全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

サタンの厳しい包囲網をくぐり抜けて(パート2)

ジャオ・ガン

妻が姉らにガン兄が家に来た時に言った事を話すと、私はジャン姉にこの出来事全体についてどう思うか聞かれました。そこで私が感じた弱さや、ちょうど思い起こした知識について二人に話すと、ジャン姉は微笑んで「神に感謝あれ!これは本当に真の理解であり、神のお導きです!」と言いました。混乱した妻は「私たちは過ちを犯していなかったのに、ガン兄はどうしてあんな事を言っていたのでしょうか?彼は長年主を信じてきた偉いリーダーなのに!」と言ったので、私は妻を見て「ああ、彼は僕らに元の教会に戻ってきてもらいたいだけなんだよ!」と言いました。するとジャン姉は微笑み、こう言ったのです。「今、私たちは彼らの外観しか見ていません。本性の実質はまだよく見ていないのです!主なるイエス様は、かつて『そこで、神と神の働きを“見抜いた”人々は無力で、皆傲慢で無知だとわたしは言う。人は神の働きを決め付けるべきではないし、その上、人は神の働きを決め付けることはできない。神の目には人は蟻よりも小さいのに、どうして人が神の働きを推し測ることなどできようか。“神はあんな方法やこんな方法では働かない”とか“神はこのようである、あのようである”といつも言っている人々――彼らは皆高慢ではないだろうか。』(マタイによる福音書23:13)『偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは白く塗った墓に似ている。外側は美しく見えるが、内側は死人の骨や、あらゆる不潔なものでいっぱいである。』(マタイによる福音書23:27)とおっしゃいました。人を外観で判断するなら、パリサイ人は非常に忠実に神に仕えていました。人々の考えでは、パリサイ人は神の熱心な召使いであり、最も信頼できる宗教的リーダーでした。しかし、主なるイエス様がその働きをなさりにいらっしゃった時、神に背くパリサイ人の本性が顕かにされました。主なるイエス様の働きに必死に背き、非難したのはパリサイ人でした。パリサイ人はあらゆる噂を捏造し、偽りの証言をして一般の人を欺きました。主なるイエス様は天の下で皆を欺いている、そして、悪魔の王子であるベルゼブブにより悪魔を追い払っている、と言ったのです。そして十字架に掛けられてから三日後に主なるイエス様が蘇ると、兵士を買収して、主なるイエス様の御体は弟子が盗み出したという噂を流したのです。パリサイ人はあらゆる嘘を捏造し、あらゆる計略をほしいままに利用して、人々が真実の道を探し出し、追求するのを妨害しました。彼らの目的は、自分たちが神の選民を永久に支配できるよう、神の働きを抑制することでした。外見は信心深く見えても、本質的には真実を憎み神に敵対した、無神論者だったのです。それは、主なるイエス様が彼らの本質を暴き、非難した時に『へびよ、まむしの子らよ、どうして地獄の刑罰をのがれることができようか。』(マタイによる福音書23:33)とおっしゃったのと同じです。そこで、考えてみましょう。今日の宗教的リーダーにパリサイ人と違うところがあるでしょうか?」私がその言葉の意味を考えていると、姉らは全能の神の御言葉の次のような一節を見つけ、読ませてくれました。「荘厳な教会で聖書を読む者たちは毎日聖書を暗唱するが、一人として神の働きの目的を理解しない。一人として神を知ることができない。さらに、一人として神の心と一致していない。彼らは皆価値のない、卑劣な人々だが、それぞれ神を教えるために高い地位に就いている。彼らは神の名をこれ見よがしに振りかざすが、故意に神に反抗している。彼らは自分たちを神を信じる者と自称しているが、人の肉を食し、その血を飲んでいる者たちである。そのような人々は皆人の魂を貪り食う悪魔、正しい道に一歩踏み出そうとする人々を故意に混乱させる悪霊、神を探し求める人々の道を妨げる躓きの石である。彼らは『健全な肉体』の者たちであるが、彼らの信者たちはどうしたら彼らが人を神に敵対する方向へ導く反キリストであると知ることができるだろうか。どうしたら彼らが魂を好んで求めては貪り食う悪魔の権化であることを知ることができるだろうか。」(『言葉は肉において現れる』の「神を知らない者はすべて神に反対する人々である」より)そして姉らはこの神の御言葉に従い詳しく話してくれ、宗教的リーダーのあらゆる行動をその本性の実質とともに詳しく分析してくれたので、ついに私には、私たちが全能の神を信じるのをしつこく妨害し邪魔することで、さらには私たちを脅し脅迫することで、こうしたリーダーらは私たちを守る代わりに神の選民を支配し、私たちが彼らを神のように扱い、崇め、まつるようにさせているのだ、ということがわかりました。つまり実際には、彼らはパリサイ人と変わりないのです。彼らは皆、真実を憎み神に背く無神論者なのです。神は私たちを救いにいらっしゃったのに、彼らはあらゆる手段を講じて私たちが神の働きを受け入れないようにし、神の御言葉を読まないようにさせているのです。これでは、彼らが私たちを地獄に突き落とそうとしているのと同じではありませんか?彼らは本当に悪意に満ちています!いかにこうした人々が神に背き、人間をめぐって神と戦っているかという実態を、もし全能の神の御言葉が顕してくださらなかったら、私も危うく彼らの罠にかかり、救いを受ける機会を見逃していたことでしょう。その時、妻が驚きの声を上げ、「ここで私たちに危害を加えようとしていたとは!ふん!あの人たちは私たちを地獄に引きずり落とすまで本当に懲りないでしょう!もうあの人たちの言う事は信じません!」と言いました。

