神の声を聴いてキリストを認識する

第一章 全能神だけが天地万物を創造した唯一の真の神であることを認識しなければならない

2 全能神はイエスの再来である。関連する神の言葉は以下のとおりである。
「神は中国大陸、すなわち香港と台湾の同胞が言っている内陸で言が肉体となった。神が天から地に下った時、天上にも天下にも、それを知る人はいなかった。なぜなら、これは神が密かに再来するということの真意だからである。彼が肉体の中に来た後、長い間働き、生活していたが、人はだれもそれを知らなかった。今日になっても、やはりそれを知る人はいない。もしかすると、それは永遠に『謎』であるかもしれない。神が今度肉体の中に来た時、人はだれもそれを知ることができない。霊の働きの勢いがどんなに凄まじくても、神は終始黙って顔色一つ変えず、少しも馬脚を現さない。この段階の働きは天界で行われるのと同じだと言ってもいい。人はみなそれを見ているが、だれも認識してはいない。神のこの段階の仕事が終わったら、人は長い夢から覚めて、がらりと態度を変えるはずである。『今度肉体の中に来たのは、虎穴に落ちたようである』と神が言った覚えがある。つまり、今度神は肉体の中に来て働くのであり、しかも大赤竜の群居する地に生まれたのだから、神は今度地上に来て、なおさら極めて大きな危険を冒すのである。神が直面しているのは刀と槍、棒であり、試みであり、顔に殺気がみなぎっている人の群れであって、常に殺される危険がある。神は激しい怒りを帯びて来たのであるが、彼が来たのは、完全にする仕事をするため、すなわち、贖いの仕事の第二部分の仕事を継続するためである。この段階の仕事をするために神は苦心惨憺し、あらゆる方法を講じて試みに攻撃されるのを避け、遜り隠れていて、全然自分の身分をひけらかさない。イエスが人を十字架の上から救ったのは、ただ贖いの仕事をなし遂げるためであった。しかし、彼は完全にする仕事をするために来たのではない。それだから、神の仕事は半分だけ完成したのであり、贖いの仕事を成し遂げたのは、ただ全計画の中の仕事の半分を成し遂げたのである。新しい時代がもうすぐ始まって、古い時代がもうすぐ終わる時、父なる神は彼の第二部分の仕事について考慮し始め、彼の第二部分の仕事のために準備し始めた。世の終わりに受肉することは、昔に預言されていなかったかもしれない。だからこれは、神が今度もっと密かに肉体の中に来るための基礎を形成した。あらゆる人が暁を覚えず、夜明けが近づいた時、神は地上に来て彼の肉体における生涯を始めた。しかし、この時刻の到来を人はまったく知らなかった。もしかすると人はみなぐっすり眠っているかもしれず、もしかすると目を覚ましている多くの人が待っているかもしれず、もしかすると多くの人が心の中で天の神に祈っているかもしれない。しかし、このたくさんの人の中で、神がすでに地上に来ていることを知っている人は一人もいない。神がこのように働くのは、もっと順調に仕事を展開するためであり、もっとよい仕事の効果のためであり、もっと多くの試みを免れるためでもある。春眠払暁の時になったら、神の仕事はすでに終わり、彼は地から離れて行って、地で流浪し、寄留する生活を終わらせる。神の仕事は神が自らしなければならず、自ら言わなければならず、人は手を出すことができないので、神は極めて大きな苦しみを耐え忍んで、地上に来て自ら働くのである。人は神を代表して仕事をすることができない。だから、神は恵みの時代より何千倍も大きい危険を冒して、大赤竜の群居するところに降って、彼自身の仕事をするのであり、知恵を絞ってこの一団の貧しい民を贖い、この一団のちりあくたの中の人を贖うのである。人はみな神の存在を知らないけれども、神は決して悩まない。なぜなら、これは大いに神の仕事に役立つからである。人はみな極悪非道であるのに、どうして神の存在を許すことがあろうか。だから、神は地上に来た時、いつも黙っているのであり、人がいくら残酷非道であっても、神は少しも気にせず、ただ天の父のもっと大きな委託を成し遂げるために自分のすべき仕事をしているのである。あなたたちの間で、だれが神の愛らしさを認識したのか?だれが子より父なる神の負担を思いやるのか?だれが父なる神のみこころを理解することができるのか?父なる神の天にいる霊はいつも心配している。地にいる子は、父なる神のみこころのためにいつも祈り求めながら、心を砕いている。だれが子を愛する父なる神の心を知るだろうか?だれが父なる神を恋しがる愛する子の心を知るだろうか?天と地に別れ別れになる時、離れがたく、いつもはるかに互いを見つめ合い、霊の中で寄り添っている。人類よ!いつ神の心を思いやるのだろうか?いつ神の心意が分かるのだろうか?父と子はもともと頼り合っているのであって、天と地に別れ別れにならなくてもいいではないか?子が父を愛するように、父も子を恋しがるのであって、しきりに待ち、切に待ち望む必要はないではないか?別れた日は長くないけれども、愛する子が早く帰るのを父がどれだけ待ち望んでいたことか、だれが知っているだろうか?彼は観察し、彼は静かに座り、彼は待っている。それはみな愛する子が早く帰ってくるためではないか?天地の果てをさすらう子にいつまた会えるのだろう?再会したらずっと一緒にいられる。それでも、彼はどうして何千もの日夜、天の上と天の下に子と別れるのに耐えることができるだろうか。地上の数十年は天の数千年のようであるのに、どうして父なる神が心配しないことがあろうか。神が地上に来たら、人と同じように世の転変を味わい尽くす。神はもともと無辜であるのに、どうして神に人と同じような苦しみを受けさせるのか。道理で、子を待つ父なる神の心はこんなに切実である。だれが神の心を理解することができるのか?神が人に与えたのはとても多い。人がどうして十分に神の心に報いることができるだろうか。しかし、人が神に与えたのは少なすぎる。だから、神がどうして心配しないことがあろうか。

