真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの証人

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

13.真理を理解することと教義を理解することの違いは何か。

神の言葉

あなたがたが神の御言葉の実際の意味を真に理解することは、単純な問題ではない。単に「私は神の御言葉の文字上の意味を解釈できる。それに皆私の解釈が好ましいといって褒めるのだから、私は神の御言葉を理解しているのだ」と考えてはならない。それは神の御言葉を理解することに相当しない。神の御言葉から光を得て、神の御言葉の真の意味を解明し、また神の御言葉の重要性と、それが最終的にもたらす効果は何かを述べることが可能であり、そうした事柄を明瞭に理解した時のみ、神の御言葉に関して、ある程度理解している。このように、神の御言葉を理解することは、それほど平易なことではない。単に神の御言葉の文言を上手に説明することが出来るからといって、それは、神の御言葉を理解したことを意味するものではない。神の御言葉を文字上でどのように解釈するかを問わず、それは単なる想像に過ぎず、また人間の考え方に過ぎず、役に立たない。

『キリストの言葉の記録』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より

あなたがたは、真理に関する知識の習得や、神の御言葉を数多く暗記することが特に重要であると考えている。しかし、人々が神の御言葉をどう理解するかは、全く重要ではない。あなたがたは、人々にとって、神の御言葉を数多く暗記できること、数多くの教義について話が出来ること、神の御言葉の中から数多くの数式を見出すことが極めて重要であると考えている。ゆえに、あなたがたは、全員が同じ聖歌の楽譜を見て歌い、同じ事を語り、同じ教義を語り、同じ知識を得て、同じ規則に従うよう、常にそうした物事を系統立てることを求める。あなたがたの目的は、そうしたことである。あなたがたは、これが人々の理解を向上させるためであるかのように、この作業を行うが、それに反して、そうすることで神の御業以外の規則の中へと人々を導いているということに全く気付かない。人々を真に理解させるためには、現実と共にあり、業と共にあり、人々を神の御前へと導く必要がある。人間が真理を習得するには、その方法によるほか無い。あなたがたの取り組みが、単に文書に公式や規則を適用することのみに対するものである場合、あなたがたは真理の理解には到達することも、人々を真理へと導くことも、いわんや他人に一層多くの変化を体験させることも、自分を一層深く理解させることも出来ないであろう。

『キリストの言葉の記録』の「真理が不在の場合、神の怒りを買いやすくなる」より

あなたがたは、これまで神の御言葉を大量に読んで来たが、文章の意味を理解するだけで、神の御言葉に関して自分の経験から得た直接的な知識が無かったとしたら、神の御言葉を知ることは無いであろう。あなたがたに関しては、神の御言葉はいのちではなく、単なる死んだ手紙に過ぎない。また、あなたがたは、死んだ手紙に固執するのみであれば、神の御言葉の真髄を得ることも、神の御旨を理解することも出来ないであろう。あなたがたが神の御言葉を実際に経験して初めて、あなたがたに対して神の御言葉の霊的な意味が開かれ、あなたがたが数多くの真理の霊的な意味を把握出来るのは、経験においてのみであり、神の御言葉の奥義の鍵を開けることが出来るのは、経験のみである。あなたがたが御言葉を実践しなかったならば、神の御言葉がいかに明瞭であったとしても、あなたがたが把握したのは、無意味な手紙と教義だけであり、それはあなたがたの宗教的な規制となっている。それはパリサイ人が行った事ではなかろうか。あなたがたが神の御言葉を実践し、経験するならば、御言葉は自分にとって実践的なものになり、第三の天の逸話以上のものとなる。. …

… 神の御言葉の真の理解は、あなたがたが真理を実践した時に実現するので、あなたがたは「真理は、それを実践することのみにより理解される」ということを理解する必要がある。今、あなたがたが神の御言葉を読んでも、自分が神の御言葉を知っていると言えるが、自分がそれを理解したとは言えない。真理を実践する唯一の方法は、まず真理を理解することであると言う者も居るが、それが正しいのは半分のみであり、完全に正確であるとは言えない。あなたがたは、自分が真理の知識を得るまでは、その真理を経験したことが無い。聞いたことを理解したという感覚は、真の理解と同じものではない。文章から理解した真理を身に付けることは、その文章の真の含意を理解することとは同じではない。単に真理に関する表層的知識があることは、それを実際に理解あるいは認識していることを意味するものではない。真理の本当の意味は、それを経験することから知ることが出来る。真理、そして真理の隠された部分は、真理を経験して初めて理解できると私が述べているのは、そのためである。真理の含意を把握し、真理の真髄を理解する方法は、真理を深く経験することのみである。