私たちがこの事態を飲み込んでいると、ムー姉が神の御言葉の別の一節を読んでくれました。「神が人々に対して行う働きのあらゆる段階で、物事があたかも人の手配で生まれたかのようであり、あるいは人の干渉から生まれたかのようであり、外面的には人々の間の相互作用のように見えるかもしれないが、舞台裏では、働きのあらゆる段階、起こるすべてのことは、神の面前でサタンが作った賭けの対象であり、人々は、神に対する証しにしっかりと立つことが要求される。ヨブが試練に会った時のことを例にとってみよう。秘かにサタンは神と賭けをしており、ヨブに起こったことは人間の行為であり、人間による干渉であった。神があなたに対して行うすべての段階の背後にはサタンと神との賭けがある――その背後にはすべて戦いがある。」(『言葉は肉において現れる』の「神を愛することだけが本当に神を信じることである」より)そしてジャン姉がこう話し始めました。「神の御言葉からわかるのは、私たちに降りかかる事は何でも、外からは人間の仕業のように見えても、実際は背後でサタンが神に戦いを挑んでいる、ということです。それはちょうど、ヨブがサタンの誘惑を受けた時と変わりません。ヨブの妻はヤーウェを捨てるように頼みましたが、ヨブはサタンの計略を見抜くことができたのです。ヨブは神に対する信仰により神の証人となり、妻の無知と頑固さをたしなめました。ヨブの経験から、神がお救いになりたい人間は誰でも、サタンが常に必死で誘惑して妨害し、あらゆる計略をほしいままに繰り出し攻撃して、彼らに神を見捨てて裏切らせ、果ては彼らが救いを達成する機会を失わせるのです。サタンは永久に私たちを支配し、食い尽くそうとしているので、人間が神の救いを得るのを赦すわけにはいかないのです!」するとムー姉もこう話しました。「その通りです。私たちが神を否定し神を裏切って真の道を捨てるよう、サタンは何度もリーダーらを利用して私たちを攻撃し、脅してきました。それはサタンの計略です。私たちは、霊界で起こっているこの戦いをはっきりと見ることができなければなりません!」この二人の姉らの話を聞いて、私はしばらくあれこれと考えた末、こう言いました。「では、サタンは神と戦っているのですね。そして、リーダーに言わせることで私たちの弱点を突き、私たちの臆病さのために真の道を捨てさせ、神から離そうとしているのですね!このサタンは実に信用ならない!」そして妻も「このサタンは本当に汚らわしい!もし私たちが神の御言葉とあなたがたの話を聞かなかったならば、サタンのたくらみは知ることができなかったでしょう。」と言いました。私が嬉しくなって、「こうした事がついにわかった今は、神によりサタンの厳しい包囲網をくぐり抜けて神の証人となり、実践によりサタンを辱めなければ!」と言うと、ジャン姉が喜んでこう言いました。「兄弟よ、姉妹よ、これからは団結して、神の御言葉について語り合いましょう。こうすることでしか、もっと多くの真実を身に付け、終わりの日における神の働きを最終的に確信できるようにはなれません。私たちが真実の道の土台を作れば、サタンは私たちを邪魔するようなことはしなくなるでしょう!」私はそこで「そうしましょう!あなたがたが頻繁に話にきてくだされば、さらに良いでしょう。」と言い、ムー姉は「ではそうしましょう。」と言って微笑みました。