人の間で、神の切実な気持ちを理解する人はほとんどいない。人は素質があまりにも劣っており、霊感がかなり鈍くて、神のしたことをまったく取り合わない。だから、神はどうしても人に安心できず、まるで人の獣性がいつ現れるか分からないようである。ここからもっとはっきり分かることは、地上に来た神には、極めて大きな試みが伴っている。しかし、一団の人を完全にするために、神は栄光をおびて彼の心意を少しも隠さずに全部人に教えた。なぜなら、彼はもうこの一団の人を完全にすることに決めたからである。だから、苦難であれ、試みであれ、彼はみな避けて見ず、ただ静かに自分の仕事をしており、いつか神が栄光を受ける時、人も神を知ることができると堅く信じており、人が神に完全にされる時、神の心を完全に理解することができると信じている。今、人が神を試みても、神を誤解しても、神を怨んでも、神は少しも気にしない。神が栄光の中に降る時、人はみな、神のしたすべてが人類の幸せのためであり、人類がよりよく生存するためだと分かるはずである。神は試みをもって来たのであり、威厳、激しい怒りを帯びて来たのでもある。神が人を離れる時には、すでに栄光を受けたのであり、彼は栄光と、帰る時の喜びに満ちて離れるのである。地で働く神はどのように人に拒絶されても、それを気にせず、自分の仕事に専念する。神が世界を創造してから、もう何千年もの歴史がある。この間、神は地上に来て無数の仕事をし、世の中の拒絶、誹謗をつぶさに経験した。だれも神の到来を歓迎せず、ただ冷ややかな目で見ている。この何千年もの苦難、人の行いはすでに神の心をひどく傷つけた。彼はもう人の不従順を見ず、むしろ別に計画を立てて、人を変え、きよめるのである。神が肉体の中に来て経験した嘲笑、誹謗、迫害、患難、十字架の苦しみ、人の排斥などは、神はもう飽きるほど味わった。肉体の中に来た神はこの世の苦難をなめ尽くした。父なる神の天にいる霊はもう見るに堪えず、頭をあげ目を閉じて、愛する子の帰るのを待っている。彼はただ、人がみな彼の言うことを聞き、従順になり、彼の肉体の前で恥じ入って、彼に逆らわないことを希望し、人がみな神の存在を信じることを希望しているだけで、人に対してもうこれ以上期待しない。なぜなら、神の払った代価はとても多いが、人は枕を高くして寝ていて、神の仕事を全然気にとめないからである。」

