを含む。人類を経営する仕事を知ろうとするなら、必ず三つの段階の働きの歴史を知らなければならない。これは救われるあらゆる人が知るべきことである。被造物として、人が神に造られたことを知らなければならず、人類の堕落の起源も知らなければならず、さらに人類が救われる過程を知らなければならない。もしあなたたちがただ、いくつかの規定を実行することによって神を喜ばせようと思うだけで、神がどのように人類を救うのかを知らず、人類の堕落の起源も知らないなら、これは被造物としての欠けたところである。あなたが少しばかりの実行できる真理が分かるだけに満足して、大きな経営の仕事にかかわることについて一切知らないなら、あなたはあまりにも教条主義的である。三つの段階の働きは人類を経営する仕事の内幕であり、全天下への福音の訪れであり、全人類の中での最大の奥義であり、福音を広く宣べ伝える根拠でもある。もしあなたがひたすらあなたの命と関係のあるいくらかの簡単な真理が分かることを追い求めるだけで、この最大の異象、最大の奥義を知らないなら、あなたの命は、見かけはいいが役に立たない欠陥品になってしまうのではないか。」

「言葉が肉体で現れる・三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」より

「経営の仕事は人類のゆえに生じ、つまり人類ができたため生じたのであり、人類ができる前、或いは最初天地万物を造った後、経営があったのではない。もしあらゆる仕事の中に、人に有利な実行、つまり神が堕落した人類に出した適切な要求がない(すなわち神のする仕事の中に、全然人に適している実行の道がない)なら、この仕事は経営とは呼べない。もしあらゆる仕事の中で、神がただ堕落した人類に実行するよう要求するだけで、自分は少しも働かず、しかも彼の全能や知恵を少しも明らかにせず、神が人にどんなに高い要求を出しても、神が人の間でどんなに長い間生活しても、人は神の性質を少しも知らないなら、このような仕事はなおさら経営とは呼べない。『経営』という仕事は、簡単に解釈すれば、神の働きと、神に得られたあらゆる人が神の導きの下でするすべての仕事であり、これらの仕事を総称して「経営」というのであり、つまり人の間での神の仕事と、彼につき従うあらゆる人の彼との協力を総称して『経営』というのである。ここでは神の働きを『異象』と呼び、人の協力を『実行』と呼ぶのである。神の仕事が高ければ高いほど(すなわち異象が高ければ高いほど)、神の性質はますます人に向かって公にされ、しかもますます人の観念に合わなくなり、同様に、人の実行、人の協力もますます高くなる。人に対する要求が高ければ高いほど、神の仕事はますます人の観念に合わなくなり、それに伴って人に対する試練、人に対する要求基準もますます高くなる。仕事が終わる時、すべての異象は完全になり、人に要求する実行も完璧な程度に達する。その時はおのおのその種類に従う時でもある。というのは、人の認識すべきものがすでに人に向かって全部明らかにされたからである。だから、異象が最高潮に達した時、仕事も終わりに近づき、人の実行も最高潮に達したのである。人の実行は神の働きに基づいているのであり、神の経営も人の実行、人の協力によって完全に発表されるのであり、人は神の仕事の表現物であり、全経営の仕事の中の働きの対象であり、全経営の産物でもある。もし神自身の働きだけあって人の協力がなければ、彼のすべての仕事の結晶になれるものはなく、そうなら、神の経営は少しも意義がない。神の働き以外で、適切な働きの対象を選んで神の働きを発表し、神の働きの全能、働きの知恵を証明してこそ、神の経営の目的を達成し、すべての働きによって徹底的にサタンを打ち負かすという目的を達成することができる。だから、経営の仕事の中で、人は欠かせない一部分であり、人は神の経営が効果を収め、最終目的を達成するための唯一の対象であり、人以外にいかなる命ある生物もこの役をつとめることはできない。人を経営の仕事の中の本当の結晶にならせるには、堕落した人類のあらゆる不従順を取り除かなければならない。それゆえに、神が異なる時期に、人に適切な実行を指し示し、しかも人の間でそれ相応の仕事をする必要がある。こうしてこそ、最後に経営の仕事の中の結晶となる一団の人を得ることができる。人の間での神の仕事は、神自身だけがすれば神自身を証しすることができるのではなく、彼の仕事に適した生気のある人を通して彼のこの仕事を成就する必要がある。彼はまず仕事をこれらの人の身にして、それから仕事がこれらの人を通して発表されるようにし、それによって彼のこのような証しを被造物の間にするのである。そうすれば、彼の働く目的が達成される。神が単独で働いてサタンを打ち負かさないのは、彼が被造物の間で直接彼自身の証しをすることができないからである。もしそのようにすれば、人に口先だけではなく心から承服させることができない。必ず人の身にする仕事を通して人を征服してこそ、彼の被造物の間での証しを得ることができる。もし神だけがひたすら働いて人が協力せず、或いは神が人に協力することを要求しないなら、神の性質は人が永遠に認識することができず、神の心意は永遠に人に知られることができない。それなら経営の仕事とは呼べない。もし人が自分でがんばり、追い求め、ひたむきに努力するだけで神の働きを認識しなければ、人はいたずらをしているのである。もし聖霊の働きがなければ、人がすることはサタンがすることであり、みな背き、悪を働いているのである。堕落した人がすることはみなサタンを演じているのであり、神の心にかなうのは一つもなく、みなサタンを表現しているのである。すべての言葉の中には、異象と実行という二つの部分以外ほかはなく、人は異象の基礎の上で実行を見いだし、従順に至る道を見いだし、そして、観念を捨てて自分が以前持たなかったものを得る。神は、人が彼に協力し、完全に彼の要求に従うことを要求し、人は神自身のする仕事を見ること、神の全能を味わい、神の性質を認識することを要求する。要するに、これが経営なのである。神と人との結合が経営であり、これは最大の経営である。」

                       

「言葉が肉体で現れる・神の働きと人の実行」より