その後数日過ぎた早朝、ベッドから起き出して窓の外を見るとたくさん雪が積もっていたので、私は無意識に手をこすり合わせ始めました。そして毛糸の帽子をかぶり、綿の手袋をはめて、中庭に出ると雪かきをしました。それが済むと中に戻り、妻が家の中を片付けている間にストーブの蓋を開けて火をおこしました。その時、妻の兄とその妻が訪れました。義姉は入ってくるなり不安そうな声でこう言いました。「ワンリーダーとガンさんがここに来て色々言ったそうですね。でも、どうして言う事を聞かなかったのですか?私たちは今日ここに来てあなたがたをもう一度説得するように頼まれました。東方閃電を信じてはいけません。私たちの生き方に責任を持つのは、私たちのリーダーなのですから!」義姉がそう言うのを聞き、私は断固として「もし彼らが私たちの生き方に責任を持っているならば、終わりの日における全能の神の働きを追求させ、主の再来を歓迎すべきです!」と言いました。私の妻も「あの人たちが私たちにどんないい事をしたというのです?あの人たちは、もし私たちが皆全能の神を信じたら、彼らを信じる人が誰もいなくなると恐れているのです。」と言いました。それを聞いた義姉は少し苛立ち、こう言いました。「二人ともどうしてそんな事が言えるんですか?リーダーたちはあなたがたに何か他の事をするよう頼んだわけではありません。ただ教会に戻ってほしいだけじゃないですか。私の言う事を聞いてください。両家の間柄を考えたら、私があなたがたを破滅させてしまうわけがありません。」続けて、妻の兄もこう言いました「長年私が君たちにどう接してきたか考えてくれ。君たちのためにどれだけお金を使ったかわかっているかい?本当に僕たちと縁を切りたいと思っているのか?後ろめたく思わないのか?」二人がこう言うのを聞いて、私は非常に腹が立ち、こう思いました。「この人たちには確かに沢山世話になった。そして今は、私たちが全能の神に従おうとしているのを知って、当然ながら深く傷ついている。だが、だからといって何ができようか?全能の神が主なるイエス様の再来だと知った以上、私に真実の道を捨てて神を裏切れと言うのは不可能だ。しかし、もし私が神への信仰を主張したら、この人たちは私のことをどう思うだろう?私のことを恩知らずだと言うだろうか?」その時、私は腹を立て、心が揺れ動きました。そこで神に無言で祈りを捧げ、道を開いてくれるよう願いました。すると突然、「人々にすべてが起こるのは、彼らが神に対する証しに固く立つことを神が必要とする時である。」(『言葉は肉において現れる』の「神を愛することだけが本当に神を信じることである」より)という神の御言葉が思い浮かんだのです。そして、数日前にジャン姉とムー姉が話してくれた言葉を思い返しました。人に降りかかるあらゆる事は、霊界で起こっている戦いに関係しており、サタンが神と戦っているのだと。今、妻の兄と義姉は親戚関係を利用して私たちに神を裏切らせ自分たちの宗教に戻らせようとしていますが、これはサタンのたくらみの一つです。もし私が対人的な気持ちを守るために神を裏切ったら、それこそ本当に恩知らずで非良心的でしょう。もし私が義兄をがっかりさせたくないならば、終わりの日についての神の福音を分かち合い、彼にも救いを得る機会が与えられるようにすべきです。それが私が持つべき思いやりを示す唯一の方法です。こう考えると心が晴れやかになり、私はこう言いました。「お義兄さん、お義姉さん、あなたがたが私に良くしてくださったのはわかっています。それだからこそ、私は全能の神が本当に主なるイエス様の再来だと告げなければなりません。終わりの日における全能の神の働きに従うことでのみ、私たちは神の救いに到達できるのです!さもなければ長年の主への信仰は無駄になり、何も得られなくなるでしょう!さあ、神の御言葉の一節を読ませてください。それを聞けば、その御言葉がお戻りになった主なるイエス様の表現なさったものかどうかがお二人にもわかるでしょう。」私は神の御言葉の本を手にし、読み始めようとしましたが、その途端に義姉が立ち上がって「今日はあなたたちを説得しようと思って来たのに、心を入れ替える代わりに、その福音を私たちにまで伝えようとするのね。でも、私たちはあなたがたの話は聞きません。」と言い、義兄を掴むと怒って出て行きました。

私は中庭に出て、門まで後を追っていきましたが、二人とももうずっと先に歩いて行ってしまっていました。なすすべがなく感じた私は、立ち尽くして首を振りました。その時、空が晴れ、温かい光が中庭の外にある松の木に降りかかりました。そして、まるでその瞬間木が洗礼を受けたかのように、松の木に降り積もっていた雪が解け出しました。雪に覆われた地面と対照的に、高く真っ直ぐ伸びた木は特に青々としているように見えました。私は、まるでその松の木と同じように、風と雪の洗礼を受け、日光の養分を受けて成長しているように感じ、非常に幸福に思いました。そして私は、あの厳しい包囲網をくぐり抜けて神の証人となれたのは、神の御言葉のお陰だと知ったのです。神に感謝します!全能の神にすべての栄光あれ!

前へ:その日、空は特に澄んで、晴れ上がっていました(その2)

次へ:「虎の穴」から逃げる(その1)

他のお気に入り