「言葉が肉体で現れる・働くことと進入すること(四)」より

「神が初めて受肉したのは聖霊から身ごもられたのであり、これは彼がしようとしていた仕事と関係があった。恵みの時代はイエスの名を発端として始まり、イエスが職分を尽くし始めた時、聖霊はイエスの名を証しし始めた。こうしてヤーウェの名はもう触れられなくなり、聖霊はイエスの名を主として新しい仕事をしたのである。彼を信じた人がした証しは、イエス・キリストのためにしたのであり、彼らのした仕事もイエス・キリストのためにしたのである。旧約の律法時代が終わったのは、ヤーウェという名を主とした仕事が終わったのである。それから先、神の名はもうヤーウェと呼ばれないで、イエスと呼ばれ、聖霊はイエスという名を主とした仕事をし始めた。今になって、人がやはりヤーウェの言葉を食べ飲みし、今の仕事を律法時代の仕事に当てはめるなら、これは規定に当てはめることではないか、これは古いものを守っているのではないか。今、あなたたちも世の終わりがすでに来ていることを知っている。まさかイエスが来た時、やはりイエスと呼ばれるのではあるまい。ヤーウェは当時イスラエルのすべての民に、以後メシヤが来ると告げたが、結局彼が来た時メシヤとは呼ばれず、イエスと呼ばれた。イエスは、彼がまた来る、彼が行ったのと同じ有様でまた来ると言った。イエスは確かにこのように言った。でも、あなたはイエスがどのように行ったのかを見たのか。イエスは白い雲に乗って行ったのであるが、まさか彼は自ら白い雲に乗って人の間に来るのではあるまい。それなら、彼はまだイエスと呼ばれるのではないか。イエスが再び来る時はもう時代が替わったのに、彼はまだイエスと呼ばれるだろうか。神の名はイエスでなければならないとでもいうのか。神が新しい時代にまた新しい名を使うことができないとでもいうのか。一つの『人』の姿、一つの特定の名が神の全部であるのか。神はどの時代にも新しい仕事をし、新しい名で呼ばれるのに、彼はどうして異なった時代に同じ仕事をすることがあろうか、彼はどうして古いものを守ることがあろうか。『イエス』という名は贖いの仕事のための名である。世の終わりにイエスが再び来る時、まだこの名で呼ばれるだろうか、まだ贖いの仕事をするだろうか。ヤーウェとイエスは一つであるのに、なぜ彼らは異なった時代に異なった名で呼ばれたのだろうか。それはみな仕事をする時代が異なったためではないか。一つの名だけが神のすべてを代表することができるだろうか。だから、異なった時代に異なった名をつけて、名で時代を変え、名で時代を代替しなければならない。なぜなら、神自身を完全に代表することができる名は一つもなく、どの名も神の時代性を持つ性質を代表することしかできず、その名が仕事を代表することができさえすればいいからである。だから、神は彼の性質にふさわしい、いかなる名をも選んで全時代を代表することができる。ヤーウェの時代であれ、イエスの時代であれ、名で時代を代表したのである。恵みの時代が終わり、最後の時代が到来し、イエスもすでに来たのに、彼はまだイエスと呼ばれるだろうか、彼はまだイエスの姿を帯びて人の間に来るだろうか。あなたはイエスがただナザレ人の姿をしているに過ぎないことを忘れたのか。あなたは『イエス』がただ人類の贖い主であることを忘れたのか。彼がどうして世の終わりの征服し、完全にする仕事を負うことがあろうか。イエスが白い雲に乗って行ったのは事実であるけれども、彼が白い雲に乗って人の間に来て依然としてイエスと呼ばれることがあろうか。もし彼が本当に白い雲に乗って来るなら、人は彼を知らないことがあろうか。全世界の人はだれが彼を知らないだろうか。それなら、『イエス』自身だけが神であるのではないか。そうだとしたら、神の姿はユダヤ人の容貌になってしまい、しかも永遠に変わることがない。イエスは、彼が行ったのと同じ有様でまた来ると言ったが、彼のこの言葉の真意をあなたは知っているのか。彼はただあなたたちだけに告げたとでもいうのか。あなたは彼が白い雲に乗って行ったのと同じ有様でまた来ることだけを知っている。だが、あなたは神自身が一体どのように働くかを知っているのか。もしあなたが本当に、イエスがこのように再来するのを見ることができれば、イエスが言ったあの言葉はどう解釈するのか。彼は言った。