『言葉は肉において現れる』の「真理を理解した後は、それを実践せよ」より

経験をした後、あなたは経験したことについて持ったはずの認識について話すことができる。さらに、本当で実際的な認識を持つ人々と、教義に基づき、価値がない認識を持つ人々を区別できるようにもなる。そこで、あなたが話している認識が真理と一致するかどうかは主にあなたが実際的経験を持っているかどうかによる。あなたの経験の中に真理がある場合、あなたの認識は実際的で価値がある。経験を通してあなたは優れた識別力や洞察力をも得て、認識を深め、行動する時知恵と常識を増すことができる。真理を所有していない人々が話す認識はどんなに高度でも教義である。この種の人は肉体の問題に関して言えば多分非常に賢明かもしれないが、霊的問題になると区別することができない。そのような人々は霊的問題にまったく経験がないからである。これらの人々は霊的問題では啓発されておらず、人の魂を理解していない。認識のどのような側面を話題にしているのかにかかわらず、それがあなたの存在そのものからくるものである限り、あなたの個人的経験であり、本当の認識である。教義しか話さない人々、つまり、真理または現実を所有していない人々が話すことも彼らの存在そのものからくるものということができる。なぜなら彼らの教義は深い熟考からようやくたどりついたもので、深く思考している彼らの精神の結果であるからだが、それはただの教義であり、想像以外のなにものでもない。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きと人の働き」より

単に教義の話を頻繁にするだけでは、真理を得ることは出来ない。単にこうした書面上の物事で交流することが、何の役に立つというのか。あなたがたは、神の御言葉の意味を考察し、その根拠と所期の効果を解明する必要がある。神の御言葉には真理と意義、そして光がある。神の御言葉には多くの事柄が含まれており、文字を暗唱するだけの単純な問題ではない。ひとつ簡単な例を挙げる。神は「あなたがたは正直な人間でなければならない。偽る人間になってはならない。」と述べられている。この文は、実際には何を意味するであろうか。「正直者になりなさい、偽る者となってはならないと言っているだけではないか」と言う者も居る。誰かが「それ以外にこの文が意味することはあるか」と尋ねると、その者は「正直者になりなさい、偽る者となってはならないと言っているだけだ」と答えるであろう。もう一度「それ以外にこの文が意味することはあるか」と尋ねると、その者は「その2つの事柄だけだ」と答えるだけであろう。「正確に言うと、人間はどのようにして正直者となるだろうか。正直者とは、何であろうか。正直者の主な顕示には、何があるであろうか。」その者は「正直者とは、正直に、かつ純粋に話をし、嘘をつかない者である」と答えるであろう。「偽る者とは、何であろうか。」「偽る者とは、言葉を濁す者である。言葉を濁さず、純粋な真実を語る者が正直者である。」こうした者は、いくら質問しても、この程度の答えしか得られないであろう。人間の思考は単純すぎる。神の御言葉では、正直者について、何が述べられているであろうか。正直者に関しては、第1に、正直者は他人を疑わない。神はその御言葉により、何を言われているであろうか。神がその御言葉を述べられたのは何故だろうか。そうした疑問について検討し、よく考察すること。それは人間にとって簡単に理解できるものではない。第2に、正直者は真理を受け容れることが出来る。神の御言葉では、正直者がこの2つの条件を満たすという趣旨が述べられている。あなたがたは、神の御言葉において、正直者の本質的な意義、御言葉では何について述べられているか、正直者の正確な意味は何かを理解可能であり、その定義を実際に考察して得ることが出来る。神の御言葉から、正直者が示すその他の行動は何か、神は、偽る者とはどのような人間であると言われているか、どのような人間が正直者か、正直者はどのような行動を取るかを解明してみよう。こうした行動の見地から正直者についてもう一度考察してみると、正直者と偽る者は、それぞれどのような者か、偽る者は神の御言葉や他人をどのように扱うかが理解できるであろう。このようにすれば、神の御言葉を真に理解し、また正直者と偽る者に関する神の御言葉と、そうした者に対する人間の認識の相違がどれほど大きいかが分かるであろう。神の御言葉から見ると、正直者であることと、偽る者とならないことに関しては、遙かに多くの問題がある。神の御言葉の意味を真に理解した時、あなたがたは、正直者とは何か、偽る者とは何かを知り、それを実践した時に、正直者として行動する方法を確実に知り、また神の基準を確実に満たして正直者となる道を知るであろう。あなたがたは、この段階まで習得しているであろうか。あなたがたがこうした御言葉の意味を真に理解しているのであれば、神の承認を得ることが出来る。あなたがたがこうした御言葉を理解していないのであれば、あなたがたは正直者となることが出来ず、絶対に神の承認を得ることは出来ないであろう。

『キリストの言葉の記録』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より

前へ:「すべてを捨て神に従う」により何が意味されるか。

次へ:宗教的儀式に従事するとは何か。

他のお気に入り