「キリストは、真理を以て裁きの働きを行う」終わりの日における主の裁き

あらすじ

全能神は言われます「終わりの日には、キリストはさまざまな真理を用いて人を教え、人の本質を明示し、その言葉や行為を解剖する。こうした言葉には、人の本分、人はいかに神に従うべきか、人はいかに神に忠実であるべきか、いかに正常な人間性を生きるべきか、そして神の知恵と性質など、さまざまな真理が含まれる。これらの言葉は、みな人の本質とその堕落した性質に焦点を当てている。とりわけ、いかに人が神を拒絶するかを明らかにする言葉は、人がサタンの化身であり、神に敵対する力であることを語っている。神が裁きの働きを行う際、神はほんの数語で人の本性を明示するのではなく、長期にわたって暴き、取り扱い、刈り込みをする。そうした暴き、取り扱い、刈り込みは、通常の言葉に置きかえることはできず、人が持つことなどない真理でしか置きかえられない。そうした働きのしかたのみが裁きとみなされる。そうした裁きを通じてのみ、人は説得され、神への服従に完全に納得し、神の真の認識を得ることができる。裁きの働きがもたらすものは、人による神の真の顔の理解と、自らの背きに対する真の理解である。裁きの働きにより、人は神の心、神の働きの目的、それまで人には理解できなかった奥義について大いに理解できるようになる。また、人が自分の堕落した本質と堕落の根源を認識し理解し、人の醜さを発見するようになる。これらの効果は全て、裁きの働きによりもたらされる。というのも、裁きの働きの本質は、実際に神を信じる全ての者に、神の真理、道、いのちを開く働きだからだ。」

関連動画

読書を続ける

もっと見る

主イエスの再臨

主イエスの再臨

このタイトルを入力する
主イエスの再臨,携挙,神の再臨

主の出現を迎える——「期待」

このタイトルを入力する
キリストの再臨,聖書の預言,真理

賢いおとめたちは花婿を迎える

このタイトルを入力する
携挙,携挙 意味,災害

災害の前に携挙される

このタイトルを入力する
神への信仰,永遠の命,信じる

神への信仰とはいったい何であるのか

このタイトルを入力する
受肉,受肉意味,受肉とは

受肉:奥義の解き明かし(その1)

このタイトルを入力する
主イエス,神の子,受肉

受肉:奥義の解き明かし(その2)

このタイトルを入力する
神の国,恵みの時代,律法

神の三つの段階の働き

このタイトルを入力する
救い,救われる,天国

救われることVS完全な救い

このタイトルを入力する