『世の終わりに人の子が来る時は、人の子自身も知らず、天使たちも知らず、天の御使いたちも知らず、あらゆる人が知らず、ただ父、すなわち霊だけがご存じである。』もしあなたが知ることができ、見ることができれば、この言葉は地に落ちるのではないか。人の子自身さえ知らないのに、あなたが見ることができ、知ることができるだろうか。もしあなたが自分の目で見たのなら、この言葉は地に落ちるのではないか。イエスは当時どう言ったのか。『その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。ただ、父だけがご存じである。人の子が来るのは、ノアの時と同じだからである。……だから、目を覚ましていなさい。いつの日、自分の主が帰って来られるのか、あなたがたには分からないからである。』その日が来る時は、人の子自身も知らない。人の子というと神の言がなった肉体を指しているのであり、正常で普通な人である。この人自身でさえ知らないのに、あなたが知ることができるだろうか。イエスは彼が行ったのと同じ有様でまた来ると言ったが、彼が来る時、自分も知らないのに、彼が前もってあなたに知らせることがあろうか、あなたが彼の到来を見ることができるだろうか。これは笑い話しではないか。神は毎回地上に来る時、名を換え、性別を換え、姿を換え、一段階の新しい仕事をしなければならず、彼は重複した仕事をせず、彼は常に新しく古くならない神である。彼は以前来た時イエスと呼ばれたが、今度やはりイエスと呼ばれるだろうか。彼は以前来た時男性であったが、今度やはり男性であろうか。以前彼が来たのは恵みの時代の十字架につけられる仕事をするためであったが、今度はやはり人を贖って罪から解放するだろうか、やはり十字架につけられるだろうか。これは重複した仕事をするのではないか。神は常に新しく古くならないことをあなたは知らないのか。ある人は、神は永久に変わらないと言っているが、この話も正しい。でも、これは神の性質、神の本質が永久に変わらないことを指す。彼の名が変わり、仕事が変わったのは、決して彼の本質が変わったことを証明するのではない。つまり、神は永遠に神であり、これは永久に変わらないことである。もしあなたが神の仕事は永久に変わらないと言うなら、神の六千年の経営計画は終わることができるだろうか。あなたは単に神が永久に変わらないということを知っているだけである。だが、神はまた常に新しく古くならないことを、あなたは知っているのか。もし彼の仕事が永久に変わらないのであれば、彼は人類を今日まで導くことができるだろうか。彼が永久に変わらないのであれば、なぜ彼はすでに二つの時代の仕事をしたのか。彼の仕事は絶えず前に進み、つまり彼の性質は次第に人に向かって明らかにされるのであり、明らかにされるのはすべて彼の元来の性質である。最初、神の性質は人に対して隠されていたのであり、彼が人に公然と明らかにしたことがないので、人は全然彼を知らない。だから、彼は働くことによって、次第に人に向かって彼の性質を明らかにするのである。彼がこのように働くのは、決して彼が時代ごとに性質を変えることを意味しているのではない。神の心意が絶えず変わるため、神の性質も絶えず変わるのではなく、仕事の時代の違いによって、神は彼の元来のあらゆる性質を次第に人に明らかにして、人に彼を認識させるのである。しかし、これは決して、神はもともと特定の性質がなく、彼の性質が時代が変わるにつれて次第に変わることを証明するのではない。これは誤った理解である。彼は元来の、特定の性質、すなわち彼の所是を人に明らかにするのであり、彼は時代の違いによってそれを明らかにするのであり、一つの時代の仕事が神のすべての性質を発表することができるのではない。だから、『神は常に新しく古くならない』という言葉は、彼の仕事を指して言っているのであり、『神は永久に変わらない』という言葉は、神の元来の所有、所是を指して言っているのである。どうであろうと、あなたは六千年の仕事をある点に定めたり、ある死んだ言葉に当てはめたりしてはならない。これは人の愚昧であり、神は人が想像したように簡単であるのではない。彼の仕事はある時代にとどまるはずがない。たとえば、ヤーウェという名は、永遠に神の名に代わることができるのではなく、神はまたイエスという名で働くことができた。これは神の仕事が絶えず前に向かって発展している印である。

