真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

真理の道を探し求めるための百問百答

目次

6.神を信じず、その代わりに高潔にふるまい善行を行い、邪悪な行為をしなければ救いを得られるのか。

神の導きなしには、支配者たちや社会学者たちが人類の文明を維持するためにどんなに頭を悩ませても何の役にも立たないからである。誰も人の心の中の空洞を埋めることはできない。誰も人のいのちとなることはできず、どんな社会学的理論も、心をむしばむ虚しさから人を解放することはできないからである。科学、知識、自由、民主主義、余暇、快適な暮しは、つかの間の慰めに過ぎない。これらのものがあっても、人は必然的に罪を犯し、社会の不公正を嘆く。これらのものは、人の探索したい欲求や願望を鎮めることはできない。人は神によって造られたからであり、人の無意味な犠牲や探索はさらなる苦悩につながるだけである。人は常に恐怖に怯えて存在し、人類の将来にどのように向き合うべきか、目の前にある進路にどのように対峙すべきか分からない。人は科学や知識に脅かされるほどになり、自分の中にある空虚感をそれらのもの以上に恐れるようになる。この世であなたが自由な国に住もうと、人権のない国に住もうと、人類の運命から逃れることは決してできない。あなたが支配者であろうと、支配される者であろうと、人類の運命、奥義、そして終着点を探求しようとする願望から逃れることは到底できない。ましてや、途方にくれるほどの空虚感から逃れることはできない。全人類に共通するこの現象を、社会学者は社会現象と呼んでいる。しかし、このような問題を解決できる偉大な者が現れることはない。人間は結局、人間に過ぎない。神の地位といのちに取って代われる人間はいない。人類は、誰もが食べる物に満ちたり、平等かつ自由である公平な社会だけではなく、神の救いと神によるいのちの満たしが必要なのである。神の救いといのちの満たしを受けて初めて、人間の欲求、探究心、そして霊的空虚感が解消されるのである。或る国や或る民族の人々が神の救いや配慮を得ることができなければ、そうした国や民族は暗黒に向かって、破滅への道を突き進み、神によって滅ぼされるであろう。

『言葉は肉において現れる』の「神は全人類の運命を支配する」より

「この地上には、義人はいない。この世には義人はいない。」というのは自明の理である。あなたがたが神の前に来るときは、着る物を考え、一言一行、あなたがたの考え方や発想の全て、そしてあなたがたが毎日見る夢さえも考えなさい――それらはすべて自分のためである。これはすべて本当の事ではないだろうか。「義」とは施しをする事でもなく、あなたの隣人を自分自身のように愛することでもなく、喧嘩しない、議論しない、強盗しない、盗まないということでもない。義とは主イエスがなした全てのことのように、いつどこにいようとも、神の委託をあなたの義務と考え、神の采配や取り決めを天から送られた使命として従うことを意味する。これこそまさに神によって語られた義である。ロトは自分が得することも失うことも気にかけず、神が送った2人の天使を救ったので義人と呼ぶこともできる。しかし、当時彼が行ったことを義と呼ぶことはできるが、彼を義人と呼ぶことはできない。それはロトは神を見たので、天使たちの代わりに自分の2人の娘たちを与えただけである。しかし、過去の全ての彼の行いが義を顕してしているわけではない。よって、わたしは「この地上に義人はいない」と言おう。たとえ回復の流れにある人たちの中にも、誰も義人と呼べる人はいない。あなたの行動がどんなに良くても、あなたがどんなに神の名に栄光を帰すように見えても、人をたたいたり罵ったりせず、彼らから強奪したリ盗んだりしなくても、そのようなものは普通の人が持っているものなので、やはりあなたが義と呼ばれることはあり得ない。今日、鍵となるのはあなたが神を知らないということである。ただ今日では、あなたは少し正常な人間性を持っているとしか言えないが、神が語った義が奪われ、あなたがすることでは何もあなたが神に対する認識を証明することはできない。

『言葉は肉において現れる』の「悪人は罰せられなければならない」より

人が人を裁く場合は、人の行いを基準とする。つまり、行いが善い者は義なる人であり、行いが悪い者は不道徳者である。神が人を裁く時は、人の本質が神に従順であるかどうかを基準とする。つまり神に従順な者は義なる人であり、神に従順でない者は敵であり、不道徳者である、この人の行いがよいか悪いか、この人の言葉が正しいか間違っているか、に関わらず。一部の人は善い行いによって未来のよい終着点を獲得しようと思い、一部の人はよい言葉によって未来のよい終着点を買うことを考える。人々はみな、神が人の行い、或いは人の言葉によって人の結末を定めると間違って思っている。従って多くの人は虚偽の行為を通じて一時の恵みを獲得するためにこのような方法を用いようとする。

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

今、未来の人類の終着点を感じ取ることができず、しかもわたしが話す言葉を信じない多くの人々がいる。真理を行わない人々と同様に、信じない人々は皆、悪魔である。追い求める人々と追い求めない人々は今や、2つの異なるタイプの人々であり、彼らは2つの異なる終着点をもつ2つのタイプの人々である。真理に関する知識を追求し、真理を実行する人々は神に救われる者である。真の道を知らない人々は、悪魔であり敵である。彼らは、天使長の後裔であり、滅ぼされる。漠然とした神を信じる敬虔な信徒も悪魔ではないだろうか。良心があるが真の道を受け入れないような人々は悪魔である。彼らの本質は神に逆らうものである。真の道を受け入れないような人々は、神に逆らう者である。このような人はたくさんの苦しみに耐えていたとしても、彼らはやはり滅ぼされる。……肉となった神を信じない人はみな悪魔である。さらに、彼らは滅ぼされる。

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より