真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの証人

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

2.神の恩寵を享受するだけならば神における信仰の真の証であるか。

2.神の恩寵を享受するだけならば神における信仰の真の証であるか。

関連する神の言葉

もし神の恵みを単に楽しむだけなら、神に完全にしてもらうことはできない。一部の人たちは、肉の平和と喜び、逆境や不運のない安楽な人生、争いやいさかいもなく家族と平和に生きること、などで満足するかも知れない。彼らは、このことが神の祝福であるに違いないとさえ信じるかも知れない、しかし実際は、それは単なる一つの神の恵みであるにすぎない。あなたがたは、神の恵みを楽しむだけで満足してはいけない。このような考え方は、あまりにも低俗である。あなたが日々、神の言葉を読み、毎日祈りを捧げているさえとしても、そしてあなたの霊が特別な喜びや平和を感じるとしても、しかし、結局のところ、あなたは、神やその働きに関するどんな認識についても話すことはできない、あるいはそのようなことをした経験も持っていない。そして、あなたがどれ程たくさん神の言葉を食べ、飲んできてたにしても、もし霊の中で平和や喜びを感じるだけなら、そして神の言葉はまるで十分に喜び尽くせないかのように比類なく甘美であると感じるならば、だがしかし、あなたが神の言葉について実際の経験を持たず理解をしていない、あなたはそのような神への信仰のあり方の結果として、何を受け取ることが出来るだろうか。もしあなたが、神の言葉の本質を実現することができないなら、あなたの食べ、飲み、祈ることがまさに、宗教に関わっている。そして、そのような人々は神に完全にしてもらうことはできないし、神のものとされることもできない。

『言葉は肉において現れる』の「完全にされた人々への約束」より

神の恩恵を享受するだけの人々は本当に神を知ることはできず、神を知ったとしても、その知識は表面的であり、神は人を愛するとか、神は人に対して憐み深いというぐらいのことしか言えない。これでは人のいのちを表わすとは言えないし、人々が本当に神を知っているとは言えない。神の言葉が人々を精錬しようとする時、あるいは神の試練が人々に臨む時、彼らが神に従うことができなければ――それどころか、疑い深くなり、つまづくなら――彼らには従順さなどほんの少しさえ見当たらない。

『言葉は肉において現れる』の「神を信じているなら神に従うべきだ」より

「人々は恵みの獲得と平和の享受を神への信仰の象徴と見なし、神に彼らへ適切な終着点を与えさせ、この世で彼らにすべての恵みを与え、神を彼らの召使にし、神に彼らとの平和で友好的な関係を維持させ、彼らの間に決して対立がないことを求める。すなわち、まさに聖書に「私はあなたたちの祈りのすべてを聞くだろう」と記されているように、彼らの神への信仰は、神に、彼らの要求すべてを満たすこと、彼らが祈り求める何でも彼らに与えることを約束するよう要求する。彼らは神に誰も裁かないように、誰も取り扱わないよう要求する。神はいつも親切な救い主イエスであり、常に、どこでも人々と良い関係を保つからである。彼らの信じ方はは次のようである。彼らはいつも臆面もなく神にものを求め、彼らが反抗的であろうと、従順であろうと、神はなんでも盲目的に彼らに与える。人々は絶えず神からの「支払い」を要求し、神はまったく抵抗せずに支払わなければならず、神が彼らから何かを手に入れようと入れまいと、神は2倍払わねばならない。神はただ彼らのなすがままである。神は勝手に人々を指揮することはできないし、ましてや彼らの許可なしに、望むままに神の古くからの隠された英知や義である性質を彼らに明らかにすることはできない。彼らはただ己が罪を神に告白し、神はうんざりすることもできずに、ただ罪を赦すしかなく、これが永久に続く。彼らはただ神をこき使い、神はただ従う。聖書の次のように記されているからである。「神の到来は人を神に仕えさせるためではなく、神が人に仕えるためである。神は人に仕えるためにやって来た。」あなたたちはいつもこのように信じていたではないか。神から何も得られないとあなたたちは逃げたがる。そして何かを理解しないと、ひどく憤慨し、あらゆる種類の悪態を浴びせかけさえする。あなたたちは神ご自身が英知と奇跡を十分に表現することをどうしても許そうとせず、その代わりにただ一時的な気楽さと心地よさを享受することを望む。今に至るまで、神への信仰におけるあなたたちの態度は相変わらずの古い考えである。神があなたたちにほんの少しでも威厳を見せれば、あなたたちは不幸せになる。あなたたちはいま正確に自分の水準はどのようなものかわかっているのだろうか。あなたたちは実は自分の古い考えが変化していないのに、自分がまったく神に忠実だと考えてはいけない。悪いことが何も自分に降りかからない時、あなたたちはすべてが順調に進んでおり、神を最高に愛していると考える。しかし、何か些細な不都合が降りかかると、黄泉の国に落ちる。これであなたたちが神に忠実だと言えるだろうか。」