神は永遠に神であって、サタンに変わるはずがなく、サタンは永遠にサタンであって、神に変わるはずがない。神の知恵、神の奇しさ、神の義、神の威厳、これは永遠に変わるはずがない。神の本質、神の所有所是は永遠に変わらないが、神の仕事は絶えず前に向かって発展し、絶えず深化するのである。なぜなら、神は常に新しく古くならないからである。どの時代にも神は新しい名をつけ、どの時代にも神は新しい仕事をし、どの時代にも神は被造物に彼の新しい心意、新しい性質を見せる。もし新しい時代に、人が新しい性質の発表を見ることができなければ、人は神を永遠に十字架につけてしまうのではないか。これは神を限定することではないか。もし神が受肉した時にただ男性であれば、人は神を男性だと決めつけ、男の神であると決めつけて、いつまでも女の神であることを認めないはずである。その時、男は、神と男が同じ性別だと思うだろう。そうなら、神は男だけの頭になってしまうが、女はどうなるだろうか。これは不公平であり、これは人を偏り見ることではないか。そうなら、神が救うのはみな彼と同じような男であり、女は救われる者が一人もいないであろう。神が人類を造った時、アダムを造り、またエバを造った。彼はアダムだけを造ったのではなく、神に象って男と女とに創造し、神は男の神であるだけではなく、女の神でもある。世の終わりに、神は一段階の新しい仕事をして、彼のもっと多くの性質を明らかにしようとするが、それはイエスのその時の憐れみ、慈しみではない。また新しい仕事がある以上、この新しい仕事は新しい性質をもたらすのである。もし霊が働き、受肉しないで、霊が直接雷を鳴らし、話すとしたら、人はみな彼と接触することができなくなる。そうなら、人が彼の性質を知ることができるだろうか。ただ霊が働けば、人は神の性質を知ることができない。受肉することによって、言葉が肉体で現れ、彼のあらゆる性質を、肉体を通して発表してこそ、人は初めて自分の目で見ることができる。神が実際に人の間で生活していて、形も姿も持ち、人がみな実際に彼の性質に接触し、彼の所有所是に接触する。それでこそ、人は本当に彼を知ることができる。それと同時に、神は『神は男の神であり、女の神でもある』という仕事をやり遂げ、神が受肉によってしようとするすべての仕事を成就した。神はどの時代にも重複した仕事をしない。今は世の終わりだから、彼は世の終わりにおける彼の仕事をし、世の終わりにおける彼のあらゆる性質を明らかにしようとする。世の終わりと言えば、別の時代のことである。イエスは、その時になったらあなたたちは必ず凶作に遭い、必ず地震、飢饉、疫病に遭うと言ったが、これは別の時代が来ており、もはや古い恵みの時代でなくなったことを証明している。もし人が言ったとおりに、神は永久に変わらないのであり、神の性質は永遠に憐れみと慈しみであり、彼は隣人を自分のように愛し、だれに対しても救いであり、彼はどんな時でも人を憎まないのであるとしたら、彼の仕事は終わることができるだろうか。イエスが来た時、十字架につけられ、彼はあらゆる罪人のために自分を犠牲にし、自分を祭壇にささげて、すでに贖いの仕事をやり遂げた。彼はもう恵みの時代を終わらせたのに、もし世の終わりにまた恵みの時代の仕事をすれば、何の意義があるだろうか。やはりそのようにすれば、イエスの仕事を否定するのではないか。もし神がこの段階で、十字架につけられる仕事をしないが、やはり憐れみ、慈しみであるなら、彼は時代を終わらせることができるだろうか。人を憐れみ、慈しむ神は時代を終わらせることができるだろうか。最後の、時代を終わらせる仕事の中で、神の性質は刑罰と裁きであり、彼はすべての不義を明らかにして、公にすべての民を裁き、心から彼を愛する人たちを完全にし、このような性質こそ時代を終わらせることができる。今はもう世の終わりになり、万物はおのおのその種類に従い、みな異なった性質によって異なった種類に分けられ、この時はちょうど神が人の結末、落ち着き先を明らかにする時である。もし人が刑罰、裁きを経験しなければ、人の不従順、不義は現れることができない。刑罰、裁きによってこそ、万物の結末をすべて明らかにすることができ、人は刑罰、裁きの中でこそ本来の姿が現れ、それから悪は悪に帰し、善は善に帰し、人がみなおのおのその種類に従うようになる。神は刑罰、裁きによって万物の結末を明らかにし、そうすることで悪を行う者を罰し、善を行う者を賞し、すべての人を神の権威の下に従わせる。これらの仕事はすべて、義なる刑罰と裁きによってなし遂げなければならない。人は極みまで堕落していて、あまりにも不従順なので、刑罰と裁きを主とした、世の終わりに明らかにされた神の義なる性質だけが人を徹底的に変え、完全にすることができ、悪を現すことができ、これによってあらゆる不義の者を厳しく懲罰する。だから、このような性質はすべて時代的な意義を持っているのであり、神が性質を明らかにし、公にするのは一つ一つの新しい時代での仕事のためであり、彼が無意味に随意に彼の性質を明らかにするのではない。もし人の結末を明らかにする世の終わりに、やはり人に尽きることのない憐れみ、慈しみを施して人を愛し、人に対しては依然として愛であり、義なる裁きではなく、寛容、忍耐、赦免であり、人がどんなに大きな罪を犯してもやはり赦し、義なる裁きが少しもないとしたら、全経営はいつ終わりを告げることができるだろうか。このような性質はいつ人を、人類にふさわしい落ち着き先の中に導き入れることができるだろうか。例を一つ挙げよう。ある裁判官がいて、彼は永遠に人を愛し、心が優しくて人を愛する裁判官であり、どんな罪を犯した者でも愛し、どんな人でも愛し、包容するなら、彼はいつになって正しく裁きをつけられるだろうか。世の終わりに、義なる裁きだけが人類をおのおのその種類に従わせることができ、人をさらに新しい境地の中に導き入れることができる。ゆえに、神は裁き、刑罰の義なる性質で全時代を終わらせるのである。」

