聖書に関する映画「神様の名前は変わった?!」抜粋シーン(5)全能神を受け入れることのみが子羊の足跡に遅れずついて行くことです

あらすじ

宗教界の牧師や長老たちは、主イエスはすべての人々の罪のために十字架に釘付けにされ、人間は罪から贖われたのだ、と頻繁に信者に説いて教えます。彼らは、もし人が主イエスから離れて全能の神を信じるなら、それは主イエスに対する裏切りであり、背教に値すると教えています。果たして本当にそうでしょうか?当時、主イエスが来られてその働きをなされた時も、神殿を去って主イエスに従った者たちは、神であるヤ-ウェを裏切る行為だ、とパリサイ人から同じように非難されたではありませんか。従って、神の新たな働きを受け入れることは、背教であり、神を裏切ることになるのでしょうか?それとも、それは子羊の足跡に遅れずついて行き、救いを得ることなのでしょうか? このビデオでは、これらの問題についてご一緒に探求します。

関連動画

読書を続ける

もっと見る

主イエスの再臨

主イエスの再臨

このタイトルを入力する
主イエスの再臨,携挙,神の再臨

主の出現を迎える——「期待」

このタイトルを入力する
キリストの再臨,聖書の預言,真理

賢いおとめたちは花婿を迎える

このタイトルを入力する
携挙,携挙 意味,災害

災害の前に携挙される

このタイトルを入力する
神への信仰,永遠の命,信じる

神への信仰とはいったい何であるのか

このタイトルを入力する
受肉,受肉意味,受肉とは

受肉:奥義の解き明かし(その1)

このタイトルを入力する
主イエス,神の子,受肉

受肉:奥義の解き明かし(その2)

このタイトルを入力する
神の国,恵みの時代,律法

神の三つの段階の働き

このタイトルを入力する
救い,救われる,天国

救われることVS完全な救い

このタイトルを入力する