『言葉は肉において現れる』の「あなたたちは地位の恩恵は脇に置き、人を救済する神の御心を理解するべきである」より

殆どの者が、平和などの利益のために、神を信じている。あなたがたは、神を信じることに利益が無ければ神を信じず、神の恵みを授かれないのであれば不機嫌になる。どうして、あなたがたの真の器量がこうしたものとなり得ようか。家族の中で避けられない出来事 (子どもが病気になる、夫が入院する、農作物が不作に見舞われる、家族の虐待等) については、あなたがたは、日常生活で発生するこうした出来事を乗り越えることすら出来ない。こうした出来事が発生した場合、あなたがたは当惑してどうして良いか分からなくなり、殆どの場合、神に対して苦情を述べる。神の御言葉に騙された、神の御業により困らされていると、不平を言う。あなたがたは、そのように考えるであろうか。そうした物事が自分に起こるのは希であると思うだろうか。あなたがたは、こうした出来事の中で暮らしている。神への信仰を成功させることや、神の御旨を満たす方法については、少しも考えることが無い。あなたがたの真の器量は小さすぎる。それは、ひよこよりも小さい。自分の夫の事業で損失が出ると神に不平を言い、神の守りが無い環境に遭遇すると、やはり神に不平を言い、ひよこが一羽真だ時や、高齢の牛が病を煩った時でさえ、神に不平を言い、自分の息子が家族を設ける時が来たが、十分な資金が無い場合にも、神に不平を言い、教会の従業員が自分の家で2度ほど食事したが、教会から払戻が無い場合や、誰も自分に野菜を送って来ない時も、不平を言う。あなたがたは、胃が不平で満たされ、それが原因で時折集会に出席しなかったり、神の御言葉を食べ飲みしなかったりし、多くの場合、長期間にわたって否定的になる。自分に今日起こった出来事は自分の先行きや運命と無関係である。こうした物事は、あなたがたが神を信じていなかったとしても起こるが、今日はそうした物事の責任を神に負わせ、神が自分を排除したと主張する。神への信仰はどうなったのであろうか。あなたがたは真に自らのいのちを全て神に捧げたのではなかったか。仮に、あなたがたがヨブと同様の試練を受けたとしたら、今日、神に付き従うあなたがたのうち、揺るぎなく耐えることが出来る者は居らず、全員倒れるであろう。また単純に、あなたがたとペトロの間には、果てしない相違がある。現在、あなたがたの資産のうち半分が差し押さえられたならば、あなたがたは神の存在を否定するであろう。もし自分の息子や娘が自分から奪い去られたならば、抗議しながら街路を後進するであろう。自分の人生が行き詰まったならば、「神」にその旨を告げ、私が最初にあなたがたに対して多くの話をして脅したのは何故かと尋ねようとするであろう。こうした場合、あなたがたは差し控える事無く何でもするであろう。このことは、真の器量を理解しておらず、また備えていないことを示すものである。

『言葉は肉において現れる』の「実践 (3)」より

あなたがたの経験から、精錬や苦痛、取り計らい、修練が多い者は、神を深く愛し、神に関して、深く豊富な知識があることが分かるであろう。何も取り計らいを経験していない者には、表面的な知識しか無く、単に「神は極めて親切で、人々に恵みをお与えになるので、人間は神を享受できる。」と述べることしか出来ない。取り計らいと修練を経験した場合、人間は神に関する真の知識を述べることができるようになるであろう。したがって、神の人間に対する御業が奇しければ奇しいほど、その御業は一層貴重であり、重要なものであり、その御業が自分にとって乗り越えるのが困難であり、自分の考えと相容れないものであればあるほど、神の御業が自分を征服する力、得る力、完全にする力が高くなる。

『言葉は肉において現れる』の「完全にされるべき者は、精錬される必要がある」より

前へ:神の心に従うものは何か。主のために布教活動をするだけならば神の心に従っているか。

次へ:神の心に従う人は正確には何であるか。神における信仰の真の証は何か。

他のお気に入り