「言葉が肉体で現れる・働きの異象(三)」より

「どの時代にも、どの段階の仕事の中でも、わたしの名前は代表的な意義があり、何の根拠もないのではない。つまり、どの名前も一つの時代を代表するのである。『ヤーウェ』は律法時代を代表し、イスラエル人たちの自分の礼拝する神に対する尊称である。『イエス』は恵みの時代を代表し、恵みの時代のすべての贖われた人の神の名前である。もし人が世の終わりに相変わらず、救い主イエスが降臨し、しかもユダヤの時の姿で降臨することを待ち望むなら、六千年の経営計画全体は贖いの時代にとどまり、もう前に進むことはできず、しかも世の終わりが永遠に到来することがなく、時代が終わることもない。なぜなら『イエス救い主』はただ人類を贖い、人類を救う者であり、わたしがつけた『イエス』という名前はただ恵みの時代のあらゆる罪人のための名前であって、全人類を終わらせるための名前ではないからである。ヤーウェ、イエス、メシヤはいずれもわたしの霊を代表するけれども、これらの名前はただわたしの経営計画の中の異なる時代を代表するだけで、わたしのすべては代表しない。地上の人が呼ぶわたしの名前は、わたしのすべての性質と所是を言い尽くすことはできず、ただ時代によってわたしに対する呼び名が違うだけである。だから、終わりの時代、すなわち最後の時代が来る時、わたしの名前はやはり変わるのである。それはヤーウェではなく、イエスでもなく、なおさらメシヤではなく、力強い全能の神自身と呼ばれるのであり、この名前で全時代を終わらせるのである。かつてわたしはヤーウェと呼ばれたことがあり、メシヤと呼ばれたこともあり、人はわたしを敬愛して救い主イエスと呼んだこともある。だが、今日わたしはもう人がこれまで知っていたヤーウェとイエスではなくて、世の終わりに戻って来た、時代を終わらせる神であり、わたしのあらゆる性質に満ちあふれ、しかも権威と誉れと光栄に満ちて地の果てに立ち上がった神自身である。人はわたしと接したことがなく、今までわたしを知らず、わたしの性質を知らない。天地創造の時から今まで、だれ一人わたしに会ったことがない。すなわち、世の終わりに人々に現れたが人々の間に隠れている神であり、生き生きと人の間に住んでおり、激しく照りつける太陽のようであり、炎のようでもあり、力に満ち、権威に満ちている。わたしの言葉に裁かれない人は一人もおらず、裁かれない物も一つもなく、燃える火の下では、きよめられない人は一人もおらず、きよめられない物も一つもない。最後に、万国は必ずわたしの言葉によって祝福され、またわたしの言葉によって粉々に打ちくだかれる。世の終わりのあらゆる人に、わたしが救い主の再臨であり、全人類を征服する全能の神であることを見せ、また人々に、わたしが人の罪祭となったことがあるが、世の終わりに万物を焼き払う激しく照りつける太陽の火となり、万物を明らかにする義の太陽でもあることを見せる。これがわたしの世の終わりの仕事である。わたしがこの名前をつけ、またこのような性質を持っているのは、あらゆる人にわたしは義なる神であり、激しく照りつける太陽であり、炎でもあることを見せ、あらゆる人にわたし――唯一の真の神を礼拝させ、また人々にわたしの本来の姿――ただイスラエル人の神であるだけではなく、ただ贖い主であるだけでもなく、天と地と海の中のあらゆる被造物の神であることを見せるためである。」

