全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神を知るための道

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神はご自分の全能の力と賢明な方法を用いて全てのものを供給、人類の生存を維持する

神はご自分の全能の力と賢明な方法を用いて全てのものを供給、人類の生存を維持する

最初に、人間の生活環境やその環境に対して神が行った業、用意した物事、そして対処したことに関して話した。そしてまた、神が人間のために用意した全ての物事の関連性、そして万物が人間に危害を加えるのを防ぐために、神がこれらの関連性をどのように取り扱ったかについて話した。また神は、万物がもたらす様々な要素と、それらが人間の環境に与える悪影響を解決し、万物が機能を最大限に発揮することを実現し、好ましい環境を人間に与え、全ての要素を有益なものとし、よって人間がそうした環境に順応して、生死を正常に繰り返すことが出来るようにした。その次は、人体に必要とされる食料、すなわち日常の食料と飲料であった。これもまた人間の生存の必要条件である。つまり、人体は、呼吸するだけでは生きられず、日光や風だけでは生きられず、適切な気温だけでも生きられないということである。人間は、それに加えて空腹を満たす必要もある。人間の空腹を満たす食料や飲料もまた、すべて神が人間のために用意したものであり、それが人間の食料源である。こうした豊富で潤沢な産物、すなわち人間の食料や飲料の源に関する話を聞いて、神は人間と万物の供給源であると言えるであろうか。そう言えることに間違い無い。仮に、万物創造時に、神が草木だけ、あるいは様々な生き物だけを造り、人間がそれらの物を一切食べられなかったとしたら、人間は現在まで生存できたであろうか。もし、神が造った万物のうち、様々な生き物や植物が、牛や羊、シマウマ、鹿その他の動物のための食料であったとしたら、たとえば、ライオンはシマウマや鹿を食べ、虎は羊や豚を食べるが、人間の食料として適したものが一切なかったとしたら、どうなるであろうか。それでうまく行くであろうか。それはうまく行かないであろう。もしそのような状態であったとしたら、人間は生存を続けられなかったであろう。もし、人間が木の葉だけを食べるとしたら、どうであろうか。それでうまく行くであろうか。人間の胃はそれを受け容れられないであろう。試してみなければ分からないが、実際に試せばよく分かるであろう。それでは、人間は牛や羊のために用意された草を食べられるであろうか。少し試すだけなら問題無いかも知れないが、長期間にわたって食べ続けるとしたら、先は長くないであろう。動物は食べることが出来るが、人間が食べるには有毒な物もある。毒があり、人間は食べられないが、動物は問題無く食べられる物もある。神は人間を創ったので、人体の原則や構造、人間に必要なものを最も深く理解している。人間の構成要素、成分、必要な物事、人体内部の臓器がどのように機能し、吸収し、排出し、代謝するかを、神は完全に把握している。人間はこの問題についてそれほど把握しておらず、やみくもに食べたり補給したりすることがある。補給しすぎて、結果として栄養不良を引き起こす。神が人間のために用意した物を常食とし、享受していれば、何も問題は起こらないであろう。気分がすぐれず、鬱血があったとしても、それは問題とはならない。特定の植物を食べる必要があるが、それで鬱血は解消される。神はこうした物全てを用意した。神の目から見ると、人間はその他の生き物よりも遙かに優れている。神は、ありとあらゆる植物の生息環境を用意し、ありとあらゆる動物の棲息環境と食料を用意したが、人間の生活環境に対する人間の必要条件は他の何よりも厳格であり、軽視が許されないものであった。その条件が満たされなければ、人類は発展と生殖、正常な生活を継続出来ないであろう。神は、他の何者よりもこのことを心得ていた。神がこの用意を行った時、神は人間の必要条件を他の何よりも重要視した。人間が見て享受する些細な物事、あるいは持って生まれたので享受可能であるかのように感じる物事の重要性を、おそらく感じられないであろうが、遠い昔に、神はそれらの物事を人間のために既に用意していた。神は、人間にとって不利であり人体に危害を加える可能性のある有害要素を、全て最大限に除去し、解消した。このことから、何が確認できるであろうか。このことから、神がそれらの物事を造った時の神の姿勢が確認できるだろうか。その姿勢はどのようなものであっただろうか。神は、厳格かつ真剣な姿勢であり、いかなる要素や条件、神に敵対する者の影響力による妨害に対しても、一切容赦しなかった。このことから、今回神が人間を造り、人間を経営した際の神の姿勢が分かる。神の姿勢とは、どのようなものだろうか。人間が享受する生活環境や生存環境、日常の食料や飲料、必需品などから、人類の繁殖と生活を維持する神の姿勢、人間に関する神の責任、さらに今回人間を救うことに対する神の決意が分かる。こうした物事から、神の真実性を理解できるだろうか。神の驚異性を理解できるだろうか。神の無限の遠大性を理解できるだろうか。神の全能性を理解できるだろうか。神は、自身の全能かつ思慮深い手段により、全ての人間と万物に恵みを与える。

このことに関し、ここまでの様々な話を聞いて、神が万物の生命の源であると言えるであろうか。(言える。)それは絶対的に確実である。神が万物の生命の源であることは、神の万物に対する供給だけで十分証明される。なぜなら、万物の存続、生活、繁殖、継続を実現する供給物の源は神であるからである。そうした源は神以外には存在しない。神は、最低限度として必要なものであれ、人間が日常的に必要とするものであれ、人々の魂に対する真理の供給であれ、万物と人間に必要な物事の全てを与える。あらゆる面から見て、人間に対する神の身分と地位に関しては、万物の生命の源は神自身のみである。これは絶対的に確実である。神は、人間が目で見て感じる事の出来る物質世界の支配者であり、主であり、それに供給する方である。人間にとって、これは神の身分ではなかろうか。これは完全に正しい。したがって、空を飛ぶ鳥を見た時、神は空を飛べる物を造ったことを理解できる。しかし、水中を泳ぐ生き物も存在し、こうした生き物もまた様々な形態で生存している。土中で生きる草木は春に芽吹き、秋に結実して落葉し、冬には完全に落葉して冬を過ごす。これが、これらの生き物の生存のしかたである。神は万物を造り、万物はそれぞれ異なる形態と方法により生き、様々な方法によりその生命の力と形態を示す。その方法がどのようなものであれ、それらは全て神の支配下にある。神が様々な形態のいのちと生き物を支配する目的は何であろうか。それは人間の生存のためであろうか。(その通りである。)神は人間の生存のために、生命の律法の全てを管理する。このことにより、人間の生存が神にとっていかに重要であるかが分かる。そのことが理解できたであろうか。

前へ:神が人類のために備えられた肉類、水源、薬草

次へ:神は多様な地理環境に境界線を引かれる

他のお気に入り