「言葉が肉体で現れる・『救い主』はもう『白い雲』に乗って再来した」より

「神が今している仕事は、恵みの時代の仕事を前へ推し進めたのであり、六千年の経営計画全体の中の仕事が前へ発展したのでもある。恵みの時代は終わったけれども、神の仕事はさらに前に向かって進んだ。なぜ一再ならずこの段階の仕事は恵みの時代、律法時代の基礎の上に立ってしたのだと言うのか。つまり、今日の仕事は恵みの時代の仕事の継続であり、律法時代の仕事の高めでもあり、三つの段階の仕事はしっかりと結び合っており、一環一環が緊密につながっている。なぜまたこの段階の仕事はイエスのその段階の仕事の基礎の上に立ってしたのだと言うのか。もしイエスのその段階の働きの基礎の上でしなければ、この段階でまた十字架につけられなければならない。また前の段階の贖いの仕事をすれば、意義がなくなる。だから、仕事が完全に終わったのではなく、時代が推移したのであり、前の仕事よりもっと高くなったのである。こう言ってもいいが、この段階の仕事は律法時代の基礎の上に築かれた仕事であり、イエスの仕事の岩の上に築かれた仕事でもあり、仕事は段階的に建てられたのであって、この段階の仕事はもう一つの始まりではなく、三つの段階の仕事の総合こそが六千年の経営計画と呼べる。この段階の仕事は恵みの時代の仕事の基礎の上に立ってしたのである。もしこの二つの段階の仕事は関係がないなら、なぜこの段階で再び十字架につけられないのか、なぜ人の罪を担わないのか。彼は聖霊によって身ごもられたのでもなく、十字架につけられて人の罪を担うのでもなく、直接人を罰するのである。もし十字架につけられてから人を罰する仕事をするのではなく、今度も聖霊によって身ごもられる方式で来たのではないなら、人を罰する資格がない。彼がイエスと一つだからこそ、直接人を罰し、裁くのである。この段階の仕事はみな前のその段階の仕事の基礎の上に立ってしたのである。だから、このような仕事こそ人を一歩一歩救い出すことができるのである。イエスとわたしはひとりの霊から来たのである。肉体は関係がないけれども、霊は同じである。働きの内容は同じでなく、担当する仕事も同じでないけれども、本質は同じである。肉体の姿が同じでないのは、時代が異なるからであり、仕事の必要が異なるからである。職分が異なるから、もたらした仕事も異なり、人に向かって明らかにする性質も異なる。だから、人が今日見たもの、受け入れたものは以前のと同じではないのである。これはみな時代が異なるからである。彼らの肉体は性別が同じではでなく、姿も同じではなく、同じ家族の中で生まれたのでもなく、さらに同じ時期に生まれたのではないけれども、彼らの霊は同じである。彼らの肉体は全然血統の関係がなく、しかも、肉体上には何の関係もない。しかし、これらによって、彼らは神が二つの異なった時期に言がなった肉体であることを否定することはできない。彼らが神の言がなった肉体であることは否定できない事実であるが、しかし、彼らは血縁が同じではなく、彼らの言った人類の言葉も同じではない(一人はユダヤ語が話せる男性であり、もう一人は中国語だけを話す女性である)。これらのゆえに、彼らは異なった国で、しかも異なった時期に、各自のすべき仕事をするのである。彼らは同じ霊であり、つまり、同じ本質を持っているけれども、彼らの肉体の殻には完全に似ているところが全然なく、彼らはただ同じ人性を持っているだけで、肉体の容貌、生まれは同じではない。これらは決して彼らの各自の働きに影響せず、また人が彼らを認識することにも影響しない。というのは、彼らはつまるところ同じ霊であり、だれも彼らを引き離すことができず、彼らは血縁関係がないけれども、彼らの霊が彼らの全存在を支配して、異なった時期に異なった仕事を担当するようにし、しかも彼らの肉体は決して同じ血統ではないからである。ヤーウェの霊はイエスの霊の父ではないように、またイエスの霊は全然ヤーウェの霊の息子ではないように、彼らは同じ霊である。今日受肉した神とイエスのように、彼らは血筋のつながりがないけれども、もともと一つである。それは彼らの霊がもともと同じだからである。」

「言葉が肉体で現れる・二回の受肉は受肉の意義を完全にした」より

「二回言が肉体となってする仕事は異なるけれども、肉体の本質は同じであり、仕事の源は同じである。ただ二回言が肉体となったのは、二つの段階の異なる仕事をするためであり、しかも二回言が肉体となったことは二つの時代の産物なのである。しかし、どうであろうと、神の言がなった肉体の本質は同じであり、彼らの源は同じである。これはだれ一人として否定できないことである。」

「言葉が肉体で現れる・神の宿っている『肉体』の本質」より

「わたしが初めて人の間に来たのは贖いの時代であった。もちろん、ユダヤ族の間に来たのである。だから、初めて『神』が地上に来たのを見たのはユダヤの民であった。その段階の仕事をわたしが自らしたのは、言がなった肉体を罪祭として贖いの仕事をしようとしたからである。だから、いちばん初めにわたしを見たのは、恵みの時代のユダヤ人であった。これはわたしが初めて肉体の中でした仕事である。王国時代に、わたしは人を征服し、完全にする仕事をしようとする。だから、わたしはやはり肉体の中で牧養の仕事をするのである。これはわたしが二回目に肉体の中でする仕事である。最後の二つの段階の仕事の中で、人が接触するのはもはや見ることも触れることもできない霊ではなく、霊が肉体の中で実際化された人である。だから、人から見れば、わたしはまた人となり、神という感じは全然しない。しかも人が見た神は男性であるだけでなく、女性でもある。これはいちばん人を驚かせることであり、人がいちばん理解できないことでもある。長年の古い信じ方も、わたしの一回また一回の並外れた働きに打ち破られた。それで、人はみな驚いて呆然とした!『神』とは、聖霊、その霊、七倍強めた霊、すべてを含む霊であるだけではなく、また人であり、普通の人であり、極めて平凡な人である。男性であるだけではなく、女性でもある。同じなのは、二人とも人から生まれたことであり、違うのは、一人は聖霊によって身ごもられたのであり、もう一人は人から生まれたが、直接霊から来たのだということである。同じなのは、受肉した神がみな父なる神の仕事を担当することであり、違うのは、一人は贖いの仕事をするのであり、もう一人は征服の仕事をするのである、ということである。同様に父なる神を代表するが、一人は慈しみ、憐れみに満ちた贖い主であり、もう一人は激しい怒りと裁きに満ちた義なる神である。一人は贖いの仕事を開拓した大元帥であり、もう一人は征服の仕事を成就する義なる神である。一人は初めであり、もう一人は終わりである。一人は罪のない肉体であり、もう一人は贖いを完成し、仕事を継続する、もともと罪に属さない肉体である。彼らの霊は同じであるけれども、異なった肉体の中に宿り、また異なった場所で生まれたのであり、しかも何千年も隔たっている。しかし、彼らのする仕事は互いに矛盾しなくて、互いに補完し合うのであり、同時に同列に論じることができる。同様に人であるが、男の子でもあれば乙女でもある。」

「言葉が肉体で現れる・『神』について、あなたはどのように認識するのか」より

「神は霊であるだけではなく、肉体となることもでき、しかも彼は栄光の体でもある。イエスは、あなたたちが見たことがないが、あの時のイスラエル人、すなわちユダヤ人は見たのである。最初彼は肉体であったが、十字架につけられた後、栄光の体になった。彼はすべてを含む霊であり、また至る所で働くこともできる。彼はヤーウェであることができ、イエスであることもでき、メシヤであることもでき、最後になって全能の神になることもできる。彼は義、裁き、刑罰であり、呪い、激しい怒りであり、また憐れみ、慈しみでもあり、彼のする仕事はみな彼を代表することができる。」

「言葉が肉体で現れる・二回の受肉は受肉の意義を完全にした」より

「ヤーウェからイエスまで、イエスからこの段階までなされた三段階の仕事をつなぎ合わせれば、一つの完全な経営になり、それはみな一人の霊がした仕事である。世の初めから、神はずっと働いて人類を経営しており、彼は初めであり終わりでもあり、彼は最初の者であり最後の者でもあり、彼は時代を展開する者であり時代を終わらせる者でもある。三段階の働きは、異なった時代に、異なった場所でなされたのであるが、確かに一人の霊がしたのである。だれであれ、三段階の仕事を分割する者はみな神に逆らう者である。今、あなたは分からなければならないが、第一段階から今まで行われた仕事は一人の神がしたのであり、一人の霊がした仕事である。これは疑問の余地がないことである。」

「言葉が肉体で現れる・働きの異象(三)」より

「今日、わたしたちが歴代の人々が歩み終わっていない道を続けて歩むことができ、しかも数千年前の神が再び現れ、わたしたちの間におり、それと同時に、万物の間に満ちているのを見ることができることは、この世代のわたしたちの祝福だと、わたしは思う。この道をたどることができるとは、あなたは思いもよらなかった。これはあなたにできることなのか。この道は聖霊が直接導くのであり、主イエス・キリストのその七倍に強化された霊が導くのであり、また、今日の神があなたのために開いたのである。数千年前のイエスが再びあなたの前に現れるのに出会うとは、あなたは夢にも思わなかった。あなたはうれしく思わないのか。だれが神と面と向かうことができるのか。わたしは常に、わたしたちこの一団の人が神のもっと大きな祝福を得るように神に祈る。それは、わたしたちこの一団の人が神の気に入り、神に得られるためである。でも、わたしはまた、度々この一団の人のために涙を流して泣き叫ぶ。それは神がこの一団の人に啓き、わたしたちがもっと大きな啓示を見ることができるためである。」

「言葉が肉体で現れる・道……(七)」より